カメラとレンズの記事

【自宅で写真上達】プロ写真家 高崎 勉 先生に学ぶDVDセット!カメラ初心者&伸び悩んでいる方にオススメ!

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

以前にもご紹介させて頂いたことがあるのですが、割と好評(メーカーさんに失礼)なので再度ご紹介させて頂きます!

 

どんな内容なの?

どんな内容の記事か先に結論を書いておくと、プロ写真家「高崎 勉」先生がカメラと写真のことを1から10まで丁寧に教えてくれるDVDセットです。

いわゆる「見て学ぶ」と言うやつですね。

 

Canon(キャノン)ですとプロカメラマンが写真を写しているところを番組にしてくれていますよね。

以前のだと「写真家たちの日本紀行」など。

 

 

やはりブログや本などで学ぶよりも、実際に人が撮っているところを見たほうが勉強になりますし、直感的に分かりやすいんですよね。

 

僕も「写真家たちの日本紀行」を見て、めっちゃ分かりやすい!と思ったので、これをマネしてYouTubeを始めたわけです(笑)

よろしければケロカメラのYouTubeもよろしくお願いします!

 

で、話を戻しますが、動画で見たほうが何かと分かりやすいわけです。

カメラを始めたばかりの方だと、カメラ・写真関係の書籍を購入する方も多いと思います。

 

しかし文字と写真では分からない部分もありますよね。

細かいところを知る、より理解を深めるのなら本に加えて動画で学ぶのも大事!

 

 

わずか3ステップ!プロが教える一眼レフカメラ上達講座3弾セット

簡単3ステップのカメラ上達講座

 

わずか3ステップで美しい写真が撮れる写真講座 を販売されている会社は、株式会社グッドアピールという会社です。

2008年に設立された会社で、ピアノやギターなどのDVD教材を製作・販売されています。

 

他のこういった教材との大きな違いは、その道のプロを講師として迎えているところ。

 

 

現役で活躍されているプロが丁寧に教えてくれるんです。

誰が書いているのか分からない本よりも、説得力がありますよね。

 

子供が生まれたのでカメラを買った。
孫の写真を撮るために一眼レフにしてみた。
ペットの成長を写真に残したい。

 

カメラを買うタイミングは人それぞれですが、一番多いのは家族の写真を撮りたいから購入される方が多いと思います。

今はスマートフォンの性能が上がり、かなり高画質な写真が撮れるようになってきましたが、やはり一眼レフやミラーレスには適いません。

 

 

「スマートフォンよりも高画質な写真が撮りたい」

 

そういう思いで一眼カメラを購入されると思うのですが、一眼カメラの性能を引き出してあげるには知識が必要になります。

本を読んでいても専門用語が多くて嫌になりませんか?

テレビ番組を見るような感覚で、カメラのこともDVDで学んだ方が楽しいし楽なんです。

 


  • ステップ1

    DVDを見る


  • ステップ2

    細かく知りたい場合は付属しているテキストで調べる


  • ステップ3

    実際に高崎先生のマネをして撮ってみる


これだけでカメラやレンズの使い方、写真の撮り方が上達していきます。

 

まぁ、これはこのDVDに限らず何でもそう。

私の場合ですと、写真をされている方のブログやSNSを見て、カメラの設定値とか構図をマネしてちょっとずつ上手くなってきました(多分)

 

でもマネする相手がプロの写真家だったら、もっと上達するのが早くなるのは言うまでもありませんよね。

 

 

プロが教える一眼レフカメラ上達講座3弾セットの内容物

 

セット内容

DVD3枚

テキスト3冊

お知らせみたいな冊子

 

 

DVDの内容

風景写真編

人物撮影編

物&花撮影編

-

以上の3枚です。

これまで発売されたものが全部セットになっています。

 

 

テキストの内容

付属するテキストはDVDにあわせて3冊。

これはモノクロですが、別途PDFでダウンロードできるテキストはカラー版となっています。

動画で分からないことがあっても、テキストも併せて読むことで理解が深まりますね。

-

元々は人物撮影のDVDだけだったんですが、購入された方から「風景写真なども学びたい」と言う声が大きく、風景撮影編と物・花撮影編が出ました。

こういう教本みたいなのでシリーズ化するのは、よほど人気が無いと無理ですからね。

-

期間限定で「ネコの撮り方」が付属していましたので、もしかしたら新しく「ネコ・犬の撮り方編」とか出るかも知れないですね。

 

 

教えてくれる・学べる内容

 

始めにも言いましたが、1から10まで丁寧に教えてくれます。

カメラもモードの意味や効果から、レンズの使いかたや使いどころ。

そして実際にどうやって良い写真を撮るのかまで。

 

わずか3ステップ!プロが教える一眼レフカメラ上達講座3弾セットの内容を見てみましょう!

