カメラとレンズの記事 SONY (ソニー)

【AF対応】50,000円以内で買えるSONY Eマウント用単焦点レンズをまとめてみた!

2020年7月4日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

ミラーレスでいま圧倒的な人気を誇っているのがSONY。

 

CanonやNikonと言った一眼レフの2大メーカーや、元祖ミラーレスのLumixもフルサイズミラーレスに参入しましたが、SONYの人気が衰えることがありません。

 

そんなSONYの人気を支える要素の1つが、レンズの選択肢の多さです!

 

SONYがフルサイズミラーレスを登場させた頃は、レンズのラインナップが貧弱すぎると酷評されていましたがそれも今や昔の話。

SONYはEマウントの仕様を公開していますので、様々なサードパーティがSONYのレンズを開発し、今や一番レンズの種類が多くなっているのではないでしょうか?

 

あとは望遠レンズのラインナップが増えれば、完全無欠の状態ですね。

 

そんな豊富なSONY Eマウントレンズの中で、カメラを始めた方でも購入しやすい、5万円以下の単焦点レンズをまとめてみました!

今回はオートフォーカスに対応しているレンズだけご紹介しますので、初心者の方でも安心して使えると思います。

 

 

「AF対応」5万円以内で買える単焦点レンズ

 

SONY Eマウントに対応したレンズは非常に多いのですが、同時にマニュアルフォーカスのみのレンズも多いです。

ミラーレスはピント位置が色で合わるピーキング機能が付いていますので、一眼レフほどマニュアルフォーカスの敷居は高くありませんが、カメラを始めたばかりでしたら、やはりオートフォーカスがあった方が安心ですよね!

 

 

SONY E 50mm F1.8 OSS SEL50F18


※画像引用元:SONY(https://www.sony.jp/

 

SONY E 50mm F1.8 OSS SEL50F18

APS-Cフォーマット

35mm換算で焦点距離は75mmとなります。

 

明るい中望遠単焦点レンズ。

ポートレートや花を撮ったりするときに活躍してくれます!

 

画角が狭いので初心者の内は、慣れるまで時間が掛かるかもしれません。

その代わりにボケ量が大きい事と、写真の中で何が主題なのか分かりやすい写真を撮影出来るので、初心者の頃にありがちなどれがメインの被写体なのか分かりにくい写真になりくいです。

 

実売価格は23,000円前後。

 

 

SONY E 50mm F1.8 OSS SEL50F18の作例


※画像引用元:SONY(https://www.sony.jp/

 

 

SONY E 50mm F1.8 OSS SEL50F18のスペック

発売日 2012年3月9日
対応マウント SONY E
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 8群9枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 50mm(35mm換算値:75mm)
最短撮影距離 0.39m
最大撮影倍率 0.16倍
開放F値 F/1.8
画角 32°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 49mm
本体サイズ 62x62mm
重量 202g
実売価格 23,000円前後

 

 

 

SONY E 20mm F2.8 SEL20F28


※画像引用元:SONY(https://www.sony.jp/

 

SONY E 20mm F2.8 SEL20F28

APS-Cフォーマット

35mm換算で焦点距離は30mmとなります。

 

超小型&軽量のパンケーキレンズ。

焦点距離は30mmの広角ですので、スナップ撮影や旅行用のレンズとして使えますね!

 

高性能なレンズは画質も素晴らしいですが、その代わりにレンズが大きくて重くなります…。

 

梅野
パンケーキレンズは気軽にカメラを持ち出せるのがメリット!

 

実売価格は28,000円前後。

 

SONY E 20mm F2.8 SEL20F28の作例


※画像引用元:SONY(https://www.sony.jp/

 

 

SONY E 20mm F2.8 SEL20F28のスペック

発売日 2013年3月8日
対応マウント SONY E
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 6群6枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 20mm(35mm換算値:30mm)
最短撮影距離 0.2m
最大撮影倍率 0.12倍
開放F値 F/2.8
画角 70°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 49mm
本体サイズ 62.6x20.4mm
重量 69g
実売価格 28,000円前後

 

 

SONY E 35mm F1.8 OSS SEL35F18


※画像引用元:SONY(https://www.sony.jp/

 

SONY E 35mm F1.8 OSS SEL35F18

APS-Cフォーマット

35mm換算で焦点距離は52.5mmとなります。

 

はじめての交換レンズとして非常に人気の高い、標準単焦点レンズ。

写りが良いわりにお値段は控えめですので、撒き餌レンズやシンデレラレンズとも呼ばれていますね。

 

記事を見る
絶対に手に入れるべき各メーカーのシンデレラレンズをまとめてみた!

※2020年5月24日に更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   梅野単焦点レンズのことを調べていると、シンデレラレンズという単語が出てきま ...

続きを見る

 

片眼で見た時の見え方とほぼ同じ範囲が写るので、どんな写真が撮れるのかイメージしやすいレンズ!

 

実売価格は40,000円前後。

 

 

SONY E 35mm F1.8 OSS SEL35F18の作例


※画像引用元:SONY(https://www.sony.jp/

 

 

SONY E 35mm F1.8 OSS SEL35F18のスペック

発売日 2012年12月7日
対応マウント SONY E
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 6群8枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 35mm(35mm換算値:52.5mm)
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 0.15倍
開放F値 F/1.8
画角 44°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 49mm
本体サイズ 63x45mm
重量 154g
実売価格 40,000円前後

 

 

 SAMYANG AF 45mm F1.8 FE


※画像引用元:ケンコートキナー(https://www.kenko-tokina.co.jp/

 

SAMYANG AF 45mm F1.8 FE

フルサイズ対応

APS-Cのカメラで使用する場合は、焦点距離67.5mmとなります。

 

フルサイズ対応のレンズですので、いまAPS-Cのカメラでお使いで後々フルサイズに移行されても、そのまま使用できます。

サードパーティの中でも人気のあるSAMYANG(サムヤン)名前から分かる通り、韓国の光学メーカーです。

 

性能は優れていながら価格は抑えられていますので、コストパフォーマンスの高いレンズとして人気となりました!

