カメラとレンズの記事 レンズ FUJIFILM (フジフィルム)

FUJIFILM Xマウントで人気のサードパーティーレンズをまとめてみた!

2021年6月1日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

価格が安く色んな種類の画角を楽しめるサードパーティー製レンズ。

各社のマウントに対応したレンズが販売されていて、人気の商品になっていますね。

 

もちろん純正品では無いので、オートフォーカスに対応していなかったり、前ピン後ピンなどの問題もありますが、やはり魅力なのは低価格なこと!

純正品の半額以下の価格で購入できるので、広角から望遠まで色んなレンズを試すことが出来ます。

 

今回はFUJIFILMのミラーレス、Xマウントに対応したサードパーティーレンズの、人気モデルをご紹介します!

 

 

Carl Zeiss(カールツァイス)Touit 1.8/32

ZEISS Touit 1.8/32の画像

焦点距離約48mmで使える標準単焦点レンズ

 

スペック&価格

Carl Zeiss Touit 1.8/32

・オートフォーカス対応
・焦点距離48mm(換算値)
・開放F1.8
・実売価格68,000円前後

 

高級レンズメーカーとして有名なカールツァイス。

サードパーティー製レンズとしては数少ない、オートフォーカスに対応していますので、カメラ初心者の方でも安心です!

 

純正レンズでは無いもののカールツァイスは性能重視のメーカーなので、非常に写りが良いのが特長。

その代わりお値段もちょっとお高いです。

 

Carl Zeiss Touit 1.8/32のスペック

<

発売日 2013年5月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 5群8枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 32mm(48mm)
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 1:9
開放F値 F/1.8
画角 48°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 52mm
本体サイズ 65x58mm
重量 210g
実売価格 68,000円前後

 

 

Carl Zeiss(カールツァイス)Touit 2.8/12

ZEISS Touit 2.8/12の画像

換算値で焦点距離18mmの超広角単焦点レンズ

 

 

スペック&価格

Carl Zeiss Touit 2.8/12

・オートフォーカス対応
・焦点距離18mm(換算値)
・開放F2.8
・実売価格92,000円前後

 

35mm換算で焦点距離18mmの超広角単焦点レンズ。

オートフォーカスにも対応しています!

 

20mm以下の単焦点レンズは少ないので、これだけで希少な存在ですね。

 

Touitシリーズはカールツァイスの中でも低価格なラインですが、広角レンズに発生しやすい歪みはほぼ0の光学設計に、逆光下にも強いT*アンチレフレックスコーティングが施されています。

低価格なラインでもさすがカールツァイスと言えるクオリティですね!

 

またこれだけ超広角レンズなのに、67mmのフィルターに対応しているのもグッド。

 

 

Carl Zeiss Touit 2.8/12のスペック

発売日 2013年5月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 8群11枚
絞り羽根 -
焦点距離 12mm(18mm)
最短撮影距離 0.18m
最大撮影倍率 1:9
開放F値 F2.8
画角 99°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 67mm
本体サイズ 88x68mm
重量 270g
実売価格 92,000円前後

 

 

SAMYANG(サムヤン)12mm F2.0 NCS CS

12mm F2.0 NCS CSの画像

レンズはブラックとシルバーの2色が販売されています

 

スペック&価格

SAMYANG(サムヤン)12mm F2.0 NCS CS

・マニュアルフォーカスのみ
・焦点距離18mm(換算値)
・開放F2.0
・実売価格25,000円前後

 

韓国のレンズメーカーで、以前から人気のサードパーティーメーカーでしたが、近年はオートフォーカスに対応したレンズをリリースしており、人気度が上がってきています。

 

12mm F2.0 NCS CSは残念ながらマニュアルフォーカスのみとなっていますが、F値がf/2.0と非常に明るいのが特長!

レンズの明るさが欲しい星空撮影や夜間の撮影で大活躍してくれます。

 

複合非球面レンズやEDレンズを使用し、ナノコーティングが施されていますので、各種収差を抑えつつ逆光にも強い。

お値段以上の性能を発揮してくれるレンズですね!

