カメラとレンズの記事 カメラ カメラ カメラ Nikon(ニコン) カメラ カメラ Canon (キャノン) SONY (ソニー) PENTAX (ペンタックス) FUJIFILM (フジフィルム) カメラの知識

APS-Cセンサーで最強の一眼レフ&ミラーレスはどれだ!?得意分野べつにまとめてみました

2018年5月5日

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

※2022年8月20日に内容を更新しました。

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

性能のバランスが良くて、お値段も低価格から高いものまで幅が広いAPS-C機。

これと言って苦手なことがなく、初心者でも使いやすい一眼レフなので、まずはAPS-Cの一眼レフからカメラを始めたという人はかなり多いはずです。

 

記事を見る
ASP-C機は入門モデル用?いやいや実はなんでも出来る高バランス機!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   初めて買った一眼レフは、ASP-Cセンサーのカメラだった人は多いですよね。   フルサイズよりも安くて手が出しやすい価格帯ですし、各社のエントリ ...

続きを見る

 

 

私もNikon D5300というAPS-Cセンサーを搭載した一眼レフが、初めて買ったカメラ。

エントリーモデルとして発売されている一眼レフは、APS-Cセンサーを搭載した機種が多い。そのため初心者用カメラと思われがちですが、なんでもこなせるバランスの良さがあるんですよね。

 

という事で、
今回は「得意分野別に最強のAPS-Cカメラ」をまとめてみました!

 

 

まずはAPS-Cセンサーについて

 

 

まずは「APS-Cセンサーとは何か?」知っていきましょう。

 

カメラの画質はレンズとセンサーによって決まります。
そして、センサーは大きいほど光を捉える力が上がるため、大型のセンサーほど高画質になります。

 

現在使用されている主なセンサー

  • フルサイズ(36.0mm×24.0mm)
  • APS-C(23.6mm×15.8mm) 
  • マイクロフォーサーズ(17.3mm×13.0mm)
  • 1型(13.2mm×8.8mm)
  • 1/2.3型(6.2mm×4.2mm)  ※上からセンサーが大きい順です

 

エントリーモデルに使われることが多いAPS-Cセンサーですが、実は上から2番目に大きいセンサーなんです!

 

余談

スマートフォンのカメラには1/2.3型のセンサーが使われることが多いですが、APS-Cと比較するとセンサーの大きさが全然ちがいますよね。
センサー面積の差はなんと約14.3倍もあります。

これがいくらスマホのカメラが進化しても、一眼レフには勝てない理由の1つです。
※2022現在のフラッグシップモデルのスマホは、1型センサーを搭載した機種が出始めました。

 

画質が最強のAPS-C機

 

 

画質の良さを重視される方におススメのカメラ。

センサー性能や使えるレンズのことなどを考え、画質最強クラスのカメラを5台ピックアップしてみました!

 

Nikon Zfc

 

Nikon Zfcの画像

 

Nikon Zfc

2021年7月に登場したAPS-Cミラーレス。

Nikonのフィルムカメラ「ニコンFM2」をオマージュしたデザインを採用。
クラシカルな見た目が多くの人に刺さり大ヒットしました!

 

Nikon ZfcはNikonが新開発した「Zマウント」を採用。

一眼レフ時代とは次元の違う、高画質さを手に入れています!

画面周辺部まで高い解像力を維持しますので、画質の良さを重視される方におススメですね!

 

記事を見る
クラシックなデザインで大人気「Nikon Z fc」の評価やレビューをまとめてみた!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   発売当初から大人気モデルとなっている「Nikon Z fc」 予想外の売れっぷりと半導体不足が重なって、一時はかなり入手困難な状態となっていました。 &n ...

