カメラとレンズの記事 カメラ Nikon(ニコン)

Nikonのおすすめ一眼レフをまとめました!現行モデル、おすすめのモデルをご紹介

本ページはプロモーションが含まれています

広告

※2024年1月15日内容を更新しました。

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

一眼レフカメラは、初心者から上級者まで幅広い層から人気を集めています。

しかし、数多くの機種が発売されているため、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、ニコンの初心者向け・ステップアップ向け一眼レフカメラを、それぞれの特徴とともにご紹介します。

ぜひ、ご自身のニーズに合ったカメラ選びの参考にしてください。

 

記事の信頼性

  • 写真歴8年目
  • カメラブログ8年目(月間PV数12万)
  • メーカー様からのレビュー案件多数
  • YouTubeチャンネルで撮影テクニックなど情報発信中(2024.2現在登録者数4000人)

2015年頃から写真を撮り始めました。本ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中です。
お仕事依頼やレビュー案件など、お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

ニコンの特長

 

 

Nikonの特長

Nikonのカメラは、記録色と呼ばれる見たままの色味を再現するのが得意です。そのため、風景やポートレートなどの自然な写真を撮りたい人におすすめです。

更に近年はデジタルカメラの普及により、写真の加工が簡単にできるようになっています。そのため、記録色や記憶色を気にする必要はなくなってきました。

(ちなみにニコンのカメラは、過去に黄ばみやすいという指摘がありましたが現在は黄ばみが少ない傾向にあります)

 

また、ニコンのカメラは耐久性にも優れています。カメラ本体は、衝撃や落下などのダメージに強く、長く使用することができます。

初期不良の対応もしっかりしておりますし、故障率もかなり低く、私も結構乱暴な使い方をしていると思うのですが、10年経った今でもノートラブル。

 

 

2024年 現行モデルの一眼レフ

 

 

始めて購入するときはカメラのスペックを見ても分からない点が多く、カメラ選びに失敗しないか不安なもの。

もちろん性能も気になりますが、お値段の方はもっと気になりますよね。

 

ニコンはハイスペックなカメラも販売していますが、価格がリーズナブルなエントリーモデルも沢山販売しています。

上位機種に搭載された技術をフィードバックされることが多いですので、エントリーモデルとはいえ性能も良いですよ!

 

 

D7500

 

 

 

D7500

D7500はニコンのDXフォーマット一眼レフカメラのフラッグシップモデルで、中級者から上級者まで幅広い層から支持を集めている一眼レフ。

有効画素数2088万画素のCMOSセンサーと画像処理エンジンEXPEED 5により、高感度でもノイズを抑えた美しい画質を実現します。また、最高約8コマ/秒の高速連写を実現し、動体撮影にも対応しています。

 

しかし、D7500の評価は賛否両論です。その理由は、操作性や拡張性が劣化したことにあります。

D7200では標準でバッテリーグリップに対応していましたが、D7500では非対応となりました。また、D7200ではダブルスロット(SDカードを2枚挿入できる)でしたが、D7500ではシングルスロット(SDカードを1枚しか挿入できない)となりました。さらに、バッテリーの持ちもD7200よりも短くなったという指摘もあります。

 

一方で、画質や高感度性能、連写速度など、カメラとしての基本性能は向上しています。特に、高感度性能はISO100-51200と、D7200のISO100-51200を上回っています。

そのため、バッテリーグリップやダブルスロットが必要なければ、D7500は十分におすすめできるカメラと言えるでしょう。

 

【D7500の特長】

  • 有効2,088万画素のAPS-Cサイズ(ニコンDXフォーマット)CMOSセンサーを搭載
  • ニコンDXフォーマット最高レベルの高画質を実現する、高性能画像処理エンジン EXPEED 5。
  • D500と同等の最新センサーと画像処理エンジンを搭載。
  • モニターは上下チルト式で、ハイアングル撮影やローアングル撮影も簡単。
  • Wi-FiやBluetoothに対応。スマートフォンやタブレットと接続して、簡単に写真を共有することができます。

 

 

D7500のスペック

 

発売日 2017年 6月 9日
タイプ 一眼レフ
レンズマウント  Fマウント
センサーサイズ ニコンDXフォーマット(APS-C)
画素数 2088万画素
高感度 ISO 100~51200
連写速度 高速連続撮影 約8コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 51点
液晶モニター チルト式3.2型TFT液晶モニター
ファインダー倍率 約0.94倍(50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0m-1のとき)
ファインダー視野率 視野率約100%
撮影可能枚数 約950コマ
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  約135.5×104×72.5mm
重量 640g
実売価格 160,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

D780

 

 

 

D780

Nikon D780は、2020年に発売されたフルサイズ一眼レフカメラ。

D750の後継機であり、ミラーレスカメラZ6の技術を多く取り入れることで、高いAF性能と画質を実現しています。

 

