カメラとレンズの記事 撮影テクニックと雑記

一眼レフとミラーレス、それぞれの特長をカンタンに解説!

投稿日:2018年9月16日 更新日:


Photo by Alfonso Reyes on Unsplash

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

最近はミラーレスの新商品が次から次へと発売され、カメラ業界は大変賑わっています。

カメラの機種もかなり増えて、色々と選べるようになりました。

 

ですが、これからカメラを始めたいと思っている人にとっては、選択肢が多くて中々決めきれませんよね。

まず悩むと思うのが「一眼レフにするか、ミラーレスにするのか?」ということでは無いでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

一眼レフとミラーレスの違いはなに?

これは名前のまんまで、カメラの中にミラーがあるか無いかの違い。

   カメラを始めようと思った時に、まず悩むのが一眼レフにするのかミラーレスにするのか? ネットを開けば「一眼レフの方が性能が良い」「ミラーレスは...

 

一眼レフにはミラーとプリズムが入っているので、構造上どうしてもカメラが大きくて重くなります。

ミラーレスはミラーとプリズムがありませんので、とても小型に作れて軽いカメラになります。

 

最近では機材の持ち運びがしやすい、ミラーレスの人気が高まっていますね!

 

 

一眼レフのメリット


Photo by James Bold on Unsplash

一眼レフのメリット

  • 光学式ファインダー
  • 持ちやすい本体
  • ボタン類が多く、設定変更が楽ちん
  • バッテリー持ちが良い

 

※2018年6月30日に記事を更新しました。  スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフやミラーレスが気になりますよね? ただ...
    カメラにハマった方を悩ます「フルサイズ症候群」 マイクロフォーサーズやAPS-C機をお使いの方がかかる病気?の事で、フルサイズ機を使えばもっと美...

 

最近はミラーレスの熱が凄いとは言え、一眼レフもまだまだ現役!

プロカメラマンは一眼レフを使っている人の方が多いです。

 

それでは一眼レフを使うメリットを見ていきましょう。

 

 

光学式ファインダー


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

一眼レフはミラーとプリズムがあるので、光学式ファインダーが備わっています。

光学式ファインダーの魅力は、被写体をタイムラグ無しに見れること。

 

ミラーレスは電子ビューファインダー(EVF)が備わっていますが、こちらは実際の風景とファインダーに表示される映像がズレる(遅延する)デメリットがあります。

しかし光学式ファインダーは、実際の風景をそのまま見れるので、走り回るお子さんやペットの写真を撮りたい時に活躍するんですね!

とくにモータースポーツやスポーツ選手を撮りたいと思っている方は、光学式ファインダーがオススメ。

 

 

持ちやすい本体

 

一眼レフは本体が大きいのがデメリットですが、これがメリットにも変わります。

大きい分、グリップ部分が深く作られているので、とても持ちやすいんです。

 

ミラーレスは小型なのが魅力はですが、特にエントリーモデルとかだと、グリップ部分が無いに等しく持ちにくいです。

 

一眼レフは小指をグリップ部分に引っかけるだけでも、持って歩けるほど!

カメラをしっかりと持てると言うことは、手ブレが起こりにくいメリットがありますね。

 

 

ボタン類が多く、設定変更が楽ちん

 

一眼レフはカメラの上部・背面・サイド部分・前面。

ありとあらゆる場所に、ボタンやダイヤルが設置されています。

 

初めて手にした時はボタンの多さに戸惑いますが、カメラに慣れてくるとこの便利さに気がつくはず!

 

カメラの設定を変える時に、メニュー画面を開いて、変えたい項目を探し当て、それから設定を変更する。

毎回こんなことをするのはメンドクサイですよね…。

それに状況によっては、シャッターチャンスを逃してしまいます。

 

一眼レフのボタンやダイヤルで出来ることを覚えれば、あっという間に設定変更ができるので、ストレスになりませんし一瞬のシャッターチャンスも逃しにくくなります!

 

 

バッテリー持ちが良い

 

これはミラーレスと比べれば、圧倒的に一眼レフが優れます。

 

ミラーレスのエントリーモデルは、バッテリーが満タンの状態で写真を300~350枚ほど撮影出来ます。

一眼レフのミラーレスは、満タン状態でなんと1550枚(Nikon D3500)も撮影出来るんです。

その差は約5倍もあります。

 

小旅行程度であれば予備バッテリーや充電器を、わざわざ持っていかなくてもいいほどバッテリー持ちが良いので、カメラ関係の荷物が少なくて済みますね。

 

 

ミラーレスのメリット

ミラーレスのメリット

  • コンパクトで軽いボディ
  • 多機能な電子ビューファインダー
  • ボディ内手ブレ補正

 

  カメラ女子と言う言葉が生まれてからしばらく経ちますが、いまでも新たにカメラを始められる女性はとても多いです。 「私もカメラはじめたい!」と思...
※2018年6月30日に記事を更新しました。  スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフやミラーレスが気になりますよね? ただ...

