カメラとレンズの記事 中華レンズ

Canon・Nikonユーザーにオススメの中華レンズ「YONGNUO(ヨンヌオ)」

2020年6月7日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

最近の中華レンズはミラーレス用の物が多くなっていますが、一眼レフ用のレンズを作ってくれているメーカーも色々とあります。

その中の1つがYONGNUO(ヨンヌオ)

 

中華レンズと言えば単焦点レンズでマニュアルフォーカスしか使えないことが多く、ピーキング機能が搭載されていないカメラをお使いの方は敬遠されることもある。

ですがYONGNUOのレンズは、中華レンズでは数少ないオートフォーカスに対応しているレンズ!

なので一眼レフでも、心おきなく使えますね!

 

YONGNUOからどんなレンズが販売されているのかご紹介させて頂きます。

 

 

YONGNUOの特長

 

どんなメーカー?

YONGNUO(ヨンヌオ)は照明やマウントアダプター、レンズなどを販売している中国メーカー。

 

中華レンズらしい格安のお値段ながら、安かろう悪かろうではないそれなりの性能を備え、かつ先ほど言ったようにオートフォーカスに対応している数少ないレンズです。

 

大口径のレンズも多く、明るくそして解像度の高いレンズもあり、カメラ初心者が購入しやすい単焦点レンズだと思います!

 

 

YONGNUOレンズのメリット&デメリット

 

YONGNUOレンズのメリット

  • コストパフォーマンスに優れる
  • オートフォーカスに対応している
  • 現行のレンズはフルサイズに対応している
  • 中華レンズにありがちなカメラ機能の制限が少ない
  • 金属筐体なのに軽いレンズが多い

 

YONGNUOレンズのデメリット

  • AFの動作音がうるさい
  • 初期不良が少し多い
  • 耐久性が低い
  • 逆光に弱い

 

メリットとデメリットをまとめて考えてみると、YONGNUOのレンズはオートフォーカスが使えるオールドレンズみたいな存在です。

逆光に弱く周辺画質が甘いので、最近の流行りである解像度ゴリゴリの写真は撮れませんが、レトロな雰囲気のある描写になりますね。

 

コストパフォーマンスで言えば、YONGNUOより安い中華レンズはいくらでもありますが、YONGNUOはオートフォーカスが使えることやExif情報が記録できることを考えると、他の中華レンズよりも優れていると言えますね!

 

 

 

YONGNUO YN14mm F2.8

 

・フルサイズ対応

・対応マウント:Canon EF/Nikon F

 

フルサイズ対応の焦点距離14mm超広角単焦点レンズ。

APS-C機で使う場合は、焦点距離21mm相当となります。

 

これほどの超広角でF2.8のレンズとなると、通常では100,000円を超えるお値段になってしまいますが、YONGNUO YN14mm F2.8は60,000円前後!

およそ半額ほどで手に入ってしまうんですね。

レンズにはUSB端子があり、ファームウェアアップデートにも対応しています。

 

星空を撮りたい、ダイナミックな写真を撮ってみたい方にオススメのレンズ。

 

 

発売日 -
対応マウント Canon EF/Nikon F
フルサイズ対応
レンズ構成 9群12枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 14mm
最短撮影距離 0.2m
最大撮影倍率 0.15倍
開放F値 F2.8
画角 114°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 不可
本体サイズ 86×105mm
重量 780g
実売価格 60,000円前後

 

 

 

 

 

YONGNUO YN35mm F1.4

 

・フルサイズ対応

・対応マウント:Canon EF

 

Nikonのカメラに対応していないのは残念ですが、F1.4の超明るいレンズです!

写ルンですと似た画角である35mmは、日本人なら馴染みのある画角で、クセの無い写真が撮影出来ますね。

 

手ブレ補正は付いていませんが、F1.4の明るさがあれば多少暗い場所でも手ブレせず撮影することが可能。

純正のF1.4となると150,000~250,000円なんて価格帯になって来ますが、YONGNUO YN35mm F1.4なら48,000円前後で手に入ります!

