カメラとレンズの記事 TAMRON (タムロン)

【単焦点&ズーム】TAMRONの神レンズをまとめてみた!

2019年1月11日

※2019年10月26日に内容を更新しました。

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

性能の良いレンズを低価格で販売しているのがTAMRON(タムロン)

F/2.8通しのズームレンズ、いわゆる大三元レンズでも純正レンズの半額ほどのお値段で手に入るため、使っている方は非常に多いです。

 

特にタムロンはデザイン・性能ともにリニューアルを行ってからはとても評判が良く、レビューでも高評価ばかり。

 

今回はそんなタムロンのレンズの中でも、神レンズと呼ばれる高性能で高評価なレンズをまとめてみました。

 

 

SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD


※画像引用元:TAMRON (https://www.tamron.jp/

 

「タムキュー」の愛称でおなじみの神レンズ。

2016年にリニューアルされたばかりの最新型。

 

タムロンでは数少ない単焦点レンズで、90mmの焦点距離となっています。

 

圧倒的な解像度が魅力のマクロレンズで、そのシャープな写りは純正レンズ以上ととても高評価!

マクロレンズを購入するのなら「TAMRON SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

記事を見る
マクロレンズ TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDを実写レビュー!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   2019年に入って買った機材第1弾は、単焦点レンズ。 「タムキュー」の愛称で知られる、タムロンのマクロレンズです! ...

続きを見る

 

実売価格は57,000円前後となっています。

 

SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDの作例


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDのスペック

発売日  2016年2月25日
対応マウント Canon EFマウント/Nikon Fマウント 
フルサイズ対応 ○ 
レンズ構成 11群14枚 
絞り羽根  9枚
焦点距離 90mm 
最短撮影距離  0.3m
最大撮影倍率 1:1倍 
開放F値 F/2.8 
画角 27,2° 
手ブレ補正 ○ 
防塵 ○ 
防滴
フィルター径 62mm
本体サイズ 79×114.6mm
重量 600g
実売価格 57,000円前後

 

 

SP 35mm F/1.8 Di VC USD


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

40,000円台で購入できるレンズとは思えない写りをしてくれる!

色はタムロンにしてはあっさり目ですが、とてもシャープで鮮明な描写が売り。

 

また最短撮影距離0.2mと、とんでもなく寄れるレンズなので非常に使い勝手が良いですね。

単焦点レンズでありながら、手ブレ補正を搭載しているのも評価が高い!

 

実売価格は57,000円前後となっています。

 

SP 35mm F/1.8 Di VC USDの作例

photoproduction with model on location


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

SP 35mm F/1.8 Di VC USDのスペック

発売日  2015年9月29日
対応マウント Canon EFマウント/Nikon Fマウント/SONY Aマウント
フルサイズ対応  ○
レンズ構成 9群10枚 
絞り羽根 9枚 
焦点距離 35mm 
最短撮影距離 0.2m 
最大撮影倍率 1:2.5倍 
開放F値 F/1.8 
画角 63.26°
手ブレ補正 ○ 
防塵 × 
防滴
フィルター径 67mm
最大径×長さ 80.4×80.8mm
重量 480g
実売価格 57,000円前後

 

 

SP 35mm F/1.4 Di USD


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

タムロン史上最高画質と公式が言っているほどの、超高画質を誇る渾身の広角単焦点レンズ。

その言葉に噓偽りのない高性能レンズで、とんでもない解像力を持っています。

 

解像度は高いのですがギラギラとしたシャープさではなく、タムロンらしい優しさを含めた解像力で、自分の目でみた景色をそのまんま切り取ってくれるかのようです。

 

最新の光学設計と次世代のコーティング「BBAR-G2」によって、色収差を極限まで抑えヌケ感に優れるレンズですね!

35mmのレンズを検討されている方に、強くお勧めしたい1本です。

 

実売価格は92,000円前後となっています。

 

SP 35mm F/1.4 Di USDの作例


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

SP 35mm F/1.4 Di USDのスペック

発売日 2019年6月26日
対応マウント Canon EFマウント/Nikon Fマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 10群14枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 35mm
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 1:5倍
開放F値 F1.4
画角 63.26°
手ブレ補正 ×
防塵
防滴
フィルター径 72mm
本体サイズ 80.9x102.3 mm
重量 805g
実売価格 92,000円前後

 

 

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

※このレンズはAPS-C機専用となっております。

 

世界初の光学22.2倍を達成した、超高倍率ズームレンズ。

18-400mm(35mm換算:27-600mm)という、とんでもない倍率のレンズとなっています。

 

ズーム倍率が高くなるほど画質が犠牲になりますが、こちらのレンズは高倍率レンズの中では解像度が高め。

とは言え、作例を見る限りではあっさりとした描写。

悪く言えば1世代前の画質って感じです。

 

ですがこのレンズの良さは画質ではなく高倍率であるということ。

お子さんの運動会やイベントの時なども、レンズ交換をせずにこの1本だけですべての撮影を円滑に行うことが出来ます。

18-400mmの焦点距離であればレンズを交換する必要がないので、シャッターチャンスを逃しにくいレンズですね!

 

実売価格は73,000円前後となっています。

 

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLDの作例


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLDのスペック

発売日  2017年7月20日
対応マウント Canon EFマウント/Nikon Fマウント※両方APS-C機用
フルサイズ対応 × 
レンズ構成  11群16枚
絞り羽根  7枚
焦点距離  18-400mm
最短撮影距離  0.45m
最大撮影倍率 2:2.9倍 
開放F値  F/3.5-F/6.3
画角  75.33~4°
手ブレ補正 ○ 
防塵 × 
防滴
フィルター径 72mm
最大径×長さ 79×123.9mm
重量 710g 
実売価格 73,000円前後

 

 

 

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

タムロン史上最高の、超広角ズームレンズとして登場した新型モデル。

新開発されたAXコーティングは、従来以上の逆光耐性を誇るのと同時に、クリアで高い解像度を実現しています。

 

開放F値で撮影してもしっかりと解像していて、タムロン史上最高の超広角ズームレンズのうたい文句に偽りはありませんね!

