カメラとレンズの記事

サブカメラにオススメしたいデジタルカメラ9選!

2018年9月22日

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

※2022年9月6日に内容を更新しました!

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

写真を趣味としている方が気になる存在が「サブカメラ」

私もメインのNikon D750の他に、ミラーレスのOLYMPUS PEN E-PL7を持っています(嫁さんのですが)

 

サブカメラが必要な人も要れば、2台目のカメラがなぜいるのか分からない方もいらっしゃいますよね?

というわけで、まずはカンタンにサブカメラについてご紹介します!

 

 

サブカメラとは?

 

サブカメラには意味が色々とあるのですが、まず1つは予備のカメラとして。

 

その理由は?

プロカメラマンや写真家の方は、お仕事中にカメラが壊れてしまって「撮れません」と言うことは避けなければなりません。

-

一生に一度の晴れの舞台、結婚式の撮影を依頼されていて、カメラが壊れて撮れませんでした。

これでは、もう次の仕事の依頼は来ませんよね…。

 

プロの方はサブカメラとして、予備のカメラをかならず持っているんだよ~!
ペンくん

 

アマチュアカメラマンにサブカメラが必要な時は、毎日持ち歩くためであることが多いです。

 

その理由は?

メインのカメラがフルサイズ一眼レフであった場合、カメラ自体が大きすぎて毎日持ち歩くのは現実的じゃなですよね。

-

でもカメラを持っていないときに限って、とてもキレイな夕焼け空に出くわしたり、雰囲気の良い被写体に出会うものです(笑)

 

一眼レフと比べて軽くて小さいからデジカメををサブカメラとして使う人も多いんだね!
ペンくん
梅野
今回ご紹介するのは、いつでも持ち歩けてしっかりと撮影できるサブカメラです!

 

 

サブカメラにおすすめの機種

 

チェック

サブカメラにおすすめなのは、一眼レフ・ミラーレス・高級コンデジの3つがあります。

 

梅野
それぞれからオススメのカメラをご紹介して行きますね!

 

 

サブカメラにオススメな一眼レフ

 

一眼レフをサブカメラとして使うメリットは、持ちやすさとバッテリー持ちの良さ。

また、APS-Cセンサーを搭載しているので、高画質でボケも表現しやすいです。

 

 

Canon EOS Kiss X10

Canon EOS Kiss X10の画像
※画像引用元:キヤノン

 

 

ポイント

現在販売している一眼レフの中で、最も小さいカメラ!

持ち運びのしやすさや、撮影の手軽さが魅力ですね。

 

Canonのカメラの中でも、不動の人気を誇る「Kissシリーズ」の最新モデル。

小型軽量さで女性から支持を受け、サブカメラとして男性からの人気も高いです。

 

背面モニターはバリアングル式となっており、写真や動画の自撮り撮影も快適ですね!

 

Canon EOS Kiss X10の公式作例

Canon EOS Kiss X10で撮影した写真

Canon EOS Kiss X10で撮影した写真

Canon EOS Kiss X10で撮影した写真
※画像引用元:キヤノン

 

Canon EOS Kiss X10のスペック

発売日 2019年4月25日
タイプ 一眼レフ
レンズマウント Canon EFマウント
センサーサイズ APS-C
画素数 2410万画素
高感度 標準:ISO100~25600
拡張:ISO51200
連写速度 最高約5コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 9点
液晶モニター 3型(インチ)・104万ドット
ファインダー倍率 0.87倍
ファインダー視野率 95%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:1630枚
液晶モニタ使用時:350枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  122.4x92.6x69.8mm
重量 402g
実売価格 65,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

Canon EOS 90D

Canon EOS 90Dの画像
※画像引用元:キヤノン

 

ポイント

ミラーレスと融合した、次世代の一眼レフ!

APS-Cセンサーを採用する一眼レフの中では最強クラスのスペックです。

 

ミラーレスの技術を一眼レフにも採用し、一眼レフとミラーレスが合体したかのような次世代型の一眼レフ。

これまで一眼レフが苦手としていた、「ライブビュー撮影」のスペックが大幅に上がりました!

