梅野の撮影日記 2019年

段ボールアートが凄い岡林商店にお邪魔してきた!

2019年10月4日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

いま高知で話題となっているのは「段ボールアート」

いの町の商店街に店を構える岡林商店さん。

そのご主人が作る段ボールアートのクオリティが凄いと評判なのだ!

 

とは言っても私は全く知らず、嫁さんが見に行ってみたいと言うことでそれに着いていった感じ。

前情報が一切なかったので、ぞのクオリティの高さにとても驚きました!

 

 

段ボールアート「岡林商店」へのアクセス

 

住所:高知県吾川郡いの町 3607−5

TEL:088-892-0196

駐車場:なし

 

メインの道路からは奥に入った場所にありますが、店先に居るザクガンダムのおかげですぐに見つけられると思います。

駐車場は無いですが、近隣のお店は店先に車を止めていましたので、短時間であれば警察にお世話になることはないかも知れません。

 

 

岡林商店の段ボールアート作品

 

写真を撮りやすいように、わざわざ日除けのテントを外してくれる岡林店長。

優しすぎます!

 

現在店先に居るのは「ザク」と「ガンダム」

ふつうはファーストガンダムをチョイスすると思うのですが、岡林店長は「ガンダムF91」をチョイス!

この渋い選択がガンダムファンの中では好評だとか。

 

 

こんな細部にまでクオリティの高い作りなのに、岡林店長はガンダムはあまり詳しくないと仰られていました(笑)

それでこの完成度の高さは凄すぎる。

 

 

 

店内にお邪魔してまずお出迎えをしてくれるのは「メイちゃん」「トトロ」「天空の城ラピュタのロボット」「キツネリス」のカルテット。

トトロは口のバージョンが2種類あり、これとは別に口を開けている物もあると仰られていました!

 

トトロをマジマジと見たことがありませんでしたが、よく見ると短足で可愛いですね。

 

 

ロボット兵の手にはお墓に備える花が!

こんな細かいところも再現されています。

 

 

天空の城ラピュタ好きな私が一番興奮したのが、この「タイガーモス号」

まずこれを作ってくださったことに感謝しかありませんし、細かい遊び心が良い!

 

 

ドーラやパズーが乗っていたり、洗濯物が干してあったり芸が細かい。

洗濯物は奥様にアイディアだそうです。

 

そしてこのタイガーモス号には更なる秘密が。

写真でバレてしまっているかも知れませんが、なんと…。

 

動きます!

 

 

なんと羽根が回るようになっているのです!

左右のプロペラだけでなく、後方にある羽根も回っています。

 

動画も撮影したのですが貼り方が分からなかったので、写真だけとなりますがちゃんと回っていますよね!

 

 

商品棚のスペースを大きく盗っている「宇宙戦艦ヤマト」

手前にちょこんと置かれている模型と比べると、とんでもなく巨大な作品です!

 

奥にいるミニオン達も引いているような表情に見えてしまいます(笑)

 

 

宇宙戦艦ヤマトの奥には、ドラゴンボールの孫悟空(少年期)が居ました。

デフォルメされている等身も忠実に再現されています。

万引きしたらかめはめ波が飛び出しますのでご注意を。

 

 

スターウォーズで愛されるキャラクター「R2D2」

このR2D2も動きます!

 

下部にお掃除ロボット(ルンバ的な)が配置されており、クルクル回りながら進むのでメッチャR2D2感が出ていました。

ただお掃除ロボットよりR2D2の外装の方が大きいので、あっちこっちにぶつかりながら進んでいて、岡林店長が回収していきました(笑)

 

 

R2D2の背後にはとなりのトトロの「ネコバス」が、コンソメを追いかけています。

このネコバスも動くようになっていて前進とバックが出来るみたい。

よく見るとネコバスの下にタイヤが見えますね!

 

 

こちらは段ボールではありませんが、醤油の容器やストローを駆使して作られた「ハウルの動く城」

そしてなんと、こいつも可動します!

 

しかも動きが超似てるんです!

犬の動くもちゃを使われているみたいなのですが、映画のような不思議な動きもしっかりと再現。

ぜひこのハウルの動く城だけでも見てほしいと思えるクオリティでした!

 

 

まとめ

※いの町の街並み

 

「段ボールアートがあるお店」としか聞いてない状態できましたが、想像以上の出来栄えに興奮しっぱなしでした!

岡林店長と奥様もとてもお優しい方で、色んなお話をして下さいましたし、タイガーモス号やR2D2などわざわざ動かして下さってありがとうございました。

 

合間に来ていたお買い物の客さんも奥様と笑顔で雑談しており、どんなお店なのかが伺えます。

 

高知に住んでいるのならぜひ行ってみて欲しい!

そして県外の人は観光の目的として来てほしい!

 

伊野の商店街は良い意味でゴチャゴチャしているので、写真スポットとしても良いかも知れません。

 

岡林店長が次はどんな作品を作られるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年の夏に一眼レフを始めたばかりの初心者です。 D750を片手にコンテストに入賞するのを夢見て楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-梅野の撮影日記, 2019年

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.