レタッチテクニック レビュー

Luminar Neoの拡張機能「アップスケールAI」をレビュー!

2022年11月26日

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

Luminar Neoに新しい拡張機能「Upscale AI(アップスケールAI)」が追加されました。

トリミング後の写真に有効な機能で、動体撮影などでトリミングすることが多い方に嬉しい機能

 

今回はUpscale AI(アップスケールAI)の効果と使い方をご紹介いたします!

 

\ 購入はこちら /

Luminer Neo 拡張機能「Upscale AI」

AIを活用し誰でもすぐ使える最強RAW現像ソフトの追加機能「Upscale AI」
画素数を最大6倍まで増幅!

 

アップスケールAIの効果

 

Luminar NeoのUpscale AI(アップスケールAI)の画像

 

Upscale AI(アップスケールAI)トリミングした写真を、高解像度化することが出来る機能

トリミングをすればするほどに、写真の画素数が少なくなってしまい、写真がモヤっと不鮮明になってしまいます。

そんな時にUpscale AI(アップスケールAI)を使う事で、画素数をデジタル処理で増やすことができ、写真が鮮明になるわけですね!

 

Luminar NeoのUpscale AI(アップスケールAI)では、画素数を2倍・4倍・6倍から選ぶことができますので、写真に応じて適切な処理を行う事が出来ます。

 

 

アップスケールAIの使い方

 

それでは早速、Upscale AI(アップスケールAI)を使って見ましょう!

今回使っていく写真はこちら。

 

Luminar NeoのUpscale AI(アップスケールAI)の画像

今回はこのミサゴの写真を使います◆クリックで拡大表示できます

 

猛禽類ミサゴの写真です。焦点距離が足りず、小さく写ってしまっていますね。

 

step
1
まず大きく見えるようにトリミングします。

トリミングした後の下の写真。

被写体のミサゴは大きくなりましたが、トリミングをしたことで画素数が低下し、クッキリとは写っていません。

 

Luminar NeoのUpscale AI(アップスケールAI)の画像

トリミングした後のこの写真を使います◆クリックで拡大表示できます

 

梅野
こちらの写真にUpscale AI(アップスケールAI)を使って、もう少し鮮明な写真にしてみましょう!

 

 

step
2
アップスケールの項目を探す

こちらの写真にUpscale AI(アップスケールAI)を使って、もう少し鮮明な写真にしてみましょう!

Upscale AI(アップスケールAI)を使うには「カタログ」のページに戻ります。

カタログ画面の右端に「アップスケール」と言う項目があります。

アップスケールしたい写真を選択し、ここへドラッグして下さい。

 

カタログ→アップスケールの項目を見つけます ◆クリックで拡大表示できます

写真を選んでアップスケールの部分にドラッグします。◆クリックで拡大表示できます

 

 

step
3
アップスケール適応する倍数を選ぶ

写真をドラッグし終わると、2倍・4倍・6倍を選ぶことが出来るようになります。

今回は中間の「4倍」で行ってみますね。

選び終わったら「アップスケール」をクリック!

 

お好みの倍率をお選びください。(今回は4倍にしています)◆クリックで拡大表示できます

 

 

step
4
処理完了!

写真やPCのスペックによって処理時間は異なりますが、今回は20秒ほどで処理完了。

アップスケールが終わると、専用のフォルダに保存されます。

Upscale AI(アップスケールAI)後の写真は10912×7276。

約7900万画素相当の写真になっています。

 

Luminar NeoのUpscale AI(アップスケールAI)の画像

 

それでは処理前と処理後の写真を見比べてみましょう!

 

Luminar NeoのUpscale AI(アップスケールAI)の画像Luminar NeoのUpscale AI(アップスケールAI)の画像

左が処理前 右が処理後

 

どうでしょう?

結構クッキリとしていると思いませんか?

特にミサゴの目元が大きく変わってクッキリとしています。

 

Upscale AI(アップスケールAI)を使う事でこれだけ鮮明な写真に出来ますので、これからは躊躇なくトリミングすることが出来そうです!

 

 

アップスケールAIのメリット

 

 

Upscale AI(アップスケールAI)のメリットは、写真のサイズを拡大させ、画素数を増やせること。

これによってトリミングした写真でも、クッキリとした写真にすることが可能です。

 

画素数の少ないカメラをお使いの方でも、画素数を増やすことによって、大伸ばしのプリントに対応することが出来るようになります。

マイクロフォーサーズやAPS-Cのカメラをお使いの方にとっても、とても有用な機能ですね!

 

他社のソフトで同じような機能を使った場合、写真がザラ付いてしまう事があります。

ノイズをより強調してしまったり、模様の部分がおかしなことになることがある…

Luminar NeoのUpscale AI(アップスケールAI)では、AI機能が優秀なおかげか、写真がザラ付いたりすること無く仕上がりますので、キレイな写真になります。

なので積極的に使っていける機能ですね!

 

 

アップスケールAIのデメリット

Upscale AI(アップスケールAI)はとても優れた機能ですが、不得意なこともあります。

 

元が不鮮明過ぎる写真にUpscale AI(アップスケールAI)を適用すると、塗り絵の様な写真となってしまいます。

AIが「たぶんこんな感じだよね?」と判断して作った写真になりますので、非常にデジタル臭い写真になっちゃいますね…。

 

あまりに不鮮明な場合は、Luminar Neoのスーパーシャープを掛けてから、Upscale AI(アップスケールAI)を試してみると良いかも知れません。

 

 

まとめ

 

\ 購入はこちら /

Luminer Neo 拡張機能「Upscale AI」

AIを活用し誰でもすぐ使える最強RAW現像ソフトの追加機能「Upscale AI」
画素数を最大6倍まで増幅!

 

Upscale AI(アップスケールAI)と似た機能は他社のソフトでも出ていますが、Luminar Neoでは2倍・4倍・6倍と選択できるのが良いですね。

またAI機能が優秀なのか、背景がザラ付かないのも魅力!

 

梅野
トリミングを多用する方にはぜひ使って見て欲しい機能。

 

処理には時間が掛かりますので、出来るだけスペックの高いパソコンを使われた方が、ストレスなく作業が出来るかと思います!

 


Luminar Neo公式サイト

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

-レタッチテクニック, レビュー