カメラとレンズの記事 その他のメーカー

えっ?水のレンズ!?サットンレンズを搭載したフィルムカメラ「HydroChrome Sutton's Panoramic Belair Camera」が登場!

2020年11月11日

 

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

面白いカメラをリリースしているロモグラフィーが、サットンレンズを搭載しパノラマ撮影が出来るフィルムカメラ「HydroChrome Sutton's Panoramic Belair Camera(ハイドロクローム サットンズ パノラミック ベル エア カメラ)」を発表しました。

 

発売は2020年11月下旬予定で、価格は8,980円(税込み)

 

レンズに色付きの水を入れることで、様々な表現をすることが出来るカメラとなっています!

 

 

レンズに水を入れるサットンレンズ


※画像引用元:ロモグラフィー(https://shop.lomography.com/jp/

 

サットンレンズとは?

トーマス・サットン氏が開発したレンズ。

世界初のレンズ固定式カメラでパノラマ写真の撮影を成功させた偉大なレンズなんですね。

 

今回発売される「HydroChrome Sutton's Panoramic Belair Camera」は、サットンレンズを現代的にアレンジしており、パノラマ撮影を楽しめるのはもちろんのこと、色付きの水を注入することで独特な表現を楽しむことが出来ます!

 


※画像引用元:ロモグラフィー(https://shop.lomography.com/jp/

 

こんな感じで注入する水の色によって、写真の雰囲気をガラリと変えることが出来ます。

 

梅野
楽しそうですが、色の濃さの調整とかが難しそうですね。
フィルムを何枚もムダにしそう・・・(笑)
ペンくん

 

 

カメラ本体の仕様


※画像引用元:ロモグラフィー(https://shop.lomography.com/jp/

 

カメラ本体の仕様

  • レンズは焦点距離32mmの単焦点レンズ。
    F値はF/11で、付属する絞りプレートを使うとF16、F22、F32、F168(ピンホール)に変えることが出来ます。
  • 最短撮影可能距離は1.5mと結構長め…。
    パノラマ撮影が前提でしょうから問題ないと思いますが、普段の感覚で撮影してしまうとピントが合いませんね。
  • シャッタースピードは1/100秒かバルブの2つしかないスパルタン仕様。
    お天気のいい日だとカメラ初心者の方でも気軽に撮影できますが、曇りの日やちょっと暗い環境ではフィルムカメラに慣れている人や、普段からマニュアルで撮影されている方でないと難易度が高そうですね。
  • カメラには三脚穴やケーブルレリーズ用のソケットが設けられており、ストロボの発光も可能なようです。

 

 

発売日 2020年11月下旬
タイプ フィルムカメラ
ケーブルレリーズソケット あり
バッテリー型 バッテリーは必要ありません
レンズ絞り f / 11、f / 16、f / 22、f / 32、f / 168(ピンホール)
シャッタースピード N(1/100)、B(バルブ)
焦点距離 32mm
露光範囲 104mm×35mm
フィルム巻き上げ ノブ
使用フィルム 35mm
フラッシュ接続 PC-ソケット
焦点 固定フォーカス
焦点距離 1.5m-インフィニティ
フィルムカウンター 自動
カメラ素材 プラスチック
三脚穴 あり
曝露 なし
ファインダー スポーツファインダー
実売価格 8,980円

 

 

ハイドロクローム サットンズ パノラミック ベル エア カメラで撮れる写真

 

梅野
やはりフィルムの描写は素敵ですね!
カメラ本体はかなり低価格ですが、撮れる写真はなかなか解像度が高いです。
これに色付きの水を利用すれば、表現の幅は無限大だね!
ペンくん

 

 

 

まとめ

 

梅野
使いこなすにはセンスが求められるカメラですが、撮れる写真はとても面白い!
フィルム写真が好きな方には気になるカメラではないでしょうか?

 

SNSなどで目立ちたい・注目を集めたいと思っている方にもおススメ。

 

ふつうの写真には飽きてしまった、刺激が欲しいなんで方は、「ハイドロクローム サットンズ パノラミック ベル エア カメラ」で遊んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, その他のメーカー

© 2020 ケロカメラ