続きを見る

 

 

Nikon Zfcの公式作例

 

Nikon Zfcで撮影した写真

Nikon Zfcで撮影した写真

Nikon Zfcで撮影した写真
※画像引用元:ニコン

 

 

Nikon Zfcのスペック

 

発売日 2021年7月21日
タイプ ミラーレス
レンズマウント  Nikon Zマウント
センサーサイズ APS-C
画素数 2088万画素
高感度 標準:ISO100~51200
拡張:ISO102400相当、204800相当
連写速度 高速連続撮影:約5コマ/秒
高速連続撮影(拡張):約11コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 209点
液晶モニター 3型(インチ)・104万ドット
ファインダー倍率 1.02倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:310枚
液晶モニタ使用時:360枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  134.5x93.5x43.5mm
重量 390g
実売価格 117,000円前後(ボディのみ)

 

 

Canon EOS R7

 

Canon EOS R7の画像

 

Canon EOS R7

有効画素数3250万画素となっており、高精細な写真を撮影することが出来ます。

また新開発された「RFマウント」を採用していますので、3250万画素をフルに発揮できるレンズが揃っているため、より高画質な写真が撮れるカメラですね。

 

画質の良さだけでなく、AF性能や連射速度もトップクラス!

CanonのフラッグシップAPS-C機ですので、全ての性能が高く、APS-C最強クラスのミラーレスですね。

 

記事を見る
Canon EOS Rシリーズ初のAPS-Cミラーレス「EOS R7」が登場!

※2022年6月7日に内容を更新しました!   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   遂に登場した「EOS R7」 CanonのEOS Rシリーズで初となるAPS-Cセンサーを採用しています。 & ...

続きを見る

 

 

Canon EOS R7の公式作例

 

Canon EOS R7で撮影した写真

Canon EOS R7で撮影した写真

Canon EOS R7で撮影した写真
※画像引用元:キヤノン

 

 

Canon EOS R7のスペック

 

発売日 2022年6月23日
タイプ ミラーレス
レンズマウント Canon RFマウント
センサーサイズ APS-C
画素数 3250万画素
高感度 標準:ISO100~32000
拡張:ISO51200
連写速度 電子シャッター時:最高約30コマ/秒
電子先幕・メカシャッター時:最高約15コマ/秒
シャッタースピード 電子:1/16000秒~30秒
電子先幕・メカニカル:1/8000秒~30秒
AF測距点 5915点
液晶モニター 3型(インチ)・162万ドット
ファインダー倍率 1.15倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:380枚
液晶モニタ使用時:660枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  132x90.4x91.7mm
重量 530g
実売価格 178,000円前後(ボディのみ)

 

 

FUJIFILM X-T4

 


※画像引用元:FUJIFILM(https://fujifilm.jp/index.html

 

FUJIFILM X-T4

2020年に登場したFUJIFILMの最新モデル。

X-H1に奪われたフラッグシップの座を奪い返すために登場した、FUJIFILM最強APS-Cミラーレスです。

 

使われているセンサーこそX-H1と同じですが、新たなフィルムシミュレーションにカメラ内でのトーンカーブ調整が細かくなり、より意図した表現が可能になりました。

もちろん画質以外の面でも全体的にパワーアップしており、これまでX-H1の専売特許だったボディ内手ブレ補正がX-T4でも採用され、ミラーレスの欠点であるバッテリー持ちの悪さも新型バッテリーを開発したことで改善しております。

 

まさにFUJIFILMの中では最強のAPS-Cミラーレス機!

 

記事を見る
【FUJIFILM X-T4】手ブレ補正を備えた最新フラッグシップモデルが登場!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   前モデル「X-T3」から1年半という、短いスパンでの登場となった「X-T4」   X-H1が登場してからはフラッグシップモデルという冠を奪われま ...

続きを見る

 

 

FUJIFILM X-T4の作例

 


※画像引用元:FUJIFILM(https://fujifilm.jp/index.html

 

 

FUJIFILM X-T4のスペック

 

発売日 2020年4月
タイプ ミラーレス
センサーサイズ APS-C
画素数 2610万画素
高感度 ISO160~12800
連写速度 約30コマ/秒(電子シャッター使用時)
約15コマ/秒(メカニカルシャッター使用時)
シャッタースピード 電子:1/32000秒~15分
電子先幕・メカニカル:1/8000秒~15分
AF測距点 425点
液晶モニター 3インチ・162万ドット(バリアングル式)
ファインダー倍率 0.75倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:500枚
液晶モニタ使用時:500枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 134.6(幅)x92.8(高さ)x63.8(奥行) mm
重量 526g
実売価格 200,000円前後(ボディのみ)

 

 

Leica ライカCL

 


※画像引用元:ライカ(https://jp.leica-camera.com/

 

Leica ライカCL

泣く子も黙る高級カメラメーカー「ライカ」のミラーレス。

カメラが高ければレンズも高いため、このカメラを持てるユーザーさんは限られる…
しかしその画質は「これフルサイズじゃないの?」と思えるほど高画質

 

解像力うんぬんよりも空気まで撮ってる印象!

