カメラとレンズの記事

何故スマートフォンはあんなに小さいレンズで高画質で映せるのか?

2021年3月8日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

一眼レフやミラーレスは、巨大なイメージセンサーに大口径のレンズを付けて撮影していますので、とても高画質な写真が撮れます。

さすが写真専用機!(動画も撮れるけど)

 

一方、スマートフォンは一眼レフやミラーレスに比べると、とても頼りないほど小さなレンズですよね。

でも撮ってみると結構キレイな写真が撮れてしまいます。

 

ペンくん
なぜスマートフォンはあんなにも小さなレンズで、キレイな写真が撮影出来るんだろう?

 

 

単焦点レンズであると言うこと

 

カメラのレンズの画像

 

現在、スマートフォンに搭載されているレンズは「単焦点レンズ」です。

 

レンズには大きく分けてズームレンズと単焦点レンズがありますが、画質では単焦点レンズが勝ります。

また単焦点レンズはのレンズのF値も明るい物が多いので、暗い場所でもISO感度をあまり上げなくても済むので、夜間の画質も良くなります。

 

 

レンズとセンサーがセットなので画像補正がしやすい

 

バラの写真

 

一眼レフなどレンズ交換式カメラと違って、スマートフォンはレンズを交換することが出来ません。

デメリットでもありますが、「このセンサーとこのレンズを使って写真を撮る」と決まっているため、画像の補正がしやすいと言うメリットもあります。

 

特にiPhoneとか凄いですよね!

ちょっとやり過ぎじゃない?と思う事もありますが、とても色鮮やかな色彩にしてくれるので、感動するような写真にしてくれますし、明るすぎる暗すぎる場所で撮影しても、ちゃんとした明るさに補正してくれます。

 

 

イメージセンサーが大きい

イメージセンサーの画像
※画像引用元:キヤノン

 

ほとんどのスマートフォンは「1/2.3型センサー」を使用しています。

これは一般的には一番小さいサイズとなるんですが、コンデジもこれと同じサイズなんです。

 

コンデジとスマホの大きさを比較すると、コンデジの方が大きいし分厚いし重いですよね。

 

スマホは写真専用機ではありません。

小さなパソコンで、機能の1つにカメラが付いているだけです。

 

なのにコンデジと同じサイズのセンサーを使用していますので、本体のサイズ感で比較すると大きいイメージセンサーを積んでいると言えます。

 

 

でも実はそんなに画質は良くない

 

スマホ写真

 

持ち上げといてアレなんですが、実はスマートフォンのカメラで撮影した写真は、そんなにキレイではありません。

キレイだと錯覚しているんです。

 

なんでスマホの写真はキレイだと感じるんでしょうか?

 

 

ディスプレイが高性能

 

iPhoneのディスプレイ

 

最近出たiPhone12を例に挙げると、解像度は2530×1170の有機EL。

HDR表示にも対応しています。

 

パソコンのモニターで言うとWQHD(2,560×1,440)に迫るくらい。

フルHDとWQHDの間ぐらいの解像度があります。

表示可能色数もかなりのもので、iPhoneは分かりませんが、AQUOSなどは10億色となっており、色のグラデーションもキレイに表示してくれる!

 

 

写真を見る画面が小さい

 

スマートフォンの画面

 

単純に画面が小さいので、写真が綺麗に見える効果もあります。

同じフルHDモニターでも、パソコンのような大きいサイズと、スマホの小さいサイズではドットの密集具合が違うからですね。

 

モニターでは小さいドットが集まって写真などを表示していますが、スマートフォンの画面ではドットがギューと圧縮されたように詰まっているので、より写真が高精細に感じます。

 

 

拡大すると粗が出る

 

残念な画像

 

拡大せずに見るとスマートフォンで撮影した写真はとてもキレイです。

しかしちょっと拡大すると、解像感が無くなりモヤっとした写真になってしまいます…。

 

特に室内で撮影した写真とかだと、少し拡大するだけでノイズが目立ってしまいますね。

 

一眼レフやミラーレスで撮影した写真は、かなり拡大してもキレイなままなので、やはり画質には差があります。

 

まとめ

 

まとめ

どうしてスマートフォンは何であんなに小さいレンズでなぜきれいに映るのか?と言うと。

レンズが単焦点レンズであることや、画像の補正力が高いこと。

ディスプレイが高性能なので、より写真がキレイに見えるので、スマートフォンで撮影した写真はキレイになる!という事でした。

 

最近は超広角・広角・望遠と、役割分担させたレンズを搭載することで、より高画質になって来ていますね!

センサーと画像補正の力も上がってきており、夜間でも信じられないような高画質で写真や動画が撮れるようになって来ています。

 

コンデジが駆逐されてしまったのも仕方がない高性能カメラとなりました!

 

でも一眼レフやミラーレスと比べると、足元にも及びませんので、ブログやSNSに高画質な写真を載せたいとお考えでしたら、写真専用機である「カメラ」を使ってみて下さい!

エントリーモデルでも超高画質ですよ。

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事

© 2021 ケロカメラ