カメラとレンズの記事 Nikon(ニコン)

やっと出たD750の後継機「Nikon D780」大幅に強化されて帰ってきたバランス機!

2020年1月7日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

出るぞ出るぞと言われて、なかなか登場することのなかったNikon D750の後継モデル。

D750自体かなり高い完成度でしたので、長い間ほったらかし状態でしたが、ついにモデルチェンジとなりました!

 

新しい「Nikon D780」もバランス機として最高の性能となっていると思います。

待っていた方も多いであろうD780の特長を見てみましょう!

 

D780とD750の違い


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

まずD780はどんな部分が進化したのか、前モデルのD750と比較しながら見てみましょう。

 

  Nikon D780 Nikon D750
発売日  2020年1月24日 2014年9月25日
タイプ 一眼レフ  一眼レフ
センサーサイズ  フルサイズ フルサイズ
画素数  2450万画素 2432万画素
高感度 ISO100~51200
(拡張:ISO50~204800)
ISO100~12800
(拡張:ISO50~51200)
連写速度 約7コマ/秒(最高12コマ/秒) 約6.5コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒 1/4000~30秒
AF測距点 51点(ファインダー)
273点ハイブリット(ライブビュー)
51点
液晶モニター  3.2型・236万ドット(タッチパネル) 3.2型・122.9万ドット
ファインダー倍率 0.7倍 0.7倍
ファインダー視野率 100% 100%
撮影可能枚数 2260枚
4570枚(連続撮影モード)
1230枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
※UHS-II対応
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
※UHS-I対応
Wi-Fi
Bluetooth ×
NFC × ×
本体サイズ 143.5(幅)x115.5(高さ)x76(奥行) mm 140.5(幅)x113(高さ)x78(奥行) mm
重量 755g(本体のみ) 750g(本体のみ)
実売価格 275,000円前後(ボディのみ) 115,000円前後(ボディのみ)

 

EXPEED 6を採用し進化した画質


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

画素数はD750とほぼ同等の2450万画素。

画像処理エンジンはEXPEED 4からEXPEED 6へと進化しました。

 

これによってISO感度はISO100~12800からISO100~51200へとパワーアップ!

拡張ISOでは50~204800にまで対応します。

高感度でのノイズの少なさに定評があったD750ですので、D780にも期待できますね。

 

 

格段にパワーアップしたオートフォーカス


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

D750はいま使っていても不満の少ないカメラですが、最新モデルと比べるとAFの動体追従性は劣っているなと感じる場面が多かったです。

最新のエントリーモデルでは被写体が動いたときに、カメラがすぐピントを合わせようと反応してくれるのですが、それに比べるとD750はワンテンポ遅れる感じで動体撮影は優れているとは言えなくなってきていました。

 

D780はD750と同じく51点AFとなっていますが、EXPEED 6・180KピクセルRGBセンサー。

そしてフラッグシップモデル「Nikon D5」と同等のAFアルゴリズムが採用され、オートフォーカスの追従性が大幅に良くなりました!

 

7コマ/秒に進化した連写速度と相まって、これまで以上に快適に撮影が出来るようになっていますね。

 

 

ライブビュー撮影が信じられないほど快適に


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

ミラーレスではライブビュー撮影(モニター画面を見ながら撮影)されている方が多いと思います。

しかしD750のライブビュー撮影はあくまでおまけ機能的な感じでした。

 

ハイアングルとかローアングルの時に使う感じで、AFもコントラストAFのみとなっており、光学ファインダーで撮影する時に比べ撮影能力が落ちてしまう。

一眼レフは光学ファインダーを使うのが主ですので、まぁ仕方ないなと思っていました。

 

ですがD780ではライブビュー撮影が、大幅に改良されています!

ますこれまでコントラストAFのみだったのに対し、273点ハイブリットAFになりました。

これまでは苦手だったライブビューでの動体撮影も、D780なら軽々とこなせてしまいそうです!

 

またライブビュー撮影時のみ

・AF/AE追従12コマ/秒のサイレント連続撮影

・瞳AF

・ローライトAF -7EV

といった魅力的な機能が追加されています!

 

 

ミラーレスをあざ笑うかのようなバッテリー持ち


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

D750も2014年登場のフルサイズカメラながら、バッテリー満タンで1230枚の撮影が可能でした。

この時ですらカメラの中でもトップクラスのバッテリー持ちだったのに、D780ではさらに改良され「1コマ撮影モード」で2260枚。

「連続撮影モード」で4570枚と圧倒的なバッテリー持ちを実現しています!

 

多くのミラーレスが300枚から400枚でバッテリーが無くなってしまうのを考えると、最大で10倍も撮影できてしまう。

バッテリー切れの心配をすることなく、撮影に集中出来るね!
ペンくん

 

Nikon D780の残念なところ

 

正統進化と言えるNikon D780。

粗さがしみたいになってしまいますが、ちょっと残念な部分も。

 

当初はD750よりさらに小型化されると言われており(あくまでウワサ)

 

梅野
「D750より小さくなるんなら、ミラーレスに乗り換えなくてもいいやん!」

 

なんて思っていましたが、実際はD750に比べわずかに大きく重くなってしまいました…。

カメラ性能の進化を考えれば、これでもかなりサイズは抑えられていると思いますが、「D750よりも小型化される」ということを期待していたのでちょっと残念でした。

 

 

また、これもカメラ性能のことを考えれば仕方のないことだと思いますが、お値段がかなり高くなってしまいました…。

D750の登場当時の値段

D750の登場当時は約200,000円(ボディのみ)でした。

D780の値段

D780は275,000円前後(ボディのみ)となっており、フルサイズの入門用としてはかなり高額に!

 

一番安いフルサイズ一眼レフD610も廃盤となるようですので、D780はもうちょっとお値段を抑えて欲しかったなぁと思います。

 

 

Nikon D780の作例


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

1枚目の写真はISO1600、2枚目の写真はISO1000で撮影されていますが、ノイズが見当たらないですね。

この高感度でのノイズ耐性は、さすがD750の後継モデルといったところ。

 

 

まとめ

 

2017年ごろからD750の後継機はウワサが出ていましたが、2020年になってやっと発売されました。

これまで待ってた人もZ6やZ50を買っちゃったのではないでしょうか(笑)

 

ただおよそ5年半ぶりのモデルチェンジと言うこともありカメラの性能は大幅に進化!

時代遅れだなぁと思っていた部分は、しっかりと現代にふさわしいスペックとなり、また長いこと活躍してくれそうな一眼レフとなりました!

 

あとはお値段が下がってくれば、D750と同じく大人気モデルとなるのではないでしょうか!

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カメラとレンズの記事, Nikon(ニコン)

Copyright© ケロカメラ , 2020 All Rights Reserved.