カメラとレンズの記事

フルサイズで最強の一眼レフはどれだ?得意分野別にまとめてみました。

投稿日:2018年5月21日 更新日:

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

フルサイズセンサーは主流のセンサーの中では1番大型のタイプで、最も高画質な写真が撮れるのが魅力!

その代わりにお値段も高いため、初心者カメラマンの憧れの対象となる機種です。

 

フルサイズセンサーの一眼レフに買い換えれば、もっといい写真が撮れると思い日々フルサイズのことが頭から離れなくなる「フルサイズ症候群」と言われる病があるほど(笑)

今回はそんなフルサイズセンサー搭載の一眼レフ中では、得意分野別に最強のカメラをご紹介します!

 

 

 

スポンサーリンク

まずはフルサイズについて

 

カメラの画質は画素数ではなく、センサーの大きさで決まります。

フルサイズは1番大きいセンサーなので、最も高画質な写真が撮れる一眼レフと言うことになりますね!

なのでメーカーから発売される上位機種やフラッグシップモデルは、フルサイズセンサーを搭載した一眼レフになっています。

※フルサイズよりさらに大きい「中判カメラ」と言うものも存在しますが、お値段が1,000,000円を超えます(笑)

 

上から大きい順

フルサイズ(36.0mm×24.0mm)
APS-C(23.6mm×15.8mm)
マイクロフォーサーズ(17.3mm×13.0mm)
1型(13.2mm×8.8mm)
1/2.3型(6.2mm×4.2mm)

 

 

2番目に大きいAPS-Cセンサーと比較してもさらに一回り大きく、光を捉えられる面積が広い!

このおかげで高画質さはもちろんのこと、背景ボケも大きくなりますしカメラが苦手なダイナミックレンジ(明暗の差)も、他のセンサーに比べるとより対応してくれます。

 

高性能さと引き換えにデータ容量が大きくなってしまう欠点があり、連写速度が遅かったり撮影できる枚数が少なくなってしまうので、転送速度が速く容量の大きなSDカードを構える必要がありますね。

 

 

 

画質が最強のフルサイズ一眼レフ

 

 

Nikon D850


ニコン ニコンデジタルカメラ D850

 

2017年の秋に登場した高画素タイプのフルサイズ一眼レフ。

フルサイズセンサーを搭載しつつ、画素数はなんと4575万画素!

新型の画像処理エンジン「EXPEED 5」も採用され、Nikon史上最高の高画素機としてデビューしました。

 

画素数が高い高画素機はこれまでにもありましたが、画素数の1点特化タイプが多くてその他の性能が犠牲になっていたんです。

ニコン D850のすごいところは前モデルよりも高画質に進化しながら、高画素機のデメリットであった連写速度や高感度性能までも大幅に改良されたこと!

トップクラスの画質の良さを持ちながら、その他の性能も高いため超バランス機として仕上がったわけです!

 

 こんにちは、梅野です! もうすぐ出るぞ出るぞ!と言われていたD850が先日ついに発表されました!https://kaerucamera.net/nikon-d820-d850 ニコン100...
  こんにちは、梅野です! 今年、ついに登場したニコンの高画素機「D850」有効画素数が4575万画素と、ニコン史上最高画素数のフルサイズ一眼レフで、現...

 

主なスペック

タイプ 一眼レフ
画素数 4575万画素
高感度 ISO64~25600
連写速度 7コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 153点
手ブレ補正 ×
撮影可能枚数 1840枚
重量 915g
実売価格 345,000円前後(ボディ)

 

 

 

Sony α7RIII(ILCE-7RM3)


ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

 

ソニーが誇るフルサイズセンサーを搭載したミラーレスで、高画素機シリーズであるα7Rの最新型。

 

史上最強の一眼レフ「D850」の登場で、注目がNikonに向きとても話題になっていたとき。

突然、α7RIIIが発表されました!

 

小型なミラーレスでありながら、D850のライバル機種と言えるスペックを持った高画素機で、ニコン派の私としては「なんでこのタイミングでぶつけて来るんだよ!」と思いましたね(笑)

D850と同じく有効画素数4240万画素の高画素機でありながら、弱点であった連写速度や高感度性能が高められ、高いレベルでまとまったバランス機になっています。

※画像引用元:ソニー(http://www.sony.jp/)  こんにちは、梅野です! ついこの間に「Nikon D850は画質と使い勝手のバランスがとれた史上最高の一眼レフだ!」っ...

 

主なスペック

タイプ ミラーレス
画素数 4240万画素
高感度 ISO100~32000
連写速度 10コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 399点
手ブレ補正 ボディ内5軸手ブレ補正
撮影可能枚数 530枚
重量 572g
実売価格 342,000円前後(ボディ)

 

 

動体撮影が最強のフルサイズ一眼レフ

 

 

Canon EOS-1D X Mark II


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II ボディ EOS-1DXMK2

 

キヤノンのフラッグシップモデル。

メーカーの技術の塊と言っていいボディは、とても大きくて重いです。

その代わりにフルサイズセンサーの高画質な写真を、圧倒的な連写速度で撮影することが可能!

