カメラとレンズの記事 FUJIFILM (フジフィルム)

正統進化したFUJIFILM のミドルクラスミラーレス「X-T30 II」

2021年12月26日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

梅野
FUJIFILMのミドルクラスミラーレスとして人気の「X-T30」に後継機が登場しました!

 

check

全体的にパワーアップし、正統進化した「X-T30 II」

値段も最安値で100,000円を切っており、これからカメラを始めたい方にもおすすめのカメラですね。

 

今回はX-T30 IIの特長と、前モデルX-T30との違いをご紹介したいと思います!

 

X-T30 IIとX-T30の違い

 

FUJIFILM X-T30 IIの画像

FUJIFILM X-T30 IIは2021年11月25日に登場した最新モデル

 

前モデルX-T30と比較してみて、どんな所がパワーアップしているのか見ていきましょう!

 

X-T30からX-T30 IIへの進化ポイント

  • オートフォーカスの追従性が強化
  • モニターの解像度が162万ドットへアップ
  • 4K動画撮影時間が10分から30分へ延長
  • FHDのスローモーション動画が120pから240pへアップ
  • AUTOモードとSP(シーンポジション)モードのアルゴリズムが向上
  • フィルムシミュレーションに「クラシックネガ」と「ETERNAブリーチバイパス」が追加
  • バッテリー持ちが僅かに改善
  • USB Type-C 3.2 Gen 1に対応
  • 低照度限界: -3EVから、コントラストAFは-4.0EV・像面位相差AFは-7.0EVに向上
  • カメラのサイズは全く同じですが少し軽量化
     主な変更点はこのような感じになります。

 

ポイント

オートフォーカスと動画機能の強化。

2つのフィルムシミュレーションの追加が大きなパワーアップポイントでしょうか。

 

イメージセンサーや画像処理エンジンは、前モデルと同じとなっておりますが、オートフォーカスはフラッグシップモデル「X-T4」とほぼ同様の物が採用されており、大幅な強化ポイントとなりますね!

 

 

ミドルクラスでも高画質

 

FUJIFILM X-T30 IIのイメージセンサー

APS-Cセンサーの中でも最高クラスの画質を実現します

 

イメージセンサーは「X-Trans CMOS 4」

画像処理エンジンは「X-Processor 4」

どちらもX-T30と同じ第4世代を採用していますが、ミドルクラスとしてはかなり高画質な写真が撮れます!

 

X-Trans CMOS

X-Trans CMOS 4は2610万画素APS-Cセンサーで、「裏面照射型」となっております。

高い解像度をもちつつ、高感度性能も高いですので、暗い場所での撮影も得意ですね!

 

X-Processor 4

カメラの頭脳と言える画像処理エンジンは「X-Processor 4」

こちらも前モデルと同じですが、カスタムされ4K動画撮影時間が30分に延長され、フィルムシミュレーションも2つ追加されました。

 

 

フラッグシップ級の高速オートフォーカス

 

FUJIFILM X-T30 IIのオートフォーカス性能

X-T30 IIではオートフォーカス性能が大幅にパワーアップ

 

フラッグシップ級のAF性能

フラッグシップモデル「X-T4」のアルゴリズムを採用し、オートフォーカス性能は大幅に向上しています!

 

最速で0.02秒でピントが合う高速性と、動く被写体に自動でピントを合わせ続ける追従性がアップ。

顔検出/瞳AFやトラッキングAFにも対応しており、ポートレートや野鳥撮影など、なんでもこなせる万能機となっていますね。

 

X-T30では「低照度限界: -3EV」と一般的な数値でしたが、X-T30 IIでは「コントラストAF:-4.0EV」「像面位相差AF:-7.0EV」と大幅な性能アップとなっております。

この数値が大きいほど暗い場所でも安定してオートフォーカスが作動するようになっており、「-7.0EV」ともなるとほぼ真っ暗な環境でもオートフォーカスを使うことが出来ます!

