梅野の撮影日記 2020年

昭和のレトロな世界に浸れる愛媛県の「ポコペン横丁」に行ってきました!

2020年10月5日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

今回は愛媛県大洲市にある「ポコペン横丁」に行ってきました。

 

ポコペン横丁

昔、誰もが遊んだ缶けりやかくれんぼ。あの懐かしさが漂う横丁を再現しています。
そこは、まぼろし商店街1丁目。

ホーロー看板や軒を連ねるお店、個性的な店主により昭和30年代のレトロ空間が演出されています。

大洲市観光情報サイトより

 

私は普段、観光地に行くときは平日に行きます。

人が少なくて撮影しやすいですからね!

 

ですがポコペン横丁は日曜日しかやってないんですよね…。

 

案の定、道中は車&バイクは多いし、やっと着いたと思ったら駐車場が満車だったりと、日曜日あるあるを久しぶりに味わうことが出来ました。

 

 

ポコペン横丁へのアクセスと営業時間

 

住所 愛媛県大洲市大洲103
電話番号 0893-57-6655
営業日 毎週日曜日(4月~11月)
第三日曜日(12月~3月)
営業時間 10:00~15:30
入場料 無料
思ひ出倉庫(大人200円:こども100円:5歳以下無料)
駐車場 大洲まちの駅あさもや(普通車43台/大型車6台)

 

私が行った時は駐車場は道の駅あさもやの駐車場は満車で、大洲市役所を案内されました。

高知から梼原経由の下道で行きましたが、休憩も入れて3時間くらいでつきます。

 

 

昭和の雰囲気が漂うポコペン横丁へ


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離25.5mm F/10 EV:0 ISO100 SS:1/80

 

入り口には昔懐かしい看板がズラリと並んでいます。

今のスタイリッシュなフォントもカッコいいですが、この昔のフォントはとても日本らしい気がします!

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離45mm F/6.3 EV:0 ISO100 SS:1/60

 

AWBが暴走してなんか夕方みたいになってしまったけど、ポコペン横丁に良く似合う色合いに。

お店もちゃんと昔風のお店になっていて、本当に昭和の時代にタイムスリップしたような体験が出来ます!

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離27.5mm F/10 EV:0 ISO100 SS:1/10

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離70mm F/10 EV:0 ISO100 SS:1/3

 

よくこんなにも昔の物が残っていたなと思う。

キャラクター物は結構残っていたりするけど、このショーケースや家具などまであるのは凄い!

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離37mm F/2.8 EV:0 ISO100 SS:1/80

 

僕は昭和の末期、昭和62年生まれですが、田舎に住んでいたこともあり地元の個人商店ではこういうのが結構残っていて、目にしたことがあるものも多かった。

「うわ!懐かしいなぁ」と思うのと同時に、子供の時の記憶って思いのほか残っているんだなと思いました。

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離46mm F/2.8 EV:0 ISO100 SS:1/30

 

Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離57mm F/2.8 EV:0 ISO100 SS:1/10

 

お店の軒先には囲碁と将棋が。

かなり使い込まれていて、月日の流れを感じますね。

 

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離46mm F/2.8 EV:0 ISO100 SS:1/6

 

入場料が掛かりますが「思ひ出倉庫」にも入ってみました。

 

思ひ出倉庫

大洲レトロタウン「ポコペン横丁」の奥には、旧沖本倉庫と呼ばれた漆喰の蔵があります。
そこは、おおずまぼろし商店街2丁目。おくすり臥龍堂、まぼろし商店街2丁目交番、床屋、雑貨屋などが並ぶ横丁です。

雑貨屋の奥には昭和30年代のお茶の間があり、実際に上がることも出来ます。
ホーロー看板、昔ながらの車やおもちゃなど多数展示してあるタイムスリップ空間。年末以外は毎日開館し、時を越えた超レトロ空間が、皆さまのお越しをお待ちしております。

大洲市観光情報サイトより

 

ここにはさらに沢山のレトロなものが展示されています!

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離30.5mm F/2.8 EV:0 ISO100 SS:1/20

 

ひっそりと佇む郵便ポスト。

赤ではなく朱色になって錆がある感じがたまりませんね!

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離32.5mm F/2.8 EV:0 ISO100 SS:1/15

 

古いコカ・コーラの看板も、ちゃんと可動しています。

 

梅野
中はかなり暗かったですが、Nikon Z6の手ブレ補正はかなり効きますね!

もちろんブレちゃった写真もありましたが、欲張ってISO100で撮影しても、案外何とかなっています。

 

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離24mm F/2.8 EV:0 ISO100 SS:1/2

 

施設内にはクラシックカーも!

マツダ初の乗用車の「R360クーペ」(多分)

 

この頃の車ってオシャレだし可愛いデザインですよね。

 

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
焦点距離51mm F/2.8 EV:0 ISO100 SS:1/2000

 

息子もレトロなおもちゃにハマって、夢中で遊んでいました!

生まれたころから息子を写してきた、Nikon D750も見守っています。

 

 

帰りに寄った「道の駅 布施ヶ坂」

 

嫁さんと運転を交代するために寄った道の駅。

ふと見ると彼岸花が咲いていたので、ついでにちょっと撮影。

 

この日は出番がなかったニューレンズ「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」の出番です!

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
焦点距離130mm F/3.5 EV:-2.0 ISO100 SS:1/60

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
焦点距離200mm F/4 EV:0 ISO100 SS:1/15

 


Nikon Z6+NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
焦点距離130mm F/3.5 EV:-2.0 ISO100 SS:1/30

 

 

この3枚しか撮れなかったけど、使ってみて楽しかったですね。

私は広角のレンズを使うことが多いので、被写体を切り取るような撮り方には慣れていませんが、これまでとは違う世界で面白かった!

 

また別の日にガッツリと使ってみたいです!

 

 

まとめ

 

愛媛県のポコペン横丁、おそらく多くの人にとってとても懐かしさを感じられる場所。

こどもの頃を思い出す、童心に帰ることができる不思議なスポットでした!

 

また昭和のことをそんなに知らない平成生まれの人にとっては、とても新鮮に感じるレトロな空間だと思いますので、ぜひ行かれてみて下さい!

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-梅野の撮影日記, 2020年

© 2020 ケロカメラ