 

スポーツカメラマンがよく使っている機種なので、知らず知らずのうちに見たことがある人も多いでしょう。

私が住んでいる田舎では、お店でも見たことがない幻の機種であります(笑)

 

主なスペック

タイプ 一眼レフ
画素数 2020万画素
高感度 ISO100~51200
連写速度 16コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 61点
手ブレ補正 ×
撮影可能枚数 530枚
重量 1340g
実売価格 560,000円前後(ボディ)

 

 

Nikon D5


Nikon デジタル一眼レフカメラ D5 (CF-Type)

 

ニコンのフラッグシップモデル。

NASA御用達カメラとしても有名ですね!

 

こちらもフルサイズセンサーを搭載しながら、高速連写が可能なモデルです。

しかしそれよりもド肝を抜いたのが高感度性能!

エントリーモデルでISO100-6400~100-12800。

上位モデルでISO100-25600だった時代に、D5はISO100-102400!
拡張すると最大でISO3280000にまで対応するモンスタースペックだったのです。

あまりにも桁外れの数値に当初はカタログの表記ミスではないか?と言われていましたが、そのまんま出てきたので2度驚かれました。

 

あまり注目されていない点がバッテリー持ちの良さ。

Nikonの一眼レフは全モデル電池持ちが良いんですが、D5はさらに飛び抜けていて満充電の状態で3780枚も撮影ができます!

 

主なスペック

タイプ 一眼レフ
画素数 2082万画素
高感度 ISO100~102400
連写速度 14コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 153点
手ブレ補正 ×
撮影可能枚数 3780枚
重量 1235g
実売価格 580,000円前後(ボディ)

 

 

 

高感度性能が最強のフルサイズ一眼レフ

 

PENTAX K-1 Mark II


PENTAX 一眼レフ K-1 Mark II ボディ 15996

 

2018年4月にマイナーチェンジされMark II に進化。

大きな変更点は無かったものの、常用ISOが100~819200にまで拡大。

拡張ISOの場合はNikon D5が最大級(ISO3280000)ですが、常用ISOはPENTAXが他社と8倍もの差をつけるスペックを持っています!

すでにPENTAX K-1をお持ちの方は、基盤交換でK-1 Mark IIにアップグレードしてくれるサービスを行っていて、カメラを買い換えるより安くつくので良心的。

    APS-Cセンサーのカメラやレンズに特化したカメラメーカーPENTAX。そのペンタックスが満を持して開発したのが、初のフルサイズセンサーを搭載したPEN...

 

主なスペック

タイプ 一眼レフ
画素数 3640万画素
高感度 ISO100~819200
連写速度 6.4コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 33点
手ブレ補正 ボディ内5軸手ブレ補正
撮影可能枚数 670枚
重量 925g
実売価格 230,000円前後(ボディ)

 

 

 

値段が安いフルサイズ一眼レフ

 

 

Canon EOS 6D

 


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D

 

6D Mark IIが登場しているため、型落ちのモデル。

2012年の発売ですが、古さを感じさせないスペックを持っていて、フルサイズのエントリーモデルとしては最適!

約100,000円で購入できるフルサイズ一眼レフです。

 

主なスペック

タイプ 一眼レフ
画素数 2020万画素
高感度 ISO100~25600
連写速度 4.5コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 11点
手ブレ補正 ×
撮影可能枚数 1090枚
重量 680g
実売価格 99,000円前後(ボディ)

 

 

 

Nikon D610

 


Nikon デジタル一眼レフカメラ D610

 

2013年に発売されたニコンのエントリーフルサイズ一眼レフ。

ラインナップでフルサイズ用のエントリーモデルと言う立場なので、機能や性能が削られています。

特に高感度性能のISO100~6400は時代遅れ。

新品で販売しているカメラの中では、最低の値になります…

しかし高感度性能以外の部分は十分なスペックを持っているので、CanonのEOS 6Dと同様に安くフルサイズが欲しい方に最適です!

 

主なスペック

タイプ 一眼レフ
画素数 2426万画素
高感度 ISO100~6400
連写速度 6コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 39点
手ブレ補正 ×
撮影可能枚数 900枚
重量 760g
実売価格 110,000円前後(ボディ)

 

 

 

まとめ

フルサイズ一眼レフは上位機種なので、どのカメラもスペックが高いですね!

その分お値段も高くなってしまうわけですが、見てるだけで欲しくなってしまいます。

 

現状、お金を出せるならNikon D850とSONY α7RIIIがオススメ!

どちらも高画素+バランス機なので、どんな事にも対応できる上に画質に特化していてとてもキレイな写真が撮れること間違いなし。

 

両者ともに明確な欠点がありませんし、買って後悔はしないでしょう。

スポンサーリンク

おすすめブログ

-カメラとレンズの記事

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.