カメラとレンズの記事 初心者向け記事 Canon (キャノン) カメラの知識

【カメラ初心者向け】初めてのカメラ選びでCanonのミラーレスを選ぶならどのモデルが良いのか?

2021年10月6日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

Nikonと同じくミラーレスに本格参入をなかなかしなかったCanon。

しかしSONYのあまりに勢いに、ミラーレスを軽視できなくなったのか、2018年に発売したフルサイズミラーレス「EOS R」を皮切りに本格参入しました。

 

その際に、新次元の光学性能を発揮する「RFマウント」を開発し、高性能さとコンパクトさを両立するレンズがリリースされるようになりましたね。

ただ、それ以前にあったミラーレス用マウント「EF-M」がほぼ死んでしまったのが痛いところですが…。

 

Canonは18年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成しているカメラ界の覇者!

 

ペンくん
初めてのカメラにCanonを選ぶ方もきっと多いよね。
今回はCanonから発売されているミラーレスの特長を見ながら、
初心者の方におススメのカメラをご紹介したいと思います!
梅野

 

 

Canon EOS M200

 

Canon EOS M200の画像

キャノンのエントリーモデルで軽量&コンパクトが売り

※EF-Mマウント採用

 

Canon EOS M200

まるでコンデジのようなコンパクトなミラーレス。

これだけ小さいカメラですが、APS-Cセンサーを採用しており、普通のコンデジとは比べ物にならないほど高画質な写真が撮影出来ます。

 

ミラーレスを始められる方におススメの入門機

 

本格的なミラーレスはボタンが一杯付いてて使いこなせる不安…
カメラを操作するボタン類もコンデジのデザインとほぼ同じなので、大丈夫ですよ!
梅野

 

ココがポイント

液晶画面は180°可動するようになっていますので、自撮り(セルフィー)も気軽に撮影できるようになっています。

SNSなどでもっと高画質な写真や動画を載せて、差別化を図りたい方にもおすすめのカメラ!

 

 

Canon EOS M200の作例

 

Canon EOS M200で撮影した写真

Canon EOS M200で撮影した写真

Canon EOS M200で撮影した写真
※画像引用元:Canon

 

 

Canon EOS M200のスペック

発売日 2019年10月18日
タイプ ミラーレス
センサーサイズ APS-C
画素数 2410万画素
高感度 標準:ISO100~25600
拡張:ISO51200
連写速度 ワンショットAF時:最高約6.1コマ/秒
サーボAF時:最高約4コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 143点
液晶モニター 3型(インチ)・104万ドット
ファインダー倍率 -
ファインダー視野率 -
撮影可能枚数 液晶モニタ使用時:315枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 108.2(幅)x67.1(高さ)x35.1(奥行) mm
重量 261g
実売価格 82,000円前後(ダブルズームキット)

 

 

Canon EOS Kiss M2

 

Canon EOS Kiss M2の画像

Kissの名前を冠したキャノン製ミラーレスの本格派エントリーモデル

※EF-Mマウント採用

 

Canon EOS Kiss M2

Canonのエントリーモデルと言えば、一眼レフ時代から「Kissシリーズ」は非常に人気でした。

2018年にKissの名前が入った「EOS Kiss M」が登場し、2020年に後継機の「EOS Kiss M2」が登場しています。

 

EOS M200より大きいボディで、いかにもカメラと言う見た目をしていますが、グリップ部分が大きいのでとても持ちやすい。

 

ココがポイント

撮影能力もエントリーモデルとしては非常に高く、特にオートフォーカスの追従性が素晴らしいです。

オートフォーカスの追従性とは、動いている被写体(子供やペット)にカメラが自動でピントを合わせ続けてくれることです。

 

梅野
私は実際に初代のEOS Kiss Mを使ったことがあるのですが、いつも使っている180,000円くらいしたフルサイズ一眼レフよりも、オートフォーカスの追従性が良くて、公園で走り回る子供もしっかりと撮影することが出来ました。

 

子供が生まれてカメラデビューするパパさんママさん、ペットの写真を撮りたい方、これからカメラを始めてみたいなと思っている方におススメのカメラです!

