カメラとレンズの記事 撮影テクニックと雑記 ニコンのレンズとカメラ キャノンのレンズとカメラ ソニーのレンズとカメラ ルミックスのカメラとレンズ

動画撮影に強いおすすめの一眼レフ6選!

投稿日:2017年12月5日 更新日:

※2018年1月22日に再編集しました。

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

キレイな写真を撮りたくて一眼レフを購入する方は多いと思いますが、動画を撮りたくて一眼レフを買う人は少ないですよね。

普通は動画を撮りたければビデオカメラを選ぶと思います。

 

しかし最近の一眼レフは、動画撮影の能力が上がってきまして、動画を撮りたい目的なのにビデオカメラじゃなくて一眼レフを選ぶ人も多くなってきました。

YouTuberの方でも動画を撮るのに一眼レフを使っている方が多いですよね。

そこで動画撮影に向いている一眼レフカメラをご紹介します!

 

 

低価格で動画撮影におすすめのカメラ

動画撮影能力の高い一眼レフやミラーレスも登場していますが、性能が高いほどお値段も高くなっちゃいます…。

 

なので、まずは一眼レフの中でもリーズナブルな価格帯で動画撮影におすすめしたい機種をご紹介します!

 

●Canon EOS Kiss X9

 


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) KISSX9BK1855F4ISSTML

 

キャノンの超人気機種だったEOS Kiss X7の後継機として登場したばかりで、写真・動画撮影ともにEOS Kiss X7と比べると大きく進化しています。

 

撮影画質はフルハイビジョン(FHD)に対応し、フレームレートは60fps。

一昔前の一眼レフだとフレームレートが低くて、少しカクついた感じになっていましたが60fpsもあれば滑らかな動画を撮影出来ますね!

撮影のときに気になる手ブレも、5軸手ぶれ補正が搭載されているので安心感があります。

 

そして一眼レフで撮影するときに難しいのがピント合わせ。

ビデオカメラに比べると、ピントの合う範囲がせまいため被写体はボケて背景はクッキリなんてこともしばしば。

EOS Kiss X9では動画撮影に特化した「動画サーボAF」の機能があるため、動き回る被写体にも確実にピントを合わせ続けてくれます!

 

 

また、映画やドラマのような雰囲気の動画が撮れる「動画クリエイティブフィルター」があるので、日常風景をとるだけでも楽しくなりますね。

初心者におすすめなCanonの小型一眼レフに新型モデル「EOS Kiss X9」が登場!

 

実売価格はレンズセットで66,000円前後となっています。

 

 

●Nikon D5600


Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 AF-P 18-55 VR レンズキット ブラック D5600LKBK

 

ニコンのエントリーモデルで、人気の高いD5000シリーズの最新機種。

フルハイビジョン(FHD)に対応し、フレームレートも60fpsなので滑らかな動画撮影が可能です!

 

動画撮影時にもISO100-25600なので、薄暗い場所でもしっかりと撮影出来る。

 

ステレオマイクが内蔵されていて、音声を拾う能力も高いです。
オプションの「ステレオマイクロホン ME-1」を使用すれば、オートフォーカスの駆動音が入りにくくなり、よりクリアな音声を捉えれる様になりますよ。

初心者におすすめの一眼レフ「Nikon D5600」!その特長をまとめてみました。

 

実売価格はレンズセットで78,000円前後となっています。

 

 

●SONY α6300(ILCE-6300L)


ソニー SONY ミラーレス一眼 α6300 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ブラック ILCE-6300L B

 

SONYはビデオカメラも製造しているので、動画性能の高い一眼レフカメラを多く販売しています。

α6300はミラーレスなのでとてもコンパクトなボディをしていますが、4K撮影に対応していて超高画質な撮影が可能!