またSONY純正レンズとは違った描写となるので、ファンも多いですね。

 

実売価格は41,000円前後。

 

 

SAMYANG AF 45mm F1.8 FEの作例


※画像引用元:ケンコートキナー(https://www.kenko-tokina.co.jp/

 

SAMYANG AF 45mm F1.8 FEのスペック

発売日 2019年6月21日
対応マウント SONY E
フルサイズ対応
レンズ構成 6群7枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 45mm
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 0.12倍
開放F値 F/1.8
画角 52.31°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 49mm
本体サイズ 61.8x56.1mm
重量 162g
実売価格 41,000円前後

 

 

SAMYANG AF 18mm F2.8 FE


※画像引用元:ケンコートキナー(https://www.kenko-tokina.co.jp/

 

SAMYANG AF 18mm F2.8 FE

フルサイズ対応。

APS-Cのカメラで使用する場合は焦点距離27mmとなります。

 

SAMYANGの軽量超広角レンズ。

広角レンズはレンズが大きいので重くなりがちなのですが、このレンズは重さがわずか145gしかありません!

 

お値段もお安いので、非日常的な世界が見れる超広角レンズの入門用として良いのではないでしょうか?
梅野

 

実売価格は44,000円前後。

 

SAMYANG AF 18mm F2.8 FEの作例


※画像引用元:ケンコートキナー(https://www.kenko-tokina.co.jp/

 

SAMYANG AF 18mm F2.8 FEのスペック

発売日 2019年10月25日
対応マウント SONY E
フルサイズ対応
レンズ構成 8群9枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 18mm
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.09倍
開放F値 F/2.8
画角 100.1°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 58mm
本体サイズ 63.5x60.5mm
重量 145g
実売価格 44,000円前後

 

 

VILTROX PFU RBMH 85mm F1.8 STM VA8518E


※画像引用元:ビルトロックス(http://www.viltrox.com/en/

 

VILTROX PFU RBMH 85mm F1.8 STM VA8518E

フルサイズ対応。

APS-Cのカメラで使用する場合は焦点距離127.5mmとなります。

 

人気急上昇中のメーカーVILTROX(ビルトロックス)

 

記事を見る
中国のレンズメーカー「VILTROX(ビルトロックス)」がイケてる!

※2020年3月9日更新しました   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   カメラ・レンズと言えば、これまで日本メーカーの技術力が圧倒的で、あまり海外の企業 ...

続きを見る

 

激安レンズが売りの中華レンズが多い中で、VILTROXは大口径で画質の良いレンズをリリースしています。

AFもSTMモーターで駆動するようになっており、ピント合わせが高速で動作音も静か。

お値段以上のスペックを持ったレンズですが、その代償としてレンズは大きくて重いですね。

 

実売価格は47,000円前後。

 

VILTROX PFU RBMH 85mm F1.8 STM VA8518Eの作例


※画像引用元:ビルトロックス(http://www.viltrox.com/en/

 

VILTROX PFU RBMH 85mm F1.8 STM VA8518Eのスペック

発売日 2019年8月8日
対応マウント SONY E
フルサイズ対応
レンズ構成 7群10枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 85mm
最短撮影距離 0.8m
最大撮影倍率 -
開放F値 F/1.8
画角 -
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 72mm
本体サイズ 80x98mm
重量 625g
実売価格 47,000円前後

 

 

TOKINA atx-m 85mm F1.8 FE


※画像引用元:ケンコートキナー(https://www.kenko-tokina.co.jp/

 

TOKINA atx-m 85mm F1.8 FE

フルサイズ対応。

APS-Cのカメラで使用する場合は焦点距離127.5mmとなります。

 

こちらも人気の高いサードパーティ「トキナー」の中望遠レンズ。

大口径レンズとなっており、高い解像度がありながらも低価格で販売されており、コストパフォーマンスに優れています。

 

コントラストの高さが魅力で、SONY純正レンズとおなじ雰囲気の写真に仕上がりますね!

 

実売価格は49,000円前後。

 

TOKINA atx-m 85mm F1.8 FEの作例


※画像引用元:ケンコートキナー(https://www.kenko-tokina.co.jp/

 

 

TOKINA atx-m 85mm F1.8 FEのスペック

発売日 2020年2月7日
対応マウント SONY E
フルサイズ対応
レンズ構成 7群10枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 85mm
最短撮影距離 0.8m
最大撮影倍率 -
開放F値 F/1.8
画角 28.5°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 72mm
本体サイズ 80x93mm
重量 645g
実売価格 49,000円前後

 

 

まとめ

 

SONY Eマウントレンズは、マニュアルフォーカスのみでしたら50,000円以下のレンズはとても多くありますが、オートフォーカスに対応したものだと少ないかな?と思っていたんですが、結構種類がありましたね。

 

しかも超広角から中望遠まで揃っていますので、色々な撮影を楽しめそうです。

 

一眼レフやミラーレスは、レンズ交換することで撮れる写真がガラッと変わるのが面白いよね!
ペンくん
梅野
高いレンズである必要は無いですので、色んなレンズを使ってみて写真を楽しんでください♪

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, SONY (ソニー)

© 2020 ケロカメラ