 

記事を見る
【Canon EOS Kiss M2】キャノンのエントリーミラーレスがモデルチェンジ!AF性能がさらに向上したぞ!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   CanonのエントリーミラーレスEOS Kiss Mの後継機が登場しました。 新しいカメラは「EOS Kiss M2」 ミラーレスのKissシリーズ第2弾 ...

続きを見る

 

 

Canon EOS Kiss M2の作例

 

Canon EOS Kiss M2で撮影した写真

Canon EOS Kiss M2で撮影した写真

Canon EOS Kiss M2で撮影した写真
※画像引用元:Canon

 

 

Canon EOS Kiss M2のスペック

発売日 2020年11月27日
タイプ ミラーレス
センサーサイズ APS-C
画素数 2410万画素
高感度 標準:ISO100~25600
拡張:ISO51200
連写速度 ワンショットAF時:最高約10コマ/秒
サーボAF時:最高約7.4コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 143点
液晶モニター 3型(インチ)・104万ドット
ファインダー倍率 -
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:250枚
液晶モニタ使用時:305枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 116.3(幅)x88.1(高さ)x58.7(奥行) mm
重量 350g
実売価格 114,000円前後(ダブルズームキット)

 

 

Canon EOS M6 Mark II

 

EOS M6 Mark IIの画像

エントリーモデルの最上位機種

※EF-Mマウント採用

 

Canon EOS M6 Mark II

EOS M200系デザインの最上位モデルが「EOS M6 Mark II」です。

コンデジのような見た目は残しつつ、グリップ部分が追加され撮影しやすいボディ。

 

外付けの電子ビューファインダーをも用意されていて、可愛い見た目と本格的な撮影を両立できるカメラですね。

 

ココがポイント

連写速度は1秒間に14枚とかなりの連写性能を持っています。

ただ本格的なミラーレスと違って、連写の間はモニター画面がカクカクとしてしまうので、視野の狭い望遠レンズでの撮影だと連写しているときに被写体を見失ってしまうかもしれません。

画素数は3250万画素となっており、撮影した後にトリミングをしても画質が劣化しにくいのが良いですね!

 

 

Canon EOS M6 Mark IIの作例

 

Canon EOS M6 Mark IIで撮影した写真

Canon EOS M6 Mark IIで撮影した写真

Canon EOS M6 Mark IIで撮影した写真
※画像引用元:Canon

 

 

Canon EOS M6 Mark IIのスペック

発売日 2019年9月27日
タイプ ミラーレス
センサーサイズ APS-C
画素数 3250万画素
高感度 標準:ISO100~25600
拡張:ISO51200
連写速度 ワンショットAF時:最高約14コマ/秒
サーボAF時:最高約14コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 143点
液晶モニター 3型(インチ)・104万ドット
ファインダー倍率 -
ファインダー視野率 -
撮影可能枚数 液晶モニタ使用時:305枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 119.6(幅)x70(高さ)x49.2(奥行) mm
重量 361g
実売価格 124,000円前後(ダブルズームキット)

 

 

Canon EOS RP

 

Canon EOS RPの画像

キャノンのフルサイズミラーレスの中で最も小型なモデル

※RFマウント採用

 

Canon EOS RP

重量485gとCanonのフルサイズミラーレス中で最もコンパクトで軽いカメラ。

小型化を重視したカメラは低スペックになりがちですが、EOS RPは小型化しつつもかなり性能が高いです。

 

発売当時は約160,000円前後のお値段でしたが、現在は100,000円前後となっており、いきなりフルサイズデビューも夢ではない価格になっているのも魅力ですね。

 

ココがポイント

連写性能や画素数ではさすがに上位モデルと差を付けられていますが、オートフォーカス性能や画質では劣らないスペックを秘めており、気軽にフルサイズミラーレスを持ち出したい方におススメのカメラ!

 

記事を見る
【Canon EOS RP】こういうミラーレスが欲しかった!コンパクトなフルサイズミラーレス登場!

※画像引用元:Canon(https://canon.jp/)   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   Canonからフルサイズミラーレスの第2弾が登場しました。   その名は「Can ...

