カメラとレンズの記事 Nikon(ニコン)

Nikon Zマウントのシンデレラレンズ「NIKKOR Z 40mm f/2」が3万円台の価格で登場!

2021年9月30日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

ついに登場したZマウントの低価格レンズ。

お値段はなんと定価で35,530円(税込み)と非常に安いレンズです。

 

40mmの標準単焦点レンズで、F値はF/2.0と明るい。

Zマウントのシンデレラレンズと言っても良いんじゃないでしょうか。

 

梅野
私はZマウントの単焦点レンズを持っていないので、是非とも欲しいレンズですね!

 

 

焦点距離40mmという絶妙な画角

 

NIKKOR Z 40mm f/2の写真

あらゆるシーンに対応出来る万能さ!丁度いい画角です。

※画像引用元:Nikon

 

初めての単焦点レンズには、50mmのレンズがオススメされることが多いですよね。

キットレンズとは違う画質の良さとボケ感に感動すると思うんですが、50mmって意外と画角が狭いです。

 

かと言って35mmは広すぎる…。

そう感じている人もいらっしゃると思うんですが、その間となる40mmや45mmのレンズってレアな存在で、あまり多くのメーカーがリリースしていません。

 

そんな中、今回発売された「NIKKOR Z 40mm f/2」は、50mmより広く35mmより狭い絶妙な画角

あらゆるシーンに柔軟に対応できるレンズだと思います!

 

 

最短撮影距離0.29mの近接撮影性能

 

NIKKOR Z 40mm f/2の写真

「被写体に寄れる」のは非常に大きなポイント!

※画像引用元:Nikon

 

フルサイズで出されている50mm単焦点レンズは、シンデレラレンズとして非常に人気ですが、あまり寄れないことが弱点。

 

私もAPS-C機を使っていたときは、換算値で52.5mmの「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」を愛用していました。

このレンズは最短撮影距離0.3mとなっており、結構被写体に寄ることが出来るレンズ。

 

しかしフルサイズ用の「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」は最短撮影距離0.45mとなっており、寄れないことが不満でした。

比べるとたったの15cmの差ですが、実際に撮影に行くとこれが結構大きな差になって来るんです。

 

今回は発売される「NIKKOR Z 40mm f/2」は最短撮影距離0.29m!

50mmと40mmで焦点距離の違いはありますが、かなり優れた近接撮影性能を持っているんですね!

 

これだけ寄れるレンズであれば、カフェとかでお料理の写真を撮ろうとしても困ることは無いレベルです。
梅野

 

 

新開発のSTMを採用し優れたAF性能を発揮

 

NIKKOR Z 40mm f/2の写真

新型STMの恩恵で、動く被写体でも高速かつ高精度なピント合わせが出来ます!

※画像引用元:Nikon

 

NIKKOR Z 40mm f/2には新開発されたSTM(ステッピングモーター)が採用されています。

レンズの小型化に貢献しつつ高トルク化されており、素早いピント合わせと精度の高さを両立。

 

低価格レンズとは思えない性能を誇ります!
梅野

 

またAF作動時の駆動音も静音化されていますので、静かな場所や動画撮影の時にも使える静寂性を手にしています。

 

 

NIKKOR Z 40mm f/2の公式作例

 

NIKKOR Z 40mm f/2で撮影した写真

開放F/2.0でも高い解像力!F/2.0の明るさがあればこれくらいの暗さでも手持ち撮影が可能。

NIKKOR Z 40mm f/2で撮影した写真

F/2.0の浅い被写界深度、背景もかなりボケさせることが出来ます。

NIKKOR Z 40mm f/2で撮影した写真

近接撮影0.29mなので、テーブルフォトも席を立ったりすることなく余裕で撮影出来ます。

※画像引用元:Nikon

 

 

NIKKOR Z 40mm f/2のスペック

 

発売日 2021年10月1日
対応マウント Nikon Zマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 4群6枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 40mm
最短撮影距離 0.29m
最大撮影倍率 0.17倍
開放F値 F/2.0
画角 57°
手ブレ補正 ×
防塵
防滴
フィルター径 52mm
本体サイズ 70x45.5mm
重量 190g
実売価格 29,000円前後

 

 

NIKKOR Z 40mm f/2のまとめ

 

2021年9月16日より予約受付が開始され、2021年10月1日に発売予定となっております。

 

すでにS-lineの単焦点レンズをお使いの方にはあまり惹かれないレンズだと思いますが、これからNikonのZシリーズを購入しようとしている方にとっては非常に気になるレンズでは無いでしょうか!

 

CanonもRFマウントのシンデレラレンズ「RF50mm F1.8 STM」をリリースしており、両者ともに低価格レンズが出始めていますね。

記事を見る
「RF50mm F1.8 STM」キャノン RFマウントにシンデレラレンズがついに登場!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   やっと来ました! Canon RFマウントにシンデレラレンズが登場します。   一眼レフのEFマウントでも人気が高い「EF50mm F1.8 S ...

続きを見る

 

NikonもCanonも高性能レンズからラインナップを揃えていましたので、レンズの値段がネックでRFマウントやZマウントのカメラを買うかどうか悩んでいた人にとって救世主のような存在のレンズ。

 

これからもドンドンと低価格ラインのレンズをリリースしていけば、SONY1強のフルサイズミラーレスのシェアが変わるかも知れませんね!

 

安くてもっと色んな種類のレンズを使って見たいという方は、サードパーティ(社外品)と言う選択肢もありますよ!

記事を見る
【現在27本】Nikon Zマウントのサードパーティ製レンズをまとめてみた!

※2021年2月15日に内容を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   発売前は不評だった、Nikonのフルサイズミラーレス。 しかし蓋をあけてみればとても高評価で、世界的に権威の ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, Nikon(ニコン)

© 2021 ケロカメラ