カメラとレンズの記事 カメラ OLYMPUS (オリンパス)

【OLYMPUS OM-D E-M1X】性能があまりにも圧倒的過ぎる!

投稿日:2019年2月2日 更新日:


※画像引用元:OLYMPUS(https://www.olympus-imaging.jp/

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

オリンパスから新たなフラッグシップモデル「OM-D E-M1X」が登場しました!

 

OM-D E-M1の後継機かと思う名前ですが、オリンパスはそうではなく新しいモデルだとのこと。

フラッグシップはOM-D E-M1とOM-D E-M1Xの2機種となりました。

 

 

で、今回のOM-D E-M1X。

ミラーレスでは最強クラスのスペックを秘めたプロモデル。

OLYMPUS渾身のカメラとなっています!

 

 

OM-D E-M1Xの特長

 

OM-D E-M1Xのかんたん解説

  • 縦グリップ一体型でバッテリー持ちもアップ
  • 世界最高の手ぶれ補正7.5段分
  • これまで以上に強化された耐久性

 

 

 

まず目を引くのは、プロモデルとして作られたとすぐに分かるカメラボディ。

縦グリップ一体型ボディとなっていて、縦横どちらでカメラを構えても、安定した撮影が行えます。

 

縦グリップはバッテリーを2個搭載出来るようになっていて、ミラーレスの欠点であるバッテリー持ちの悪さを解消!

長時間の撮影にも耐えられる様になりました。

 


※画像引用元:OLYMPUS(https://www.olympus-imaging.jp/

 

カメラボディも防塵防滴・耐低温構造が強化され、IPX1規格よりも更に厳しい試験が行われました!

あらゆる環境で撮影するプロカメラマンも、安心して使えるカメラとなっています。

 

 

AFのカスタマイズ性が向上


※画像引用元:OLYMPUS(https://www.olympus-imaging.jp/

 

OM-D E-M1Xは、121点オールクロス像面位相差AFセンサーを採用。

E-M1 Mark IIにも採用されているAFシステムで、評価は高いですね。

 

AF低輝度限界-6EVにまで対応し、かなり暗い場所でも安定してオートフォーカスを作動させられます!

それに加えて、オートフォーカスのカスタマイズできる幅が大きく広がりました。

 

ポイント

・6種類のAFターゲットモード
・カスタムAFターゲットモード
・インテリジェント被写体認識AF
・C-AF追従感度設定
・顔優先/瞳優先AF
・AFリミッター

 

きめ細かな設定が可能で、狙っている被写体に最適なAF設定を決められます。

 

 

連写速度もトップクラス


※画像引用元:OLYMPUS(https://www.olympus-imaging.jp/

 

UHS-IIに対応したダブルスロットを採用!

高速連写機には欠かせない構造ですね。

 

OM-D E-M1Xは、画像処理エンジンTruePic VIIIを2基搭載しているため、多機能になっていても連写速度を維持しています。

 

・AF/AE固定で最高60コマ/秒
・AF/AE追従で最高18コマ/秒

 

フラッグシップらしい圧倒的な連写速度!

進化したオートフォーカスと合わせれば、捉えられない被写体は無いでしょう。

 

 


※画像引用元:OLYMPUS(https://www.olympus-imaging.jp/

 

またメカニカルシャッター時限定ですが、フリッカーレス撮影も出来るようになっています。

室内で撮影するときは特に重要な機能ですね!

 

 

OLYMPUS最高画質


※画像引用元:OLYMPUS(https://www.olympus-imaging.jp/

 

画像処理エンジンTruePic VIIIを2基搭載しましたので、データ処理の高速化はもちろんのこと画質も向上しています!

センサーもARコート(反射防止)が施され、フレアやゴーストを低減出来るようになりました。

 


※画像引用元:OLYMPUS(https://www.olympus-imaging.jp/

 

そして5000万画素相当の写真を撮影出来る「ハイレゾショット」は、手持ち撮影でも可能に!

 

7.5段分の手ブレ補正にデュアル画像処理エンジンの力で、これまでは三脚が必須だったハイレゾ撮影も、手持ちで気軽に撮れるようになりました。

手持ちの場合は撮影枚数が16枚と多いので、処理に時間が掛かってしまいますが、三脚が必須ではなくなったのは大きな変化ですね!

 

 

OM-D E-M1Xのスペック

 

発売日  2019年2月22日
タイプ  ミラーレス
センサーサイズ  マイクロフォーサーズ
画素数  2037万画素
高感度 標準:ISO64~6400
拡張:ISO25600
連写速度 連写H:約15コマ/秒
静音連写H/プロキャプチャー連写H:約60コマ/秒
シャッタースピード  1/32000~60 秒
AF測距点  121点
液晶モニター  3インチ・104万ドット
ファインダー倍率  1.65 倍
ファインダー視野率  100%
撮影可能枚数  870枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 144.4(幅)x146.8(高さ)x75.4(奥行) mm
重量 849g
実売価格 320,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

まとめ

 

2019年の初っ端から、とんでもないミラーレスが登場しましたね。

マイクロフォーサーズの良さをフルに発揮した、フラッグシップモデルとして最高のカメラとなっています。

 

しかし、OLYMPUSはコンパクトなミラーレスとは言え、縦グリップを付けるとめちゃくちゃデカくなりますね(笑)

見た目からプロ用カメラでカッコイイですが、持ち運びが大変そう。

 

しかしその恩恵でバッテリー持ちが、一眼レフ並に良くなっているのも忘れてはいけません。

お値段もOLYMPUSのミラーレス史上最高額となっていますが、動体撮影が主な方には非常に気になるカメラとなっています!

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カメラとレンズの記事, カメラ, OLYMPUS (オリンパス)

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.