梅野の撮影日記 高知県を撮影!

お遍路!四国八十八ヶ所第35番札所「清滝寺」に登って来た!

投稿日:2016年10月23日 更新日:

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

四国には今風に言うとパワースポット巡りの「遍路」があります。
これは恐らく全国にも有名な事だと思いますし、実際に四国に居れば年中お遍路さんに出会います。

今回は88ヶ所の一つ、清滝寺に自転車で行ってきました。

 

 

目的地に向かう途中に水車があったので、すこし寄り道。

 

回っているだけで特に何の仕事もしていない水車でしたが、古びた木材は風流で回るたびに鳴るきしみ音がなかなか良いですね。

 

 

水車を後にして、さっそく清滝寺へ続く山道を登り始めましたが、昔ここに来た時の記憶よりはるかに坂の角度がきつく、自転車なんかではとても上がれませんでした(笑)!

 

また坂道を自転車を押して登るのもかなり地獄…。
完全に乗り物の選択ミスです(笑)

 

参拝が済んで、清滝寺から下りてきていたお遍路さんにも「そんなに息が上がって大丈夫かね?」と心配されるほどヨレヨレ。

 

年を取ると学生の時みたいなエネルギーは無くなってしまいますね…。

 

 

D5300+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II 【焦点距離18mm 1/1000秒 f/8】

中腹くらいの位置で一休みしつつ、土佐市の町を撮影。
のどかな雰囲気のある所です。

 

D5300+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II 【焦点距離27mm 1/250秒 f/8】

そしてついに清滝寺に到着です!
まずは近くにあった自動販売機に駆け寄り、アクエリアスを購入しましたw

 

 

この清滝寺が建てられたのは西暦723年と言われており、今から1293年も前の事です。
それほど前の物が、今も変わらず存在し続けるって凄いですね…。

 

 

本堂の左にある仏像は「薬師如来像」で、その足元には不思議な空間が広がっています。
螺旋階段のようになっていて、中は真っ暗!

壁を手で伝いながら進んで行くのですが、下がって行っていたはずなのに、いつの間にやら入口の地上に戻って来るんです。

 

 

どういう構造になっているのか知りたいんですが、中は照らすことが禁止なので謎が解けぬまま。
清滝寺に行かれた方はぜひ入ってみて下さい!

 

 

D5300+AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 【焦点距離35mm 1/80秒 f/9】

 

帰りは山道を自転車で一気に下りました。

こういう雰囲気の道は大好きですが、だいたい道がガタガタですね(笑)
前輪が段差に思いっきり当たり、危うくスタントマンの様な大転倒するところでした。

 

高知県民にとってはこんな狭い道も慣れたもんですが、他県の方が車で来ると少し苦労されるかも知れません。
心配であればタクシーで行った方が、風景も楽しめると思います。

 

 

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

-梅野の撮影日記, 高知県を撮影!

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.