画質の良さ以外の性能もハイスペックで、高次元でまとまったバランス機ですね。

 

記事を見る
超高級なのに大人気カメラ「LEICA(ライカ)」どんな魅力があるのか?

※2022年9月2日に内容を更新しました!   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   最近Twitterやブログを見ていて、「ライカM10手に入れました~!」と書かれている方がポツポツいました。 ...

続きを見る

 

 

Leica ライカCLの作例

 


※画像引用元:ライカ(https://jp.leica-camera.com/

 

 

Leica ライカCLのスペック

 

発売日  2017年12月16日
タイプ  ミラーレス
センサーサイズ  APS-C
画素数  2424万画素
高感度 ISO100~50000
連写速度 メカシャッター:10コマ/秒
電子シャッター:30コマ/秒
シャッタースピード 30~1/25000秒
AF測距点  49点
液晶モニター 3インチ・104万ドット
ファインダー倍率  0.74倍
ファインダー視野率  
撮影可能枚数  220枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
マルチメディアカード
Wi-Fi
Bluetooth ×
NFC ×
本体サイズ 131(幅)x78(高さ)x45(奥行) mm
重量 353g
実売価格 360,000円前後(ボディのみ)

 

 

Canon EOS 90D

 


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

Canon EOS 90D

APS-Cセンサーを採用したカメラも、ついに3000万画素オーバーの時代に!

EOS 90Dは3250万画素と、高画素機の一眼レフ。
ミラーレスの技術をフィードバックしており、一眼レフとミラーレスが融合したようなカメラで、新世代の一眼レフとなっています。

 

高画素化しているのに連写速度も速くなっていますし、AFもかなり強化されていますので、

野生動物やスポーツシーンを高画質に撮影されたい方にも向いているカメラとなっていますね!

 

記事を見る
【Canon EOS 90D】APS-Cのミドルクラスが革新的な進化をして帰ってきた!

※画像引用元:Canon(https://canon.jp/)   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   Canonの新型カメラ「EOS 90D」が発表されました。 APS-C一眼レフとしてはミド ...

続きを見る

 

 

Canon EOS 90Dの作例

 


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

 

Canon EOS 90Dのスペック

 

発売日  2019年9月20日
タイプ  一眼レフ
センサーサイズ  APS-C
画素数  3250万画素
高感度 ISO100~25600(拡張:ISO100~51200)
連写速度 ファインダー撮影時:最高約10コマ/秒
ライブビュー撮影時:最高約11コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 45点(クロス測距点:最大45点)
液晶モニター 3インチ・104万ドット
ファインダー倍率  0.95倍
ファインダー視野率  100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:1860枚
液晶モニタ使用時:510枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 140.7(幅)x104.8(高さ)x76.8(奥行) mm
重量 619g
実売価格 130,000円前後(ボディのみ)

 

 

動体撮影最強のAPS-C

 

 

動体撮影最強=連写速度最強のAPS-Cとも言えますが、連写速度・シャッタースピード・AF性能などがもっとも優れたカメラをご紹介

 

 

FUJIFILM X-H2S

 

FUJIFILM X-H2Sの画像

 

FUJIFILMと言えば、画質の良さや表現力。
「写真を撮る楽しさ」を重視しているイメージが強いメーカー。

 

そんなFUJIFILMがリリースした「FUJIFILM X-H2S」は、これまでに無かった動体撮影に特化したカメラとして登場し、驚いた方も多いのではないでしょうか?

初めて出した動体撮影機にもかかわらず、トップクラスの性能を持っていたので二度驚かされました!