続きを見る

 

 

Canon EOS RPの作例

 

Canon EOS RPで撮影した写真

Canon EOS RPで撮影した写真

Canon EOS RPで撮影した写真
※画像引用元:Canon

 

 

Canon EOS RPのスペック

発売日 2019年3月14日
タイプ ミラーレス
センサーサイズ フルサイズ
画素数 2620万画素
高感度 標準:ISO100~40000
拡張:ISO50、51200、102400
連写速度 ワンショットAF時:最高約5コマ/秒
サーボAF時:最高約4コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30秒
AF測距点 4779点
液晶モニター 3型(インチ)・104万ドット
ファインダー倍率 0.7倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:210枚
液晶モニタ使用時:250枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 132.5(幅)x85(高さ)x70(奥行) mm
重量 440g
実売価格 107,000円前後(ボディのみ)

 

 

Canon EOS R

 

Canon EOS Rの画像

キャノン初のフルサイズミラーレスとしてデビュー!

※RFマウント採用

 

Canon EOS R

2018年に登場したフルサイズミラーレス「EOS R」

Canon 初のフルサイズミラーレスと言うこともあり注目を集めました!

 

非常に良く出来たカメラですが、初号機と言うこともあり操作性で不満の声がありましたね。

後に登場するR5やR6では、しっかりと改善されています。

 

ココがポイント

EOS Rはバリアングルモニターを備えており、自撮りや動画撮影で有利な部分があり、動画機としても人気となっていました。

3030万の画素数を持ちつつも、ISO40000にまで対応する高感度性能。

 

RFレンズを使えるので新次元の高画質さもあり、これからカメラを始めたい方がいきなりフルサイズデビューするのにもおススメのモデル。

中古だと130,000円前後で手に入れる事が出来ます。

 

記事を見る
【Canon EOS R】フルサイズミラーレスに満を持してキャノンも参戦!

※画像引用元:Canon(https://canon.jp/)   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   ついにキヤノンからもフルサイズミラーレスが発表されました! その名は「Canon EOS ...

続きを見る

 

記事を見る
Canon EOS Rを購入した方の評価はどうだろうか?

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   2018年末に登場した、Canonのフルサイズミラーレス「EOS R」 一眼レフの王者が、ついに発売したフルサイズミラーレスと言うことで、多くの話題を集め ...

続きを見る

 

 

Canon EOS Rの作例

 

Canon EOS Rで撮影した写真

Canon EOS Rで撮影した写真

Canon EOS Rで撮影した写真
※画像引用元:Canon

 

 

Canon EOS Rのスペック

発売日 2018年10月25日
タイプ ミラーレス
センサーサイズ フルサイズ
画素数 3030万画素
高感度 標準:ISO100~40000
拡張:ISO50、51200、102400
連写速度 最高約8コマ/秒(ワンショットAF時)
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 5655点
液晶モニター 3.15型(インチ)・210万ドット
ファインダー倍率 0.76倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:350枚
液晶モニタ使用時:370枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 135.8(幅)x98.3(高さ)x84.4(奥行) mm
重量 580g
実売価格 190,000円前後(ボディのみ)

 

 

Canon EOS R6

 

Canon EOS R6の画像

圧倒的な高感度性能と連写性能をもつ、新時代のオールマイティ機

※RFマウント採用

 

Canon EOS R6

後継機と言うわけではありませんが、ROS Rの正統進化版と言えるのが「EOS R6」

 

画素数を抑えた分、連写性能や高感度性能が上がり、新しい画像処理エンジン「DIGIC X」を搭載したことでカメラのあらゆる性能がグンとアップしています。

 

ココがポイント

世界最高の8.0段手振れ補正を備え、進化したオートフォーカスシステム「デュアルピクセルCMOS AF II」を採用!

画面の隅まで100%カバーし、AF追従性も向上しているので、野鳥など野生動物が動いている写真もこれまでより楽に撮影出来ますね。

またミラーレスが苦手としていた、暗い場所でのオートフォーカスも「EV-6.5」を達成し、ほとんど真っ暗な状況でもオートフォーカスが作動します!

