撮影テクニックと雑記 車で行きにくい場所もなんのその「クロスバイク」

2018・2019年モデルのおすすめクロスバイク11選!

投稿日:2018年9月19日 更新日:

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

いまやすっかり学生の足となったクロスバイク。

スポーツバイク率の高い高知県では、学生の9割り近くがクロスバイクかロードバイクに乗っていて、ママチャリを見かけることが少なくなりました。

 

これからクロスバイクデビューをする。

クロスバイクを乗り換えると言う方に、おすすめの車種をご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

クロスバイクって何が良いの?

 

いまクロスバイクに乗っていない人にとって、何がそんなに良いのか分かりませんよね。

 

ペンくん
ただの高級自転車じゃん。

 

そんなイメージかも知れません。

そこでオススメのクロスバイクを紹介する前に、クロスバイクのいい所をご紹介しておきます!

 

 

車重がとても軽い

 

一般的な自転車(ママチャリ)は、重さが18~20Kgほどあります。

乗っているとその重さを感じにくいですが、予想以上に重いですよね。

 

かわってクロスバイクは車重が10Kg前後。

ふつうの自転車にくらべ半分ほどの重さしかありません。

 

 

自転車の重さが軽いほど、漕ぎ出しが軽く爽快に走れます。

それと1番違いを感じるのは登り坂!

 

ふつうの自転車だと立ち漕ぎで「ヒィ、ヒィ」言いながら登らなくてはならない坂も、クロスバイクなら座ったままで登れてしまうんですね。

 

 

変速数(ギア)が多い

 

ホームセンターで売っている9,000円前後のママチャリは変速がありません。

ブリジストンなどの良い自転車になると、3段前後の変速が付いていたりします。

 

ところがクロスバイクは24速前後の変速機能が付いています!

変速数が多いほど、登り坂や平坦な道など様々なシチュエーションで、楽に走れるようになれる。

 

キツイ登り坂なら軽いギアを選べば、自転車に座ったままで息も上がらず登れますし、平坦な道では重いギアを選べば自転車でも時速20km以上で走り続けられます。

最適なギアを選べば、ふつうの自転車より圧倒的に疲れにくくて早く移動が出来るんですね!

 

ペンくん
「ギア数が多くて使えこなせないかも?」

 

初めはこんな不安を抱えている方もいらっしゃると思いますが、乗っていたら自然に最適なギアを選べるようになるで大丈夫です!

 

 

おすすめのクロスバイク

 

はい、お待たせいたしました。

ここからは2018・2019年モデルから、おすすめのクロスバイクをご紹介します。

あなたが気に入るクロスバイクが見つかれば幸いです!

 

 

TREK FX 2 Disc

 

TREK(トレック)はアメリカの自転車メーカー。

クロスバイクからロードバイクまで、幅広いラインナップがあります。

 

2019年モデルからはディスクブレーキが装備されました。

 

ディスクブレーキは、雨の日でもブレーキが強力に効くのが魅力で、通勤や通学にクロスバイクを使う人に最適!

私もディスクブレーキの自転車に乗っていますが、このブレーキの効きを体感してしまうと普通のブレーキには戻れなくなります(笑)

 

車重 12.08kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 35C
カラーバリエーション ブラック/ホワイト
価格 60,000円

 

 

GIANT ESCAPE R3

 

クロスバイク界のボスと言っても良いGIANT(ジャイアント)

特にESCAPE R3は大ヒットモデルで、クロスバイクと言えばまずESCAPE R3が思い浮かびます。

 

ジャイアントはコストパフォーマンスに優れているのが特長で、同価格帯の他のメーカーのクロスバイクに比べ、スペックが高い!

1つデメリットを上げるとすれば、ESCAPE R3に乗っているひとが多いので、人と被ることでしょうか。

 

車重 10.7kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 28C
カラーバリエーション グリーン/イエロー/ブルー/ブラック/ホワイト
価格 52,000円

 

 

 

BRIDGESTONE CYLVA F24

 

ブリジストンから販売されているCYLVA(シルヴァ) F24も、かなり人気の高いクロスバイク。

その特長はなんと言っても実用性の高さ。

 

鍵やライトは標準装備ですし、カゴやキャリアなどのオプションパーツも豊富。

またパンクに強いタイヤを履いているので、通勤通学に使う人には1番オススメしたいクロスバイクです!

 

車重 11.7kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 32C
カラーバリエーション グリーン/オレンジ/ブルー/ブラック/ホワイト
価格 52,800円

 

 

 

RITEWAY SHEPHERD CITY

 

RITEWAY(ライトウェイト)は日本のメーカーで、日本人の体格に合ったクロスバイクを販売しています。

中でも人気が高いのがSHEPHERD CITY。

 

あまり前傾姿勢にならないアップライトな設計なので、クロスバイクに乗るのが初めての人でも安心して乗れます。

 

タイヤはクロスバイクでは珍しいフルスリック仕様。

軽快な乗り心地で楽に加速することができます。

 

車重 10.9kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 35C
カラーバリエーション ネイビー/シルバー/オリーブ/ブラック/ホワイト
価格 57,800円

 

 

 

GT TRAFFIC

 

マウンテンバイクメーカーのGTからリリースされたTRAFFIC(トラフィック)

 

マウンテンバイク譲りのフレーム設計は、圧倒的な衝撃吸収性と頑丈さを生み出します。

 

ふつうのクロスバイクは、路面からの衝撃がダイレクトに体や手に伝わってきて不快ですが、GT TRAFFICなら多少のでこぼこ道でもガンガン突き進むことが出来ますね!