 

APS-C機で使う場合は、焦点距離56mm相当の標準レンズとしても使えますね。

 

 

発売日 -
対応マウント Canon EF
フルサイズ対応
レンズ構成 9群11枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 35mm
最短撮影距離 0.35m
最大撮影倍率 -
開放F値 F1.4
画角 66.3°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 67mm
本体サイズ 82×111mm
重量 810g
実売価格 48,000円前後

 

 

 

 

YONGNUO YN35mm F2

 

・フルサイズ対応

・対応マウント:Canon EF/Nikon F

 

デザインは言うまでもなくCanonのデザインを丸パクリしていますね(笑)

 

焦点距離35mmでF2の明るさがあり、旅行写真やスナップ撮影で活躍してくれるレンズ!

実売価格が10,000円ほどですので、ついつい買ってしまえるようなお安さですね。

 

画質は良くは無いけど悪くもないといったところ。

35mmのレンズが欲しいけど、お金を掛けたくないと言う場合はYONGNUO YN35mm F2が良さそうですね。

 

 

発売日 -
対応マウント Canon EF/Nikon F
フルサイズ対応
レンズ構成 5群7枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 35mm
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.23倍
開放F値 F2
画角 63°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 52mm
本体サイズ 73×59mm
重量 155g
実売価格 10,000円前後

 

 

 

YONGNUO YN40mm F2.8

 

・フルサイズ対応

・対応マウント:Nikon F

 

焦点距離40mmの標準レンズ。

35mmだと広いすぎるし50mmだと狭い…、と感じる方にジャストフィットする画角。

 

パンケーキレンズですので、普段の日常を撮ったりスナップ撮影する時に威圧感がなくて良いですね。

レンズもコンパクトで軽く、カメラを持ち出しやすいのがグッド!

 

 

発売日 -
対応マウント Nikon F
フルサイズ対応
レンズ構成 4群6枚
絞り羽根 6枚
焦点距離 40mm
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 0.13倍
開放F値 F2.8
画角 -
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 58mm
本体サイズ 74×45mm
重量 130g
実売価格 10,000円前後

 

 

 

 

YONGNUO YN50mm F1.8

 

・フルサイズ対応

・対応マウント:Canon EF/Nikon F

 

王道の50mm F1.8の標準単焦点レンズ。

50mmのレンズは各カメラメーカーからも販売されていて、初心者が初めて購入するシンデレラレンズとして非常に人気があります。

 

記事を見る
絶対に手に入れるべき各メーカーのシンデレラレンズをまとめてみた!

※2020年5月24日に更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   梅野単焦点レンズのことを調べていると、シンデレラレンズという単語が出てきま ...

続きを見る

 

シンデレラレンズとは安くて写りの良いレンズのことで、純正レンズでも15,000~30,000円ほどと低価格なのが魅力!

そんなに安いのなら純正レンズを買うわ~、と言いたいところですがYONGNUO YN50mm F1.8はそれらよりも更にお安い。

 

なんと6,000円前後で買うことが出来るんです!

 

 

発売日 -
対応マウント Canon EF/Nikon F
フルサイズ対応
レンズ構成 5群6枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 50mm
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 0.15倍
開放F値 F1.8
画角 46°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 52mm
本体サイズ 73×55mm
重量 120g
実売価格 6,000円前後

 

 

 

 

YONGNUO YN50mm F1.4

 

・フルサイズ対応

・対応マウント:Canon EF/Nikon F

 

YONGNUO YN50mmのF1.4バージョン。

 

さすがにF1.8よりはお値段が上がりまして、実売価格で23,000円前後になりますが、それではこの価格でF1.4のレンズが手に入るのは凄いこと!

