カメラとレンズの記事 レンズ Canon (キャノン)

「RF50mm F1.8 STM」キャノン RFマウントにシンデレラレンズがついに登場!

2020年12月24日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

やっと来ました!

Canon RFマウントにシンデレラレンズが登場します。

 

一眼レフのEFマウントでも人気が高い「EF50mm F1.8 STM」のミラーレスバージョン。

しかし、ただRFマウントでも装着できるようにしただけではなく、RFマウントの性能を活かすよう設計され直していますので、高画質が期待できます!

 

 

シンデレラレンズの域を超えた高画質


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

シンデレラレンズとは

シンデレラレンズは「低価格な割に写りの良いレンズ」のこと。

キットレンズよりは高画質でコストパフォーマンスも高いですが、高いレンズと比べればやはり見劣りします。

 

今回発売される「RF50mm F1.8 STM」は、キャノンのRシリーズ用シンデレラレンズなんですが、これまでのシンデレラレンズとはワンランク上の性能を持っています!

 

チェック

RFマウントの恩恵で、画面周辺部まで高画質を維持する設計なので、一眼レフ用の「EF50mm F1.8 STM」とは画質に大きな差が出ます。

 

NikonのZマウントでもそうですが、これまでは画面中央が最も画質が良く、画面の端(周辺)に行くほど画質が低下するのが当たり前。

それに見慣れていましたので、周辺まで画質の低下が極力抑えられていると、違和感を感じるほどキレイに見えるんですよね。

 

RF50mm F1.8 STMはシンデレラレンズで、同じRFマウントの「L」を冠するレンズほどでは無いにしろ、画質には期待できます!

 

それでいてお値段は26,000円前後という安さ!

RFマウントでしたら30,000円台・40,000円台でも許されそうですが、シンデレラレンズらしく低価格で登場します。

 

 

めっちゃ寄れるレンズで最短撮影可能距離0.3m


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

APS-C用の50mm単焦点だと、最短撮影可能距離が0.3mから0.35mのレンズが多く、被写体に寄って撮影することができます。

ところがフルサイズ用の50mm単焦点レンズは、最短撮影可能距離が0.45mであることが多く、あと一歩寄れないのが不満でした…。

 

チェック

RF50mm F1.8 STMはなんと、フルサイズ対応レンズでありながら最短撮影可能距離0.3mを達成!

あと一歩、被写体に近づいて撮影が出来るレンズとなっています。

 

梅野
寄れるレンズであれば構図の自由度も増しますし、
被写体に寄って撮影すれば背景のボケ感も大きくなり表現の幅も広がります!
良い事ばっかりなんですね!

 

 

RFレンズ化しても小型・軽量を維持


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

RFレンズは高画質を維持したままレンズの小型化に成功しています。

大三元望遠ズームレンズ「RF70-200mm F4 L IS USM」なんて、ウソでしょう?と言いたくなっちゃうコンパクトさですよね。

 

しかしシンデレラレンズは元々コンパクトですので、巨大なRFマウントに合わせたレンズはRF用シンデレラレンズはさすがに大型化するんじゃないかと思っていました。

 

チェック

でもさすがキヤノンさん!

一眼レフ用の「EF50mm F1.8 STM」とほぼ同じサイズ感に仕上げてきています。

 

  RF50mm F1.8 STM EF50mm F1.8 STM
全長 40.5mm 39.3mm
最大径 69.2mm 69.2mm
フィルター径 43mm 49mm
重量 160g 160g

 

全長がわずかに1.2mm長くなっただけに抑えています。

重量は全く同じというのも凄いですね(笑)

 

フィルター径は43mmになりましたので、フィルターのお値段を抑えられるのもメリットです!

※フィルター径が大きくなるほど、フィルターの価格が高くなっていきます。

 

 

RF50mm F1.8 STMの作例


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

 

 

RF50mm F1.8 STMのスペック

 

発売日 2020年12月下旬
対応マウント Canon RFマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 5群6枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 50mm
最短撮影距離 0.3m
最大撮影倍率 0.25倍
開放F値 F/1.8
画角  
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 43mm
本体サイズ 69.2mm×40.5mm
重量 160g
実売価格 26,000円前後

 

 

まとめ

 

価格を抑えるためか、レンズフードが別売りなのは残念ですが、コーティングの進化によりフードがなくてもフレアやゴーストは抑えられるそうなので、無くても問題なさそうですね。

 

やっと新マウントのシンデレラレンズが登場しましたね!

これから他にも低価格のレンズが登場してくれると思います。

 

梅野
シンデレラレンズはカメラ初心者をレンズ沼に叩き落す畜生レンズですが、
やはりレンズ交換式カメラはレンズを色々と変えて撮るのが楽しいですので、低価格な色んなレンズを使ってカメラを楽しんでほしいです。
EOS R5・R6はさすがに高すぎるけど、価格が落ちてきたEOS RやEOS RPとRF50mm F1.8 STMで、フルサイズデビューするのも良さそうだね!
ペンくん

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, レンズ, Canon (キャノン)

© 2021 ケロカメラ