カメラとレンズの記事 レンズ SONY (ソニー)

超軽量化された第2世代標準大三元「FE 24-70mm F2.8 GM II」が登場!

2022年5月9日

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

SONYの大三元レンズ「FE 24-70mm F2.8 GM」がついにリニューアル!

約6年ぶりとなる新型「FE 24-70mm F2.8 GM II」が発表されました。

 

大三元レンズとは?

大三元レンズはメーカーの顔となるレンズで、持てる技術を詰め込んだハイスペックレンズ。

各メーカーの特色が出やすいレンズですが、FE 24-70mm F2.8 GM IIはSONYらしいレンズとなっています。

 

梅野
それではFE 24-70mm F2.8 GM IIはどんなレンズなのか見ていきましょう!

 

FE 24-70mm F2.8 GM IIの特長

 

 

特長

FE 24-70mm F2.8 GM IIはざっくりと言うと、小型軽量化に拘った事と、動画撮影にも最適化されたレンズとなっています。

最新のコーティングも採用され、前モデルのFE 24-70mm F2.8 GMをお使いの方は非常に気になるレンズではないでしょうか。

 

SONYらしくコンパクトと軽さに拘ったレンズ

 

FE 24-70mm F2.8 GM IIの画像

純正大三元レンズとは思えないサイズ感

※画像引用元:ソニー

 

小型化と軽量化

FE 24-70mm F2.8 GM IIの最大の特長と言えるのが、純正大三元レンズとは思えないほど小型化と軽量化を達成していると言う事。

前モデルと比較すると、重量は191gも軽くなっています!

 

  FE 24-70mm F2.8 GM II FE 24-70mm F2.8 GM
最大径x長さ 87.8 x 119.9mm 87.6 x 136mm
フィルター径 82mm 82mm
重量 695g 886g

 

最大径はほぼ同じですが、全長が約16mm短くなっています。重量は191g軽いですね。

これまでSONYのカメラは軽いのにレンズが重く、フロントヘビーな重量バランスになりがちでしたが、695gの軽さならカメラを持ってみても違和感がだいぶ減るのでは無いでしょうか。

動画撮影でジンバルを使われる方は、バランス調整がしやすくなりそうです。

 

 

カメラの性能を引き出すAF性能

 

FE 24-70mm F2.8 GM IIのAF

リニアモーター4基で駆動

※画像引用元:ソニー

 

AF性能

AFの追従性は前モデル比で2倍に向上しているようです!

前モデル「FE 24-70mm F2.8 GM」ではダイレクトドライブSSM(DDSSM)を使用していましたが、FE 24-70mm F2.8 GM IIでは最近のSONYが積極的に採用している「XDリニアモーター」を採用。

4基のリニアモーターで高速・高精度・高追随なAF駆動を実現しています。

 

その他、新たに「フローティングフォーカス機構」を採用。

 

ポイント

ズームレンズでは焦点距離によって、解像度が高い部分と低くなってしまう部分がありましたが、フローティングフォーカス機構では焦点距離や被写体への距離によって変わる諸収差を抑制。

ズーム全域で高い解像度を発揮してくれます。

 

 

動画撮影にも対応した設計

 

 

梅野
動画を推しているSONYらしく、動画撮影に便利な機能も多数搭載されました!

 

動画撮影に便利な機能も多数搭載

  • フォーカスブリージング低減
  • フォーカスシフト低減
  • ブリージング補正機能
  • これに加えてXDリニアモーターによる高速なAFと、AF駆動音が動画内に入らない静寂性も手に入れました。

 

フォーカスブリージングとは

フォーカスブリージングとは焦点距離は同じでもピントの位置によって、画角が変わってしまうこと。

動画で使用される、手前から奥にピントを合わせていくような撮影をすると、奥にピントが行くほど画角が狭くなってしまう。

 

フォーカスシフトとは

フォーカスシフトとはF値や焦点距離を変えるとピント位置がズレる事。

静止画のフォーカスシフト撮影とは別です。

 

 

FE 24-70mm F2.8 GM IIの残念な点

 

新世代と呼ぶにふさわしいレンズですが、残念な点もあります。

それは「画質は前モデルとほぼ同等」と言う事。

 

もちろん約20%の軽量化をしつつ、前モデルと同等の画質を維持しているのは凄いことです!

