遠くの撮影場所にも快適に「ロードバイク」 車で行きにくい場所もなんのその「クロスバイク」

ロードバイクやクロスバイクで通勤通学する人に、オススメしたいタイヤ7選

投稿日:2018年2月25日 更新日:

※2018年10月12日に更新しました。

 

 

健康志向の高まりで、自転車通勤をされる人が多くなってきました。

私の住んでいる高知県でも学生の子はクロスバイクに乗っている子が多くなり、原付バイクに乗った学生さんを見かけることが少なくなった。

 

市内では社会人の方もクロスバイクやロードバイクで通勤されている姿を見ます。

 

 

 

しかし朝の時間がないときに、自転車での移動で困るのはパンク!

 

パンクしてしまうと修理に慣れているひとでも、10分~15分はかかると思うので朝の時間帯では大きなタイムロスです。

そこで通勤通学に使う自転車のタイヤは、パンクに強いタイヤに交換して出来るだけのトラブルを避けたほうが安心ですよね。

今回はロード・クロス用の耐パンク性能の強いタイヤをご紹介します!

 

 

 

スポンサーリンク

通勤・通学に向いたタイヤ

 

絶対に避けたいパンク。

 

耐パンクに特化したタイプや耐パンク性能が高いのに軽くてオールマイティなタイプなど、いろいろなタイヤがあります。

自分の使い方に合ったタイヤを見つけましょう!

 

 

パナレーサー PASELA JACKET

 

2017年に登場したばかりの「パセラジャケット」

 

 

低価格でパンクに強いパセラの上位モデルで、耐サイドカットと耐リム打ちパンク性能が強化されています。

 

 

サイズ 重量
700×25C 290g
700×28C 310g
700×32C 390g

※参考価格は3,900円

 

 

パナレーサー Tourkinist

 

ツーキニストは名前からも分かるように、通勤や通学用のタイヤ。

 

「軽さって何ですか?」と言わんばかりの重たいタイヤですが、その分パンクがしにくくなっています。

坂道が多い方はすこし登りにくくなる重量になりますが、その代わりに圧倒的な耐パンクタイヤ!

 

サイズ 重量
700×25C 350g
700×28C 380g
700×38C 550g

※参考価格3,900円

 

 

 

コンチネル GATORSKIN

 

使っている方が非常に多い人気の、コンチネル ゲータースキン。

パンクに強くてグリップもある。耐久性も良くてしかも軽量と、かなり高いレベルでバランスの良いタイヤとなっています!

 

コンチネル ゲータースキンを購入しました!

 

 

サイズ 重量
700×23C 230g
700×25C 250g
700×28C 320g
700×32C 350g

※参考価格4,800円

 

 

 

ビットリア ZAFFIRO3

 

 

完成車によく付いてくるザフィーロ。

対磨耗性が強くてパンクにも強い。それでいて低価格なので通勤通学用のタイヤに向いています。

安いので仕方ないですが、重量以上に重く感じるのと固いタイヤなので、微振動が結構伝わってくる。

あとサイド部分はノーガードなので、サイドカットには弱い欠点があります。

カラーバリエーションが豊富で、「ブラック・レッド・ブルー・イエロー・ホワイト」の5色展開。

 

サイズ 重量
700×23C 275g
700×25C 300g
700×28C 550g

※参考価格2,300円

 

 

リジッドバージョン

サイズ 重量
700×23C 340g
700×25C 350g
700×28C 400g
700×38C 430g

※参考価格2,000円

 

 

 

 

シュワルベ MARATHON

 

世界一周用タイヤとして良く使われる「マラソン」

 

耐パンク性能は圧倒的に高く、パンクリスクを徹底的には避けたい方におすすめ。

耐パンク性能が高い分、重量がかやり重いので走行性能が犠牲になります。

 

サイズ 重量
700×23C 430g
700×25C 520g
700×28C 560g
700×32C 640g
700×35C 730g
700×38C 810g

※参考価格3,000円

 

 

 

シュワルベ MARATHON PLUS

 

 

マラソンの上位バージョン「マラソンプラス」

厚さ5mmのパンクガードを内蔵して、耐パンク性能がさらに向上したモデルです。

タイヤの側面にリフレクターも付いているので、夜間の帰宅でも光って安心ですね。

 

サイズ 重量
700×28C 750g
700×32C 810g

※参考価格は6,600円

 

 

 

コンチネル GRAND PRIX 4000S Ⅱ

 

性能の高さから、使っている方がとても多い有名なタイヤ。

耐パンク性能が高くて、走りの性能も良いやつが欲しいという方にオススメ!

 

重量も軽いですし、グリップ力も高いです。

耐摩耗性はやや劣りますしお値段も高いですが、パンクしにくいという安心感と快適な走りが手に入る高級タイヤ!

 

サイズ 重量
700×23C 205g
700×25C 225g
700×28C 235g

※参考価格7,000円

 

 

 

まとめ

 

パンクのしにくいタイヤは数多くありますが、やはり重くなってしまうデメリットはありますね。

激坂が多い場所を通るひとは、耐パンクタイヤに交換するとハードな通勤になると思います…。

 

 

個人的にオススメなのは、コンチネルのゲータースキンビットリアのザフィーロ。

ゲータースキンはサイドまで耐パンク性能が高く、通勤通学に向いたタイヤで重量もパンク性能重視にしては軽めです。

ザフィーロはサイド部分の弱さがあるものの、耐パンク性能と対磨耗性が高くて、お値段はとても安い。
ランニングコストを低く抑えれます。

 

いくら評判の良いタイヤでも、走り方によっては合う合わないの問題もあるので、色んなタイヤを試してみて自分に合うものを見つけましょう!

スポンサーリンク

おすすめブログ

feedly

follow us in feedly
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年の夏に一眼レフを始めたばかりの初心者です。 D750を片手にコンテストに入賞するのを夢見て楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

  こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山ありました。   私の住んでる田舎のカメラ屋さ ...

2

※2018年9月28日に記事を更新しました。     スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフやミラーレスが気になりますよね?   ただ、メーカ ...

3

2018年10月9日に再編集しました。       今はスマホの普及でキレイな写真を手軽に撮るようになって、多くの方が色々な写真を撮影していますよね。 フィルムカメラ時代 ...

4

※2018年10月9日に更新しました。     キレイな写真を撮りたくて一眼レフを購入する方は多いと思いますが、動画を撮りたくて一眼レフを買う人は少ないですよね。 普通は動画を撮り ...

5

※2018年10月9日に更新しました。       一眼レフは数多くの機種が発売されていて、どのカメラにしようか悩ましいもの…   そこでカメラの性能に応じて、 ...

-遠くの撮影場所にも快適に「ロードバイク」, 車で行きにくい場所もなんのその「クロスバイク」

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.