カメラとレンズの記事 カメラの知識

一眼レフはもういらない!?大きなカメラは不人気に…

投稿日:2019年1月3日 更新日:

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

ミラーレスが一眼レフに取って代わっているのは、ご存知だと思います。

しかし、さらに一眼レフ離れが進んでいる話を聞きました。

 

それは、これからカメラを始めようとしている人は「一眼レフは大きくて嫌だ」と言う方が増えているよう。

 

私はデカいカメラの方が良い写真を撮れそう!と言うフワッとした理由で、ミラーレスではなく一眼レフを選んだわけですが、今はそうでは無いみたいですね。

 

 

持ち運びにくい一眼レフ

 

一眼レフの人気が低下しているのが「持ち運びにくい」からです。

 

ミラーレスと最近流行りの高級コンデジはとにかくコンパクト。

カバンにサッと入る大きさで、重さも軽いです。

 

それに比べると、一眼レフは大きくて重い。

持ち運べないことはありませんが、ミラーレスとかと比べると荷物になるのは間違いありませんね…。

なのでスマートフォンで写真を撮るのが当たり前の若い世代の方は、一眼レフではなくコンパクトなミラーレスや高級コンデジが購入の選択肢になっているようです。

 

 

また一眼レフ用のレンズが大きいのもデメリット。

カメラ単体なら思いの外コンパクトなんですが、レンズを付けるとメッチャ幅を取ります。

 

 

一眼レフのデザインはダサい

 

若い世代の方は、一眼レフのデザインが嫌いな方が多いみたい。

一眼レフは基本、無骨なデザインですのでそれも仕方ないかな~と思います。

 

特に今は、オシャレなデザインのミラーレスが多数登場していますので、一眼レフが余計にダサく見えるのかも知れません…

 

ミラーレスはOLYMPUSやLUMIXのように、女性向けの可愛いデザイン。

SONYは男性受けするスタイリッシュなデザイン。

FUJIFILMはクラシカルなデザインと、メーカー毎に特色があって選ぶので楽しさがあります!

 

一眼レフはメーカーが違っても、あまりデザインは変わらなく、道具感が強いので敬遠されているのではないでしょうか。

 

 

一眼レフは大きいですし、メーカーが違ってもそれほどデザインに変わりはありませんね。

カラーもほとんどの機種がブラック1色のみです。

 

ミラーレスはメーカーによってデザインが豊富で、選ぶ楽しさがあります。

またカラーも多く3色展開しているカメラもあり、ミドルスペックのカメラでも2色用意されていることがある。

 

大きさも一眼レフと見比べてあきらかに小型ですし、その分おもさも軽くなります!

 

 

一眼レフって旧式だから大きいんでしょ

一眼レフ=旧式
ミラーレス=新世代

 

この考え方は正解です。

ミラーレスの方が進化した一眼カメラと言えます。

 

しかし一眼レフは旧式だから、デカい(小型化出来ていない)わけでは無いんです!

これだけミラーレスが普及した今でも、なぜ一眼レフが現役なのかご紹介させて頂きます!

 

 

光学式ファインダー


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

一眼レフと言えば光学式ファインダー!

タイムラグ0の生の景色を見ながら撮影できるので、違和感が無く動体撮影に強いです。

 

なのでスポーツカメラマンは、今でも一眼レフを使っている方が大半ですね。

 

とは言え、ミラーレスのEVF(電子ビューファインダー)も目覚しい進化を遂げていて、正直なところ光学式ファインダーの優位性が薄くなってきています。

 

 

オートフォーカス


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

一眼レフのオートフォーカスは、ピント合わせが速く被写体への追従性が高い。

このへんはミラーレスが一眼レフに勝てない分野です。

 

ミラーレスのオートフォーカスは、ハイエンドだとハイブリッドAFに進化し、ピント精度と速さを兼ね備えていますが、動体撮影のときに頼れるのは一眼レフのオートフォーカス!

 

野生動物やスポーツ、モータースポーツを撮影されるなら一眼レフの方が向いています。

 

 

バッテリー容量

 

ミラーレスと比べると、一眼レフはバッテリー持ちが良い!

機種によって異なりますが、ミラーレスの2倍~3倍は一眼レフの方がバッテリー切れになりません。

 

ちょっとした撮影に使うのなら、ミラーレスでもバッテリーが切れることはありませんが、旅行や夜間の星空撮影など長時間の撮影は一眼レフの方が安心して使用できますね!

 

 

耐久性が高く故障率が低い


※画像引用元:RICOH(http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/index.html

 

一眼レフは頑丈です。

ミラーレスよりも長い間作られてきただけあって、故障することが少ないですし多少雑に扱ってしまっても不具合が出にくい。

 

ミラーレスは一眼レフよりも電子部品が多いせいか、不具合の報告が目に付きます。

主にソフトウェアの不具合ですが、カメラのマウントがレンズの重みで歪んだなんてこともありました。

 

トラブルなく安心して撮影したいなら、一眼レフが信頼できます!

 

 

とは言え時代はミラーレス

 

一眼レフの方が優れている点はいくつもありますが、今はもうミラーレスの時代です。

プロやハイアマチュアの方は、一眼レフを選ぶ人が多いでしょうが、初心者や一般ユーザーはミラーレスを選ぶひとが多くなりました。

 

実際、カメラの出荷台数は一眼レフとミラーレスが逆転し、ミラーレスの方が多くなってしまっています。

一眼レフとほぼ似た性能で、カメラ本体は小さくデザインがオシャレなら、そうなるのは当然のことだと思います。

 

車のMTとATのように、一眼レフが希少種になる日もそう遠く無いかもしれませんね。

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カメラとレンズの記事, カメラの知識

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.