 

 

Canon EOS R6の作例

 

Canon EOS R6で撮影した写真

Canon EOS R6で撮影した写真

Canon EOS R6で撮影した写真
※画像引用元:Canon

 

 

Canon EOS R6のスペック

発売日 2020年8月27日
タイプ ミラーレス
センサーサイズ フルサイズ
画素数 2010万画素
高感度 標準:ISO100~102400
拡張:ISO50、204800
連写速度 電子シャッター時:最高約20コマ/秒
電子先幕・メカシャッター時:最高約12コマ/秒
シャッタースピード 電子:1/8000秒~0.5秒
電子先幕・メカニカル:1/8000秒~30秒
AF測距点 6072点
液晶モニター 3型(インチ)・162万ドット
ファインダー倍率 0.76倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:250枚
液晶モニタ使用時:360枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 138.4(幅)x97.5(高さ)x88.4(奥行) mm
重量 598g
実売価格 295,000円前後(ボディのみ)

 

 

Canon EOS R5

 

Canon EOS R5の画像

4500万画素フルサイズセンサーを備えた高画素モデル

※RFマウント採用

 

Canon EOS R5

Canonフルサイズミラーレスで高画素を担当するモデルが「EOS R5」

4500万画素の高精細な写真を撮影することが出来ますし、画素数が高いのでトリミングをしても画質が劣化しにくいです。

 

またこれだけの画素数なのに、EOS R6と同じく最高で20コマ/秒の連写力まで備わっています!

 

ココがポイント

写真機としての性能もかなりハイスペックですが、EOS R5では世界初の8K動画撮影に対応したミラーレスとしても注目を集めました。

8KはSonyが出してくると思っていましたが、先にCanonさんが出してくるとは思いませんでしたね。

 

 

ただ急ピッチで仕上げたのか、8K動画撮影時は熱暴走しやすく、夏場では撮影時間が短いと言う弱点があります。

 

写真も動画もとにかく高画質に撮りたい方におススメのモデル!

 

記事を見る
EOS史上最高画質!8K・8段手ブレ補正を備えた「Canon EOS R5」がついに登場!

  こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   ミラーレスの数で言えばCanonも結構多くの機種をリリースしています。 ですが、これまでは手探りと言うか、ガチなモデルは出してきませんでした。 &nbsp ...

続きを見る

 

 

Canon EOS R5の作例

 

Canon EOS R5で撮影した写真

Canon EOS R5で撮影した写真

Canon EOS R5で撮影した写真
※画像引用元:Canon

 

 

Canon EOS R5のスペック

発売日 2020年7月30日
タイプ ミラーレス
センサーサイズ フルサイズ
画素数 4500万画素
高感度 標準:ISO100~51200
拡張:ISO50、102400
連写速度 電子シャッター時:最高約20コマ/秒
電子先幕・メカシャッター時:最高約12コマ/秒
シャッタースピード 電子:1/8000秒~0.5秒
電子先幕・メカニカル:1/8000秒~30秒
AF測距点 5940点
液晶モニター 3.2型(インチ)・210万ドット
ファインダー倍率 0.76倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:220枚
液晶モニタ使用時:320枚
記録メディア CFexpressカードTypeB
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 138.5(幅)x97.5(高さ)x88(奥行) mm
重量 650g
実売価格 440,000円前後(ボディのみ)

 

 

Canon EOS R3

 

Canon EOS R3の画像

Canonフルサイズミラーレスの中で最強のフラッグシップモデル

※RFマウント採用

 

Canon EOS R3

Canonのフラッグシップモデルと言えば「1」が付きますので、EOS R3を超えるカメラが登場する可能性がありますが、現在のラインナップの中では最強のフラッグシップモデル。

一眼レフのフラッグシップモデルを彷彿とさせるスペックで、完全なプロモデルとなっていますね。

 

東京オリンピックでEOS R3の試作機がテストされていたのも記憶に新しいかと思います。

プロモデルって表面上のスペックでは語れないんですが、私はこのレベルのカメラを持つどころか触ったことも無いので、表面上のスペックだけを見ていきます。

 

ココがポイント

まず目を引くのは2410万画素フルサイズセンサーを搭載しながら、最高30コマ/秒の連写性能。

スポーツシーンや野生動物の写真を撮るときに、連写性能は高いほど良いです。

またお子さんの写真を撮るときも、一瞬の表情を捉えるのなら連写力がある方が良い。

電子シャッターだけでなく、メカシャッターでも12コマ/秒と非常に速い!

