梅野の撮影日記 高知県を撮影!

高知県越知町【大樽の滝】その1

投稿日:2016年9月10日 更新日:

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

カメラを初めて間もないころの話になりますが
一眼レフで風景やボケ写真を撮ったあとは、滝をスローシャッターで撮影した写真に憧れますよね?(迫真)

 


こんな感じの写真の事です!

 

そんな訳で同時期に始めたカメラ友達と「滝を撮りに行ってみよう!」と思い立ち
勢いだけで出発したのですが、当時は友達も私もNDフィルター三脚も持っていないカメラ歴0か月の初心者でした(笑)

 

初めて滝を撮影しに行った場所は、高知県越知町にある「大樽の滝」

 

越知町は人口6,000人くらいの町ですが
西暦1180年~1185年に起こった源平合戦のあとに、安徳天皇が逃げてきた地であると言う伝説が残る場所です。

 

 

越知町までのアクセスは高知県内にしては良い方ですが
国道から外れ、滝へ向かう山道は急に酷道へと早変わり!

3ナンバーの車で行こうとされる方は、ある程度の勇気を持って行きましょう(笑)
登り切ると車5台ほど停めれる駐車スペースがあります。

 

※D5300+AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G  【1/4000秒 f/1.8】


駐車場からはこんな道を延々と歩いて行きます。

所々に架かっている木の橋は、板が抜けそうなのもありました。

 

ちなみになんですが、この写真は人生初の写真コンテストに応募しました。
カメラ始めて一か月も経ってないのにです(笑)

結果は勿論なんの賞にも引っかからず落選し、いっちょ前に悔しかった(笑)

 


※D5300+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5_5.6G VR Ⅱ 【焦点距離18mm 1/400秒 f/9】

 

もはや道が無くなります。

 

写真で見るとキレイな森の中って感じですが、実際は蚊との闘いで
風景を楽しむ心の余裕がありません。

 

※写真のどこかで、友人がこちらにカメラを向けて撮影しようとしています。お暇な方は探してみて下さい。

 

その2へ続く!

   道なき道を通り抜けると、かつては売店だった様な廃墟が出てきます。 廃墟は寂しげでどこか怖さも感じます。  コテージもあるのですが、...

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

-梅野の撮影日記, 高知県を撮影!

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.