 

APS-Cセンサーでは最大クラスの、3250万画素を誇り、高速&高精度のAFシステム「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載。

小さいとは言えませんが、カメラも大きくは無い部類で携帯性も良いです。

一眼レフの中では最高のサブカメラになりそうですね。

 

Canon EOS 90Dの公式作例

Canon EOS 90Dで撮影した写真

Canon EOS 90Dで撮影した写真

Canon EOS 90Dで撮影した写真
※画像引用元:キヤノン

 

Canon EOS 90Dのスペック

発売日 2019年9月20日
タイプ 一眼レフ
レンズマウント Canon EFマウント
センサーサイズ APS-C
画素数 3250万画素
高感度 標準:ISO100~25600
拡張:ISO51200
連写速度 ファインダー撮影時:最高約10コマ/秒
ライブビュー撮影時:最高約11コマ/
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 45点
液晶モニター 3型(インチ)・104万ドット
ファインダー倍率 0.95倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:1860枚
液晶モニタ使用時:510枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  140.7x104.8x76.8mm
重量 619g
実売価格 158,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

サブカメラにオススメなミラーレス

グリップ部分が浅くカメラを持ちにくいのと、バッテリー持ちが悪いと言う欠点があります。

が、一眼レフと同等の画質を持っていながら、さらにコンパクトなのでサブカメラに最適なジャンル!

 

 

SONY ‪α‬6400 ILCE-6400

SONY ‪α‬6400 ILCE-6400の画像
※画像引用元:ソニー

 

 

ポイント

コンデジ並にコンパクトなカメラ本体。

それにAPS-Cセンサーを積んでいますので、サブカメラの王道モデルですね。

 

カメラ本体はとても小型ですが、中身はかなりパワフル!

0.02秒でピントが合う、超高速のAFシステムを搭載。

 

動く被写体への追従性も高く、便利な機能の「リアルタイム瞳AF」にも対応しています。

瞳AFは人だけでなく、犬や猫にも有効なので、ペットの写真を撮りたい方には最適ですね!

 

SONY ‪α‬6400の公式作例

SONY ‪α‬6400で撮影した写真

SONY ‪α‬6400で撮影した写真

SONY ‪α‬6400で撮影した写真
※画像引用元:ソニー

 

SONY ‪α‬6400のスペック

発売日 2019年2月22日
タイプ ミラーレス
レンズマウント SONY Eマウント
センサーサイズ APS-C
画素数 2420万画素
高感度 標準:ISO100~32000
拡張:ISO102400
連写速度 最高約11コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 425点位相差AF+425点コントラストAF
液晶モニター 3型(インチ)・92.16万ドット
ファインダー倍率 1.07倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:360枚
液晶モニタ使用時:410枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
メモリースティックPRO Duo
メモリースティックPRO-HG Duo
Wi-Fi
Bluetooth
NFC
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  120x66.9x59.7mm
重量 359g
実売価格 100,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

Nikon Zfc

Nikon Zfcの画像
※画像引用元:ニコン

 

 

ポイント

‪フィルムカメラをイメージさせるデザインが最大の魅力!

Zマウントレンズを使えるので、とても高画質な写真が撮れるのも、Nikon Zfcの強みです。

-

 

デザインだけでバカ売れしたと言っても過言ではないカメラで、Nikonの名機「ニコンFM2」をモチーフとしたデザインを採用。

見た目はクラシカルだけど、中身は最新のデジタルカメラとなっています。

 

背面モニターはNikonのミラーレスでは初の「バリアングル式」を採用し、写真や動画での自撮り撮影がしやすくなりました!

このカメラはサブカメラとして使っている方が非常に多いですね。

 

記事を見る
クラシックなデザインで大人気「Nikon Z fc」の評価やレビューをまとめてみた!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   発売当初から大人気モデルとなっている「Nikon Z fc」 予想外の売れっぷりと半導体不足が重なって、一時はかなり入手困難な状態となっていました。 &n ...