-

そして背面モニターは驚異の415万ドット。

これまでは高くても200万ドットくらいでしたから、撮った写真のディティールの確認がとてもしやすいモニターとなっています。

 

値段は680,000円前後となっており、本気で写真を撮っている方以外は手が届かない存在ですが、お金がある人はCanonの技術が詰め込まれたフラッグシップモデルを手にしてみませんか?

 

Canon EOS R3の作例

Canon EOS R3で撮影した写真

 Canon EOS R3で撮影した写真

Canon EOS R3で撮影した写真
※画像引用元:Canon

 

 

Canon EOS R3のスペック

発売日 2021年11月下旬
タイプ ミラーレス
センサーサイズ フルサイズ
画素数 2410万画素
高感度 標準:ISO100~102400
拡張:ISO50、204800
連写速度 電子シャッター時:最高約30コマ/秒
電子先幕・メカシャッター時:最高約12コマ/秒
シャッタースピード 電子:最速1/64000秒
電子先幕・メカニカル:1/8000秒~30秒
AF測距点 4779点
液晶モニター 3.2型(インチ)・415万ドット
ファインダー倍率 0.76倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:440枚
液晶モニタ使用時:760枚
記録メディア CFexpressカードTypeB
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 150(幅)x142.6(高さ)x87.2(奥行) mm
重量 822g
実売価格 680,000円前後(ボディのみ)

 

 

初めてのカメラとしておススメなのは?

 

キャノンのミラーレスは全部で10モデルあります!

※画像引用元:Canon

 

ミラーレスには乗り気でなかったCanonも、今では非常に充実したラインナップとなりましたね。

それでは初めてのカメラとして選びたい、Canonのミラーレスはどれなのか見ていきましょう!

 

EOS Kiss M2

とりあえずカメラと言うものを始めてみたい方には「EOS Kiss M2」がオススメ!

初心者用と言うのはあまりにもスペックが高いですし、カメラ初心者には分かりにくい専門用語もイラストやテキストで解説してくれるガイド機能が備わっています。

「このカメラの設定をこうすると写真はこうなりますよ」と撮りながら勉強が出来るので、あっという間にカメラを使いこなせるようになると思います!

-

EOS Kiss M2で使用するレンズは「EF-M」と言う種類。

これは将来的にフルサイズミラーレスに移行した時には使えなくなってしまいますが、「マウントアダプター EF-EOS R」を使用することで、EF-Mのレンズをフルサイズミラーレスで使用することも可能ですよ!

 

EOS R

写真を趣味にして本格的に写真を撮りたいとお考えの方は「EOS R」がオススメ。

-

フルサイズセンサーを搭載しており、高画質な写真が撮れますし背景も良くボケるのでボケ感を楽しむことが出来ます。

性能もオールマイティですので、色んな撮影シーンに対応出来るところもグッドです!

 

R5 or R6

写真を本格的に始めてみたいし、購入予算も多い方は「R5」か「R6」がオススメ。

-

高次元なオールマイティモデル「R6」は色んなシーンに対応出来ますし、画質を重視される場合や風景写真をメインに撮りたいのなら「R5」が良いですね!

ただ「R5」のような高画素機になると、その画素数を活かしきるためにも高性能なレンズが必要になりますし、レタッチするためのパソコンもそれなりにスペックの高いものでないといけないので、カメラ以外にもお金が掛かることに注意です。

 

まとめ

 

ミラーレスにはあまり乗り気でなかったCanonも、非常に豊富なラインナップとなってきました。

またフルサイズミラーレスが出た当初は、レンズも高級レンズしか選択肢が無くなかなか手が出ない状況でしたが、今では低価格レンズも続々と登場していますので、これからカメラを始めたい方もCanonを選びやすい環境となってきましたね。

 

SONYにかなり遅れてフルサイズミラーレスへと参入しましたが、そこは流石カメラの王者Canon。

物凄い勢いで猛追しており、SONYとCanonのシェア率が逆転してしまうのもそう遠くないのかも知れません。

 

Canonは非常にユーザーが多いメーカーなので、なにか分からないことがあってもネットで調べればすぐ解決できるのも、Canonを選ぶメリットの1つ。

 

梅野
エントリーモデルでは初心者に親切な「ガイド機能」も搭載されていますので、カメラや写真のことは右も左も分からない状態の方はCanonのカメラから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, 初心者向け記事, Canon (キャノン), カメラの知識

© 2021 ケロカメラ