カメラとレンズの記事 レンズ OLYMPUS (オリンパス) レビュー

【レビュー】OLYMPUSの単焦点シンデレラレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」を購入!

本ページはプロモーションが含まれています

【レビュー】OLYMPUSの単焦点シンデレラレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」を購入!

広告

※2024年2月29日内容を更新しました。

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

サブカメラとして愛用しているOLYMPUS PEN E-PL7に、25mm f/1.8(35mm換算50mm)の単焦点レンズを導入しました!

 

以前使用していたキットレンズでは、表現したいイメージと実際の写りにギャップを感じていました。

 

単焦点レンズの魅力は、なんといってもその描写力にあります。

開放F1.8の明るさを活かした美しいボケ効果で、被写体を際立たせるポートレート撮影に最適。

また、焦点距離25mmは、人間の視覚に近い自然な画角を捉えることができ、風景写真やスナップ写真にも最適です。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を装着したPEN E-PL7は、まるでメインカメラのNikon D750のような操作感で、思い通りの写真が撮れるようになりました。

 

記事を読む
オリンパスのミラーレス「PEN Lite E-PL7」を購入しました!
【レビュー】オリンパスのミラーレス「PEN Lite E-PL7」を購入しました!

※2024年2月27日内容を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   このカメラは以前に店頭で触って来たと記事にしていました。 サブ機として購入したので、簡単にレビューしていきます ...

続きを見る

 

記事の信頼性

  • 写真歴 9年目
  • ブログ運営歴 9年目(月間PV数12万)
  • メーカー様からのレビュー案件多数
  • YouTubeチャンネルで撮影テクニックなど情報発信中(2024.4現在登録者数4300人)

お仕事依頼やレビュー案件など、お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

レンズが超コンパクト

 

 

ズームレンズに比べてコンパクトで軽量な単焦点レンズは、カメラバッグに忍ばせやすく、持ち運びに最適です。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8は、そんな単焦点レンズの中でも驚きのコンパクトさを誇ります。

 

最大径57.8mm、全長42mm、重量わずか137gのボディは、まるで手のひらに収まるようなサイズ感。カメラに取り付けても重さを感じさせず、軽快な撮影を楽しめます。

小さくて軽いボディは、女性の手にもフィットしやすく、持ち運びも楽々。操作もシンプルなので、カメラ初心者にもおすすめです。

 

 

被写体に寄れる50mm単焦点

 

フルサイズ対応の50mm単焦点レンズは、開放F1.8の明るさや美しいボケ効果など、多くの魅力を持つレンズです。

しかし、最短撮影距離が約45cmと長いため、花や食べ物などの被写体に近づいて撮影するには不向きです。

 

【実写作例付きレビュー】Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gは低価格で高画質なフルサイズ対応単焦点レンズ。
【実写作例付きレビュー】Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gは低価格で高画質なフルサイズ対応単焦点レンズ。

※2024年2月7日内容を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gは、開放F1.8の明るい単焦点レンズ。 価格は手頃なが ...

続きを見る

 

一方、マイクロフォーサーズ用のM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8は、最短撮影距離が25cmと驚異的に短いため、従来の50mmレンズよりも被写体にぐっと近づいて撮影できます。

まるでスマホカメラで撮影しているような感覚で、花や食べ物の細部まで鮮明に捉えることができます。

 

 

高速かつ無音のオートフォーカス

 

 

このレンズはピント合わせが早くて使いやすいです。

爆速とまではいきませんが、ストレスなく使える優秀なオートフォーカスになっています。

それより驚いたのは、オートフォーカスの動作音が全然聞こえないと言うことでした!

このレンズは動作音が無音でピントが合った時のピピっとしか音がしません。

 

 

低価格で買いやすいお値段

 

 

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8は、マイクロフォーサーズ規格のカメラユーザーにとって、まさに「シンデレラレンズ」と呼ぶにふさわしい単焦点レンズです。

 定価42,000円に対し、実売価格は30,000円前後と、初めての交換レンズとしても手が届きやすい価格設定。

 

記事を読む
【初めての単焦点レンズ】絶対に手に入れるべき各メーカーのシンデレラレンズ(巻き餌レンズ)まとめ

※2024年2月7日内容を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!         初めてシンデレラレンズを使って撮影すると、写真が上手くなった錯覚するぐ ...

続きを見る

 

 

キットレンズとの比較

 

 

OLYMPUS PEN E-PL7 ダブルズームキットを購入し、普段は「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」を使用していました。

しかし、今回単焦点レンズを購入したことで、キットレンズとの性能差を改めて実感しました。

 

キットレンズの使い勝手と性能

  1. 使い勝手が良く、旅行や日常使いに便利
  2. 焦点距離14-42mmで、広角から中望遠までカバー
  3. 開放F値は3.5-5.6と明るくない
  4. 解像度や描写性能は単焦点レンズに劣る

 

単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 の性能

  1. 開放F値1.8で明るく、ボケ効果が美しい
  2. 解像度や描写性能が非常に高く、シャープな写真が撮れる
  3. 色彩表現が自然で、被写体の質感や色を忠実に再現

 

まとめ

 

 

まだ届いたばかりで外での撮影をしていないので、」M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」で撮影したら改めてレビューの記事を書きたいと思います。

OLYMPUSのミラーレスをお使いの方で、まだキットレンズしか持っていないと言う人はぜひとも単焦点レンズを購入してみましょう!

撮れる写真がガラッと変わって、写真を撮る楽しさがより増しますよ!

 

 

広告

お問い合わせ

    広告

    おすすめブログ

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    梅野

    カメラ歴9年目、高知県在住のアマチュアカメラマン。本ブログはカメラ関連の記事や撮影テクニックなどが中心の内容となっております。その他、youtubeチャンネルでは初心者向けカメラ講座も更新しているので是非ご覧ください!
    お問い合わせはこちら

    -カメラとレンズの記事, レンズ, OLYMPUS (オリンパス), レビュー