カメラとレンズの記事 レンズ SONY (ソニー)

「SONY FE 135mm F1.8 GM」のレビューや評価をまとめてみた!

本ページはプロモーションが含まれています

「SONY FE 135mm F1.8 GM」のレビューや評価をまとめてみた!

広告

 

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

「SONY FE 135mm F1.8 GM」は、SONY Eマウント用の傑出した性能を誇る「神レンズ」。

135mmの焦点距離は扱いが難しいかもしれませんが、その圧倒的な解像力と美しいボケ味が、多くの写真愛好家から高い評価を受けています。

 

僕も、このレンズに心を奪われ、NikonからSONYへ乗り換えようと思ったほど。

 

特にポートレート撮影において、この「SONY FE 135mm F1.8 GM」レンズの真価が発揮されます。

被写体を鮮明に捉えつつ、背景を美しくぼかすことで、プロフェッショナルな仕上がりの写真を手軽に作り出せますね。

また、花のクローズアップ撮影や日常のスナップショットにも最適で、写真の可能性を広げてくれることでしょう。

 

 

SONYの技術が結集した「FE 135mm F1.8 GM」レンズは、写真を趣味とする人々にとって、夢のような一品。

高い性能と創造性を引き出すこのレンズは、あなたの写真ライフに新たな息吹をもたらすこと間違いなしです。

 

今回は、SONY FE 135mm F1.8 GMのレビューや評価をまとめてみました!

 

記事の信頼性

  • 写真歴8年目
  • カメラブログ8年目(月間PV数12万)
  • メーカー様からのレビュー案件多数
  • YouTubeチャンネルで撮影テクニックなど情報発信中(2024.2現在登録者数4000人)

2015年頃から写真を撮り始めました。本ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中です。
お仕事依頼やレビュー案件など、お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

SONY FE 135mm F1.8 GMの特長

 

 

それではまず、SONY FE 135mm F1.8 GMの特長をご紹介します!

 

圧倒的な解像力

 

SONY FE 135mm F1.8 GMの画像

※画像引用元:ソニー

 

圧倒的な解像力

SONYの最新技術を駆使した新規光学設計により、従来モデルを凌駕する画質を実現!

0.01ミクロン単位で精密に管理された大口径の非球面XAレンズを採用し、画面全域で驚異の解像度を達成しています。

 

【ポイント】

  • スーパーEDガラスとEDガラスの最適な配置により、望遠レンズ特有の色収差を効果的に補正。
  • 開放F値1.8による高い解像性能とシャープな描写で、撮影の幅が広がります。
  • フローティングフォーカス機構の採用により、撮影距離に応じた収差の変動を抑え、常に高い解像度を保持。
    最短撮影距離0.7m、最大撮影倍率0.25倍により、細部まで鮮明に捉えることが可能です。

 

 

高い逆光耐性

 

SONY FE 135mm F1.8 GMの画像

※画像引用元:ソニー

 

高い逆光耐性

SONY独自のナノARコーティング技術は、レンズ表面の反射率を大幅に低減することで、フレアやゴーストの発生を抑制!

これにより、逆光でのポートレート撮影でも、被写体の輪郭やディテールをくっきりと写し出すことができます。

 

また、高コントラストで黒が締まった透明感のある描写性能も実現しています。

 

 

魅力的なボケ描写

 

SONY FE 135mm F1.8 GMの画像

※画像引用元:ソニー

 

魅力的なボケ描写

SONY FE 135mm F1.8 GMは、最先端の超高度非球面XAレンズと精密な球面収差コントロールを融合させ、写真に美しいぼけ効果をもたらします。

 

高度なぼけシミュレーション技術と、点光源の撮影時に顕著な輪線ぼけを大幅に減少させるレンズ設計を採用。

さらに、球面収差に関する細かな設計と製造過程での一本一本の調整により、ぼけ描写の質を格段に向上させていますね。

 

αレンズシリーズで最も多い11枚羽根の円形絞りを搭載。

絞りを少し閉じても、ほぼ完璧な円形を保ちつつ、大口径望遠レンズ特有の大きく柔らかなぼけ効果を実現しています。

この機能は、ポートレート撮影などで主要被写体を際立たせる際に特に役立ちます。

当レンズは、撮影者に自然なぼけ描写を楽しむための強力なツールを提供し、写真の表現力を一層高めてくれますね!

 

 

SONY FE 135mm F1.8 GMの公式作例

 

FE 135mm F1.8 GMで撮影した写真

FE 135mm F1.8 GMで撮影した写真

FE 135mm F1.8 GMで撮影した写真
※画像引用元:ソニー

 

 

SONY FE 135mm F1.8 GMのスペック

 

 

発売日  2019年4月19日
対応マウント  Eマウント
フルサイズ対応  ○
レンズ構成 10群13枚
絞り羽根  11枚
焦点距離  135mm
最短撮影距離  0.7m
最大撮影倍率 0.25倍
開放F値  F1.8
画角 18°
手ブレ補正  ×
防塵  ○
防滴  ○
フィルター径  82mm
本体サイズ 89.5x127mm
重量  950g
実売価格  188,000円前後

 

 

SONY FE 135mm F1.8 GMのレビュー

 

※レビューは価格.comより引用しています

 

SONY FE 135mm F1.8 GMの良い評価

 