 

FUJIFILM X-H2Sの特長

  • 裏面照射積層型センサー「第5世代X-Trans CMOS」と、新型画像処理エンジン「第5世代X-Processor」を搭載。
  • センサーは従来の4倍、画像処理エンジンは従来の2倍処理速度が速くなり、連写速度が40コマ/秒という驚異的なスペック。
  • AF性能はAI、ディープラーニング技術により「被写体検出AF機能」を搭載。
     人物の顔や瞳、動物・鳥・車・バイク・自転車・飛行機・電車をカメラが検出し自動的にAFを追尾します。

 

梅野
2022年8月現在では、APS-C機のCanon EOS R7と共に2強の1つですね。

 

記事を見る
FUJIFILMの新世代フラッグシップモデル「X-H2S」が登場!

    こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   梅野ここの所、APS-Cセンサーの新型カメララッシュとなっていますね。 APS-Cセンサーに力を入れているFUJIFILMからも新型ミラーレ ...

続きを見る

 

 

FUJIFILM X-H2Sの公式作例

 

FUJIFILM X-H2Sで撮影した写真

FUJIFILM X-H2Sで撮影した写真

FUJIFILM X-H2Sで撮影した写真

FUJIFILM X-H2Sで撮影した写真
※画像引用元:フジフイルム

 

 

FUJIFILM X-H2Sのスペック

 

発売日 2022年7月14日
タイプ ミラーレス
レンズマウント FUJIFILM Xマウント
センサーサイズ APS-Cセンサー
画素数 2616万画素
高感度 標準:ISO160~12800
拡張:ISO80、100、125、25600、51200
連写速度 約40コマ/秒(電子シャッター使用時)
約15コマ/秒(メカニカルシャッター使用時)
シャッタースピード 電子:1/32000秒~15分
電子先幕・メカニカル:1/8000秒~15分
AF測距点 425点
液晶モニター 3型(インチ)・162万ドット
ファインダー倍率 0.8倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 エコノミーモード時: 約720枚
ノーマルモード時: 約580枚
記録メディア CFexpressカードTypeB
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  136.3x92.9x84.6mm
重量 579g
実売価格 310,000円前後(ボディのみ)

 

 

SONY α6600(ILCE-6600)

 

SONY α6600(ILCE-6600)の画像

 

2019年11月に登場した、SONYのハイエンドAPS-Cミラーレス。

 

長らく最強APS-Cミラーレス機として君臨していましたが、「FUJIFILM X-H2」や「Canon EOS R7」の登場により、さすがに見劣りするスペックとなってしまいました。

しかしSONY α6600の凄いところは、この最強スペックをこれほども小さいボディで実現していたという点です。

「FUJIFILM X-H2」や「Canon EOS R7」は新世代の性能を持っていますが、カメラボディが大きい。

 

SONY α6600はかなりコンパクトで軽量ですので、手軽にカメラを持ち運びたい方にとっては、今でも最強クラスのカメラと言えるでしょう!

 

唯一残念なのは2022年現在、半導体不足によって生産がストップしていることと。それに伴ってプレミア価格になっていることです…。
2019年登場当時の価格は150,000円前後でしたが、現在は200,000円前後の価格になっています。

 

記事を見る
APS-Cの新たなフラッグシップモデル「SONY α6600」が登場!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   SONYのα6000シリーズに新たな仲間が加わりました! α6500を超えるフラッグシップモデル「α6600」   SONYと言えばフルサイズミ ...

続きを見る

 

 

SONY α6600の公式作例

 

SONY α6600で撮影した写真

SONY α6600で撮影した写真

SONY α6600で撮影した写真
※画像引用元:ソニー

 

 

SONY α6600のスペック

 

発売日 2019年11月1日
タイプ ミラーレス
レンズマウント SONY Eマウント
センサーサイズ APS-C
画素数 2420万画素
高感度 標準:ISO100~32000
拡張:ISO50~102400
連写速度 Hi+時:最高約11コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 425点位相差AF+425点コントラストAF
液晶モニター 3型(インチ)・92.16万ドット
ファインダー倍率 1.07倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:720枚
液晶モニタ使用時:810枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
メモリースティックPRO Duo
メモリースティックPRO-HG Duo
Wi-Fi
Bluetooth
NFC
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  120x66.9x69.3mm
重量 418g
実売価格 200,000円前後(ボディのみ)

