カメラとレンズの記事 SIGMA (シグマ)

超軽量なF/2.8通しの超広角ズーム「SIGMA 16-28mm F2.8 DG DN」が登場!

2022年6月20日

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

SIGMAから、SONY Eマウント・Lマウント向けに、新しい超広角ズームレンズが登場しました。

 

ズーム全域F/2.8通しの「16-28mm F2.8 DG DN」

大三元の広角ズームとは焦点距離が異なりますが、その代わりにコンパクトかつ大幅な軽量化を果しています。

 

焦点距離14mmまでの広さは要らないって人には、とても多くの魅力が詰まったレンズ。

今回は16-28mm F2.8 DG DNの特長をご紹介します!

 

 

16-28mm F2.8 DG DN Contemporaryの特長

 

16-28mm F2.8 DG DN Contemporaryの画像
※画像引用元:シグマ

 

 

重量450gと超軽量!

 

16-28mm F2.8 DG DN Contemporaryの画像
※画像引用元:シグマ

 

重量450gと超軽量

SIGMA 16-28mm F2.8 DG DNは、SIGMAの3つのラインの1つ「Contemporary」に属しており、小型軽量さが売りのレンズとなります。

画質重視の「Art」シリーズに比べると解像度は劣るでしょうが、日常使いがしやすいサイズ感が魅力ですね!

 

  16-28mm F2.8 DG DN Contemporary 14-24mm F2.8 DG DN Art
最大径x長さ 77.2x102.6 mm 85x133 mm
重量 450g 795g
フィルター 72mm ×
価格 113,000円前後 136,000円前後

 

サイズは非常にコンパクトで、重量は345gも軽量化されています。

そして「14-24mm F2.8 DG DN Art」はフィルターを付けることが出来ませんが、「16-28mm F2.8 DG DN Contemporary」は72mmのフィルターに対応しているのも大きい!

通常の丸形フィルターが使えるので、PLフィルターを使って風景写真を撮ったり、NDフィルターでスローシャッター撮影も出来ます。

 

 

小型化しても高画質

 

16-28mm F2.8 DG DN
※画像引用元:シグマ

 

小型軽量化されると、気になるのが「画質」

 

小型化しても高画質

16-28mm F2.8 DG DNのレンズ構成は11群16枚。

その内、FLDガラス5枚と非球面レンズ4枚が使用され、各種収差を抑え高い解像度を発揮

 

さすがにArtラインの14-24mm F2.8 DG DNと比べると、コントラスト・解像度共に負けますが、このサイズ感でこれだけの画質を持っているのは凄い!

スーパーマルチレイヤーコート採用をし、高い逆光耐性も発揮します。

 

 

AF動作音が静かなので動画撮影にもOK

 

16-28mm F2.8 DG DN Contemporaryの画像
※画像引用元:シグマ

 

 

ポイント

AF動作音が静かなので動画撮影にもOK!

16-28mm F2.8 DG DNのAFには、ステッピングモーターを採用。

最近はリニアモーターが主流となりつつありますが、ステッピングモーターはレンズの軽量化に加え、AF動作音が静かですので動画撮影にも向いています。

 

また16-28mm F2.8 DG DNはインナーズームを採用しているので、ズームしてもレンズの全長が変わらず、重心の移動が最小限に抑えられます。

ジンバルを使って動画を撮る人には、非常に嬉しい機能ですね!

 

レンズも非常に軽いので、手持ち撮影で自撮りやVlogを楽しまれている方にも、おススメのレンズとなっています。

 

 

SIGMA 16-28mm F2.8 DG DNの公式作例

 

SIGMA 16-28mm F2.8 DG DNで撮影した写真

SIGMA 16-28mm F2.8 DG DNで撮影した写真

SIGMA 16-28mm F2.8 DG DNで撮影した写真

SIGMA 16-28mm F2.8 DG DNで撮影した写真
※画像引用元:シグマ

 

 

SIGMA 16-28mm F2.8 DG DNのスペック

 

 

発売日 2022年6月17日
対応マウント SONY Eマウント
Lマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 11群16枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 16-28mm
最短撮影距離 25cm
最大撮影倍率 1:5.6倍
開放F値 F/2.8
画角 107~75.4°
手ブレ補正 ×
防塵
防滴
フィルター径 72mm
本体サイズ 77.2x102.6mm
重量 450g
実売価格 113,000円前後

 

 

まとめ

 

16-28mmをF/2.8通しで、このサイズ感と軽さは凄いですね!

旅行・スナップ・動画撮影などなど。

色んなシーンで活躍してくれそうです。

 

一方で風景メインで撮る方には悩ましいスペックですね。

広角大三元である「14-24mm F2.8 DG DN Art」と、実売価格でお値段が20,000円しか差がありません。

画質を重視するのであれば14-24mm F2.8 DG DN Artですが、16-28mm F2.8 DG DNの軽さは無視できません。

 

特に登山される方だと、どちらのレンズにするか決めきれなのでは無いでしょうか。

 

梅野
発売直後は入手困難になるかも知れませんので、欲しいなと思われている方は早めにゲットしましょう!

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, SIGMA (シグマ)