【D780の特長】

  • 有効2450万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載。
  • 「Z 6」と同様のAFシステムを採用。追従性が大幅に進化しました。
  • 画像処理エンジンは最新のEXPEED 6。高感度にさらに強くなっており、ISO100~51200(拡張ISO204800)に対応。
  • 1/8000秒にシャッタースピードに対応。
  • Wi-FiやBluetoothに対応。スマートフォンやタブレットと接続して、簡単に写真を共有することができます。

 

記事を読む
やっと出たD750の後継機「Nikon D780」大幅に強化されて帰ってきたバランス機!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   出るぞ出るぞと言われて、なかなか登場することのなかったNikon D750の後継モデル。 D750自体かなり高い完成度でしたので、長い間ほったらかし状態で ...

続きを見る

記事を読む
高評価の嵐!Nikon最新のフルサイズ一眼レフ「D780」の評価やレビューをまとめてみた!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   出るぞ出るぞ!と噂が経ってから、およそ3年程の年月をかけて登場したNikon D780。 大人気&ロングセラーを記録したD750の後継機という事もあり、か ...

続きを見る

 

 

D780のスペック

 

発売日 2020年1月24日
タイプ 一眼レフ
レンズマウント Fマウント
センサーサイズ ニコンFXフォーマット(フルサイズ)
画素数 2450万画素
高感度 ISO 100~51200
連写速度 高速連続撮影 約7コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 51点
液晶モニター チルト式3.2型TFT液晶モニター
ファインダー倍率 約0.7倍(50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0m-1のとき)
ファインダー視野率 上下左右とも約100%
撮影可能枚数 約2260コマ
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  約143.5×115.5×76mm
重量 755g
実売価格 250,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

D850

 

 

 

D850

Nikon D850は、2017年9月に発売されたフルサイズデジタル一眼レフカメラ。

高画質と高速性能を両立したモデルとして高い評価を得ています。

 

【D850の特長】

  • 有効4575万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載。
  • Nikonのフラッグシップモデルで動体撮影に特化した「D5」と同様のAFシステムを採用。
  • ISO64~25600に対応しており、暗い場所の撮影が苦手な高画素機の弱点を克服。
  • バッテリー持ちも同レベルのミラーレスと比べ、約2.5倍も大容量なのも魅力。
  • Wi-FiやBluetoothに対応。スマートフォンやタブレットと接続して、簡単に写真を共有することができます。

 

記事を読む
ニコンの高画素機「D850」は最高峰の一眼レフに違いない!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   もうすぐ出るぞ出るぞ!と言われていたD850が先日ついに発表されました!     ニコン100周年とも重なっていい時期に出ましたね。 ...

続きを見る

記事を読む
バカ売れ中のNikon D850!購入者たちの評価はどんな感じだろうか?

※2018年7月1日に更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   今年、ついに登場したニコンの高画素機「D850」 有効画素数が4575万画素と、ニコン史上最高画素数のフルサイズ一眼 ...

続きを見る

 

 

D850のスペック

 

発売日 2017年9月8日
タイプ フルサイズ一眼レフ
レンズマウント  Fマウント
センサーサイズ ニコンFXフォーマット(フルサイズ)
画素数 4575万画素
高感度 ISO 64~25600
連写速度 高速連写 約9コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 153点
液晶モニター チルト式3.2型TFT液晶モニター
ファインダー倍率 約0.75倍(50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0m-1のとき)
ファインダー視野率 視野率約100%
撮影可能枚数 約1840コマ
記録メディア CFexpressカード
XQDカード
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  約146×124×78.5mm
重量 915g
実売価格 380,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

中古で入手可能!初めての一眼レフにオススメの機種

 

D3500

 

 

 

D3500

2018年に発売された、ニコンのエントリーモデルデジタル一眼レフカメラ「D3500」。

D3000シリーズは、ニコンの小型一眼レフカメラとして人気を集めており、D3500はさらに薄型・軽量化を実現しました。

重さは約410gと、一眼レフカメラの中では最軽量クラスです。カメラの厚みも約28.8mmと、ポケットにも収まるほどのコンパクトサイズ。

 

【D3500の特長】

  • 2416万画素のCMOSセンサーと、EXPEED 5画像処理エンジンを搭載し、高画質な写真や動画を撮影することができます。
  • オートフォーカス性能も向上しており、動き回る被写体もしっかりと捉えることができます。
  • 初心者でも使いやすいように、ガイドモードやシーンモードなど、さまざまな撮影モードが用意されています。

 

この軽量コンパクトさは、子育てや旅行など、持ち歩きが多いシーンで活躍します。

 

関連記事を見る
■【Nikon D3500】小型一眼レフがさらにコンパクトにモデルチェンジ!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   ニコンのエントリーモデル一眼レフである、D3000シリーズにニューモデルが登場しました! その名はD3500!   ニコンの一眼レフの中では一番 ...