しかし高画素化していく時代に合わせた、高い解像度を期待していた人にとっては悲報ですね…。

 

FE 24-70mm F2.8 GMのMTF曲線

FE 24-70mm F2.8 GMのMTF曲線

FE 24-70mm F2.8 GM IIのMTF曲線

FE 24-70mm F2.8 GM IIのMTF曲線

※画像引用元:ソニー

 

MTF曲線を見る限りでは小型化によって前モデルより画質が悪くなっているなんてことは無さそうですが、SONY α7IVのように6100万画素のカメラの性能をフルに発揮してくれるレンズではなく、小型さと軽さに拘り、動画にも最適化されたレンズが「FE 24-70mm F2.8 GM II」

 

今のところ海外で撮影された作例しか見たことがありませんが、キレイに撮れているけど新型で感動するような写りでは無いかなと感じています。

特にF値開放での画面周辺部は甘い印象でモヤっとしてる。

「新型レンズだから画質も良いだろう!」と言う先入観を持って見ても「あれ?」と言う印象。F値を絞れは改善します。

 

静止画撮影においてはFE 24-70mm F2.8 GMの軽量化版と言った感じでしょうか。
梅野

 

 

FE 24-70mm F2.8 GM IIの公式作例

 

FE 24-70mm F2.8 GM IIで撮影した写真

FE 24-70mm F2.8 GM IIで撮影した写真

FE 24-70mm F2.8 GM IIで撮影した写真

FE 24-70mm F2.8 GM IIで撮影した写真

※画像引用元:ソニー

 

 

FE 24-70mm F2.8 GM IIのスペック

 

  FE 24-70mm F2.8 GM IIのスペック
発売日 2022年夏ごろ
対応マウント SONY Eマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 15群20枚
絞り羽根 11枚
焦点距離 24-70mm
最短撮影距離 0.21m(広角側)
0.3m(望遠側)
最大撮影倍率 0.32倍
開放F値 F/2.8
画角 84°-34°
手ブレ補正 -
防塵
防滴
フィルター径 82mm
本体サイズ 87.8 x 119.9mm
重量 695g
実売価格 300,000円前後

 

 

 

まとめ

 

SONYユーザー待望の第2世代大三元標準レンズ「FE 24-70mm F2.8 GM II」

正統進化と言うよりは派生進化と言えそうなレンズですね。

 

こんな方におすすめ

高性能なレンズは欲しいけど、なるだけ小さくて軽い物が良い

動画も良く撮影する

こういった方にとっては、FE 24-70mm F2.8 GM IIが神レンズとなることは間違いありません!

旅行にも気軽に持って行ける大三元レンズに仕上がっています。

 

一方で静止画メインで、高解像度を期待されていた方にとっては期待外れだったかも知れません…。

MTF曲線を見る限りでは、広角から望遠まで画質は良くなっていますが、大幅なパワーアップではありませんね。

 

前モデルの「FE 24-70mm F2.8 GM」は併売されるようなので、静止画メインの方は値落ちするであろう「FE 24-70mm F2.8 GM II」

小型さや動画を撮られる方は「FE 24-70mm F2.8 GM II」と住み分ける感じですかね。

 

現段階では画質は維持しつつ小型軽量化され、動画撮影に最適化されたレンズと言った印象ですが、販売が開始され実際に使われてみた方の評価や写真が出てくるのが楽しみです。

半導体不足によってこのレンズも恐らく品薄になると思いますので、欲しいと思われている方は早めに予約をされた方が良さそうです!

 

記事を見る
SONY Eマウントの神レンズをまとめてみた!

※2022年9月10日に更新しました!   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   先日「NikonとCanonの神レンズまとめ」の記事を書いたところ、SONYのミラーレスを使っている友人から「なん ...

続きを見る

記事を見る
どっちが買い?SONY α7IVとα7IIIの違いを比較してみた!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   SONYユーザー待望のカメラが登場しました。 ベーシックモデルの最新型「α7 IV ILCE-7M4」   価格が大幅に高くなってしまったのが痛 ...

続きを見る

記事を見る
SONY Eマウントの被写体に寄れる単焦点レンズTOP10!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   SONY Eマウントもレンズの選択肢がかなり広がり、高性能なものからコスパに優れるものまで、好みのレンズを選べるようになりました。 同じ焦点距離のレンズを ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, レンズ, SONY (ソニー)