 

 

Nikon D500

 


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

連写速度やシャッタースピードはミラーレスに敵いませんが、ニコンのAPS-Cフラッグシップモデル。

APS-C一眼レフの中では間違いなく最強と言えるスペックを持っていて、発売された時はかなり話題となりました。

 

Nikon D500の特長

  • Nikonのフルサイズフラッグシップモデル「D5」と同レベルの153点AFシステムを採用。動きの速い被写体にも確実にピントを合わせます。
  • 一眼レフなのでバッテリーの持ちが非常に良く満充電時で1240枚も撮影が可能。

 

 

Nikon D500のスペック

 

発売日  2016年4月26日
タイプ  一眼レフ
センサーサイズ  APS-C
画素数  2088万画素
高感度 ISO100~51200(拡張:ISO50~1640000)
連写速度  10コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点  153点
液晶モニター 3.2インチ・236万ドット
ファインダー倍率  1倍
ファインダー視野率  100%
撮影可能枚数  1240枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
XQDカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC
本体サイズ 147(幅)x115(高さ)x81(奥行) mm
重量 760g
実売価格 140,000円前後(ボディのみ)

 

 

コスパ最強のAPS-C

 

 

値段は安いのに性能は良い! コストパフォーマンスに優れた機種をご紹介します。

 

 

PENTAX K-70

 


※画像引用元:RICOH(http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/

 

ペンタックスと言えばAPS-Cセンサーに特化したメーカーです。

一眼レフの中ではカメラとレンズも、かなり小型の部類で持ち回りやすい。

 

そして他社より安いのにハイスペックなのが特長。

PENTAX K-20もボディ価格65,000円前後ながら、ISO100-102400というとんでもない性能を持っています。

AF測距点が少なく動体撮影に弱いのと、シャッター音が大きいと言うデメリットはあるものの、圧倒的なハイコストパフォーマンス!

 

記事を見る
はじめての一眼レフにはハイスペックなPENTAXもオススメです!

※画像引用元:リコー(http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/index.html) ※2018年6月18日に再編集しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です! &nb ...

続きを見る

 

 

PENTAX K-70のスペック

 

発売日  2016年7月22日
タイプ  一眼レフ
センサーサイズ  APS-C
画素数  2424万画素
高感度 ISO100~102400
連写速度  6コマ/秒
シャッタースピード 1/6000~30秒
AF測距点  11点
液晶モニター 3インチ・92.1万ドット
ファインダー倍率  0.95倍
ファインダー視野率  100%
撮影可能枚数 480枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth ×
NFC ×
本体サイズ 125.5(幅)x93(高さ)x74(奥行) mm
重量 628g
実売価格 58,000円前後(ボディのみ)

 

 

最強のAPS-C機は「Canon EOS R7」

 

Canon EOS R7の画像

 

解像度・高感度・AF性能・連写速度・手ブレ補正などなど。

あらゆる性能がすべてトップクラスとなっております。

 

ミラーレスの欠点である「バッテリー持ちの悪さ」も改善しており、液晶モニタ使用時:660枚となっています。

まさに隙のない最強カメラ。

 

梅野
APS-C機としてはかなり高額なカメラですが、性能で選ぶならCanon EOS R7です!

 

 

まとめ

 

APS-Cと言えばエントリーモデルの一眼レフと思われがちですが、結構性能の幅が広いし尖った性能をもった機種もありましたよね。

フルサイズは高画質ですが連写が苦手で、連写速度を上げるには画素数を落とさなくてはいけません。

 

やはりAPS-C機は画質と連写のバランスがよくて使いやすいと思います!

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, カメラ, カメラ, カメラ, Nikon(ニコン), カメラ, カメラ, Canon (キャノン), SONY (ソニー), PENTAX (ペンタックス), FUJIFILM (フジフィルム), カメラの知識