カメラとレンズの記事 Nikon(ニコン) カメラ レンズ

Nikon Zシリーズを買ったとしてどんなレンズを使うか妄想してみた!

2019年10月28日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

Nikonのミラーレス「Zシリーズ」は、発表当初こそ不評でしたが今では人気の高いカメラとなりましたね。

ミラーレス化したことで小型軽量となりましたし、新マウント「Zマウント」で使用できるZレンズは、どれも今まで以上に高性能!

 

レンズ性能を表す指標「MTF曲線」では、Fマウントレンズでは相手にならないほどのスペックを見せつけています。

 

私は現在、Nikonの一眼レフ「D750」を使用していますが、Nikon Zシリーズのミラーレスに乗り換えたいと常日頃思ってる。

Z7/Z6を購入された方のブログやレビューサイト。

Zレンズの作例を載せているブログなどを見すぎて、毎日寝るのが遅くなってます(笑)

 

そんなわけで、私がNikonのミラーレスを買うなら、どのカメラとレンズを買うのか妄想してみました。

どうぞ、貧乏人の妄想にお付き合いくださいませ!

 

 

カメラはNikon Z8を狙っている


写真はNikon Z7

 

現在NikonのミラーレスはZ7Z6Z50が登場していますが、私が欲しいと持っているのはまだ出ていないモデル。

6100万画素の高画素モデル「Nikon Z8」です!

 

記事を見る
Nikon Z8がウワサ通り6000万画素ならマジで欲しい!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   先日SONYが‪α‬7RIVを発表し、6100万画素という高画素に驚いた方も多かったと思います。 これによって、以 ...

続きを見る

 

まだウワサが少なくいつ出るのかも不明ですが、SONY α7R4と同等の6100万画素センサーを搭載するのではないか?と言われているモデル。

 

記事を見る
【SONY α7RIV】6100万画素へと途方もない進化を果たしたフルサイズミラーレス!

※画像引用元:SONY(https://www.sony.jp/)   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   またもやSONYがとんでもないカメラを発表しま ...

続きを見る

 

Nikon Z7も4575万画素と高画素機ですが、それを上回るカメラが出るというのであれば、せっかくならそっちを使ってみたいですよね。

高画素機ならではのデメリットがあるのも分かってはいますが、これまで私が使ってきたカメラはNikon D5300Nikon D750

どちらも2000万画素代のカメラ。

 

なので高画素機に対する憧れが強い!

6100万画素なんて突き抜けた高画素カメラが出るのなら、もちろんそれが欲しいとなってしまうんですよね。

 

 

購入したい3つのZレンズ


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

Nikon Zシリーズはマウントアダプターを使えば、従来のFマウントレンズも使用できます。

ですがせっかくなら、高性能なZレンズを使いたいですよね?

 

 

この中でも良く使うレンズは

 

TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD (Model A037)
TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

 

Zレンズのマクロはまだ出ていませんが、広角・標準・望遠は揃えたいところ。

発売予定の物も含めて、私が欲しいと思うZレンズを選んでみました!

 

 

NIKKOR Z 24mm f/1.8 S


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

広角を担当してもらうのは、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S。

 

現在、Zレンズにはめちゃくちゃ評判のいい広角ズーム「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」があります。

普通であれば14-30mmをカバーしてくれるこのレンズが欲しくなるはず。

 

しかしながら、私はNIKKOR Z 24mm f/1.8 Sが良いのです。

 

いま使っているメインの広角レンズは、TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD (Model A037)

これも17-35mmをカバーするズームレンズです。

ですが撮った後、写真のデータを見ると焦点距離24mmで撮影している写真がとても多い。

23mmでもなく25mmでもなくてキッチリと24mm。

 

記事を見る
レンズで迷ったら24mm!なんでも出来る魔法のレンズ!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です。   あたらしいレンズが欲しい! そう思ってレンズのことを調べてみると、たくさんのレンズが出てきて、どれにすればいいのか ...

続きを見る

 

撮影するときにレンズの焦点距離が今なんぼなのかなんて見ることが無いので、キッチリ24mmになってる写真が多いのは奇跡ですが、それだけ私はその画角が好きということ。

広角ズームを買ってもほとんど24mmで撮るのなら、24mm単焦点レンズの方が画質面でも満足するんじゃないかと思い、NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sをチョイスしました!

 

 

NIKKOR Z 50mm f/1.8 S


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

 

標準レンズと言えば、やはり50mm F/1.8のレンズ。

レンズロードマップでは50mm F/1.2も登場するようですが、おそらくべらぼうに高いと思うのでF/1.8を選びました!