 

FHD画質だと120fpsでの撮影も出来き、ミラーレスとは思えないほどの動画撮影が出来ます。

オートフォーカスもハイテクな機能が搭載されていて、初心者でもカンタンに撮影出来るようになっていて、扱いが楽なのも長所の1つですね。

 

実売価格はレンズセットで100,000円前後となっています。

 

 

動画撮影能力が高い一眼レフ


※画像引用元:SONY(http://www.sony.jp/ichigan/)

 

お値段は少し高くなるけれども、一眼レフカメラとは思えないほどの動画性能をもった機種をご紹介します。

 

●LUMIX DC-GH5

 


Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5 レンズキット 標準ズームレンズ付属 ブラック DC-GH5M-K

 

写真を撮るカメラなのに「なんで?」と言いたくなるほどの動画撮影能力か高い機種。

YouTuberさんに人気のあるカメラで、使っている人が多いですね。

ミラーレス一眼レフとしては世界初となる4K画質で60fps撮影が出来るので、キレイで滑らかな動画を撮りたければこのカメラを買っておけば間違いない。

FHD画質であれば最大180fpsにまで対応しているので、動きの早いスポーツとかの撮影でも、ブレることなくキレイに撮影できます!

 

 

手ぶれ補正も超強力なモノが採用されていて、ボディ5軸補正+レンズ2軸補正のおかげで、ちょっとやそっとの事では全くブレません。
※さすがにかなり暗い場所では無理ですよ。

ステレオマイクが初めから内蔵されていて、雑音を抑える機能も付いているのでかなりクリアな音声になります。

 

映画を撮影出来るレベルで作り込まれたミラーレスなので、とにかく動画を撮りたい人はこのDC-GH5を強くおすすめします。

LUMIX GH4の後継機「GH5」ついに登場!画質は大きく進化

 

実売価格はレンズセットで220,000円前後となっています。

 

 

●α7R III(ILCE-7RM3)

 


ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

 

SONYのフルサイズミラーレスの最新機種。

Rシリーズは高画素機で、とにかく画質がキレイなのが特長のカメラ。

α7R iiiはフルサイズセンサーに4240万画素を誇る唯一無二のミラーレス一眼レフです。

動画撮影では5K相当での撮影が可能で、ミラーレスでの動画としては圧倒的に高画質!

ファストハイブリッドAFのおかげで、動きの早いシーンでもピントがズレにくく安定した撮影が出来ます。

「SONY α7RⅢ」ミラーレス唯一の高画素機がはやくもリニューアル!

 

実売価格は360,000円前後となっています。

 

 

●LUMIX GH5S

 


Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GH5S ボディ ブラック DC-GH5S-K

 

2018年大注目の動画撮影に特化した一眼レフ。

それがPanasonicの「LUMIX GH5S」です!

 

ミラーレス一眼レフとしては初となるCinema4K/60pに対応しているので、個人でも映画の様な動画が撮影可能。


※画像引用元:Panasonic(http://panasonic.jp/dc/g_series/gh5s/

 

それに加えて新たな記録方式「4:2:2 10bit」を採用し、従来に比べ約128倍の色情報が得られます!

 

ISOも100-51200にまで拡大されているので、暗い場所での撮影も得意。

 

一眼レフとは思えないほどのスペックを持っていて、一眼レフで動画をとるには最強のカメラでしょう!

最強の動画撮影向き一眼レフ「LUMIX GH5S」登場!

 

実売価格は290,000円前後となっています。

 

 

動画撮影のための重要なスペックの見方

・フレームレート

fpsと言う単位で表記され、たいていは機種によって30・60・120・180fpsの幅があります。

数値が低ければカクついた映像になり、高ければ滑らかになり実際に目で見た感じと変わらない映像になります。

 

・モニターが動くかどうか

最近の一眼レフは稼働式モニターとなっていますが、数年前に発売された一眼レフを買おうと考えていらっしゃるならしっかりと確認が必要です。

例えばやたらとオススメされるCanonのEOS kiss7は、モニターが固定式なので撮影のときには不便なんですね…。

 

動くモニターには「チルト式」と「バリアングル」の2種類があります。

 

私がおすすめしたのはモニターの可動域が広いバリアングル式。

EOS kiss9やD5600などエントリーモデルの一眼レフに多く採用されています。

 

 

・画質がどこまで対応しているか

画質は4K>FHD>HDの順で高画質です。

エントリーモデルは主にFHD(フルハイビジョン)までで、中堅機から4K画質に対応してきます。

 

より高画質で子どもの運動会を撮影したい。YouTubeに動画を投稿したいと考えている方は4Kを選択された方が良いですね!

