カメラとレンズの記事 撮影テクニックと雑記

適当に選んでしまいがちな一眼レフのSDカード選び。実は撮影の快適さに影響があるんです!

投稿日:2018年1月28日 更新日:

 

 

 

一眼レフに欠かせない物の1つがSDカード。

これが無いと写真が保存されませんので必需品ですよね。

 

しかしレンズとかと比べ、SDカードのスペックは軽視されがちで、あまり高性能なタイプを使っている方は少ないと思う。

 

実はSDカードの性能によって、一眼レフの撮影能力が変わるんですよ!

 

 

スポンサーリンク

SDカードの見るべきポイント

 

見た目は似たような物なのに、やたらと価格差があるのがSDカード。

容量が同じものでも値段は何倍も高い物がありますよね。

 

SDカードの値段は主に容量と転送速度によって変わりますので、選ぶ時に見ておくポイントをご紹介します!

 

 

●SDカード規格

 

一言にSDカードと言っても、色々と種類があります。

 

現在販売されているのはSD・SDHC・SDXCで、保存容量に大きな差がある。

 

規格 容量
SD 2GBまで
SDHC 4GB~32GB
SDXC 64GB~256GB

 

ハイアマチュアの方はSDXCを使われていますが、多くの方は買いやすいお値段のSDHCを使われています。

 

 

●容量

SDカードに詳しくなくても見る所は容量ですよね。

初めから大容量の物を選ぶ方も少ないと思いますが、最低でも16GBはあった方が良いです。

出ないと途中で容量が足りなくなって、私みたいに8GB・16GB3・2GBと無駄な買い足しが必要になってしまいますよ(笑)

 

おおよその撮影可能枚数

ファイルサイズを10MBとした場合。
※RAWなら24MB前後/JPEGなら8MB前後。撮影した写真によってファイルサイズは大きく変わります。

  8GB 16GB 32GB 64GB
2400万画素
(10MB前後)
600枚 1200枚 2400枚 4800枚
1800万画素
(8MB前後)
760枚 1520枚 3040枚 6080枚

 

 

 

初めてSDカードを買うのであれば、マイクロフォーサーズ/APS-Cは16GB以上。

フルサイズなら32GB以上の物を目安に購入すると良いです。

 

 

●スピードクラス/UHSスピードクラス

スピードクラスとは撮影した写真の読み書きする速度の目安で、クラス事に最低保証速度が設定されています。

この値が大きいほど値段が上がってしまうのですが、転送速度が早くなる。

一眼レフで撮影した写真はデータサイズが大きいので、Class10がオススメ!

 

それ以下の物だと写真の処理が追いつかず、連写が途中で止まってしまう場合があります。

UHSスピードクラスは対応機器が限られるものの、より高速での処理が可能になります。

 

 

UHS-IとUHS-II の二種類が存在し、UHS-Iでは最大104MB/秒。
UHS-IIは最大312MB/秒の高速処理に対応!

 

 

3~4年前までの一眼レフだとUHS-Iに対応している機種が多いです。

UHS-IIは最新モデルや上位機種なら対応しているカメラもあるので、1度自分の使っている一眼レフのスペックを確認してみましょう!

 

Class毎の最低保証速度

 

  最低保証速度
Class2 最低2MB/秒
Class4 最低4MB/秒
Class6 最低6MB/秒
Class10 最低8MB/秒
UHS Speed Class1 最低10MB/秒
UHS Speed Class3 最低30MB/秒

 

 

 

●最大転送速度

最高でどれだけ早く転送出来るかを表した数字で、高ければ高いほど転送速度が早い。

 

ただこの性能がSDカードのお値段に直結しているので、速度が遅いものなら1,000円前後で買えますが、速度が早いものだと10,000円以上もするモデルがあります(笑)

 

連写をよく使うのであれば、スピードクラスと最大転送速度の早いSDカードを選びましょう!

 

 

オススメのSDカード

スペックの読み方が分かっても、世の中にはものすごい種類のSDカードがあります。

なので項目別にオススメの物をご紹介しますね!

 

 

●低価格で容量重視

 


【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 16GB Class10 (無期限保証) TS16GSDHC10E (FFP)

 

 


【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 400× (最大転送速度60MB/s) (無期限保証) TS32GSDU1PE (FFP)

 

 


【Amazon.co.jp限定】Transcend SDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 400× (最大転送速度60MB/s) (無期限保証) TS64GSDU1PE (FFP)

 

 

●転送速度重視のSDカード

 


SanDisk エクストリーム プロ SDHC UHS-II 32GB [国内正規品] SDSDXPK-032G-EPK [エコパッケージ]

 

 


SanDisk エクストリーム プロ SDXC UHS-II 64GB [国内正規品] SDSDXPK-064G-EPK [エコパッケージ]

 

 

●耐久性を重視したSDカード

 


シリコンパワー SDHCカード 32GB Class10 UHS-1対応 最大読込速度85MB/s 防水 永久保証 Elite SP032GBSDHAU1V10

 


I-O DATA SDXCカード 64GB UHS-I(スピードクラス1)/Class10対応 耐X線 EX-SDU1/64G

 

 


ソニー SONY SDXCカード 64GB Class10 UHS-II対応 SF-G64 [国内正規品]

 

 

まとめ

 

結構色んな種類のSDカードがありましたね。

 

SDカードの性能によって、一眼レフの連写を維持出来るかがかわってくるので、動体撮影をされている方は転送速度の優れたタイプを選んだ方が撮影しやすくなります!

 

 

マイクロフォーサーズやAPS-Cの一眼レフ・ミラーレスであれば、データの容量が小さいのでハイエンドモデルのSDカードでなくても何とかなりますが、フルサイズ機をお使いの方はデータ容量が大きいので、SDカードにも拘ってみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

おすすめブログ

feedly

follow us in feedly
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年の夏に一眼レフを始めたばかりの初心者です。 D750を片手にコンテストに入賞するのを夢見て楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

  こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山ありました。   私の住んでる田舎のカメラ屋さ ...

2

※2018年9月28日に記事を更新しました。     スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフやミラーレスが気になりますよね?   ただ、メーカ ...

3

2018年10月9日に再編集しました。       今はスマホの普及でキレイな写真を手軽に撮るようになって、多くの方が色々な写真を撮影していますよね。 フィルムカメラ時代 ...

4

※2018年10月9日に更新しました。     キレイな写真を撮りたくて一眼レフを購入する方は多いと思いますが、動画を撮りたくて一眼レフを買う人は少ないですよね。 普通は動画を撮り ...

5

※2018年10月9日に更新しました。       一眼レフは数多くの機種が発売されていて、どのカメラにしようか悩ましいもの…   そこでカメラの性能に応じて、 ...

-カメラとレンズの記事, 撮影テクニックと雑記

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.