カメラとレンズの記事 レンズ SIGMA (シグマ)

【単焦点&ズーム】SIGMAの神レンズをまとめてみた!

投稿日:2019年1月13日 更新日:

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

社外品レンズの中でも、画質が高いことで知られるSIGMA(シグマ)

解像度に並々ならぬ拘りを持っていて、高画素機でも余裕で対応する解像度の高さが魅力。

 

またF1.4の単焦点レンズを多く発売しており、明るいレンズが多いのも特長ですね!

 

今回はSIGMAレンズの中でも、評価の高い神レンズをまとめてみました。

 

 

14mm F1.8 DG HSM

 

世界初の14mm超広角レンズで、F/1.8の明るさを実現した唯一無二のレンズ。

大口径レンズでF/1.8の組み合わせですので、超広角レンズでありながらボケを表現することが出来ます。

 

ただ、出目金レンズなのでフィルターは装着出来ません。

 

実売価格で145,000円前後と高額な単焦点レンズですが、星空や超広角レンズをよく使う人には気になるレンズですね!

 


※画像引用元:Photo Yodobashi(http://photo.yodobashi.com/)

 

発売日  2017年7月7日
対応マウント  キャノンEFマウント/ニコンFマウント/ソニーEマウント/シグママウント
フルサイズ対応  ○
レンズ構成  11群16枚
絞り羽根  9枚
焦点距離  14mm
最短撮影距離  0.27m
最大撮影倍率  1:9.8倍
開放F値  F/1.8
画角  114.2°
手ブレ補正  ×
防塵  ○
防滴  ○
フィルター径  フィルター不可
本体サイズ  95.4×126mm
重量  1,120g
実売価格  147,000円前後

 

 

50mm F1.4 DG HSM

50mmの標準単焦点レンズなのにバカでかい(笑)

最近では4000万画素を超えるカメラも続々と登場していますが、そんな高画素機にも余裕で対応する解像度が魅力!

 

通常であれば低価格な50mm単焦点レンズですが、50mm F1.4 DG HSMは実売価格で87,000円もします。

しかし、その価格の高さに見合った性能を持っているので、評価はかなり高い!

 

50mmで写りの良いレンズが欲しい方は、このレンズで決まりです。

 


※画像引用元:Photo Yodobashi(http://photo.yodobashi.com/)

 

発売日  2014年4月25日
対応マウント  キャノンEFマウント/ニコンFマウント/ソニーEマウント/シグママウント
フルサイズ対応  ○
レンズ構成  8群13枚
絞り羽根  9枚
焦点距離  50mm
最短撮影距離  0.4m
最大撮影倍率  1:5.6倍
開放F値  F/1.8
画角  46.8°
手ブレ補正  ×
防塵  ×
防滴  ×
フィルター径  77mm
本体サイズ  85.4×99.9mm
重量  815g
実売価格  88,000円前後

 

 

85mm F1.4 DG HSM

究極のポートレート用レンズとして開発。

初心者でもプロのような写真が撮れると言う声もあるほど、満足度の高いレンズ。

 

ポートレート用レンズと書きましたが、もちろん風景写真にも使えますよ。

作例を見ると、物体のディテールがキレッキレに写ってる!

 

飛行機を撮影されている方が多かったですが、普通のレンズ以上に立体感や臨場感が出るレンズですね。

 


※画像引用元:Photo Yodobashi(http://photo.yodobashi.com/)

 

発売日  2016年11月17日
対応マウント  キャノンEFマウント/ニコンFマウント/ソニーEマウント/シグママウント
フルサイズ対応  ○
レンズ構成  12群14枚
絞り羽根  9枚
焦点距離  85mm
最短撮影距離  0.85m
最大撮影倍率  1:8.5倍
開放F値  F/1.4
画角  28.6°
手ブレ補正  ×
防塵  ○
防滴  ○
フィルター径  86mm
本体サイズ  94.7×126.2mm
重量  1,130g
実売価格  106,000円前後

 

 

105mm F1.4 DG HSM

単焦点レンズなのに3脚座まで付いていて、ズームレンズ並に長く大きいレンズ。

F/1.4の限界に挑んだ製品で、「BOKEH-MASTER」の名前が付けられています。

 

SIGMAのハイスペックレンズシリーズ「Art」の中でも、フラッグシップモデルに位置づけられていて、作品作りをしている方には欠かせない存在。

 

SIGMAの中でも解像度が高く、神レンズと呼べる1本ですね!