 

 

・手振れ補正機能の有無は

今どきのカメラなら手ブレ補正なんて当然あるだろう?

こう思ってしまいますが、実はそうでもないので注意が必要です!

 

CanonやNikonはカメラに手振れ補正が内蔵されてなく、レンズに手振れ補正が組み込まれています。

キットレンズは手振れ補正の機能があるので問題ないですが、カメラと単焦点レンズの組み合わせだと、どちらにも手振れ補正の機能が無い状態になりますので気を付けなければいけません。

 

SONY・OLYMPUS・LUMIXはカメラ本体に手振れ補正が内蔵されているので、初心者の方でも分かりやすくて助かりますね。

 

 

なぜYoutuberは一眼レフを使うのか?

 

ビデオカメラで撮影されている方と一眼レフカメラで撮影されている方がいますが、なぜ動画撮影に特化したビデオカメラではなくて一眼を使う人もいるのか。

 

これは単純にビデオカメラよりも、一眼レフの方が画質が良いからですね。

 

一眼レフの方がセンサーサイズが大きくて画質が良いですし、高価なレンズを使用すればさらに画質は上がります。

その代わりピントが不安定なので、ちゃんと撮影するためには練習が必要になります。

 

 

一方、ビデオカメラは画質が劣るものの、今まで撮影したことが無い人でもちゃんと撮影出来るようにカメラが自動で最適な状態にしてくれます。

初めて動画を撮影するならビデオカメラの方が向いているんですね。

 

ただYouTubeの動画は高画質な方が再生率が上がると言われていますので、慣れてきたら高画質な一眼レフを試してみてはどうでしょうか。

 

 

まとめ

一眼レフの動画性能が上がって来てくれたおかげで、場合によってはビデオカメラを購入しなくても写真と動画が一眼レフ1台で済むようになって便利になりました。

 

しかし一眼レフで動画を撮影するには少しクセがあるので、練習が必要になります。

 

私は一眼レフを購入してから約2年ほど経ちますが、動画撮影はハッキリ言って下手くそwww

止まって撮影するのは大丈夫ですが、動くとピントがあらぬところに合ってしまってまともに撮影できないんです。

 

これは一眼レフはピントが合う範囲がせまいために起こる事なので、同じような事で悩んでいるかたは、画面全体にピントが合いやすいパンフォーカス撮影向きの広角レンズを使用すればすこしマシになりますよ。

 

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

follow us in feedly

おすすめ記事

1

  こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山ありました。   私の住んでる田舎のカメラ屋さ ...

2

  こんにちは、梅野です! 以前、持ち運ぶカメラ機材を軽量化したいと記事に書きました。   その中でもひときわ重量が重かったのが、カメラバックと三脚のです。 三脚は今のところ買い替 ...

3

  こんにちは、梅野です!   先日「NikonとCanonの神レンズまとめ」の記事を書いたところ、SONYのミラーレスを使っている友人から「なんでSONYがないんや!」とクレーム ...

4

この記事は2018年4月7日に再編集しました。   こんにちは梅野です! 気軽に写真を撮りに行きたいと思って買ったブリジストンのクロスバイク「シルヴァF24」も、気がつけばもう1年と半年経ち ...

-カメラとレンズの記事, 撮影テクニックと雑記, ニコンのレンズとカメラ, キャノンのレンズとカメラ, ソニーのレンズとカメラ, ルミックスのカメラとレンズ

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.