カメラとレンズの記事 写真の撮り方

【光の線を美しく】光跡写真の撮り方!

2019年1月19日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

車のヘッドライトやテールランプを撮影すると、光を線のような表現にすることができます。

複雑な交差点・立体的な道路・車の数が多いなどの理由で、都市部に住んでいる人ほど、キレイな光跡写真を撮影することができるので、田舎民にとっては羨ましい限り。

 

ですが、こういう写真って一体どうやって撮るのでしょうか?

今回は光跡写真の撮り方をご紹介します!

 

 

光跡写真を撮るのに必要な機材

 

必要機材

  • カメラ(スローシャッターが出来るもの)
  • レンズ(一眼レフやミラーレスの場合)
  • 三脚(無くても撮れます)
  • リモートボタン(無くても撮れます)

 

以上が必要な機材ですね。

正直、カメラさえ持っていれば撮れないことは無いんです。

 

三脚やリモートボタンがあれば、手ブレを抑えれますし構図に自由度が生まれるので、無くても撮れますが合ったほうが断然いい!

 

 

光跡写真を撮るためのカメラの設定


MモードかSモードが便利

 

まず変えなくてはいけないのがISO感度の設定!

「自動」にしている方は、必ず自動を解除してください。

 

長時間シャッターを開くときは、ノイズが出ないISO100に固定することで高画質な写真を撮影出来る。

ISO感度が高いままだと、ノイズで画質が劣化したり、不自然に明るい写真になってしまいます。

 

 

ISO感度の設定が終わったら「Mモード」(マニュアル)にしましょう。

※カメラにまだ慣れていない方は「Sモード」(シャッタースピード優先モード)にしましょう。

 これでダイアルを回していけば、任意のシャッタースピードが選べます。

 

時間は30秒とか長いほうが良い。

なぜかと言うと、シャッタースピードが長いほど車や人の姿が写らなくなり、光の線だけが写真に写るからです。

 

私はせっかちな性格なので、30秒間待ってるのが苦痛(笑)

なので15秒~20秒くらいのシャッタースピードで撮影しています。

 

 

次はF値の設定。

光跡写真を撮るときは、背景がボケる必要も明るいF値である必要もないので、F値は絞って画面全体にピントが合うパンフォーカスの状態にします。

 こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です! 一眼レフやミラーレスはボケの表現をカンタンに出来ますが、スマホで撮った写真みたいに画面全体にピントを合っ...

 

具体的にはF値をf/8~f/22の間で設定すれば良いかと。

絞り値がf/22など大きくするほど、画面全体にピントが合うようになりますが、回折現象で画質が劣化してきます。

ですので、私はf/10~f/12くらいで撮影をしていますね。

        F値の数値を変えると ①光の入る量が変わります。 ②ピ…

 

まぁ、ここは好みの問題ですので、お好きなF値でも問題ありません。

 

 

撮影ポジションを決める


三脚を使うときは、人の邪魔にならない場所にすることが最も重要!

 

光跡写真を撮るなら、長い間カメラを微動だにできません。

なので安全な場所を確保することと、三脚をしっかりと構えられる場所を探すことが重要!

※人の邪魔になる場所は論外ですよ!

 

シャッタースピード30秒で撮影するなら、30秒間はカメラを動かせなくなりますので、しっかりとした三脚と手ブレを防ぐリモートボタン(レリーズ)を使ったほうが格段に良い!

 

三脚を持っていないと人は、地面など平らな場所にカメラを置くことで撮ることも可能です。

しかし、ブレた写真になってしまう可能性が格段に上がるので、何枚も撮影する根性が必要になりますね。

 

私は三脚を持っていないころは、地面や階段などにカメラを置いて撮影していました。

 

 

三脚やカメラを固定したら、あとは構図を決めるだけ。

光跡の副題となるような被写体があれば、より写真のクオリティが上がります。

 


都会ほど副題となる被写体(立体的なジャンクションなど)が多いので有利!

 

 

 

頑張って何枚も撮影するのが重要

 

光跡写真を撮るなら、何枚も撮影したほうが良いです。

長時間露光撮影では、カメラのモニターでは分からないレベルでブレが発生していたりする。

 

梅野
「おっ!一発で良いの撮れたじゃ~ん」

 

そう思って帰ってからパソコンで写真を見てみると、わずかに全体がブレてる…。

三脚とリモートボタンを使っていても起こりうる事。

 

なので、何枚も撮影することが重要です。

 

 

また構図や使うレンズを変えて、いろんなアングル・画角を試してみるのも大事なこと!

色々と試行錯誤すれば、思わぬ一枚を撮影できてしまうかもしれません!

 

車とかだけじゃなく花火とかも面白い

 

 

まとめ


星の光跡写真

 

長々と書いてきましたが、光跡写真を撮りたければシャッタースピードを遅くすれば、カメラ初心者の方でも撮れます。

その写真に満足できなければ、ISO感度やF値、シャッターの時間を変えて理想の写真に近づけていく。

 

なので、撮ること自体は難しいことじゃありません。

ドンドン撮影にチャレンジしてみましょう!

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カメラとレンズの記事, 写真の撮り方

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.