カメラとレンズの記事 TAMRON (タムロン)

「TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」のレビューや評価をまとめてみた!

本ページはプロモーションが含まれています

【新規記事OK】「TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」のレビューや評価をまとめてみた!

広告

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

2021年、TAMRONは革新的な第2世代標準大三元レンズ「TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」を発表しました。

このレンズは、デジタルイメージングの世界に新たな息吹をもたらし、SONY Eマウント用標準ズームレンズの中で特に高い評価を受けています。

 

初代モデルはその軽量でコンパクトな設計と、被写体に近づける性能で多くの写真愛好家から絶賛されました。

しかし、多くのユーザーが感じていた唯一の問題点が画質。

TAMRONはこの点を重視し、新世代モデルでは画質の向上に特に力を入れました。

 

ひらめいた人のイラスト(フリー素材)

 

その結果、鮮明でクリアな画像を実現し、写真の品質を大幅に向上させています。

 

今回は「TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」の、レビューや評価をまとめてみました!

 

記事の信頼性

  • 写真歴8年目
  • カメラブログ8年目(月間PV数12万)
  • メーカー様からのレビュー案件多数
  • YouTubeチャンネルで撮影テクニックなど情報発信中(2024.2現在登録者数4000人)

2015年頃から写真を撮り始めました。本ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中です。
お仕事依頼やレビュー案件など、お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の特長

 

 

 

それではまず、TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の、特長からご紹介します!

 

 

超進化した画質

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の画像

※引用元:タムロン

 

超進化した画質

撮影の世界に革命をもたらすTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は、新たな大口径標準ズームレンズを採用し、これまでにない高画質を追求しています。

 

この画期的なレンズは、徹底的に見直された光学系を搭載。

その構成は15群17枚となっており、LD(Low Dispersion:異常低分散)レンズと非球面レンズをそれぞれ2枚使用し、諸収差を極限まで減少させています。

 

開放絞りから画面の隅々まで高解像度を実現し、大口径レンズならではの柔らかく美しいボケ味。

特に、初代Model A036との比較では、その画質の進化が顕著です。

 

第2世代の「G2」Model A063は、軽量かつコンパクトなレンズボディを保持しつつ、ズーム全域での描写性能を飛躍的に向上させています。

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は、街中でのスナップ写真やポートレート、壮大な風景写真といった幅広いシーンでその力を発揮。

高画質と操作性のバランスを追求し、プロフェッショナルからアマチュアまで、すべての写真愛好家に最適な撮影体験を提供します。

 

 

写真を通じて、新たな視点を発見し、創造性を刺激するTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は、写真撮影の可能性を広げることでしょう。

 

さらに、このレンズは最新の撮影技術を駆使して設計されており、その詳細な画質はプロの写真家も驚くほど。

あらゆる状況下で鮮明で美しい写真を撮影できるため、撮影の楽しさを存分に味わうことができます。

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は、撮影技術の最前線に立つプロダクトとして、写真撮影の新しいスタンダードを築き上げています。

 

 

リニアモーター駆動で高速AF

 

 

リニアモーター駆動で高速AF

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は、高速かつ高精度なオートフォーカス(AF)を実現するために、革新的なリニアモーターフォーカス機構VXDを採用しています。

この先進技術により、レンズは優れた反応速度と精度で動作し、被写体を素早く捉えられますね。

 

特に、初代Model A036と比較して、AF速度が約2倍に向上しているのは凄まじい進化!

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は、最短撮影距離から無限遠まで、ストレスフリーで快適なピント合わせを実現

シャッターチャンスを見逃すことなく、被写体の決定的な瞬間を捉えることができます。

さらに、AF駆動音の静粛性も大きな進化を遂げており、撮影中のモーター音を最小限に抑えることで、静寂な環境での撮影にも最適です。

 

これは、静かな環境でのポートレート撮影や動物写真、さらには動画撮影にも理想的な機能ですね。

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2のAFシステムは、最新の撮影ニーズに応えるために設計されています。

高速で正確なピント合わせが可能なため、動きの速いスポーツイベントや自然の瞬間をリアルタイムで捉えることができるのです。

 

また、このレンズの高度なAF性能は、プロの写真家だけでなく、趣味で写真を楽しむユーザーにも大きなメリットをもたらします。

 

喜んでいる男女の画像

 