 

 

SAMYANG 12mm F2.0 NCS CSのスペック

発売日 2014年12月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 10群12枚
絞り羽根 6枚
焦点距離 12mm(18mm)
最短撮影距離 0.2m
最大撮影倍率  
開放F値 F/2.0
画角 98.9°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 67mm
本体サイズ 72.5x59.4mm
重量 260g
実売価格 25,000円前後

 

 

七工匠(しちこうしょう)7artisans 25mm F1.8 25FXB

7artisans 25mm F1.8の画像

実売価格で1万円を切る安さが魅力

 

スペック&価格

七工匠(しちこうしょう)7artisans 25mm F1.8 25FXB

・マニュアルフォーカスのみ
・焦点距離37.5mm(換算値)
・開放F1.8
・実売価格9,900円前後

 

換算値で焦点距離37.5mmの広角単焦点レンズ。

F/1.8と言う明るいレンズでありながら、お値段が9,900円前後と超安いのが魅力!

 

安かろう悪かろうと思ってしまいますが、レンズ中央部の写りは中々頑張っていて高画質。

レンズ端の方になると急激に解像度が落ちてしまいますが、オールドレンズの様な描写でこれはこれでアリかも。

 

低価格さと想像していた以上の写りの良さで、人気のレンズとなっています!

 

 

七工匠 7artisans 25mm F1.8 25FXBの作例

7artisans 25mm F1.8で撮影した写真

7artisans 25mm F1.8で撮影した写真

7artisans 25mm F1.8で撮影した写真
※画像引用元:七工匠

 

七工匠 7artisans 25mm F1.8 25FXBのスペック

発売日 2018年6月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 5群7枚
絞り羽根 12枚
焦点距離 25mm(37.5mm)
最短撮影距離 0.18m
最大撮影倍率 -
開放F値 F/1.8
画角 68°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 46mm
本体サイズ -
重量 143g
実売価格 9,900円前後

 

 

LAOWA(ラオワ) 9mm F2.8 Zero-D

LAOWA 9mm F2.8 Zero-Dの画像

換算13.5mmの超広角レンズで、ほぼ歪み無しを達成したLAOWA製単焦点レンズ

 

スペック&価格

LAOWA(ラオワ) 9mm F2.8 Zero-D

・マニュアルフォーカスのみ
・焦点距離13.5mm(換算値)
・開放F2.8
・実売価格65,000円前後

 

世界で最も広く明るいレンズとして登場したのが「LAOWA 9mm F2.8 Zero-D」

しかも49mmのフィルターも付けられるようになっており、撮影の幅が広がりますね!

 

LAOWAお得意のゼロディストーション設計となっており、これだけ広角のレンズなのに歪みはほぼ発生しません。

 

とにかく広く写せて、暗い場所でも使える明るいレンズを探している!なんて方にピッタリなレンズ。

ただ周辺光量が低下する弱点もありますので、撮影の環境や状況、レタッチなどでカバーする必要があります。

 

 

LAOWA 9mm F2.8 Zero-Dの作例

LAOWA 9mm F2.8 Zero-Dで撮影した写真

LAOWA 9mm F2.8 Zero-Dで撮影した写真

LAOWA 9mm F2.8 Zero-Dで撮影した写真
※画像引用元:LAOWA

 

 

LAOWA 9mm F2.8 Zero-Dのスペック

発売日 2018年4月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 10群15枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 9mm(13.5mm)
最短撮影距離 0.12m
最大撮影倍率 0.13倍
開放F値 F/2.8
画角 113°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 49mm
本体サイズ 60×53mm
重量 215g
実売価格 65,000円前後

 

 

七工匠(しちこうしょう)7artisans 35mm F1.2 3512FXB

7artisans 35mm F1.2 3512FXBの画像

F/1.2の明るさを2万円台で手に入れられる!

 

スペック&価格

七工匠(しちこうしょう)7artisans 35mm F1.2 3512FXB

・マニュアルフォーカスのみ
・焦点距離52.5mm(換算値)
・開放F1.2
・実売価格21,000円前後

 

換算値で焦点距離52.5mmとなる標準単焦点レンズ。

注目すべきはやはりF/1.2の明るさ!