より大きなボケ感、シャッタースピードを稼ぎたい方などは、F1.4の方を選んでおいた方が良いですね。

 

 

発売日 -
対応マウント Canon EF/Nikon F
フルサイズ対応
レンズ構成 7群9枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 50mm
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 0.15倍
開放F値 F1.4
画角 46°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 58mm
本体サイズ 81×93mm
重量 572g
実売価格 23,000円前後

 

 

 

YONGNUO YN60mm F2 MF

 

・マニュアルフォーカスのみ

・フルサイズ対応

・対応マウント:Canon EF/Nikon

 

オートフォーカスに対応していないレンズですが、マクロレンズの場合はマニュアルフォーカスを使う頻度が高いと思いますので、それほどデメリットにはならないと思います。

 

通常のマクロレンズがF2.8であることが多いのですが、このレンズはF2スタート。

少し明るい分、ボケ感が増したりシャッタースピードを速めることが出来ますね!

 

ただお値段が、TAMRONが誇る伝説のマクロレンズ「タムキュー」と近いため、よほどYONGNUOが好きでない限りは選択肢に入らないかな~と思います。

 

記事を見る
マクロレンズ TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDを実写レビュー!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   2019年に入って買った機材第1弾は、単焦点レンズ。 「タムキュー」の愛称で知られる、タムロンのマクロレンズです! ...

続きを見る

 

 

発売日 -
対応マウント Canon EF/Nikon
フルサイズ対応
レンズ構成 9群10枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 60mm
最短撮影距離 0.234m
最大撮影倍率 1倍
開放F値 F2
画角 -
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 67mm
本体サイズ 76×115mm
重量 586g
実売価格 33,000円前後

 

 

 

YONGNUO YN85mm F1.8

 

・フルサイズ対応

・対応マウント:Canon EF/Nikon

 

焦点距離85mmの中望遠単焦点レンズ。

50mmのレンズと比べると画角がグッと狭くなりますので、見せたいものを強調しやすくなりますし、画面を整理しやすく初心者でも慣れると使いやすいと思います。

 

またF1.8のレンズですので背景がよくボケますので、ポートレート撮影やお花を撮ったりするのに活躍してくれる!

 

 

発売日 -
対応マウント Canon EF/Nikon
フルサイズ対応
レンズ構成 6群9枚
絞り羽根 8枚
焦点距離 85mm
最短撮影距離 0.85mm
最大撮影倍率 0.13倍
開放F値 F1.8 
画角 24°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 58mm
本体サイズ 81×71.5mm
重量 472g
実売価格 23,000円前後

 

 

YONGNUO YN100mm F2

 

・フルサイズ対応

・対応マウント:Canon EF/Nikon

 

焦点距離100mmの中望遠レンズ。

ポートレートや風景の一部を切り取るような撮影に向いています。

 

100mmのF2ですので、背景がとても大きくボケますので、ボケ写真が好きな方にはたまらないレンズでは無いでしょうか。

 

しかもお値段は破格の23,000円前後!

100mmの単焦点レンズがこれほど安い値段で手に入るとは。

 

 

発売日 -
対応マウント Canon EF/Nikon
フルサイズ対応
レンズ構成 6群8枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 100mm
最短撮影距離 0.9m
最大撮影倍率 0.14倍
開放F値 F2
画角 -
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 58mm
本体サイズ 83×76mm
重量 390g
実売価格 23,000円前後

 

 

 

まとめ

 

「欲しいけど値段が高くて手が出ないなぁ…」と思うレンズをしっかりと抑えていますね。

純正ではとても手が出ないスペックのレンズを、ほぼ50,000円以内で揃えることが出来ます。

 

特に超広角と中望遠の価格は、とりあえず試してみたいという方にとっては有難い価格設定!

 

色んな画角のレンズをYONGNUOのレンズで試してみて、自分に合った画角のレンズがあれば純正レンズへとグレードアップするのも良いと思います!

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, 中華レンズ

© 2020 ケロカメラ