カメラとレンズの記事 撮影テクニックと雑記

フルサイズ一眼レフは本当に良いカメラなのか?

投稿日:2018年4月24日 更新日:

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

Nikonのフルサイズ一眼レフ「D750」を購入して、約2年ほどが経ちました。

約1年使ったNikon D750の良い所と悪い所をレビュー!※D750で撮った写真も追加!
 ​こんにちは、梅野です! 私がニコンのD750を購入したのは、去年の2月か3月だったはずですので、フルサイズデビューしてからもうすぐ1年が経ちます。 ...

 

初めてD750で撮影に出かけた日のことは今でも覚えています。

それくらい前に持っていた、APS-Cのカメラとは違いがあったんですね。

まずフルサイズの特長を見てみましょう!

 

 

スポンサーリンク

憧れのフルサイズ一眼レフ

 

一眼レフをはじめた方のおよそ8割がかかってしまう疾患。

「フルサイズ症候群」

 

APS-C使いに襲い掛かる病。やっぱり「フルサイズ機」が欲しい!
 こんにちは、梅野です!  一眼レフカメラにハマった人で、持っているカメラがAPS-C機の方はいずれ不治の病にかかるでしょう。 それが「フルサイズ欲しい病...

 

フルサイズ一眼レフに買い換えればもっと良い写真が撮れるんじゃないかと考えてしまい、来る日も来る日もフルサイズのことが頭から離れなく症状です。

1度フルサイズ症候群に掛かってしまうと、フルサイズ一眼レフを手に入れるまでずっと苦しむことになる恐ろしい病。

しかし、それくらいフルサイズと言うのは魅力的な物なんですね。

 

フルサイズ一眼レフの特長は

  • 画質が1番良い
  • よりボケやすくなる
  • 高感度性能が高い
  • ダイナミックレンジが広い
  • トリミング耐性もある

 

 

フルサイズが欲しくなる人の理由は、やはり「画質の良さ」これが1番の理由だと思います。

現在、市販されているデジタルカメラの中で、フルサイズは1番大きなセンサー。

センサーのサイズが大きいほど画質が良くなるのですが、フルサイズはその頂点なわけで1番画質がいい。

その代わりにお値段も高いので、一眼レフ初心者の憧れの的になるんですね。

 

※フルサイズよりも大きなセンサーの「中判カメラ」も存在します。

しかしながらお値段が1,000,000円を超えるため、アマチュアには手が出しにくい高級カメラ…。

 

 

わたしが2年間フルサイズを使った感想

私もフルサイズ症候群を発症し、ビンボー人にもかかわらず高価な一眼レフを買ってしまいました。

それもAPS-C機のD5300を買ってから、わずか1年後の出来事です。
フルサイズ症候群恐るべし(笑)

 

 

フルサイズにして後悔は無い

貯金が0になってしまいましたが、これまでに「やっぱりフルサイズ一眼レフなんて買わなければ良かったな…」なんて思ったことはありません。

フルサイズのカメラが写してくれる写真に夢中で、より写真を撮るのが楽しくなりました!

 

以前はなんの賞にも引っかかりませんでしたが、Nikon D750を購入してからはフォトコンでも入賞でき、このブログの目標を早々と達成してしまいました。

落選する度に心が折れてましたが、ついに初めてフォトコンテストで入賞しました~!
 こんにちは、梅野です。このブログをご覧になって下さっている方、いつもありがとうございます!  この度、遂に私が目標としていた物の1つ「フォトコン...

 

 

フルサイズ一眼レフは、センサーがフルサイズであること以外に、カメラ自体の性能も高いため多少無理な撮影でも、カメラの性能がそれを補ってくれます。

なので、ここは三脚で撮らないといけないとか、ここはこうでなくてはならないといったセオリー通りに撮影しなくても良い!

 

物撮りがメインの場合はまた話が違いますが、そのほかの場合はシャッターチャンスをいかに逃さないかが最重要。

すぐに三脚を用意できない場面でも、多少ISO上げてもノイズが入らないカメラの方が、チャンスをのがしにくいんです。

写真を撮る。という事に関してはフルサイズはメリットしかありません!

レンズの選択や設定に手間取ってシャッターチャンスを逃すのはもったいない!
こんにちは、梅野です!風景写真を撮影するときは、三脚立ててフィルターはめたりとドッシリ構えて撮影出来ます。 だって風景って動かないし変わりませんもんね?雲の...

 

 

しかし、それ以外の部分は弱点もあります。

  • データサイズが大きい
  • カメラの価格が高い
  • 本体が大きい&重い

 

データサイズが大きい

 

特にデータ容量はかなり増えるため、冗談抜きであっという間にHDDを満杯にしてくれます。

フルサイズで多くの写真を撮るためには、HDDの数を増やす必要があり余分にお金が掛かってしまう。

カメラに刺しているSDカードも、容量の多いタイプにしないと撮影枚数が少なく不便!

フルサイズ一眼レフは思わぬ出費がかさんでしまいますね…。

 

 

カメラ本体の価格が高い

乱暴な言い方をすれば、カメラの性能がクソであってもセンサーがフルサイズであれば、それだけで値段が跳ね上がります。

型遅れの機種でも、100,000円を切ることはあまりありません。

予算が100,000円以下でも、色んな機種が選べるマイクロフォーサーズやAPS-Cと違い、フルサイズは200,000円~400,000円の予算が必要になってきます。

ついでにフルサイズ対応のレンズも高価という追い討ちっぷり(笑)

 

 

本体が大きい&重い

 

これはどうしようもありません。

フルサイズの一眼レフを使っていると、APS-Cのカメラを持った時にオモチャがと思うほど軽く感じます。

それだけ腕が鍛えられてしまうんですね。

カメラとレンズを合わせると1,5kg~2kgになるので、女性が長時間撮影するのは結構キツい。

男でも持ち運ぶだけで肩と首をやられます。

フルサイズ一眼レフを使うには、持ち運びが不便になっても構わない!という覚悟が必要ですね。

 

 

 

まとめ

 

やはりフルサイズは良い部分が多く、欲しいと思っている方は早く手に入れられたほうが幸せになれるし、写真のクオリティもアップするはずです。

しかしメリットばかりではなく、フルサイズ一眼レフだからこそのデメリットもあるので、憧れだけで購入してしまうと思わぬ後悔をすることになるかも…。

 

「ワンランク上の写真が撮れるようになりたい!」

 

切にこう願っているのならもうフルサイズに買い換えるしかありません。

1番センサーが大きいのが1番良いという事ではなく、センサーごとに特長がありますがボケ感や画質を求めるのなら、カメラをフルサイズへとステップアップしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめブログ

feedly

follow us in feedly
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年の夏に一眼レフを始めたばかりの初心者です。 D750を片手にコンテストに入賞するのを夢見て楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

  こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山ありました。   私の住んでる田舎のカメラ屋さ ...

2

※2018年6月30日に記事を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフや ...

3

2018年7月25日に再編集しました。     こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   今はスマホの普及でキレイな写真を手軽に撮るようになって、多く ...

4

  こんにちは、梅野です! 以前、持ち運ぶカメラ機材を軽量化したいと記事に書きました。   その中でもひときわ重量が重かったのが、カメラバックと三脚のです。 三脚は今のところ買い替 ...

5

  こんにちは、梅野です!   先日「NikonとCanonの神レンズまとめ」の記事を書いたところ、SONYのミラーレスを使っている友人から「なんでSONYがないんや!」とクレーム ...

-カメラとレンズの記事, 撮影テクニックと雑記

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.