カメラとレンズの記事 撮影テクニックと雑記 キャノンのレンズとカメラ

Canonフルサイズ一眼カメラの特長をまとめてみた!

投稿日:2019年1月20日 更新日:

 

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

Canonもついにフルサイズミラーレスへと参入し、カメラ界全体で言えば2018年でフルサイズカメラがグッと増えましたね。

そうなると「フルサイズ症候群」の方は、より症状が悪化してしまいそう(笑)

 

今回はCanonのフルサイズ一眼レフ&ミラーレスの、特長をご紹介します!

 

 

EOS 6D Mark II

 

Canonのフルサイズ一眼レフの中では、エントリーモデルと言える機種。

スペックのバランスが良くて、使い勝手の良いカメラですね。

 

Nikon D750のライバル機種ですが、EOS 6D Mark IIの方が後から登場しているため、スペックはD750を上回っています。

 

フルサイズ一眼レフとしては、初めてバリアングルモニターが採用され、ハイアングル&ローアングルの撮影がより自由に出来る。

モニターを前側に向けることも出来るので、自撮りしやすいフルサイズ一眼レフでもあります。

 


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

発売日  2017年8月4日
タイプ  一眼レフ
センサーサイズ  フルサイズ
画素数  2620万画素
高感度  ISO100-40000
連写速度  6.5コマ/秒
シャッタースピード  1/4000~30秒
AF測距点  45点
液晶モニター  3インチ・104万ドット
ファインダー倍率  0.71倍
ファインダー視野率  100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:1200枚
液晶モニタ使用時:380枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC
本体サイズ 144(幅)x110.5(高さ)x74.8(奥行) mm
重量 685g
実売価格 135,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

 

EOS 5Ds R/EOS 5Ds

 

 

脅威の5060万画素フルサイズセンサーを搭載した高画素機。

高感度性能こそ、最新モデルから比べ見劣りしますが、オートフォーカスや連写速度はなかなか高い!

 

この機種は2モデル発売されていますが、その違いはシンプル。

 

・5Ds Rがローパスフィルターレス仕様
・5Dsがローパスフィルターあり仕様

 

ローパスフィルターがあると、偽色やモアレを防ぐ効果があります。

ローパスフィルター無しだと、二世やモアレが起きますが、その代わりに解像度がアップするメリットがある。

 

今は解像度重視の時代で、ほとんどのカメラがローパスフィルターレス仕様。

そう考えれば、ローパスフィルターがあるカメラはとてもレアです。

 


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

発売日  2015年6月18日
タイプ  一眼レフ
センサーサイズ  フルサイズ
画素数  5060万画素
高感度  ISO100-6400
連写速度  5コマ/秒
シャッタースピード  1/8000~30秒
AF測距点  65点
液晶モニター  3.2インチ・104万ドット
ファインダー倍率  0.71倍
ファインダー視野率  100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:700枚
液晶モニタ使用時:220枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
コンパクトフラッシュ
Wi-Fi ×
Bluetooth ×
NFC ×
本体サイズ 152(幅)x116.4(高さ)x76.4(奥行) mm
重量 845g
実売価格 350,000円前後(ボディのみ)

 

 

 

 

EOS 5D Mark IV

 

フルサイズ一眼レフの上位モデル。

3040万画素と高い画素数を持ちながら、高感度性能も高く、連写速度も7.0コマ/秒と速い!

 

高いレベルでバランスの良く、完成度の高いカメラとなっています。

本格的に作品づくりをしたいなら、このカメラがおススメのフルサイズ一眼レフですね!

 


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

発売日  2016年9月8日
タイプ  一眼レフ
センサーサイズ  フルサイズ
画素数  3040万画素
高感度  ISO100-32000
連写速度  7コマ/秒
シャッタースピード  1/8000~30秒
AF測距点  61点
液晶モニター  3.2インチ・162万ドット
ファインダー倍率  0.71倍
ファインダー視野率  100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:900枚
液晶モニタ使用時:300枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
コンパクトフラッシュ
Wi-Fi
Bluetooth ×
NFC ×
本体サイズ 150.7(幅)x116.4(高さ)x75.9(奥行) mm
重量 800g
実売価格 245,000円前後(ボディのみ)

 

 

EOS-1D X Mark II

 

Canonのフラッグシップモデル。

連写が苦手なフルサイズ一眼レフでありながら、14コマ/秒と超高速な連写が魅力。

 

高感度性能も常用ISO100-51200と高く、オートフォーカスも追従性の優れています。

 

Canonの技術を凝縮した、プロモデルとして完成度の高いカメラとなっていますね!

 


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

発売日  2016年4月28日
タイプ  一眼レフ
センサーサイズ  フルサイズ
画素数  2020万画素
高感度  ISO100-51200
連写速度  14コマ/秒(最高16コマ/秒)
シャッタースピード  1/8000~30秒
AF測距点  61点
液晶モニター  3.2インチ・162万ドット
ファインダー倍率  0.76倍
ファインダー視野率  100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:1210枚
液晶モニタ使用時:260枚
記録メディア コンパクトフラッシュ
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 158(幅)x167.6(高さ)x82.6(奥行) mm
重量 1340g
実売価格 500,000円前後(ボディのみ)

 

 

EOS R

 

Canonが送り出した、初のフルサイズミラーレス。

Sony・Nikonに続いてフルサイズミラーレス市場のシェアを奪えるでしょうか?

 

EOS 5D Mark IVのミラーレス版といえるスペックで、初号機ながらなかなか性能が高い!

ミラーレスにしてはカメラ本体が大きいですが、それに見合った性能を秘めており、特にEVFとオートフォーカスの仕上がりが素晴らしいと思います。

 

発売後から価格が急落しており、あと数か月もすればかなり手の届きやすいフルサイズミラーレスとなりそうです。

 


※画像引用元:Canon(https://canon.jp/

発売日  2018年10月25日
タイプ  ミラーレス
センサーサイズ  フルサイズ
画素数  3030万画素
高感度  ISO100-40000
連写速度  8コマ/秒
シャッタースピード  1/8000~30秒
AF測距点  5655点
液晶モニター 3.15インチ・210万ドッ
ファインダー倍率  0.76倍
ファインダー視野率  100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:350枚
液晶モニタ使用時:370枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 135.8(幅)x98.3(高さ)x84.4(奥行) mm
重量 580g
実売価格 190,000円前後(ボディのみ)

 

 

まとめ

 

一眼レフの王者らしく、スペックが高く性能のバランスに優れたカメラが多いですね。

風景からポートレートまで何でもこなせる機種が多く、すべてがプロ機と呼べるカメラが揃っています。

 

満を持して登場したフルサイズミラーレス「EOS R」も、Canonユーザーの期待に応えるモデルではないでしょうか。

今後登場するであろう、フルサイズミラーレスにも期待が持てる機種となっています。

 

Canonでフルサイズデビューされるなら「EOS 6D Mark II」「EOS 5D Mark IV」がバランスの良いカメラなのでおすすめ!

EOS RはRFマウントのレンズがまだ少ないですが、これまで以上の光学性能を持っているため、将来を考えればEOS Rをはじめてのフルサイズカメラに選ばれるのも良いかと。

その代わりにレンズのお値段が高いのが痛いですが…。

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

-カメラとレンズの記事, 撮影テクニックと雑記, キャノンのレンズとカメラ

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.