カメラとレンズの記事 Nikon(ニコン) カメラ カメラ SONY (ソニー)

SONYのミラーレスにするかNikonのミラーレスにするか決めきれない3つの理由!

2020年1月23日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

梅野
「ミラーレスにしたいです!」

 

いま使っているNikon D750は素晴らしい一眼レフ。

画質とか高感度とか連写とか、そういう部分では不満はありません。

 

記事を見る
3年使ったNikonのフルサイズ一眼レフ「D750」を再レビュー!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   私がフルサイズデビューをして、早くも3年が経とうとしています。 初めてのフルサイズ一眼レフに選んだのはNikonの ...

続きを見る

 

ただ店頭で色んなミラーレスを触っていると感じてくるのがD750はデカいし重いということ…。

D750はフルサイズ一眼レフの中ではコンパクトで軽量なモデル。

しかし、さすがにミラーレスの小型さには適いません。

 

最近は撮影に出かけた時、右手にD750左手にフィルムカメラを持っているので、以前にも増してカメラの重さが気になるし、ボディが大きいことでカメラバッグに収納するときの煩わしさを感じるようになってきました。

 

 

ミラーレスにしたいけどSONYかNikonにするかで悩む

 

現在フルサイズミラーレスを販売しているメーカーはCanon・Nikon・LUMIX ・SIGMA・Leicaの5社。

 

残念ながら以下は候補外になってしまったメーカー。

Canonはレンズが高すぎるので候補外。

LUMIX は一眼レフ並みにボディが大きく重いので候補外。

SIGMAは変態過ぎるので候補外。

Leicaは高級すぎて手に持てないので候補外。

 

そんなこんなで残ったのがNikonとSONYです。

しかしこのNikonとSONYでも大きく悩むわけです。

 

SONYとNikonで悩む3つのポイント

  • レンズラインナップの違い
  • 画質の違い
  • 操作性の違い

 

カメラやレンズの価格は両者同じくらい。

あとは好みの問題となるのですが、これがなかなか決めきれませんね…。

 

 

レンズラインナップの違い


※画像引用元:SONY(https://www.sony.jp/

 

ポイント

レンズラインナップは圧倒的にSONYが豊富です!

純正レンズも揃っていますし、サードパーティ製レンズもどんだけあるんだと思うほど選択肢があります。

 

Nikonはいま頑張ってレンズをリリースしていますが、SONYと比べてしまうとまだまだ貧弱…。

サードパーティ製レンズも中国製レンズやTAMRONの一部のレンズが対応したくらいで、数本しか選択肢がない状態です。

 

ミラーレスに乗り換えた場合、レンズは20mmか24mmの広角単焦点レンズ・100mm以上の中望遠単焦点レンズ・望遠ズームレンズ(低価格)が欲しいと考えているのですが

SONYの場合だと24mmGM・135mmGM・100-300mmズームと揃えることが出来ます。

Nikonだと24mm S-line・85mm S-line・安い望遠ズームが無い、という状況に。

 

中望遠も出来れば100mm以上が良いので、Nikonの場合だとロードマップに乗っている100mmマクロレンズの登場を待つことになる。

また安い望遠ズームもまだ登場していませんので、マウントアダプターを使ってFマウントレンズを使用しなければなりません。

 

現在のレンズラインナップだと、SONYが理想通りレンズが揃う状況です。

 

画質の違い


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

カメラの画質としてはSONYもNikonもほとんど差は無いと思います。

しかしレンズの画質はNikonが優れていると感じているんです。

 

Nikonのミラーレスは新しいZマウントを採用しました。

このZマウント用に開発されたZレンズの画質がとても素晴らしい!

 

記事を見る
Nikon Z7とZマウントレンズが狂おしいほどに欲しい!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   先日「最近は物欲が爆発してませんよ」って記事を書いたばかりですが、タイムリーなことに物欲が復活してきました。 欲し ...

続きを見る

 

SONYのGマスターレンズもとても高画質なレンズなんですが、NikonのZレンズはそれを上回っていると思う。

Zレンズのことを評するときに、私が良く使っている言葉が「違和感を感じるくらい高画質」

画面の端の方まで中央部に劣らない画質を維持しているので、これまでには見たこともないような写真になるんですよね。

 

電器屋さんで初めて4Kテレビを見た時は、「目の前に本物の人が居るみたい!」と感動しましたが、その時の衝撃と同じくらいZレンズの画質の良さには驚きました!

 

SONYのレンズラインナップの方が私の理想に近いですが、Zレンズの画質はあまりにも魅力的なんです。

 

操作性の違い


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

これはシンプルに慣れの問題だと思うのですが、私はNikonを使っているのでNikonのミラーレスの方がなんの違和感もなく使えました。

 

SONYの方は

 

梅野
「ん?あれ?これはどこで変えれるんだ?なんだこのメニュー画面?」

 

と、不慣れさが出てしまい、SONYの操作性に慣れる必要があります。

しかし、それよりも気になったのがカメラを持った時に感触。

Nikon Z7はNikonらしくグリップ部分が大型で、しっかりと握ることができ安心感がありました。

 

SONY α7RIIIは小型さが売りのα7である分、グリップが浅くてちょっとしっくりとこない。

新型のα7RIVではグリップ部分が大型化されましたので、一度手に取って感触を確かめたい。

 

SONYのフルサイズミラーレスも第4世代に突入し、かつてのように操作性への悪い評価を目にすることは少なくなりましたが、ボタンの配置や手に吸い付くようなグリップの作りはNikonが上回っていると感じました。

 

 

以上3つの理由でどちらにするのか決めきれません

 

レンズラインナップ:SONY

レンズの画質:Nikon

カメラボディの操作性:Nikon

 

こんな状況ですね。

なんじゃかんじゃと言いましても、カメラはレンズが重要です。

高画質に撮影できるのも、写真の楽しさを教えてくれるのもレンズ!

 

理想の焦点距離が揃っているSONY、新世代の高画質さを見せてくれるNikon。

この部分で悩んでいるのだろうと思うのです。

どっちを取るのか…これが決めきれないわけなのです…。

 

正直、さっさとSONYを選んでこの答えのない悩みから解放されたい気持ちが強いですが、2020年に登場するのではないかと言われているNikon Z8の登場を待ちたい気持ちもある。

 

記事を見る
Nikon Z8がウワサ通り6000万画素ならマジで欲しい!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   先日SONYが‪α‬7RIVを発表し、6100万画素という高画素に驚いた方も多かったと思います。 これによって、以 ...

続きを見る

 

2020年に夏ごろになってもNikon Z8のウワサすらなかったら、SONYユーザーになるかと思います!

この悩みの決着が付く時期まで、カメラ機材貯金をせっせと貯めて待ちます(^^♪

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはD750、Nikon F4。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, Nikon(ニコン), カメラ, カメラ, SONY (ソニー)

Copyright© ケロカメラ , 2020 All Rights Reserved.