撮影のクオリティを格段に向上させるTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2のAF機能は、写真撮影の楽しさと表現の幅を広げる重要な要素です。

この先進的な技術は、写真撮影の新たな可能性を切り開き、撮影体験を一層豊かにしてくれるでしょう。

 

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の公式作例

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2で撮影した写真

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2で撮影した写真
※引用元:タムロン

 

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2のスペック

 

 

発売日 2021年10月28日
対応マウント SONY Eマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 15群17枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 28-75mm
最短撮影距離 0.18m(75mmは0.38m)
最大撮影倍率 1:4.1
開放F値 F/2.8
画角 75.23~32.11°
手ブレ補正 ×
防塵
防滴
フィルター径 67mm
本体サイズ 75.8x117.6mm
重量 540g
実売価格 93,000円前後

 

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2のレビュー

 

※レビューは価格.comより引用しています。

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の良い評価

 

噂にたがわぬ良いレンズです

SEL24105Gに比べるとやはり解放時のボケが優秀で、表現の幅が広がります。
周辺光量の低下は、Eマウントである以上避けられないと思うので問題なしです。

-

AFも必要十分な速さで軽快です。MF切替のスイッチが省略されているのがもったいないところですが、視力の低下とともにMF撮影の頻度が落ちているうえ、AFのピントも合格率が高いので、安心して使えています。

-

カメラをいじり始めて25年以上たって初めてのタムロン購入ですが、皆さんのレビューどおり良い商品です。
昔に比べデザインや質感も大幅に良くなっていて、品薄になるのも納得がいきます。

まだ使い始めたばかりなので耐久性などこれからじっくりと検証していきたいと思います。

 

コスパ抜群の大三元レンズ

ソニーEマウントでF2.8通しの標準ズームレンズは4種類ありますが、
①Sony FE 24-70mm F2.8 GM II SEL2470GM2 ⇒ 純正は魅力だが価格が高すぎるので候補外
②Sigma 24-70mm F2.8 DG DN ⇒ 画質は本製品より良さそうだが価格と重量がやや劣るので見送り

-

ということで、本製品と③Sigma 28-70mm F2.8 DG DNで比較検討し、インターネットの比較記事や動画を散々見た結果、本製品を購入しました。両製品で決定的な差はないと感じましたが、TamronのEマウントレンズはかなり良いものが揃っていそうなので、今後のレンズ拡充も見据えて今回Tamronを選択しました。

加えて、純正でF4.0通しの④FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105Gも多少検討しましたが、F4.0通しの標準ズームは以前所有していたNikonのデジタル一眼で常用していたので、今回はF2.8を試したいと思い見送りました。

-

やはりF4.0では撮れない画が撮れるのが魅力で、本製品の価格とサイズ・重量でそれを実現できるのは素晴らしいと思います。
なお、私のレベルでは絞り解放での描写に特に問題は感じません。
撮り方によって被写界深度が非常に浅くなるので、絞りを今まで以上に考える必要があるという点で撮影の楽しさが広がるレンズです。

 

軽くてAFも速くよく映る優等生な標準ズーム

モダンなレンズらしく解放でも中央はもちろん周辺部もくっきり解像します。
広角端の周辺もカリカリなので風景等にもむきそうです。
色はこってりとしており、やや暖色寄りに感じます。

-

AFは非常に速いです。
近景から遠景に合わせるときももたつくことなくスムーズにあいます。
AFCなら動いているものでもしっかり追いかけてくれます。

-

取り回しもよく、しっかりと映ります。
細かい傷もつきやすく鏡筒が安っぽいこと以外は満足しています。

 

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の悪い評価

 

開放とワイド側の解像は確かに進化しているが・・・

画質(解像)的にはA063はA036の完全上位互換ではなく、望遠側の画質を妥協して、広角側と開放側の画質を改善したモデルという感じでした。鏡胴の質感も多少艶っぽくはなりましたが、1635zやフジのXFシリーズとは比べるべくもなく安っぽいままです(まあここはサンプル写真の時点で期待してませんでしたが)。自分は、1635mm広角ズームが主体でかつf5.6より絞って使うので、標準ズームでは35mmよりテレ側のF5.6より絞った際の画質を重視しています。そのためあくまで好みの問題ですが、A063はリングフィールだけ改善され、画質的にはむしろ劣化したというのが正直な感想でした。個体差もあるのでしょうが、一応、販売店で初期不良では?と画像付きで確認したところ基準値内とのことでしたので、A063は売却しました。ただ広角側重視で開放主体で使用される方ならa063のほうが好みに合うと思います。