 

とは言ってもNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sも、実売価格67,000円となっており50mmレンズとしては結構お高い。

FマウントのAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gが、実売価格27,000円ですので40,000円もお値段が違います。

 

ただまぁ、高いだけあってレンズの性能は高い!

MTF曲線がレンズの性能すべてを語ってくれるわけではありませんが、MTF曲線では圧倒的にNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sが高性能。

 


NIKKOR Z 50mm f/1.8 S

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

 

 

NIKKOR Z 50mm f/1.8 Sの方が抜けが良く、画面の端の方までレンズ中央部並みの解像度を維持していることが分かります。

実際、作例を見てみてもNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sで撮影された写真は、画面の四隅までよく写っていました!

 

わたし、実は標準レンズが苦手(下手)なんですが、室内では50mmのレンズが使いやすいので、やはり持っておきたいレンズです。

 

 

Micro 105mm S-Line


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

更新されたZレンズのロードマップに載っていた「Micro 105mm S-Line」

絶対値段は高いと思うのですが、これはぜひゲットしたい。

 

と言うのも「TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD」を買ってから、マクロレンズにどハマりしているんです。

 

記事を見る
マクロレンズ TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDを実写レビュー!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   2019年に入って買った機材第1弾は、単焦点レンズ。 「タムキュー」の愛称で知られる、タムロンのマクロレンズです! ...

続きを見る

 

「中望遠レンズなのに寄れる」

この不思議な感じがたまらない!

 

マクロを使っての花や物撮りは快適ですし、中望遠なのでポートレート撮影もイケます。

また中望遠で被写体に寄れるため、バカみたいにボケるのもグッド!

F/2.8開放で撮影しようものなら、ピント位置が超シビアになるほど被写界深度が浅くなります。

 

 

使っていてとにかく楽しいレンズなので、TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDと焦点距離が似ている、Micro 105mm S-Lineもゲットしたいところ。

 

 

あれ?望遠担当のレンズは?

 

あれ?欲しいレンズリストだと、もっとも望遠のレンズでも「Micro 105mm S-Line」の105mmまでですね。

望遠レンズはどうするのか?

 

FマウントのAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDを使います(笑)

 

いやだって、Zレンズの望遠なんて絶対高いじゃないですか。

Zレンズの望遠はまだ登場していませんが、大三元の望遠は論外としても100-400mmとかも200,000円くらいするんじゃないの?

F値がまだ不明ですが、安くても100,000円後半にはなるんじゃないかと思うんです。

 

望遠レンズはメインレンズの中でも、最も使用頻度が少ないので手持ちのAF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDでも良いんじゃないかと。

24mm・50mm・105mmが揃った時点で、ほとんどの撮影で困ることがなくなるので、望遠は後回しになっちゃいます。

 

 

梅野の理想のNikon Z機材はいくら掛かるのか?

 

計算したくないけど計算してみます(笑)

まだ未発売のものもあるので、予想価格となってはしまいますが大よそが分かるだけでもオッケー。

 

まずカメラのZ8。

価格どころかまだ出るのかも分かりませんが、登場時の価格は450,000円とかでしょうか?

さすがに凄い数字なので、登場したばかりでは手が出ません。

 

なのでちょっと月日が経ち390,000円くらいになったら購入するとしましょう。

 

 

次に価格が不明なのがMicro 105mm S-Line。

F値がいくつになるか分かりませんが、F/2.8で登場するのなら150,000~180,000円くらいでしょうか?

 

 

Z8を390,000円、Micro 105mm S-Lineを165,000円として全部の合計を出してみます。

 

 

Nikon Z8 390,000円(値下がり前提の予想金額)
NIKKOR Z 24mm f/1.8 S 120,000円
NIKKOR Z 50mm f/1.8 S 67,000円
Micro 105mm S-Line 165,000円(予想金額)
マウントアダプターFTZ 24,000円
小計 766,000円
消費税 76,600円
合計金額 842,600円

 

 

合計金額842,600円www

嫁さんに死ぬまで殺されそうです。

 

いやぁ~やはり高いですね。

前に乗ってた車はTOYOTA MR-Sって車だったのですが、購入金額は690,000円でした。

私個人が購入する金額では、過去最高額を更新してしまいます。

 

 

マウントアダプターで持っているFマウントレンズを活用しながら、Zレンズを買い足していかないと無理。

買い足していくといっても、一体いつになったらこの理想のレンズたちが揃うのかも不明ですね。

 

 

今回は妄想とはいえ、やはりNikon Zは欲しい。

高い高いと言っていてもなにも始まらないので、ちょっとずつ貯金をしていきます!

スポンサーリンク

おすすめブログ

-カメラとレンズの記事, Nikon(ニコン), カメラ, レンズ

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.