続きを見る

 


※画像引用元:Nikon(http://www.nikon-image.com/products/slr/

 

 

D3500のスペック

 

発売日  2018年9月28日
タイプ 一眼レフ
レンズマウント  Fマウント
センサーサイズ ニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)
画素数 2416万画素
高感度 ISO 100~25600
連写速度 最高約5コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 11点
液晶モニター 3型TFT液晶モニター
ファインダー倍率 約0.85倍(50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0m-1のとき)
ファインダー視野率 上下左右とも約95%
撮影可能枚数 約1550コマ
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi ×
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  約124×97×69.5mm
重量 365g
実売価格 中古で50,000円前後(ボディのみ)

 

 

D5600

 

 

D5600

ニコンD5600は、2016年に発売されたAPS-Cセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラです。

エントリーモデルながら、高画質・高性能を両立した人気機種。

カメラ本体はコンパクトで持ちやすく、スペックもバランスの良いものになっていて初心者でも扱いやすいです。

 

【D5600の特長】

  • 高感度性能がISO25600と高いため夜間でも安心して撮れます。
  • バリアングル液晶を採用しており、ハイアングル、ローアングルの撮影が簡単。
  • Wi-FiやBluetoothに対応。スマートフォンやタブレットと接続して、簡単に写真を共有することができます。

 

D5600の記事はこちら
■初心者におすすめの一眼レフ「Nikon D5600」!その特長をまとめてみました。

※画像引用元:Nikon(http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d5600/)   ※2017年12月20日再編集しました。   こんにちは、梅野(@kerocam ...

続きを見る

 


※画像引用元:Nikon(http://www.nikon-image.com/products/slr/

 

 

D5600のスペック

 

発売日 2016年11月25日
タイプ 一眼レフ
レンズマウント  Fマウント
センサーサイズ ニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)
画素数 2416万画素
高感度 ISO 100~25600
連写速度 最高約5コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 39点
液晶モニター 3.2型(3:2)TFT液晶モニター
ファインダー倍率 約0.82倍(50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0m-1のとき)
ファインダー視野率 上下左右とも約95%
撮影可能枚数 約970コマ
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  約124×97×70mm
重量 415g
実売価格 中古で50,000円前後(ボディのみ)

 

 

D500

 

 

D500

ikon D500は、2016年に発売されたDXフォーマット(APS-C)のフラッグシップ一眼レフカメラ。

D5と同等の性能と機能を備えながら、機動性を高めたモデルとして人気を博しています。

 

【D500の特長】

  • 静止画、動画ともに常用感度ISO 100~51200の広い感度域で高画質を実現。
  • 新画像処理エンジン「EXPEED 5」高感度域でも被写体の鮮鋭感を維持しながら、効果的にノイズを低減。
  • オートフォーカスポイントは153点に加え、連続撮影速度は最高約10コマ/秒。速く動く被写体も捉え続けます。
  • Wi-FiやBluetoothに対応。スマートフォンやタブレットと接続して、簡単に写真を共有することができます。

 


※画像引用元:Nikon(http://www.nikon-image.com/products/slr/

 

 

D500のスペック

 

発売日 2016年11月25日
タイプ 一眼レフ
レンズマウント  Fマウント
センサーサイズ ニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ)
画素数 2088万画素
高感度 ISO 100~51200
連写速度 最高約10コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 153点
液晶モニター チルト式3.2型TFT液晶モニター
ファインダー倍率 約1.0倍(50mm f/1.4レンズ使用、∞、-1.0m-1のとき)
ファインダー視野率 視野率約100%
撮影可能枚数 約1240コマ
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  約147×115×81mm
重量 760g
実売価格 中古で80,000円前後(ボディのみ)

 

 

まとめ

 

 

Nikonの一眼レフは、エントリーモデルからプロ用まで幅広いラインナップがあり、初心者から上級者まで幅広い層のユーザーから支持されています。そのため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

Nikonは、世界を代表するカメラメーカーであり、日本国内でも圧倒的なシェアを誇っています。そのため、ユーザー数も多く、ネット上にも豊富な情報が公開されています。何か分からないことがあれば、すぐに調べることができるので安心です。

 

OKサインをしている女性の画像

 

カメラは、長く付き合っていく相棒です。そのため、自分に合った機種を選ぶことが大切です。

価格や性能はもちろん、自分がどのような写真を撮りたいのか、どのようなシーンで使うのかなど、じっくりと検討して選びましょう!

 

広告

広告

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, カメラ, Nikon(ニコン)