カメラとレンズの記事 SONY (ソニー)

高級コンデジを駆逐する1型センサー搭載スマートフォン「Xperia PRO-I」が登場!

2021年11月20日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

以前にAQUOS R6が1型センサーを採用したスマートフォンとしてご紹介しましたが、フルサイズミラーレスカメラの王者「SONY(ソニー)」も1型センサーを搭載したスマートフォンを開発しました!

 

今回登場するのは「Xperia PRO-I」

プロワンかと思ったら、これは数字の1ではなくアルファベットのI。

imageの頭文字を取っているようです。

 

こんなスマートフォンを登場させてしまったら高級コンデジが売れなくなって、自分で自分の首を絞めるんじゃないかと思ったんですが、縮小の一途をたどるカメラ業界よりも、今ではほぼ全ての人が持っているスマートフォンに、高級コンデジを合体させた方が利益になるという判断でしょうか?

 

スマートフォンの普及でコンデジがほぼ全滅し、唯一生き残った高級コンデジも、1型センサー搭載スマートフォンによってその数を減らしてしまいそうですね。

 

記事を見る
「AQUOS R6」がスマホ初の1型センサーを搭載しカメラ性能が新次元へ!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   ついにこの時がやってきました。 スマートフォン初の1型センサーを搭載したカメラが登場します。   そのスマートフォンはシャープの「AQUOS R ...

続きを見る

 

記事を見る
【必見!】高級コンデジの特長とカメラの選び方!

※2019年12月9日に内容を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   コンデジ界の救世主となっているのが「高級コンデジ」と呼ばれるジャンルのカメラ。 ふつうのコンデジは、スマート ...

続きを見る

 

 

高級コンデジのセンサーをそのまま搭載

 

Xperia PRO-Iのセンサー
※画像引用元:ソニー

 

高級コンデジのセンサーを搭載

Xperia PRO-Iに搭載されるイメージセンサーは、SONYの高級コンデジ「RX100 VII」から持ってきています。

つまりXperia PRO-Iは高級コンデジ級の高画質だと言えますね。

 

ただXperia PRO-Iに搭載されるセンサーは、モバイル用にクロップしているそう。

 

1型センサーを搭載していますが、実際に使用されている面積は1/1.3型相当らしく、クロップしているので画素数もRX100 VIIの2010万画素から1220万画素に低下しています。

実際は1/1.3型相当しか使用していないのに「1型センサー搭載スマホ!」っていうのは卑怯な気が(笑)

確かに1型センサーは搭載しているので嘘ではないんですが、この辺はSONYさんらしいなと思います。

 

 

普通のスマホじゃ満足できなくなる高画質やボケ感

 

Xperia PRO-Iのカメラ
※画像引用元:ソニー

 

step
1
大きなイメージセンサーを積むメリットは、シンプルに高画質化することです。

 

これまでのスマートフォンでは1/2.3型センサーを採用されていることが多いです。

ではXperia PRO-Iで採用されている1型センサーはどれほど大きいのかと言うと、センサーの面積が約4倍も大きなセンサーになるんですね!

 

step
2
センサーの面積が大きいほど光を受け取る量が増え、撮れる写真が高画質化します。

 

撮れる写真の精細さはもちろんの事、受け取れる光の量が増えるため夜や暗い室内での撮影も得意!

イルミネーションや夜景の撮影も、今まで以上にキレイな写真となります。

 

step
2
また大きなセンサーを採用することで、背景ボケが大きくなります。

 

今までのスマートフォンで使われてきた1/2.3型センサーでは、ボケさせるのは難しくボケてもほんの少し。

なので画像処理によるデジタル技術でわざとボケさせています。

一眼レフやミラーレスを使っている方からすると、そのボケ方はわざとらしいと言うか不自然なボケ方に感じたと思います。

 

しかし1型センサーとなれば、そんなことをしなくてもボケてくれるので、とても自然で滑らかなボケ感が手に入るんですね!

写真の技術に興味がない人でも、プロっぽい写真を簡単に撮影出来てしまいます。

 

 

高画質を支えるカールツァイス製レンズ

 

Xperia PRO-Iのレンズ
※画像引用元:ソニー

 

せっかく大きな1型センサーを搭載しても、その性能を余すところなく発揮してくれるレンズが無いと意味がありません。

 

高画質を支えるカールツァイス製レンズ

Xperia PRO-Iではカールツァイス製レンズを採用!

レンズの王様とも呼ばれる高性能レンズメーカーですね。SONYのカメラユーザーの方にはお馴染みだと思います。

 

スマートフォンのレンズは軽量化やコストダウンでプラスチック製を採用しています。

ですがXperia PRO-Iに搭載されるカールツァイス製レンズは、プラスチックよりも透明度に優れるガラス製を採用!

この辺りからも本気度が伺えますね。

 

 

 

F値も変えられる!

更にF値を任意で変えられる仕様になっているのにも注目!

従来のスマホはF値固定でしたが、Xperia PRO-IはF/2.0とF/4.0の2種類を選べるようになりました。

 

F/2.0で撮影すれば手ブレがしにくいですし、背景のボケた写真がとりやすくなります。

F/4.0では全体にピントの合った写真が撮りたいときに使用します。

 

梅野
撮るシーンに応じて自分で表現を変えられることが出来るようになり、本当にカメラに近いスマートフォンになっていますね!