 

 

1秒に30枚の高速連写

 

FUJIFILM X-T30 IIの連写性能

1秒間に30枚の写真を撮影出来る連写力

 

1秒に30枚の高速連写

X-T30 IIはミドルクラスのカメラですが、APS-Cセンサーの恩恵もあり連写性能が高いです。

 

メカシャッターで8コマ/秒。

電子シャッターでは30コマ/秒の連写が可能。

 

今回進化したオートフォーカスと組み合わされば、動き回るお子さんやペット、野生動物の撮影も楽々と撮れそうですね!

 

メカシャッターと電子シャッターの違いは、電子シャッターの方が連写力が優れていて良さそうに思いますが、あまりにも動きが早すぎる被写体の場合、歪みが発生してしまう弱点があります。

その場合は歪みが発生しないメカシャッターを使うなど、撮りたいものに応じて切り替えて使うのが良いですね。

 

 

全18種類になったフィルムシミュレーション

 

FUJIFILM X-T30 IIのフィルムシミュレーション

非常に高い評価を受けている「フィルムシミュレーション」機能

 

18種類のフィルムシミュレーション

FUJIFILMのミラーレスと言えば「フィルムシミュレーション」という目玉機能!

フィルムカメラで撮影したような描写を再現してくれる機能で、この機能を使いたいがためにFUJIFILMのカメラを購入される方がいるほど人気の機能となっております。

 

今回は2つのフィルムシミュレーションが追加され、全18種類ものフィルムシミュレーションが使用可能となりました!

中でも人気となっている「クラシックネガ」が追加されたことが大きいですね。

 

クラシックネガは一般の方がイメージするフィルム写真に一番近い描写が可能となっており、デジタルでフィルムっぽい写真が撮りたい方はFUJIFILMのカメラ一択です。

FUJIFILMは長年に渡りフィルムを作り続けた会社ですので、その再現力は圧倒的ですね!

 

 

FUJIFILM X-T30 IIのスペック

 

 

発売日 2021年11月25日
タイプ ミラーレス
レンズマウント  FUJIFILM Xマウント
センサーサイズ APS-Cセンサー
画素数 2610万画素
高感度 標準:ISO160~12800
拡張:ISO80、100、125、25600、51200
連写速度 約30コマ/秒(電子シャッター、1.25Xクロップ時)
約5コマ/秒(メカニカルシャッター使用時)
シャッタースピード 電子:1/32000秒~15分
メカニカル:1/4000秒~15分
AF測距点 425点
液晶モニター 3型(インチ)・162万ドット
ファインダー倍率 0.62倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:360枚
液晶モニタ使用時:390枚
記録メディア SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ (幅)x(高さ)x(奥行)  118.4x82.8x46.8mm
重量 329g
実売価格 98,000円前後(ボディのみ)

 

 

まとめ

 

いろんな部分がパワーアップしていますが、やはりオートフォーカス関係の進化が大きいですかね。

「X-T4」クラスのオートフォーカス性能となったことで、ピント合わせが格段にスムーズになり、撮影時のストレスが無くなると思います。

 

被写体への追従性も増したことで、お子さんやペットを撮りたい方にもおすすめのカメラとなりました!

 

またフィルムシミュレーションが2つ追加され、写真表現の幅が広がったことと、動画もFHDでは240pの10倍スローモーションに対応したことで、個人でも面白い映像が撮影出来るようになりましたね。

 

それでいて値段が高くなることもなく、ミドルクラスとしての価格を維持している点は凄いです!

これからカメラを始めたいと思っている方で、クラシカルなデザインのカメラが好き。

フィルムのような写真を撮ってみたいと思っている方に、間違いなくお勧めできるカメラとなっております。

 

記事を見る
FUJIFILM Xマウントの神レンズをまとめてみた!

※2022年8月9日に内容を更新しました!   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   FUJIFILMのカメラはAPS-Cセンサーを採用していますが、フルサイズに匹敵する画質であるととても高評価! ...

続きを見る

記事を見る
FUJIFILM Xマウントで人気のサードパーティーレンズをまとめてみた!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   価格が安く色んな種類の画角を楽しめるサードパーティー製レンズ。 各社のマウントに対応したレンズが販売されていて、人気の商品になっていますね。   ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。 このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください! 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, FUJIFILM (フジフィルム)