カメラとレンズの記事 撮影テクニックと雑記

次のカメラを一眼レフにするかミラーレスに乗り換えるか。

投稿日:2018年7月15日 更新日:

 

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

ここ最近のカメラのスペックアップが凄すぎて、いま使っているNikon D750は悲しいことに、かなり世代遅れなスペックに感じるようになりました(笑)

もちろんD750に大きな不満はないのですが、唯一あるとすれば高感度性能。

バランスの良い性能で、高感度性能が高いのがD750の良い部分でしたが、常用ISOの数値は100-12800と、今となってはエントリーモデルにすら劣る値。

 

 

もちろんセンサーサイズやエンジンの差があるので、数値だけで単純に比較できるものではありませんが、やはり数字が大きい方が良いですよね!

 

 

スポンサーリンク

ミラーレスが魅力的過ぎる


※画像引用元:Sony(https://www.sony.jp/

 

一眼レフはNikonのD5300とD750と使ってきまして、カメラをはじめて約3年くらい経ちます。

隣の芝は青く見えるじゃないですけど、一眼レフを使っているとミラーレスが輝いて見えるわけです(笑)

 

 

まずコンパクトさ!

これがミラーレスの最大の魅力では無いでしょうか。

一眼レフは本体が大きくて重く、カメラバッグも容量が大きいタイプにしないと、出し入れする時に苦労します。

私がいま使っているナショナルジオグラフィックのカメラバッグには、レンズを付けたままだとギリギリ入る感じで、出し入れする時にイラッとすることもある。

そうなって来ると、移動中にちょっと良いなと思った被写体を見つけても

 

梅野
「カメラ出すのめんどくさいから、まぁいいか…」

 

ってなっちゃうんですね。

 

私がめんどくさがりな性格なのもダメですが、シャッターチャンスを逃す機会が増えてしまってるわけです。

その点、ミラーレスはコンパクトで取り回しがよく、サッと撮影が出来ます。

 

嫁さんがOLYMPUS PEN E-PL7を使っていますが、カバンから楽に出して撮影しているのを見ると羨ましく感じますね。

本体が小さいので、わざわざ大きいカメラバッグを持ち歩かなくていいのもメリットですよね。

 

 

一眼レフを離れられない理由もある

 

そんなにミラーレスが良いのなら、はやく乗り換えればいいじゃないかって話ですよね。

 

でも、そうもいかないんです。
レンズの問題がありますから…

 

メーカーごとにカメラとレンズを接続するマウントの形状が違うため、SONYのカメラにNikonのレンズを使うことは出来ません。

なので、もしSONYのミラーレスに乗り換えたかったら、いま持っているニコンのレンズが無駄になってしまいます!

レンズを売って手にしたお金でSONYのレンズを購入することになるんですが、買取の価格は安いので大きく損をすることになります。

 

メルカリヤフオクなら、お店の買取額よりも高く売ることができますが、やり取りや発送準備がめんどくさい。

貧乏な私にはマウントを乗り換えるには、かなりの勇気が必要なわけです。

 

 

それに一眼レフの良さだってある。

シャッター音と手に伝わってくる振動は、いかにも写真を撮っていると言う感じになりますし、大きいボディはグリップ部分が深く、ミラーレスよりも安定した持ち方ができます!

電池も長持ちで、丸一日は余裕で持つでしょう。

そんでもって光学式ファインダーがある!

 

はじめからミラーレスを購入された方は、電子ビューファインダー(EVF)の見え方に違和感がないと思いますが、一眼レフから始めた私は電子ビューファインダーの見え方にはどうも慣れません。

 

梅野
「いや、これちっちゃいモニターやん」

 

って感じがどうしても抜けないんです(笑)

光学式ファインダーは生の景色を見せてくれるわけですから、違和感はありませんし自然に撮影が出来ますね。

 

 

次のカメラはどれにする?

 

全然買い換える気はありませんが(金銭的にもムリw)、もし買い換えるとするならこれにしよう!と思ってる機種があります。

一眼レフならニコンのD850かD760(仮称)

ミラーレスならSony a7 lllか、ニコンから登場予定のミラーレスです。

 

現実的にはマウントアダプターでレンズの使いまわしができる予定の、ニコンのミラーレスですがSony  a7 lllの万能っぷり+オートフォーカスの良さにも惹かれます!

新しいカメラは買えないけどメーカーのサイトや、新型カメラのウワサ話を聞いてるだけで楽しい(笑)

 

夏の宝くじに、わずかな希望を託します!

 

 

まとめ

 

もう時代はミラーレスです。

欠点であったバッテリー持ちが悪い問題も、大容量バッテリーの登場で解決されつつあるので、いま一眼レフを選ぶメリットが少なくなってしまいました。

 

先日、キヤノンのフィルムカメラの製造が終了したように、デジタル一眼レフカメラもミラーレスに取って代わられ、無くなってしまうかも知れません。

エントリーレベルの機種しか無かったミラーレスも、今では「4000万画素超えの高画素機」「最高20コマ/秒の動体撮影機」「最高ISO409600の高感度機」と、それぞれのジャンルでハイスペックモデルが登場しています。

 

ミラーレスを販売するメーカーも、Nikonやcanonも参入しラインナップが増加しますので、これからカメラを始められる方は一眼レフに拘りがない限りはミラーレスがおススメですね。

 

わたしも次に買うカメラは、おそらくミラーレスを選びそうです。

スポンサーリンク

おすすめブログ

feedly

follow us in feedly
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年の夏に一眼レフを始めたばかりの初心者です。 D750を片手にコンテストに入賞するのを夢見て楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

  こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山ありました。   私の住んでる田舎のカメラ屋さ ...

2

※2018年6月30日に記事を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフや ...

3

2018年7月25日に再編集しました。     こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   今はスマホの普及でキレイな写真を手軽に撮るようになって、多く ...

4

  こんにちは、梅野です! 以前、持ち運ぶカメラ機材を軽量化したいと記事に書きました。   その中でもひときわ重量が重かったのが、カメラバックと三脚のです。 三脚は今のところ買い替 ...

5

  こんにちは、梅野です!   先日「NikonとCanonの神レンズまとめ」の記事を書いたところ、SONYのミラーレスを使っている友人から「なんでSONYがないんや!」とクレーム ...

-カメラとレンズの記事, 撮影テクニックと雑記

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.