 

また4.5段分の手ブレ補正も搭載されているので、スローシャッター撮影もある程度は手持ちで撮れちゃいます。

 

実売価格は117,000円前後となっています。

 

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2の作例


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD G2の作例

発売日  2018年9月21日
対応マウント Canon EFマウント/Nikon Fマウント 
フルサイズ対応 ○ 
レンズ構成 13群18枚 
絞り羽根 9枚 
焦点距離 15-30mm 
最短撮影距離 0.28m 
最大撮影倍率 1:5倍 
開放F値 F/2.8 
画角 110.32~71.35° 
手ブレ補正 ○ 
防塵 × 
防滴
フィルター径 フィルター不可
NFC ×
最大径×長さ 98.4×142.5mm
重量 1100g
実売価格 117,000円前後

 

 

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

リニューアルされた、タムロンの新たな標準大三元レンズ。

これまで以上の高画質な写りはもちろんのこと、レンズの使い勝手が大幅に進化しました。

 

新制御システム「デュアルMPU」が採用され、演算処理能力がアップ!

この恩恵でオートフォーカスがかなり高速になっています。

 

また手ブレ補正も5.0段分と、かなり強力なものになりましたので、いかなる時でも安定して撮影に臨める標準ズームレンズとなりました。

 

実売価格は100,000円前後となっています。

 

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2の作例


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2のスペック

発売日  2017年8月2日
対応マウント  Canon EFマウント/Nikon Fマウント
フルサイズ対応 ○ 
レンズ構成  12群17枚
絞り羽根  9枚
焦点距離  24-70mm
最短撮影距離  0.38m
最大撮影倍率  1:5倍
開放F値 F/2.8 
画角 84.04~34.21° 
手ブレ補正 ○ 
防塵 × 
防滴
フィルター径 82mm
最大径×長さ 88.4×108.5mm
重量 900g
実売価格 100,000円前後

 

 

 

28-75mm F/2.8 Di III RXD


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

Sonyユーザー待望のEマウント用標準レンズ。

発売当初はあまりの人気ぶりに、供給が追い付かないほどの大人気モデル!

 

記事を見る
大人気すぎて製造が追いつかない!Sony Eマウント用「タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD」

※2018年12月17日に更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です! 先日登場したタムロンの新型レンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD」 ...

続きを見る

 

このレンズの最大の特長は、何と言っても最短撮影距離0.19m(広角端)

標準ズームレンズなのに、めちゃくちゃ寄れるレンズなんですね。

 

一眼レフやミラーレスってスマートフォンと違って、あまり被写体に近づけません。

たいていは被写体とレンズが35cm以上離れていないとピントが合わせれないんですね…。

 

このレンズは19cm離れていればピント合わせが可能なので、これまで以上に迫力のある写真が撮影できそうです!

 

実売価格は82,000円前後となっています。

 

28-75mm F/2.8 Di III RXDの作例


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

28-75mm F/2.8 Di III RXDのスペック

発売日  2018年5月24日
対応マウント Sony Eマウント 
フルサイズ対応 ○ 
レンズ構成  12群15枚
絞り羽根  9枚
焦点距離  28-75mm
最短撮影距離  0.19m
最大撮影倍率  1:2.9倍
開放F値 F/2.8 
画角 75.23~32.11° 
手ブレ補正 × 
防塵  ×
防滴
フィルター径 67mm
最大径×長さ 73×117.8mm
重量 550g
実売価格 82,000円前後

 

 

 

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

タムロンの新型大三元望遠ズームレンズ。

光学性能・オートフォーカスのレスポンス・手振れ補正。

これら全ての性能がアップし、今回からテレコンバーターにも対応しました!

 

ズームレンズと言えばズームするほどレンズが長くなっていきますが、このレンズは「インナーズーム機構」を採用。

ズームしてもレンズの全長が変わらないメリットと、レンズ内部が動くので通常のズームレンズより密封性が高く、防塵防滴性能がアップしています!

 

実売価格は134,000円前後となっています。

 

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2の作例


※画像引用元:TAMRON(https://www.tamron.jp/)

 

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2のスペック

発売日  2017年2月23日
対応マウント Canon EFマウント/Nikon Fマウント 
フルサイズ対応 ○ 
レンズ構成 17群23枚 
絞り羽根  9枚
焦点距離 70-200mm 
最短撮影距離 0.95m 
最大撮影倍率  1:6.1
開放F値  F/2.8
画角  34.21~12.21°
手ブレ補正 ○ 
防塵 ○ 
防滴
フィルター径 77mm
最大径×長さ 88×191.3mm
重量 1485g
実売価格 134,000円前後

 

 

 

まとめ

 

タムロンと聞くとズームレンズが頭に思い描かれますが、単焦点レンズの評判もなかなか良いんです。

そして圧倒的なズームレンズのラインナップはさすがタムロン。

 

高倍率ズームだけでも数種類が展開されています。

 

リニューアル前のタムロンだと、見向きもしなかった方も多いのではないかと思います。

しかしリニューアル後のタムロンはとても性能がアップし、それに伴って評判が良くなりましたね。

こうして神レンズを何種類も紹介できるようになりました。

 

昔のイメージでタムロンには抵抗があって、使っていないという人はとても勿体ない!

お店でぜひ一度試写してみてください。

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, TAMRON (タムロン)

© 2020 ケロカメラ