 


※画像引用元:SIGMA(https://www.sigma-global.com/jp/

 

発売日  2018年6月14日
対応マウント  キャノンEFマウント/ニコンFマウント/ソニーEマウント/シグママウント
フルサイズ対応  ○
レンズ構成  12群17枚
絞り羽根  9枚
焦点距離  105mm
最短撮影距離  1m
最大撮影倍率  1:8.3倍
開放F値  F/1.4
画角  23.3°
手ブレ補正  ×
防塵  ○
防滴  ○
フィルター径  105mm
本体サイズ  115.9×131.5mm
重量  1,645g
実売価格  154,000円前後

 

 

14-24mm F2.8 DG HSM

SIGMAの大三元レンズの1つ。

描写力はNikonの生きる伝説となっている神レンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」と同等レベルと言われるほど!

 

光学性能は非の打ち所のない、傑作レンズです。

 

 

しかし1つ欠点が…。

それはピントの精度が甘いこと。

 

SIGMAのレンズは前ピンになることが多い印象がありますが、このレンズは後ピンになりやすいみたい。

メーカーに調整をして貰っても症状か改善しない場合があるみたいですので、マニュアルフォーカスで使っても良いと言う人には最高の広角ズームですね!

 


※画像引用元:SIGMA(https://www.sigma-global.com/jp/

 

発売日  2018年3月9日
対応マウント  キャノンEFマウント/ニコンFマウント/シグママウント
フルサイズ対応  ○
レンズ構成  11群17枚
絞り羽根  9枚
焦点距離  14-24mm
最短撮影距離  0.26m
最大撮影倍率  1:5.4倍
開放F値  F/2.8
画角  114.2~84.1°
手ブレ補正  ×
防塵  ○
防滴  ○
フィルター径  フィルター不可
本体サイズ  96.4×135.1mm
重量  1,150g
実売価格  134,000円前後

 

 

24-70mm F2.8 DG OS HSM

 

SIGMAの大三元レンズの1つ。

SIGMAのArtラインの中では、小型なレンズで携帯性も良いですね。

 

最も使われる頻度が多い、標準ズームレンズですので、ズーム全域で高い光学性能を維持しています。

また3.5段分の手ブレ補正も搭載されており、あらゆる環境でも安定して撮影に挑めますね!

 

値段は半分でありながら、純正レンズクラスの描写力があり人気が高いレンズ!

 


※画像引用元:SIGMA(https://www.sigma-global.com/jp/

 

発売日  2017年7月7日
対応マウント  キャノンEFマウント/ニコンFマウント/シグママウント
フルサイズ対応  ○
レンズ構成  14群17枚
絞り羽根  9枚
焦点距離  24-70mm
最短撮影距離  0.37枚
最大撮影倍率  1:4.8倍
開放F値  F/2.8
画角  84.1~34.3°
手ブレ補正  ○
防塵  ○
防滴  ○
フィルター径  82mm
本体サイズ  88×107.6mm
重量  1,020g
実売価格  110,000円前後

 

 

70-200mm F2.8 DG OS HSM

 

SIGMAの大三元レンズの1つ。

2018年12月にリニューアルされたばかりの新型。

 

Artラインではなく、Sportsラインとなっていてプロカメラマン向けの操作性に優れたレンとなっています。

 

手ブレ補正は新アルゴリズムと加速度センサーが採用され、最大で4段分の補正効果が得られます。

また通常モードと流し撮りモードが選べるので、シーンによって使い分けができ使い勝手の良い機能ですね!

 


※画像引用元:SIGMA(https://www.sigma-global.com/jp/

 

 

発売日  2018年12月14日
対応マウント  キャノンEFマウント/ニコンFマウント/シグママウント
フルサイズ対応  ○
レンズ構成  22群24枚
絞り羽根  11枚
焦点距離  70-200mm
最短撮影距離  1.2m
最大撮影倍率  1:4.8倍
開放F値  F/2.8
画角  34.3~12.3倍
手ブレ補正  ○
防塵  ○
防滴  ○
フィルター径  82mm
本体サイズ  94.2×202.9mm
重量  1,805g
実売価格  145,000円前後

 

 

まとめ

 

どれもこれも解像度が高く、撮影現場の空気感まで写してくれる!

画質を重視される方にはSIGMAのレンズは欠かせない存在ですね。

 

またその解像度の高さから、近年増えてきている高画素機の性能をフルに発揮してくれますので、4000万画素クラスのカメラをお使いの方にもオススメしたい。

 

レンズのスペックは高いですがお値段はお安いですので、コストパフォーマンスに優れており、初めての交換レンズとしてSIGMAを選ばれるのもいいと思います!

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カメラとレンズの記事, レンズ, SIGMA (シグマ)

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.