 

純正レンズでこの明るさのレンズを手に入れようとすると、APS-C用レンズでも100,000円から。

物によっては200,000円近くもしてしまうんですが、7artisans 35mm F1.2 35はたったの21,000円で手に入れることが出来ます!

 

これだけ明るいと非常に良くボケますし、暗い場所でもシャッタースピードを稼げるので、夜間のスナップ撮影も楽々とこなせてしまいますね。

 

 

七工匠 7artisans 35mm F1.2 3512FXBの作例

七工匠 7artisans 35mm F1.2で撮影した写真

七工匠 7artisans 35mm F1.2で撮影した写真

七工匠 7artisans 35mm F1.2で撮影した写真
※画像引用元:七工匠

 

 

七工匠 7artisans 35mm F1.2 3512FXBのスペック

発売日 2018年10月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 5群6枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 35mm(52.5mm)
最短撮影距離 0.35mm
最大撮影倍率 -
開放F値 F/1.2
画角 46°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 43mm
本体サイズ -
重量 150g
実売価格 21,000円前後

 

 

KAMLAN(カムラン)50mm F1.1 II

KAMLAN 50mm F1.1 IIの画像

F/1.1と言う驚愕のレンズを引っ提げて上陸した中華レンズ

 

スペック&価格

KAMLAN(カムラン)50mm F1.1 II

・マニュアルフォーカスのみ
・焦点距離75mm(換算値)
・開放F1.1
・実売価格28,000円前後

 

F/1.1と言う圧倒的な明るさの単焦点を引っ提げて、日本に上陸したKAMLAN。

その後、リニューアルされたのが「KAMLAN 50mm F1.1 II」です。

 

初代KAMLAN 50mm F1.1は注目を集めましたが、周辺減光が大きいのが欠点でした。

2代目となるKAMLAN 50mm F1.1 IIは、光学設計を一新し周辺減光が少なくなり、画面端の解像度も改善しています。

 

お値段は3,000円ほど高くなってしまったんですが、F/1.1のレンズを28,000円で買えるわけですから安いもんですよね!

 

 

KAMLAN 50mm F1.1 IIの作例

KAMLAN 50mm F1.1 IIで撮影した写真

KAMLAN 50mm F1.1 IIで撮影した写真

KAMLAN 50mm F1.1 IIで撮影した写真
※画像引用元:サイトロンジャパン

 

 

KAMLAN 50mm F1.1 IIのスペック

発売日 2019年7月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 6群8枚
絞り羽根 11枚
焦点距離 50mm(75mm)
最短撮影距離 0.4m
最大撮影倍率 -
開放F値 F/1.1
画角 32°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 62mm
本体サイズ 72×68mm
重量 563g
実売価格 28,000円前後

 

 

中一光学 FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1

FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1の画像

撮影倍率4.5倍のスーパーマクロレンズ

 

スペック&価格

中一光学 FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1

・マニュアルフォーカスのみ
・焦点距離30mm(換算値)
・開放F2.0
・実売価格20,000円前後

 

F/0.95の明るさを持つレンズなど、面白いレンズを数多く販売している中一光学。

マクロレンズも突き抜けた特長を持っており、撮影倍率4.5倍を達成するスーパーマクロレンズが「FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1」

 

人間の目では見えそうに無い微細なところも撮影可能です!

 

しかもお値段が安く、実売価格で20,000円前後となっています。

マクロ撮影専用レンズで、通常のマクロレンズみたいに遠方に撮影は出来ないのでご注意ください。

 

 

FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1のスペック

発売日 2017年5月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 4群6枚
絞り羽根 3枚
焦点距離 20mm(30mm)
最短撮影距離 0.12m
最大撮影倍率 4.5:1
開放F値 F/2.0
画角 -
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 -
本体サイズ 62x90 mm
重量 290g
実売価格 20,000円前後

 

 

TOKINA(トキナー)atx-m 33mm F1.4 X

 

スペック&価格

TOKINA(トキナー)atx-m 33mm F1.4 X

・オートフォーカスに対応
・焦点距離49.5mm(換算値)
・開放F1.4
・実売価格48,000円前後

 

オートフォーカスに対応している数少ないレンズであり、焦点距離49.5mmの標準単焦点レンズとして使えます。

F値はf/1.4となっており驚異的な明るさ!

