撮影テクニックと雑記

ハスラーの普通車バージョン「クロスビー」がなかなか良さそう!

投稿日:2017年11月28日 更新日:

 

こんにちは、梅野です。

 

ジムニーを購入してから若干スズ菌に感染しつつあり、スズキの車やバイクが2割り増しでカッコよく見えるようになってきました(笑)

 

それにしても相変わらずスズキさんは「出す」と言ったら出すのが早いですね!

ハスラーの普通車バージョン「XBEE(クロスビー)」が登場します。

 

ジムニー・ジムニーシエラと違って、ハスラーと比べると全長/全幅も拡大し室内も広くなり使い勝手が良さそう。

 

滝とか撮影しに行きたいがために、ジムニーを買ってしまった!

ジムニーが納車してから1年が過ぎたのでレビューしてみる!

スポンサーリンク

正真正銘のコンパクトSUV


※画像引用元:スズキ(http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/special/teaser/#intro

 

近年はSUVブームで各メーカーのラインナップが充実していますし、街の中もSUVが多く走っています。

日本のSUVはランクルやFJクルーザーを除けばコンパクトSUVと言われていますが、正直なところ全然コンパクトじゃありません(笑)

 

道は狭いままだし駐車場だって線の幅が狭い所は多いので、全幅1800mmを超えてしまうと日常で使いにくいんですよね。

 

 

先日、高知県では大きい病院である大学病院に行っていたのですが、嫁さんの車(全幅1760mm)で駐車したところドアが全然開けられなくて苦労しました。

隣が軽自動車だったので良かったですが、もし両脇が最近のSUVやセダンだったらドアパンチしてしまうでしょう…。

 

 

SUVは欲しいけど大きさが気になる方に待望の車がクロスビーと言うわけです!

クロスビーのサイズは

 

全長:3,760mm
全幅:1,670mm
全高:1,705mm

 

最近では少なくなってきた5ナンバーサイズで、コンパクトカーよりもコンパクト(笑)

このサイズなら狭い道や駐車場も怖くありませんね!

 

 

車両価格が安い


※画像引用元:スズキ(http://www.suzuki.co.jp/car/xbee/special/teaser/#intro

 

最近のSUVはスパルタンな男臭さよりも、都会に似合うような高級路線になっていてお値段が高いです。

大体300万円を超えてしまいますので、お金に余裕がないとローンがしんどい…。
※ノーマルで乗るなら残価設定のすれば乗れますね。

 

XBEE(クロスビー)はターボ+ハイブリット(マイルドハイブリット)の設定でも174万円から購入出来ます。

私が現在乗っている軽自動車「ジムニー」とほとんど変わらないお値段。

 

スズキの乗用車としてはスイフト並にヒットするのでは無いでしょうか!

 

 

維持費も安い

 

SUVは排気量が多く車重が重くて燃費が悪い。

タイヤは大きくてエンジンオイルの量も多めなので維持費は結構かかってしまいます。

 

トヨタのFJクルーザー(4000cc)だと毎年66,500円も税金がかかりますが、クロスビー(1000cc)なら29,500円で済みます。
※1500ccなら34,500円になります。

 

 

クロスビーは排気量が1L~1.5Lなので税金が安いですし、燃費はカタログ値で20.6km/L (4WD)22.0km/L(2WD)となかなか良い数字です。

タイヤサイズも16インチなのでバカ高くはならないですね。

 

車重はまだ発表されていませんがスズキは謎の軽量化技術があるので、同社のイグニスと似た車重になるのでは無いでしょうか?

1トンを超えることはないはずなので、重量税も安く済みますね!

 

 

普段使いなら必要十分なラゲッジスペース

 

ハスラーとそっくりなラゲッジスペースは、容量が拡大しより多くの荷物を積めるようになりました。

ハスラーでもロードバイクが乗せられていましたので、クロスビーならもっと余裕で詰め込めそうですね。

 

お買い物・キャンプ・釣りなどは楽々とこなせてしまうと思います。

後部座席は倒してもすこし傾斜が残るので、車中泊をするのであれば対策が必要ですね。

 

 

最新の安全装備も充実

 

クロスビーには新型スイフトに搭載された最新の単眼カメラ+レーザーレーダーによって、万が一の危険を少しでも回避してくれます。

 

クロスビーに搭載される予防安全技術。
※オプション品も含む

・前方衝突警報機能
・前方衝突警報ブレーキ機能
・前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
・自動ブレーキ機能
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・全方位モニター用カメラ
・アダプティブクルーズコントロール(ACC)

 

私は古い車にばかり乗ってきたので、こういった最新のシステムには疎いのですがいたせりつくせりですね。

こんなシステムのある車がもっと普及すれば、悲惨な交通事故はかなり減りそう。

 

 

遊び心があるしオシャレな内装

 

好みの問題になりますがクロスビーの内装はかなり良いと思います。

 

高級感のあるスタイリッシュな内装もいいですが、クロスビーみたいな内装の方が愛着が沸きやすいし気軽に使えますよね!

 

 

個人的に残念なところ

 

ハスラーにはあったMTの設定がないことですね!

いまどきMTに乗っている人なんてほぼ皆無なので、ATかCVTしか設定されていないのが当たり前なんですが、MT好きとしては悲しいことです…。

 

イグニスも後からMTが追加されるかなぁと思っていましたがされなかったので、クロスビーも恐らくMT仕様は出ないんでしょうね。

 

コンパクトカーとかならATやCVTでも全然かまわないんですが、スポーツカーやクロカン/SUVなどはMTで運転したい派なのでここだけは残念なポイントでした。

私がジムニーから乗り換えるなら、多分新型ジムニーシエラになると思う。

 

 

まとめ

 

クロスビーは絶対に人気が出ると思います。

スズキはユーザーのかゆいところに手が届く車を作るのが上手ですよね!

 

4WDのSUVが欲しいけど、車が大きすぎるし維持費高いしと思っている層にドンピシャ。

似た車であるイグニスは攻めたデザインだったので、爆発的なヒットとはいかなかったですがハスラーのデザインならスズキとしては久々のヒットする乗用車になるのでは無いでしょうか?

 

車に興味がない人でも無個性のコンパクトカーよりは、なにか特長のある車に乗ったほうがカーライフが変わると思いますよ!

 

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

スポンサーリンク

おすすめブログ

feedly

follow us in feedly
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年の夏に一眼レフを始めたばかりの初心者です。 D750を片手にコンテストに入賞するのを夢見て楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

  こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山ありました。   私の住んでる田舎のカメラ屋さ ...

2

※2018年9月28日に記事を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフや ...

3

2018年10月9日に再編集しました。     こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   今はスマホの普及でキレイな写真を手軽に撮るようになって、多く ...

4

※2018年10月9日に更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   キレイな写真を撮りたくて一眼レフを購入する方は多いと思いますが、動画を撮り ...

5

※2018年10月9日に更新しました。     こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   一眼レフは数多くの機種が発売されていて、どのカメラにしようか ...

-撮影テクニックと雑記

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.