 

 

トリプルカメラを採用

Xperia PRO-Iはトリプルカメラを採用しており、カールツァイス製レンズはメインの24mm広角のみ。

その他のレンズは「超広角16mm 1200万画素 F/2.2」「標準50mm 1200万画素 F/2.4」があります。

-

※爆速オートフォーカスや、歪みを抑えるアンチディストーションシャッターなど、魅力的な機能に対応しているのはカールツァイス製24mm広角のみとなります。

 

 

オートフォーカス性能はちょっと前のミラーレス並み

 

Xperia PRO-Iのオートフォーカス
※画像引用元:ソニー

 

AFがすごい!

Xperia PRO-Iに採用されているオートフォーカスは、画面の90%をカバーする315点の像面位相差検出AF。

画面のどこに被写体が来てもサッとピントを合わせてくれます。

 

更にオートフォーカスの追従性が凄い!

追従性とは動く被写体、例えば車とか走るお子さんに、ピントを合わせ続けてくれる性能です。

 

私が使っているような格安スマホではこの辺りの性能は死んでいるので、子供が動けばピンボケ写真ばかりになってしまいますが、Xperia PRO-Iはオートフォーカスの追従性がとても優れているので、お子さんやペットの動いているシーンを撮影したい方には嬉しいポイント!

 

1秒間に20枚の写真撮影が出来る連写性能と合わせれば、お子さんやペットの一瞬のシーンを切り取れるはずです。

※このオートフォーカス性能が使えるのは、広角24mm使用時のみです。

 

 

動画も高画質かつ高機能で撮影可能!

 

Xperia PRO-Iの動画機能
※画像引用元:ソニー

 

近年、写真以上に需要が高まってきているのが動画!

 

ユーチューバーでなくても動画を撮る機会は、とても増えてきていると思います。

少し前までは動画の画質はあまり良くなく、「一応動画も撮れますよ…」って感じだったので、動画よりも写真を撮ることが多かったと思います。

今では、本格的なカメラが無くても、個人で高画質な動画が撮れるようになりましたので、趣味の事や友達と集まった時に動画を撮る機会が非常に増えましたよね。

 

動画も綺麗に撮れる!

Xperia PRO-Iはこれまで説明してきたように、1型センサーを搭載しています。

これは写真だけでなく動画も高画質に撮れるようになりますので、今までのスマートフォンで撮影していた動画よりもワンランククオリティの高い画質で撮影出来るようになりました!

 

更にXperia PRO-Iでは世界初の4K HDR 120fpsに対応しました!

fpsと言うのは数値が多いほど、動きの滑らかな動画を撮影出来ます。

4K/30fpsだとちょっとカクつくかな?と言う感じで、4K/60fpsだと目で見ている景色の様に滑らかな写りとなります。

そして120fpsになりますと、スローモーションでの撮影も可能になりますね。

これまでだとフルHD画質では可能なモデルもあったと思いますが、Xperia PRO-Iは4K画質で120fpsスローモーション撮影が可能になっています。

 

スポーツしているシーンを撮ってみると、とても面白いと思います。

 

 

Xperia PRO-Iの公式作例

 

Xperia PRO-Iで撮影した写真

Xperia PRO-Iで撮影した写真

Xperia PRO-Iで撮影した写真

Xperia PRO-Iで撮影した写真

Xperia PRO-Iで撮影した写真

Xperia PRO-Iで撮影した写真

Xperia PRO-Iで撮影した写真
※画像引用元:ソニー

 

 

Xperia PRO-Iのスペック

 

OS Android 11
CPU Qualcomm® Snapdragon™888 5G Mobile Platform
メモリ 内蔵(RAM/ROM) 12GB/512GB
メモリ 外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)
ディスプレイ 6.5インチ/有機EL 21:9ワイドディスプレイ/4K/HDR対応/120Hz駆動
カメラ(メイン) 16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
24mm(広角):有効画素数約1220万画素/1.0型 Exmor RS CMOSセンサー/F値2.0・4.0
50mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値2.4
3D iToFセンサー
カメラ(フロント) 有効画素数約800万画素/F値2.0
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth ver.5.2
外部デバイス USB Type-C
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
SIM nano SIM
デュアルSIM
バッテリー容量 4500mAh
本体サイズ(幅×高さ×厚さ) 約72mm×約166mm×約8.9mm
重量 211g
実売価格 198,000円前後(ボディのみ)

 

 

まとめ

 

Xperia PRO-Iのお値段は198,000円と、かなり高額なスマートフォンとなっております。

しかしスマートフォン+高級コンデジとしてみると安いんですよね。

 

カメラだけでなく、スマートフォンとしての性能もハイスペックとなっていますので、気軽にスナップ撮影とかしたい方はXperia PRO-Iの様なスマートフォンをメインで使う時代がもうすぐそこに迫っていますね。

 

Xperia PRO-Iで心配なのが、熱対策はどうなのか?と言う点。

センサーが大きいほど写真や動画は高画質になりますが、その分センサーの発熱量も増えてきます。

大きな筐体であるコンデジでも耐熱は微妙なところですが、それよりも遥かに薄いスマートフォンでに型センサーを入れているんですから、内部はかなり熱が籠ってしまうと思います。

とくに今回は4KHDR/120fps撮影なんてのも出来るようになったんですが、これが実働で何分耐えられるか気になりますね。

 

梅野
この記事を書いている時点ではまだ発売していませんので、今後購入された方のレビューや写真・動画の作例が楽しみですね!

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, SONY (ソニー)

© 2021 ケロカメラ