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 SNSでの評価や作例

 

 

 

 

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 海外の評価

 

海外の風景の写真

【TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の長所】

・造りとハンドリングが大幅に改善
・新しいUSB-Cポートとフォーカスセットボタンの改良は素晴らしい。
・8つのシールポイントによる高度なウェザーシール
・フッ素コーティング
・新しい仕上げと魅力的なレンズ造形
・強力なVXDフォーカスモーター
・素早く静かなオートフォーカス
・ズーム全域で強力な光学性能
・卓越したコントラストと「ポップ」な画像
・色収差の優れたコントロール
・非常に高い倍率
・美しい(改善された)ボケ
・第一世代のレンズと比べて実質的な価格上昇はない

 

【TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の短所】

・28mmでは広角が足りないと感じる人もいるだろう
・難しい状況ではフリンジが発生する

 

【TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2の総評】

タムロン28-75mm F2.8 Di III VXD G2は、本質的にファンサービスです。 消費者はオリジナルのA036を商業的に大成功させ、タムロンは実質的に同じ価格(899米ドル)を維持しながら、このレンズに大きなアップグレードを与えることによって私たちに報いた。 基本的に、造りから機能、オートフォーカス、光学系に至るまで、全てが改善されている。 A063は基本的に全てのディテールでプロ仕様のレンズになっている。 いや、G Masterレンズと同じ機能一式を備えているわけではないが、今や遠く及ばない。

このレンズが24mmまでしか使えないという事実は、一部の潜在的な購入者にとってはまだ引っかかる点だろうが、もしあなたが28mmまでしかワイドに対応できないと考えるのであれば、それに匹敵するレンズは本当に存在しない。 このレンズは、例えばシグマ28-70mm F2.8 DNよりもはるかに優れたレンズであり、2つのレンズの小売価格は同じである。 新しいレンズの描写には「マジック」があり、より特別な感じがする。

新しいレンズは手に持った感触が素晴らしい。 より高級感がありながら、より軽く、より重厚でありながら、実際にはそうでもない。 これは、新しい物理的な造形、優れたリング、より美しい仕上げが大きく関係している。 さらに、彩度、シャープネス、コントラストに優れた光学系が加わり、真の勝者が誕生した。 今現在、A036とA063の両方が、わずか20ドルの価格差で並んで販売されているが、タムロンはおそらくA036を低価格帯に下げるかもしれないが、フェイズアウトするのではないかと思う。 しかし、過去のタムロンレンズではそのような傾向はないようなので、半年後にはG2のみが店頭に並ぶことになるのではないだろうか。 A036を購入した多くの人々にとって、A036を売却してアップグレードするか、今持っているもので満足するかという難しい問題が出てきた。 A063の素晴らしさは、後者の選択を非常に難しいものにするだろう...。

 

※引用元:dustinabbott

 

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 レビューまとめ

 

【新規記事OK】「TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」のレビューや評価をまとめてみた!

 

TAMRONの第2世代標準大三元レンズ「TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」は、初代モデルの軽量でコンパクトな設計を継承しながら、画質とオートフォーカスの性能を大幅に向上させたモデルです。

 

光学系の改良により、高解像度と美しいボケを実現。

また、新しいリニアモーターフォーカス機構により、高速かつ高精度なAFを提供し、初代モデルと比べてAF速度が約2倍に向上しました。

静粛性も改善されており、ユーザーレビューやSNSでの評価は高く、解像度、ボケ味、色再現性が特に評価されています。

 

 

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2は、プロフェッショナルからアマチュアまで、幅広い撮影シーンに適応し、新しい撮影のスタンダードを築いています。

 

 

その他の、SONY Eマウントの神レンズ(高性能・高コスパ)を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

記事を見る
SONY Eマウントの神レンズをまとめてみた!

※2024年1月4日に更新しました!   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   SONY Eマウントの神レンズをお探しでしたら、この記事があなたの検索を終わらせます! これまでに発売されたSONY ...

続きを見る

 

広告

広告

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z9。
このブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。
その他、youtubeでは初心者向けカメラ講座もやっていますのでぜひご覧ください!
詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, TAMRON (タムロン)