カメラとレンズの記事 カメラの知識 レンズの知識

カメラやレンズもサブスクの時代!「GooPass(グーパス)」なら高価な機材も月額借り放題!

2021年9月12日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

年々進化を続けるデジタルカメラ。

特に一眼レフからミラーレスへと移り変わってからは、ハイテクな機能が増えましたのでカメラの価格も上昇気味。

 

また画素数が上がって来ていますので、高画素に耐えられる高性能レンズも値段が高いです。

そうなってくると欲しいカメラ機材はあっても、なかなか変えなくてモヤモヤしますよね…。

 

カメラ機材はレンタル出来るサイトも今では多くありますが、レンタル出来るのは主にエントリーモデルとなっており選択肢が少ないのがデメリット。

 

そんな中、超高級機種さえも借りることがサービスが登場しました。

それがGooPass(グーパス)です!

 

梅野
いま流行のサブスク(月額制)となっており、無理のない出費で色々な機材を試してみることが出来ますね!

 

 

GooPass(グーパス)を利用するメリット

【カメラのサブスク】GooPass公式サイト

 

GooPass

GooPassは一般的なカメラレンタルと違い、取り扱っているカメラ機材の幅が非常に広いです。

カメラレンタルではエントリーモデルから中級機が主なのに対して、GooPassはエントリーモデルから中判カメラまで取り扱っています。

 

1つ例に挙げれば「FUJIFILM GFX100」なんかも借りることが可能!

FUJIFILM GFX100は1億200万画素中判センサーを搭載したカメラで、お値段は何と1,200,000円ほど!

とてもじゃないけど手が出る価格では無いので、一生縁は無いかなと思ってしまうカメラですが、GooPassを利用すれば借りることが出来るんです。

 

こんな高額な機材、もし使っていて壊れたらどうしよう…

 

不安になると思いますが、GooPassには補償制度が設けられており、通常使用での故障は自己負担0円です。

うっかり落としてしまったりして壊れた場合も、上限5,000円の負担で済むようになっています。

なので手が届かない憧れの機材も、安心して借りることが出来ますよ!

 

ただ、紛失や盗難は補償対象外ですので、そこだけはお気を付けください。

 

 

レンタルとサブスクの違い

 

GooPassの機材リスト

GooPassの品揃えは圧倒的!

 

これまではカメラのレンタルサービスは多くありました。

旅行やイベントの時だけ良いカメラを使いたいという方に人気のサービス。

 

ただ「この機材を使って見たい!あの機材も使って見たい」となると、借りるたびにレンタル料金が発生してしまいます。

色んな機材を使ってみたい方には、レンタルよりも何回借りても固定料金のサブスクがオススメなんですね。

 

  レンタル サブスク
利用料金 レンタルする度に発生 月額固定で借り放題
機材の種類 エントリーモデルが中心 超高額機材まで品ぞろえが豊富

 

旅行やイベント時にカメラを使いたい方は、これまで通りレンタルの方が良いですし、カメラを趣味としてやっている人にはサブスクの方が向いていますね。
梅野

 

GooPassには現在1000を超す機材を構えていますので、使って見たい高価な機材や撮ってみたい写真に合わせて色んな機材を楽しむことが可能です!

 

 

GooPass(グーパス)の利用料金

 


【カメラのサブスク】GooPass公式サイト

 

さて気になるのはGooPassの利用料金です。

GooPassの利用料金は9段階に分かれているのですが、一番安いプランは月額6,380円(税込み)から利用することが出来ます。

 

チェック

GooPassを利用するのは「パス」と「ランク」を理解する必要があります。

機材はエントリーモデルから高級機にランク1~ランク9までに分けられており、そのランクに対応する利用料金「パス」を選ぶ必要があります。

例えば、月額6,380円(税込み)で利用できるのは「パス1」となっており、借りることが出来る機材は「ランク1」にカテゴリーされている機材のみとなります。

 

パスとランクの一覧は下記の通り。

 

パス 月額料金 ご利用できる機材のRank
Lv1パス 6,380円 Rank1のみ
Lv2パス 10,780円 Rank1~2
Lv3パス 15,180円 Rank1~3
Lv4パス 19,580円 Rank1~4
Lv5パス 26,180円 Rank1~5
Lv6パス 32,780円 Rank1~6
Lv7パス 43,780円 Rank1~7
Lv8パス 54,780円 Rank1~8
Lv9パス 87,780円 Rank1~9

 

 

ペンくん
じゃあランク1だと古い機材しか借りられないんじゃないの?
ランク1で大体12万~13万クラスの機材まで借りることが出来るよ
梅野

 

ランク1でも借りられる機材の数は380種類以上!

一眼レフやミラーレスが揃っていますし、なによりレンズの種類が非常に多い。

F/1.4なんていう超明るい単焦点レンズも、ランク1で借りることが出来ます。

 

カメラ以外にも

他にも丸形フィルターや角型フィルター。

動画も撮りたい人には「DJI POCKET 2」や「GoPro HERO9」も借りることが出来ます。

アクセサリーではメーカー純正テレコンバーターや、ジンバルなんかもあります。

 

一番安い月額6,380円のプランでも、凄まじいほどランナップが充実しているんですね。

気になる方は公式サイトの「機材リスト」を見てみて下さい。

 

またランク1の機材は、うっかり壊してしまっても、自己負担額は2,000円で済む保証が付いています。

 

 

初めての方でも安心のオリジナルセットもあります

GooPassのサービス

「レンズマウント」とか専門的なことを知らなくても大丈夫

 

こう言ったサービスを利用するのが初めて
カメラ初心者なのでカメラとレンズの組み合わせが分からない

 

こんな方でも安心して利用できる、オリジナルのセットを用意してくれてます。

このセットからカメラなどを勉強して、次は自分が欲しいなと思う機材を借りて撮影にチャレンジしてみましょう!

 

 

まとめ

 


【カメラのサブスク】GooPass公式サイト

 

ペンくん
GooPassは色んな機材を使って見たい方にとって、非常に嬉しいサービスだね!
私も絶対に手にすることは無いだろうと思っていた、中判カメラやメーカーのフラッグシップモデルなどを使ってみたいです。
梅野

 

レンズの種類も非常に豊富なので、欲しいなぁと思っていたレンズをGooPassで借りて、実際に使って確かめてみることが出来るのも良い。

普段はあまり使わない機材、フィルターやテレコンなどが要る時だけ借りればいいので、荷物も増えないしお金も節約できる。

 

さすがにパス9の月額料金はなかなか払えないと思いますが、ランク2やランク3になると選べる機材の種類がグッと広がりますので、GooPassで取り扱っている「機材リスト」を見つつ、最適なプランを選びましょう!

 

今は利用料金が「安い!」と言う人もいれば、「高い!」と言う人も居てどちらとも言えない価格帯。

利用者が増えて値下げされることがあれば、カメラのサブスクもかなりポピュラーな物になるのではないでしょうか!

 

私も他社のカメラを使って見たいとブログやTwitterでよく言っていますが、GooPassを利用していろんなカメラやレンズを試してみたいなと思っています。

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, カメラの知識, レンズの知識

© 2021 ケロカメラ