 

コンパクトで軽いボディ

 

ミラーレスのメリットはなんと言ってもこれ!

コンパクトで軽いのは超メリットです。

 

大きいフルサイズ一眼レフを使っている私からすると、ミラーレスのサイズはとても羨ましく感じます。

まず、カメラバッグからカメラを出す段階から違いますよね。

一眼レフはカバンの中で、あちこち引っかかって取り出しにくいですが、ボディが小さいミラーレスならそんなストレスが減ります。

 

 

多機能な電子ビューファインダー


※画像引用元:OLYMPUS(https://www.olympus.co.jp/

 

一眼レフの光学式ファインダーは、リアルタイムの被写体が見えると言いましたね。

 

では電子ビューファインダーは、光学式に比べ劣っているのか?

 

確かにタイムラグの問題がありますが、そのこと以外に関しては電子ビューファインダーの方が優れています。

電子ビューファインダーにはミラーがないため、ファインダー用の小型モニターが付けられています。

モニターですので、カメラの設定状況を確認出来たり、設定を変えた後の写りを確認出来たり、ズームが出来ちゃったり。

メーカーによって機能は違いものの、光学式ファインダーでは出来ない機能がたくさんあります!

 

 

ボディ内手ブレ補正


※画像引用元:Sony(https://www.sony.jp/

 

すべてのミラーレスに付いているわけではありませんが、ほとんどの機種がボディ内手ブレ補正を装備しています。

一眼レフではレンズに手ブレ補正が付いているので、レンズの種類によっては手ブレ補正の機能が無いんです。

 

しかしミラーレスのボディ内手ブレ補正は、カメラ本体に手ブレ補正の機能があるので、どんなレンズを使っても常に手ブレ補正が効くメリットがあります。

 

最新モデルでは、手ブレ補正効果が6段分を超えていますので、夜景やイルミネーションを撮るときでも三脚要らないんじゃないかと言うレベル。

もちろんガチで撮る時は三脚は必須ですが、手持ちでも撮れると言う安心感が良いですよね!

 

 

まとめ

 

どちらも一長一短がありますね。

ミラーレスはバッテリー持ちが悪いと言う欠点がありますが、いまはミラーレスへと移り変わっていますので、一眼レフにこだわりが無ければミラーレスのほうがオススメです。

 

一眼レフは撮影を快適に行えるのが魅力ですが、持ってまわるには大きくて重いので、思いのほか疲れる…。

プロやハイアマチュアの方には需要が残ると思いますが、ふつうのアマチュアの人はミラーレスのほうが向いていると思います。

 

とは言え、現在一眼レフを使っている私から言わせてもらうと、一眼レフの撮影のしやすさは捨てがたい。

たまに一眼レフの愚痴を言っていますが

 

・本格的に撮影したい

・長時間撮影をする

・快適に撮影したい

 

という方は、まだ一眼レフのほうが良いかと思います。

 

一眼レフに近いミラーレス、ニコン Z7ニコン Z6キヤノン EOS Rが登場してきていますが、まだ値段が高いのです。

もう少しラインナップが揃うと、本当に一眼レフの時代が終わってしまいそうですね。

スポンサーリンク

おすすめブログ

feedly

follow us in feedly
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年の夏に一眼レフを始めたばかりの初心者です。 D750を片手にコンテストに入賞するのを夢見て楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

  こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山ありました。   私の住んでる田舎のカメラ屋さ ...

2

※2018年6月30日に記事を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフや ...

3

2018年7月25日に再編集しました。     こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   今はスマホの普及でキレイな写真を手軽に撮るようになって、多く ...

4

  こんにちは、梅野です! 以前、持ち運ぶカメラ機材を軽量化したいと記事に書きました。   その中でもひときわ重量が重かったのが、カメラバックと三脚のです。 三脚は今のところ買い替 ...

5

  こんにちは、梅野です!   先日「NikonとCanonの神レンズまとめ」の記事を書いたところ、SONYのミラーレスを使っている友人から「なんでSONYがないんや!」とクレーム ...

-カメラとレンズの記事, 撮影テクニックと雑記

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.