続きを見る

 

Nikon Zfcの公式作例

Nikon Zfcで撮影した写真

Nikon Zfcで撮影した写真

Nikon Zfcで撮影した写真
※画像引用元:ニコン

 

Nikon Zfcのスペック

発売日 2021年7月23日
タイプ ミラーレス
レンズマウント Nikon Zマウント
センサーサイズ APS-C
画素数 2088万画素
高感度 標準:ISO100~51200
拡張:ISO102400相当、204800相当
連写速度 高速連続撮影:約5コマ/秒
高速連続撮影(拡張):約11コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 209点
液晶モニター 3型(インチ)・104万ドット
ファインダー倍率 1.02倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:310枚
液晶モニタ使用時:360枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  134.5x93.5x43.5mm
重量 390g
実売価格 112,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

FUJIFILM X-Pro3

FUJIFILM X-Pro3の画像
※画像引用元:フジフイルム

 

 

ポイント

今ではかなり珍しい「レンジファインダー」のカメラ。

元々、趣味性の高いシリーズでしたが、最新型のX-Pro3ではさらに尖った仕様に!

 

デジタルカメラなのに、撮った写真をすぐに見ることは出来ない仕様となっています。

なんでこんな事をしているかと言うと、「撮ることに集中して欲しい」という開発者たちの思いから、このような形となっています。

 

メインカメラとしては使いづらいですが、そのこだわりの高さや、撮影を楽しむことに特化した仕様により、サブカメラとしての人気が高いモデルとなっていますね!

 

記事を見る
最新鋭のネオクラシカルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」ついに登場!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   FUJIFILMのダブルフラッグシップモデルのX-Proシリーズが、ついに新型FUJIFILM X-Pro3を発表しましたね! 約3年半ぶりのモデルチェン ...

続きを見る

 

FUJIFILM  X-Pro3の公式作例

FUJIFILM  X-Pro3で撮影した写真

FUJIFILM  X-Pro3で撮影した写真

FUJIFILM  X-Pro3で撮影した写真
※画像引用元:フジフイルム

 

FUJIFILM  X-Pro3のスペック

発売日 2019年11月28日
タイプ ミラーレス
レンズマウント FUJIFILM Xマウント
センサーサイズ APS-C
画素数 2610万画素
高感度 標準:ISO160~12800
拡張:ISO80、100、125、25600、51200
連写速度 約30コマ/秒(電子シャッター、1.25Xクロップ時)
約11コマ/秒(メカニカルシャッター使用時)
シャッタースピード 電子:1/32000秒~15分
電子先幕・メカニカル:1/8000秒~15分
AF測距点 425点
液晶モニター 3型(インチ)・162万ドット
ファインダー倍率 -
ファインダー視野率 -
撮影可能枚数 ファインダー使用時:370枚(EVF)、440枚(OVF)
液晶モニタ使用時:390枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  140.5x82.8x46.1mm
重量 447g
実売価格 197,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

サブカメラにオススメな高級コンデジ

 

一眼レフやミラーレスに比べ、さらにコンパクトなカメラ。

センサーサイズは小さくなってしまうものの、コンデジ界では熱いジャンルでサブカメラとしての人気が非常に高いです!

 

一眼レフやミラーレスと違って、レンズは固定式となります。

 

記事を見る
サブカメラにオススメしたい高級コンデジ7選!

2019年1月4日に更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   一眼レフを使っていらっしゃる方は、サブカメラを持っている割合も大きいです。 その理由は、一眼レフの本体がデカイからなん ...

続きを見る

 

 

SONY RX100VII(DSC-RX100M7)

SONY RX100VII(DSC-RX100M7)の画像
※画像引用元:ソニー

 

SONY RXシリーズ7代目。

価格がかなり高くなってしまったものの、1型センサーを搭載しコンデジの枠を超えたハイスペックカメラです。

 

ポイント

0.02秒でピントの合うオートフォーカスに、最高20コマ/秒の高速連写。

シャッタースピードは1/32000秒と、最新のミラーレスと同じスペックを保持。

 

固定式のレンズは高倍率の24-200mm(f2.8-f4.5)を備えていて、まさにスキがありません!

