カメラとレンズの記事 レンズ FUJIFILM (フジフィルム)

野鳥撮影に最適な望遠ズーム「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」が登場!

2022年6月29日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

先日発表された、FUJIFILMの新しいフラッグシップモデル「X-H2S」

これまでにない動体撮影性能を持ったミラーレスで、今までFUJIFILMのカメラに興味が無かった人も気になるカメラとなっています。

 

X-H2Sが登場しても足りないのが望遠レンズ。

FUJIFILMは望遠ズームレンズを数本リリースしていますが、他社に比べると長い焦点距離のレンズがありませんでした。

 

現行品で最も望遠なのが「XF100-400mmF4.5-5.6 RLM OIS WR」

35mm換算で150-600mmをカバー。

しかし野鳥撮影では「600mmは標準レンズ」と言われることもあり、本格的に野鳥撮影をしたいならそれ以上のレンズが欲しくなります。

 

そんな中、X-H2Sの合わせるよう登場したのが「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」

35mm換算で約225-900mmをカバーし、テレコンバーターにも対応しているので、最大で1800mmまで焦点距離を延ばすことが出来ます!

 

梅野
今回は野鳥撮影やスポーツ撮影をされたい方に大注目の「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」の特長をご紹介します!

 

 

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRの特長

 

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRの画像
※画像引用元:フジフイルム

 

クッキリと写す解像力

 

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRの画質
※画像引用元:フジフイルム

 

クッキリと写す解像力

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRのレンズ構成は17群24枚。

その内、スーパーEDレンズ4枚とEDレンズ3枚が使用され、各種収差を抑え被写体の質感までしっかりと写します。

 

4倍ズームレンズなので画質が気になる所ですが、画面中央から周辺画質までかなり高画質なレンズ。

 

レンズの性能がざっくりと分かるMTF曲線を見ても、コントラスト・解像力共に高いですね。

周辺部の画質もかなり粘っています!

 

 

軽量設計で手持ち撮影も可能

 

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRの画像
※画像引用元:フジフイルム

 

軽量設計で手持ち撮影も可能

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRの重量は1605g

焦点距離600mmのレンズとしては、かなり軽量なレンズとなっています。

 

35mm換算で約900mmまでカバーしますので、このクラスで手持ち撮影が出来るとなると、これまでとは撮影スタイルがガラリと変わりますね!

 

インナーズームを採用していますので、ズームしてもレンズの全長が変わりません。

 

梅野
レンズの重心移動も抑えられますので、撮影に集中出来るのもメリットです。

 

 

カメラの性能を引き出すAF性能

 

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRの画像
※画像引用元:フジフイルム

 

カメラの性能を引き出すAF性能

AFの駆動には、いま主流となっているリニアモーターを採用!

高速&高精度なAF性能となっており、「FUJIFILM X-H2S」の性能を引き出してくれます。

 

海外の写真家さんの評価では「超高速」と言われていますので、150-600mmとして新時代のAF性能を誇っているのでは無いでしょうか?

 

 

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRの公式作例

 

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRで撮影した写真

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRで撮影した写真

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRで撮影した写真

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRで撮影した写真
※画像引用元:フジフイルム

 

 

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRのスペック

 

発売日 2022年7月14日
対応マウント FUJIFILM Xマウント
フルサイズ対応 ×
レンズ構成 17群24枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 150-600mm(35mm換算:約225-900mm)
最短撮影距離 2.4m
最大撮影倍率 0.24倍
開放F値 F5.6-8
画角 10.8~2.7°
手ブレ補正
防塵
防滴
フィルター径 82mm
本体サイズ 99x314.5mm
重量 1605g
実売価格 260,000円前後

 

 

まとめ

 

 

梅野
FUJIFILMのカメラに、こんな長い望遠レンズが付いているのは、見慣れていないので違和感がありますね(笑)

 

これまでは「写真を撮る」という楽しさを提供してくれていたFUJIFILMですが、X-H2Sを起点に動体撮影もこなせる様になりました。

それを支えるレンズが、今回の「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」

 

FUJIFILMのレンズラインナップでは、カバーされていなかった焦点距離を一気にカバーし、900mmという超望遠域を撮影出来るようになりました。

品薄となるのは間違いありませんので、欲しい方は早めにゲットしておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。 このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください! 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, レンズ, FUJIFILM (フジフィルム)