 

 

カメラ上達講座 第1弾 人物撮影編

 

お子さんやお孫さん、ペットの写真をキレイに撮影したい方向けです。

ポートレートの腕を上げたい方も見てほしい。

 

カメラ上達講座 第1弾 人物撮影編の内容

  • 1:はじめに
  • 2:今すぐできる、カメラの機能を100%発揮する方法
  • 3:1から解説。状況に応じたレンズの使い分け
  • 4:何気ない写真から、感動の一枚にステップアップ
  • 5:いよいよ実践!人物写真を撮るときの大切なポイント
  • 6:より良い人物写真にするための、自然な笑顔の引き出し方
  • 7:人物写真がグっと良くなるフレーミングのポイント
  • 8:良い人物写真ってどんな写真?
  • 9:光の当たり方で変わる写真の印象について
  • 10:バランスの良い構図の人物写真にするには?
  • 11:動いている子供をブレずに撮る方法
  • 12:あなたの写真をダイナミックにする、たった1つのコツ
  • 13:プロ直伝!写真が上手くなる、魔法の撮り方
  • 14:構図のバリエーションを増やして写真の幅を広げる
  • 15:より人物を引き立てる、ボケ具合の調整テクニック

 

 

カメラ上達講座 第2弾 風景撮影編

 

 

 

チャレンジする人は多いですが、難易度は高い風景写真。

どうしても今までのクセで、記念写真みたいになってしまう方が多いです。

 

記念写真から人を驚かすような、写真が撮れるようになりたい方向け!

 

こカメラ上達講座 第2弾 風景撮影編の内容

  • 1:はじめに
  • 2:風景撮影の心構え
  • 3:プロ直伝!風景撮影の設定&機材
  • 4:風景写真のメインと背景の決め方
  • 5:ズームレンズを使った風景の切り取りテクニック
  • 6:感動の風景写真が「撮れない理由」と「撮る秘訣」
  • 7:これで納得!縦構図・横構図の使い分けテクニック
  • 8:あなたの感情が伝わる風景写真の撮り方
  • 9:シャッタースピードの調節で写真に「動き」を表現する
  • 10:夕焼けを綺麗に写すポイント

 

 

カメラ上達講座 第3弾 物・花撮影編

 

 

本屋さんなどで売っている多くの写真教本は、風景や人物撮影の仕方について書いていることがほとんど。

花瓶を撮ったりアクセサリーを撮影したりと、物撮りのことを詳しく解説している本はとてもレアです。

 

第3弾では物撮りと花撮影について解説してくれます。

物撮りで学ぶライティング(光の使い方)は、人物・風景・花などなどすべての写真で応用できる技術ですので、ぜひ学びたいですね!

 

カメラ上達講座 第3弾 物・花撮影編の内容

  • 1:はじめに
  • 2:物を撮るときの大切なポイント
  • 3:ただのグラスを芸術的に仕上げるテクニック
  • 4:イメージ通りに花の色を表現する方法
  • 5:花を輝かせる、とっておきのアイテム
  • 6:プロ直伝!物撮りの背景の決め方と作り方
  • 7:写真のセレクト&トリミングのコツ
  • 8:写真にストーリー性を持たせる「組み写真」について
  • 9:より心に響く写真の選び方、組み合わせ方
  • 10:プロとアマチュアの決定的な違いとは?

 

 

まとめ

 

“感動の1枚”をわずか3ステップで撮れる!一眼レフカメラ講座 が、いかにボリューミーな内容かお分かりいただけましたでしょうか。

 

カメラを買ったばかりの人でも分かる解説から始まり、高崎先生のマネをしてみるだけでワンランク上の写真が撮れるようになっていきます。

 

お値段は29,800円と安いとは言えない価格です。

ですが1本ずつの場合、およそ1枚当たり19,800円(税抜き)しますので、3枚セットの方が圧倒的にお買い得です!

 

今回ご紹介した物の他に、ヤフオクやメルカリなどで商品が売れる写真の撮り方編や、写真編集のやり方編なども出ていますので、気になる方は公式サイトで見てみて下さい!

 

“感動の1枚”をわずか3ステップで撮れる!一眼レフカメラ講座

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事

© 2021 ケロカメラ