 

SONY RX100VIIの公式作例

SONY RX100VIIで撮影した写真

SONY RX100VIIで撮影した写真

SONY RX100VIIで撮影した写真
※画像引用元:ソニー

 

SONY RX100VIIのスペック

発売日 2019年8月30日
タイプ コンデジ
レンズマウント レンズ固定式
センサーサイズ 1型センサー
画素数 2010万画素
高感度 通常:ISO100~12800
拡張:ISO64、80、25600
連写速度 20コマ/秒
シャッタースピード 30~1/32000 秒
AF測距点 357点位相差AF+425点コントラストAF
液晶モニター 3型(インチ)・92.16万ドット
ファインダー倍率 -
ファインダー視野率 -
撮影可能枚数 260枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
メモリースティック Duo
メモリースティックPRO Duo
SDXCカード
メモリースティックPRO-HG Duo
Wi-Fi
Bluetooth
NFC
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  101.6x58.1x42.8mm
重量 302g
実売価格 130,000円前後

 

 

 

SONY RX1RII(DSC-RX1RM2)

SONY RX1RII(DSC-RX1RM2)の画像
※画像引用元:ソニー

 

 

ポイント

まさかのフルサイズセンサーを搭載した高級コンデジ。

4240万画素の高画素機ですが、高感度は最高でISO102400にまで対応し、暗さに強いです。

 

オートフォーカスも399点のファストハイブリッドAF。

レンズは35mm(f/2)を採用するなど、まさにやりたい放題。

史上最強の高級コンデジで、ミドルクラスの一眼レフやミラーレスでも敵いません。

それでいて、カメラの大きさはコンデジ相当なので、お金のある方には最強のサブカメラとなりますね!

 

SONY RX1RIIの公式作例

SONY RX1RIIで撮影した写真

SONY RX1RIIで撮影した写真

SONY RX1RIIで撮影した写真
※画像引用元:ソニー

 

SONY RX1RIIのスペック

発売日 2016年2月16日
タイプ コンデジ
レンズマウント レンズ固定式
センサーサイズ フルサイズ
画素数 4240万画素
高感度 通常:ISO100~25600
拡張:ISO50、64、80、32000、40000、51200、64000、80000、102400
連写速度 5コマ/秒
シャッタースピード 30~1/4000 秒
AF測距点 399点位相差AF+25点コントラストAF
液晶モニター 3型(インチ)・122.88万ドット
ファインダー倍率 0.74倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 220枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
メモリースティック Duo
メモリースティックPRO Duo
SDXCカード
メモリースティックPRO-HG Duo
microSDカード
microSDHCカード
microSDXCカード
Eye-Fiカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  113.3x65.4x72mm
重量 507g
実売価格 345,000円前後

 

 

 

RICOH GR III

 

 

 

 

サブカメラの王道モデルと言えばGR!

待望の新型モデル「GR III」が登場しています。

 

ポイント

APS-Cセンサーに28mm単焦点レンズの組み合わせで、最強のスナップシューターとして人気が高く、高級コンデジの代表格と言えるカメラです。

 

前モデルと比べると、画素数の大幅な増加と新型センサーの採用により、さらに高画質化しました。

また高感度耐性もおおきく向上しましたので、今まで以上に夜間スナップも楽々とこなせるようになっています!

 

記事を見る
【RICOH GRIII】高評価まちがい無しの高級コンデジが帰ってきた!

※画像引用元:RICOH(http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/index.html)   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   待ちに待った人も多いことでしょ ...

続きを見る

 

RICOH GR IIIの公式作例

RICOH GR IIIで撮影した写真

RICOH GR IIIで撮影した写真

RICOH GR IIIで撮影した写真
※画像引用元:リコー

 

RICOH GR IIIのスペック

発売日 2019年3月15日
タイプ コンデジ
レンズマウント 固定式
センサーサイズ APS-C
画素数 2424万画素
高感度 ISO100~102400
連写速度 4.2コマ/秒
シャッタースピード 30~1/4000 秒
AF測距点 ハイブリットAF
液晶モニター 3型(インチ)・103.7万ドット
ファインダー倍率 -
ファインダー視野率 -
撮影可能枚数 200枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  109.4x61.9x33.2mm
重量 257g
実売価格 100,000円前後

 

 

 

RICOH GR IIIx

 

 

GR lllの発売から約2年後。

突然発売されたのが、派生モデルとなる「GR IIIx」です。

 

ポイント

GR lllは焦点距離28mmのレンズを採用していましたが、GR IIIxは35mm換算で40mmのレンズを採用!

