カメラとレンズの記事 Canon (キャノン)

Canon新型エントリーモデル「EOS Kiss X10」登場!

投稿日:2019年5月10日 更新日:

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

キヤノンから新型のエントリーモデルEOS Kiss X10が発表されました。

Kissもついに二桁型番になりましたね。

 

 

キヤノンに限ったことでは無いのですが、エントリーモデルの新型って前モデルとほとんど変わらないんですよね。

それなのにフルプライスで登場するので、1つ型落ちモデルを買った方が圧倒的に買い物上手。

 

EOS Kiss X10は新品で購入する価値があるのか、EOS Kiss X9と比較しながら見てみましょう!

 

 

EOS Kiss X10の進化ポイント

 

一眼レフ入門機として、不動の人気を誇るKissシリーズ。

初心者だけでなく、サブカメラとしても人気が高いです。

 

軽量&コンパクトなので、常時持ち歩くように良いんですよね!

 

それではEOS Kiss X10のパワーアップポイントを見ていきましょう。

 

 

画像処理エンジンがグレードアップ


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

EOS Kiss X9は画像処理エンジン「DIGIC 7」を搭載していましたが、EOS Kiss X10は最新型の「DIGIC 8」を採用しています。

 

画像処理エンジンが新しくなれば、画質が良くなる・高感度が強くなる・カメラの処理速度が上がるなど、いろいろと恩恵がある。

DIGIC 8ではそれに加え、カメラ内でレンズ補正が出来るデジタルレンズオプティマイザという機能が使えるようになりました!

 

 

エントリー離れしたオートフォーカス性能


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

EOS Kiss X10のデュアルピクセルCMOS AFは、さらにパワーアップ!

 

縦100%・横88%もの範囲をカバーすることができ、AF測距点は最大で143点にもなります。

ミラーレスではお馴染みの「瞳AF」にも対応!

 

エントリーモデルとは思えない性能と機能を持っており、はじめて一眼レフを使うという方でも、簡単にペットやお子さんの良い写真を撮ることが出来るようになっています。

 

 

4K動画撮影が出来るようになった


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

これまでのフルHDだけでなく、ついに4K動画撮影に対応しました。

ふいに動画を撮影したくなった時も、高画質な動画を保存することができますね。

 

しかも、4K動画で撮影した動画は、どの場面でも静止画として切り出すことが出来る!

 

ペンくん
「あ~、この場面ムービーじゃなくて写真が良かったなぁ…」

 

こんなこと良くあると思いますが、この悩ましい事態を解決してくれる超便利機能ですね!

※4K動画モードのみ切り出しが可能です。フルHDは切り出しが出来ないので注意してください。

 

 

世界最軽量を更新


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

EOS Kiss X10はEOS Kiss X9よりも4g軽くなり、バリアングルモニター搭載の一眼レフとして、世界最軽量を更新しました!

バッテリー・SDカードを含む重量で449g。

 

一眼レフと言えば大きくて重いのがネックなのですが、500mlのペットボトル飲料より軽いのなら、カバンに入れて持ち運ぶのも苦ではありませんね。

 

機材が重いのってホント疲れます…。

 

梅野
「画質が良いなら重くてもかまないぜ!」

 

と思う時期が誰しも訪れると思うのですが、やはり1日の疲れと肩の痛みやコリには勝てず、いかに機材を軽量化するのかを考え始める(笑)

軽いっていうのはそれだけで、とても大きなメリットなのです!

 

 

EOS Kiss X10とEOS Kiss X9のスペックを比較

 

  EOS Kiss X10 EOS Kiss X9
発売日  2019年4月25日 2017年7月28日
タイプ  一眼レフ 一眼レフ
センサーサイズ  APS-C APS-C
画素数  2420万画素 2420万画素
高感度  ISO100~25600 ISO100~25600
連写速度  5コマ/秒 5コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒 1/4000~30秒
AF測距点  9点 9点
液晶モニター  3.0インチ・104万ドット 3.0インチ・104万ドット
ファインダー倍率  0.87倍 0.87倍
ファインダー視野率  95% 95%
撮影可能枚数  1630枚 840g
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 122.4(幅)x92.6(高さ)x69.8(奥行) mm 122.4(幅)x92.6(高さ)x69.8(奥行) mm
重量 402g(カメラのみ) 406g(カメラのみ)
実売価格 71,000円前後(ボディのみ) 54,000円前後(ボディのみ)

 

 

先ほどみたEOS Kiss X10の進化ポイント以外は、ほぼ同じだと思っていましたが、バッテリー持ちの改善がすごいですね。

EOS Kiss X9はバッテリー満タンで840枚の写真が撮れますが、EOS Kiss X10では約2倍にあたる1630枚も撮影できるようになっています。

 

これほどバッテリーが持つのであれば、1泊や2泊くらいの旅行では、予備バッテリーや充電器は必要ないレベル。

荷物が少なくなって良いですね!

 

 

EOS Kiss X10は買いか?

 

一眼レフでお子さんやペットの写真を撮りたい人なら買いです!

風景写真をメインに撮りたい方は、EOS Kiss X9で良いと思います。

 

EOS Kiss X10の基本スペックはEOS Kiss X9とほとんど同じですが、オートフォーカスの進化4K動画に対応しました。

動き回るお子さんやペットの写真を、しっかりと撮りたいのであればオートフォーカスの性能が優れているほうが良い!

瞳AFもあるので、お子さんや人物写真をメインで撮られる方は、EOS Kiss X10は買いです!

 

 

風景や花の写真を撮影される方は、EOS Kiss X10のパワーアップポイントはあまり恩恵が少ないので、EOS Kiss X9でも十分満足できると思います。

もちろん4K動画撮影したいとかあれば、EOS Kiss X10を選ぶしかありませんが、価格差が約20,000円ほどありますので悩ましいところですね。

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カメラとレンズの記事, Canon (キャノン)

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.