解像度ハンパない

撮影場所行って、標準、広角と撮ってみて最後にコレで撮るという流れなのですが、そう、コレコレ!という絵が撮れます。
伝家の宝刀と思ってます

-

解像度がかなり高いレンズで有名ですが、ボケ感、圧縮感も加わり、人と違った表現力で撮りたいと思ったらコレしかありません。
最近のレンズに比べて重さが気になってきたので、そろそろコンパクトになった2型も待ち遠しいです。

 

単焦点レンズの良さを痛感

屋外の開放で撮った場合対象物との距離が有れば背景は形が分からなくなるほどボカせます。

対象物を際立たせるには最高の玉です。前ボケも形が判別できない程。
タムロン90mmほどでは無いですが、綺麗にぼかしてくれます。

-

運搬には嵩張りますが、撮影中はハンドリングも良く、人物屋外撮影では常用レンズとなりそうです。旅行に持ち出すには気合が必要ですが、、、
ある程度の不便さを覚悟すればズームレンズを持ち出すことはほぼ無くなりそうなので、売りに出そうかと考えてます。

 

SONY FE 135mm F1.8 GMの悪い評価

 

表現力にガッカリ、ボケが悪趣味

非常にガッカリポイントです。
最近になって2線ボケの目立つようになりました。
というか、最初は気にならなかったのかもしれません。
ボケに関して絶賛している人が多いですが、Zeissと比べると非常に汚いボケとなっています。
解像度に関しては非常に綺麗ですが、背景の2線ボケがとにかく酷いです。
一度修理も考えています。
他の人の作例を見ると、出ていない人もいるので個体差なのかもしれませんが・・・

-

解像度は良いですが、ボケがどのレンズよりも期待ないことにガッカリしました。
GMはよくとろけるボケと言われますが、悪趣味なボケとしか言いようがありません。
これに20万以上の大金を注ぎ込むのはどうかと思います。
サードパーティーがもっと安く軽いレンズを出すことに期待します。
結局このレンズが嫌いになってしまいすぐに売却しました。

 

ボケがめちゃくちゃ汚い、コスパが良いレンズとは言えない

非常に高い解像度で、これは認めますが如何せんボケがひどいです。
まるで水の中を張っているボウフラのようなウニョウニョした気持ち悪いボケです。
とろけるボケと絶賛している人がいますが、どちらかというと無理やりとろけさせている感じです。
最悪なのは2線ボケの写真が大量に発生することです。

-

通常2線ボケを防ぐには絞るか、高価なレンズを購入する必要があり、そのためにこのバカ高いレンズを購入したのですが、結果は散々でした。
絞りを開放するだけで2線ボケが発生しているのがわかります。
信じられないほどの品質です。
こんなことなら、重くてもシグマにすればよかったと後悔しています。
もっというとSAMYANでもよかったかもです。

-

最初に購入した時は非常に感動したものですが、ボケはひどいです。
特に2線ボケがひどい・・・
とても20万もするレンズとは思えません。
悪いことは言わないので、AFに特にこだわりがなければ、シグマやSAMYANなどのサードパーティー製品を購入することです。
半値だけど、満足度は高いです。
このレンズでGMに対する信頼は一気に揺らぎました。

 

SONY FE 135mm F1.8 GM SNSでの評価や作例

 

 

 

 

SONY FE 135mm F1.8 GM 海外の評価

 

海外の風景の写真

【SONY FE 135mm F1.8 GMの長所】

・優れたシャープネス
・低いCA
・低ディストーション
・ケラレが少ない
・高速で正確なAF
・防塵防滴
・クローズフォーカス
・低フレア

 

【SONY FE 135mm F1.8 GMの短所】

・高価格

 

【SONY FE 135mm F1.8 GMの総評】

ソニーFE 135mm F1.8 G Masterは実に印象的なレンズだ。デザイン、エルゴノミクス、性能の面で欠点はない。このレンズは高価だが、それだけが唯一の欠点である。

ソニーFEマウントのフルサイズユーザーにとって素晴らしい選択肢であり、強くお勧めする。

 

※引用元:ephotozine

 

 

SONY FE 135mm F1.8 GM レビューまとめ

 

 

SONY FE 135mm F1.8 GMは、ソニーのG Masterシリーズに属するフルサイズ対応の望遠単焦点レンズ。

開放F値1.8の明るさに加えて、高い解像力と美しいボケ描写が特徴で、ポートレート撮影やスポーツ撮影など、幅広い用途に使用できます。

 

 

発売当初から高い評価を得ており、数多くのレビューサイトでも高得点を獲得!

特に、解像力については、中央から周辺までシャープで、被写体の細部までしっかりと描写できることが評価されていますね。

また、ボケ描写も滑らかで自然な印象で、背景を美しくぼかせることができます。

 

一方で、個体差なのか「ボケが非常に汚い」という意見も見られます。

そのため、購入した場合は、ボケ描写をしっかりと確認してから使用することをおすすめします。

 

その他の、SONY Eマウントの神レンズ(高性能・高コスパ)を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

 

記事を見る
SONY Eマウントの神レンズをまとめてみた!

※2024年1月4日に更新しました!   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   SONY Eマウントの神レンズをお探しでしたら、この記事があなたの検索を終わらせます! これまでに発売されたSONY ...

続きを見る

 

広告

広告

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, レンズ, SONY (ソニー)