画角が狭くなり、人間の視界に近い標準レンズとなったことで、これまでとはまた違うGRの世界を堪能できます。

 

GR lllとGR IIIxの違いはレンズのみとなり、他のスペックは同じものとなっています。

焦点距離の長いレンズを採用しているGR IIIxは、カメラ本体の厚みが2mm。

重量が5gほど増加していますが、ほぼ誤差の様な物ですね。

 

記事を見る
【比較】RICOH GRIIIとFUJIFILM X100Vどちらが最強のスナップシューターなのか?

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   スマートフォンの登場でコンデジはサッパリ売れなくなってしまいました。   ですがその中でも頑張っているジャンルが「高級コンデジ」と呼ばれる、スペ ...

続きを見る

 

RICOH GR IIIxの公式作例

RICOH GR IIIxで撮影した写真

RICOH GR IIIxで撮影した写真

RICOH GR IIIxで撮影した写真※画像引用元:リコー

 

RICOH GR IIIxのスペック

発売日 2021年10月1日
タイプ コンデジ
レンズマウント 固定式
センサーサイズ APS-C
画素数 2424万画素
高感度 ISO100~102400
連写速度 4.2コマ/秒
シャッタースピード 30~1/4000 秒
AF測距点 ハイブリットAF
液晶モニター 3型(インチ)・103.7万ドット
ファインダー倍率 -
ファインダー視野率 -
撮影可能枚数 200枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  109.4x61.9x35.2mm
重量 262g
実売価格 114,000円前後

 

 

 

 

FUJIFILM X100V

FUJIFILM X100Vの画像

 

 

RICOH GRと同じくらい人気のスナップシューターが、FUJIFILMのX100シリーズ。

GRよりは少しお値段が高いですが、長年のフィルム製造で培われた「フィルムシミュレーション」が搭載されており、人気のモデルです。

 

ポイント

新センサーと新開発のレンズが採用され、過去最高画質のX100に進化!

全17種類のフィルムシミュレーションを搭載し、フィルムで撮ったような写真を楽しむことが出来ます。

 

GRと違う点は、FUJIFILM X100Vはレンジファインダーのカメラとなっており、より写真撮影の原体験を出来る点でしょうか。

「撮影」と言う行為自体を楽しむことが出来るカメラとなっています!

 

記事を見る
【FUJIFILM X100V】フィルムの色味を簡単に出せる高級コンデジがモデルチェンジ!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   梅野みなさま待望の高級コンデジ、FUJIFILM X100Vがついに登場しました! RICOH GRIIIと同じく、スナップシューターとして人気の高いカメ ...

続きを見る

 

FUJIFILM X100Vの公式作例

FUJIFILM X100Vで撮影した写真

FUJIFILM X100Vで撮影した写真

FUJIFILM X100Vで撮影した写真※画像引用元:リコー

 

FUJIFILM X100Vのスペック

発売日 2020年2月27日
タイプ コンデジ
レンズマウント 固定式
センサーサイズ APS-C
画素数 2610万画素
高感度 通常:ISO160~12800
拡張:ISO80、100、125、25600、51200
連写速度 11コマ/秒
シャッタースピード 4~1/32000 秒
AF測距点 425点
液晶モニター 3型(インチ)・162万ドット
ファインダー倍率 -
ファインダー視野率 -
撮影可能枚数 350枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  128x74.8x53.3mm
重量 478g
実売価格 162,000円前後

 

 

 

まとめ

 

サブカメラにおススメのカメラを、9機種ご紹介しました!

小型軽量でカメラの性能も高いものから選んでみましたが、気になる1台はありましたでしょうか?

 

最近のカメラは優秀なので、1台のカメラでほぼ全てのシーンに対応することが出来ます。

 

ですが、目的に応じてカメラを選ぶのも楽しいと思います!

サブカメラはメインカメラより、小型のものを選ぶことが多いと思いますので、その携帯性の高さからスナップ撮影やお散歩。

お子さんやペットとお出かけされるときに活躍してくれますね。

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事