 

車重 12.62kg
ギア数 21速
タイヤサイズ 38C
カラーバリエーション グリーン
価格 53,800円

 

 

 

LOUIS GARNEAU LGS-C9

 

ジャイアント・トレックの次によく見かけるのがLOUIS GARNEAU(ルイガノ)ではないでしょうか?

 

オシャレなデザインなので、学生の人気が高く多くの方が乗っていらっしゃいます。

またラインナップが豊富なので、同じルイガノでも他の人と被りにくいのも良いかも知れません。

 

車重 14.4kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 35C
カラーバリエーション ブラウン/シルバー/ブラック/ホワイト
価格 55,000円

 

 

 

MERIDA CROSSWAY 100-R


※画像引用元:メリダ(http://www.merida.jp/

 

ジャイアントと双璧をなすのがMERIDA(メリダ)

こちらもコストパフォーマンスの高さが魅力で、価格以上のスペックを持ったクロスバイクになっています。

取り扱っている店舗も急速に増え、ほとんどの自転車屋さんで購入出来るのも魅力ですね!

 

車重 11.9kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 28C
カラーバリエーション ブルー/オリーブ/ブラック/ホワイト
価格 53,900円

 

 

 

Bianchi ROMA4

 

チェレステカラーでお馴染みのBianchi(ビアンキ)

誰もが1度は目を惹かれる爽やかなブルーが魅力。

 

見た目のオシャレさと、クロスバイクの性能も良いメーカーですが、手に入りにくいのが難点。

都市部ならまだ良いでしょうが、地方だと取扱店が少ないですし、メーカーの在庫も少なめなためレアなクロスバイクと言っていいかも知れません。

 

車重 11.4kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 28C
カラーバリエーション チェレステ/グレイ/ピンク/ブルー/ブラック/ホワイト
価格 75,000円

 

 

 

GIOS MISTRA

 

ジオス ミストラルは鮮やかな「ジオスブルー」が魅力な1台。

一目みて「あっ、ジオスの自転車だ」と分かります(笑)

 

50,000円台のクロスバイクの中では人気が高く、スペックも欠点が特に見当たらない優等生タイプ。

学生さんよりも社会人の方が乗っていることが多いイメージがあります。

 

車重 10.8kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 35C
カラーバリエーション ジオスブルー/ブラック/ホワイト/グレー
価格 51,000円

 

 

 

女性専用のクロスバイク

 

クロスバイクのサイズは、ふつうの自転車と違って大きいです。

なので小さい女性の場合、ピッタリな車種がない場合が多く、無理な体勢で乗らなければなりません。

 

そんな声に応えたのが、女性用クロスバイク!

小さいサイズがラインナップされていて、カラーリングも女性向きの可愛い物が豊富です。

 

 

TREK FX 2 Women’s Disc

 

雨の日にも安心なディスクブレーキを装備。

しかもクロスバイクではまだ少ない油圧式です。

 

油圧式ディスクブレーキの良いところは、ブレーキレバーを握る力が少なくて済むこと。

スピードがでるクロスバイクでは、とっさの時に女性の力では自転車を止められないかも知れません。

しかし油圧式ディスクブレーキなら、握力が低い方でも強力にブレーキを効かせられるのでとても安心なんです。

 

また、タイヤも太めの物が付けられているので、フラフラしにくく安定して走ることが出来ます。

 

車重 11.98kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 35C
カラーバリエーション チャコール/グリーン
価格 60,000円

 

 

 

Liv ESCAPE R3 W

ジャイアントの人気クロスバイク「ESCAPE R3」の女性用モデル。

日本人女性の体格を考えられたフレーム設計で、ふつうのクロスバイクには乗りにくい方にオススメ。

カラーバリエーションも4色もあります!

車重 10.4kg
ギア数 24速
タイヤサイズ 28C
カラーバリエーション ミント/マゼンタ/ブラック/ホワイト
価格 52,000円

 

 

まとめ

 

今回ご紹介した中で気になった車種はありましたでしょうか?

 

「まだクロスバイクに乗ったことがない」と言う方には、試乗でもいいからぜひ乗ってみて欲しい!

自転車ってこんなに楽に早く走れるものだったのか!

と感動するはずです。

 

ただ、ふつうの自転車より速度が出ますので、安全運転で自転車ライフを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

おすすめブログ

feedly

follow us in feedly
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年の夏に一眼レフを始めたばかりの初心者です。 D750を片手にコンテストに入賞するのを夢見て楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

  こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山ありました。   私の住んでる田舎のカメラ屋さ ...

2

※2018年9月28日に記事を更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフや ...

3

2018年10月9日に再編集しました。     こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   今はスマホの普及でキレイな写真を手軽に撮るようになって、多く ...

4

※2018年10月9日に更新しました。   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   キレイな写真を撮りたくて一眼レフを購入する方は多いと思いますが、動画を撮り ...

5

※2018年10月9日に更新しました。     こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   一眼レフは数多くの機種が発売されていて、どのカメラにしようか ...

-撮影テクニックと雑記, 車で行きにくい場所もなんのその「クロスバイク」

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.