 

そしてお値段も安い!

オートフォーカス対応&F/1.4の組み合わせで、48,000円前後と非常に低価格です。

 

atx-mシリーズはミラーレス専用設計の新しい光学設計で、レンズ端まで解像度を維持する性能を持っています。

FUJIFILM のミラーレスをお使いの方にとって、初めての交換レンズとしておススメできるレンズに仕上がっていますね!

 

 

TOKINA atx-m 33mm F1.4 Xの作例

TOKINA atx-m 33mm F1.4 Xで撮影した写真

TOKINA atx-m 33mm F1.4 Xで撮影した写真

TOKINA atx-m 33mm F1.4 Xで撮影した写真
※画像引用元:ケンコートキナー

 

 

TOKINA atx-m 33mm F1.4 Xのスペック

発売日 2020年12月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 9群10枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 33mm(49.5mm)
最短撮影距離 0.4m
最大撮影倍率 1:10倍
開放F値 F/1.4
画角 45.7°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 52mm
本体サイズ 65x72mm
重量 285g
実売価格 48,000円前後

 

 

KamLan(カムラン)8mm F3.0 Fisheye

KamLan 8mm F3.0 Fisheyeの画像

180°の画角を持つ魚眼レンズ

 

スペック&価格

KamLan(カムラン)8mm F3.0 Fisheye

・マニュアルフォーカスのみ
・焦点距離12mm(換算値)
・開放F3.0
・実売価格25,000円前後

 

25,000円で購入できる対角魚眼レンズ。

魚眼レンズは使う場面は少ないですが、欲しくなっちゃうレンズですよね。

 

KamLan 8mm F3.0 Fisheyeは画角180°の広さを持っており、最短撮影距離は0.1mですので、これまで撮ったことが無いような写真を撮影出来ます。

 

低価格のレンズですが金属筐体となっており、見た目の良さと耐久性に優れます。

コーティングは普通のマルチコートを採用していますので、逆光に強いわけではないと思いますが、着脱可能な花形レンズフードが付属していますので、日の入り方によってはフードで防げそうですね!

 

 

KamLan 8mm F3.0 Fisheyeの作例

KamLan 8mm F3.0 Fisheyeで撮影した写真

KamLan 8mm F3.0 Fisheyeで撮影した写真
※画像引用元:サイトロンジャパン

 

 

KamLan 8mm F3.0 Fisheyeのスペック

発売日 2019年4月
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 9群11枚
絞り羽根 -
焦点距離 8mm(12mm)
最短撮影距離 0.1m
最大撮影倍率 -
開放F値 F/3.0
画角 180°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 -
本体サイズ 64×62mm
重量 245g
実売価格 25,000円前後

 

 

まとめ

 

FUJIFILM Xマウント用のサードパーティー製レンズは、非常に多くのモデルが発売されています。

そのほぼすべてを外国のメーカーが占めているんですが、ひと昔前なら中華レンズはネタとして購入される方が多かったです。

 

しかし最近の中華レンズは性能も上がってきていて、しっかしと使えるレンズに進化しました!

 

マニュアルフォーカスのみのレンズは「使いにくそう…」と躊躇してしまうかも知れませんが、ミラーレスには大体ピーキング機能が付いていますので、動く被写体でなければ初心者の方でも簡単にピントを合わせて撮影出来ます。
※ピーキング機能とはマニュアルフォーカス時に、ピントが合っている部分を赤色など色で表示してくれる機能です。

 

カメラとレンズの相性を考えれば、やはり純正レンズが良いのですがお値段が高いので、なかなか次から次へとレンズを買えませんよね…。

そんな時に味方となってくれるのhがサードパーティー製レンズ。

低価格で色んなレンズを揃えることが出来るので、マンネリせず色んな写真の撮り方にチャレンジ出来ますよ!

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, レンズ, FUJIFILM (フジフィルム)

© 2021 ケロカメラ