撮影テクニックと雑記

高知県のオススメ撮影スポット9選!

投稿日:2017年5月9日 更新日:

※2018年6月30日に更新しました。

 

 

普段はブログ内で「北海道の大自然や、大都会の夜景うらやましい~!」
なんて愚痴を言っていますが、たまには地元高知県にも目を向けて、おすすめの撮影スポットを紹介したいと思いました。

 

高知県には都会みたいなビル群もないので、夜景はそんなに凄いとは言えない(笑)

 

その代わりに海と山に囲まれた土地で、特に土地に対する森林率は84%とほとんど山ばっかり。

住む人には面白くないですが、風景写真を撮る人には嬉しい県でもあります。

 

これから観光などで高知県に来てくれる人のために、オススメのフォトスポットをご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

四国カルスト

 

 

天狗高原と呼ばれ、愛媛県との県境になる場所。

 

霧が発生しやすいですが、霧に覆われた風景も神秘的ですし晴れればとても開放感を感じられる土地です。

行くまでのルートも色々ありますが、2車線でアクセスしやすい道もありますので、山道に不慣れな方でも大丈夫。

 

星空を撮影するのにもオススメしたい場所ですね。

 

 

ゆとりすとパークおおとよ


※画像引用元:とっちょこ!こうち(http://www.attaka.or.jp/photolib/search/details.php?tno=226&type=A

 

山の上にあるキャンプ場。
その駐車場から望める四国山地は、日本を感じられる深い山々です。

 

風力発電の風車が近くにあり、星空と一緒に撮影すると雰囲気が出ます。

こちらも2車線の道路でアクセスが良いですが、夏場は路肩の草木がボーボーになってます(笑)

 

 

別府峡(べふきょう)

 

 

石灰岩が侵食されて出来た谷で、紅葉シーズンには多くの人で賑わう場所。

 

高知市内からも行きやすく、私は毎年行っています。

車で山をずっと登って行くと、凄い展望のいい場所にも行けるのですが、近年は大雨の影響で道路が所々崩落して残念ながら工事中で通れません。

 

 

吉良川町いしぐろ


※画像引用元:とっちょこ!こうち(http://www.attaka.or.jp/photolib/search/details.php?tno=12&type=A

 

明治から昭和にかけて、土佐備長炭の集積地として栄えた場所で当時の建物が今なお多く残っています。

 

特に土佐漆喰に水切り瓦、丸石を使った「いしぐろ」とよばれる家々の石垣など、当時の台風対策された建築物が立ち並びます。

晴れの日よりも雨の方が風情があって良いかもしれません。

 

 

北川村モネの庭マルモッタン

 

 

高知県東部にある植物園。

名前の通りモネの庭を再現した施設で、春~秋まで様々な花を見る事が出来ます。

去年、レストランが火災で無くなってしまいましたが、つい最近ニューアルオープンし観光客で賑わっていますよ。

 

 

伊尾木洞

 

 

かつて海だった頃に波の侵食で出似た洞で、奥から小川の様に水が流れてきています。

 

天然記念物のシダも生えていて、一番奥の滝まで距離もあり良い運動になりますよ(笑)

ただ、地形のせいなのか湿度が異常に高いので夏場、特に前日に雨が降った時などはオススメしません。

 

洞の内部はあまり日が当たらないのに、汗が常に吹き出していて私は熱中症になりかけました(笑)

 

 

安居渓谷

 

 

水質が3年連続日本1位に輝いた清流「仁淀川」
その支流である安居川に沿ってあるのが安居渓谷。

高知2大渓谷の一つでもあります。

 

水の色が美しい青色をしていて仁淀ブルーと呼ばれ、高知県がかなりプッシュしているワード。

地元民の私からすると、幼いころから見慣れていて凄さが分からなかったんですが、県外の方から見るととても美しいらしい。

 

渓谷は木々に覆われていますが、程よく日が差し込み終点には大きな滝があり撮るところがたくさんあって楽しい場所です!

 

 

土佐市~須崎市 リアス式海岸

 

 

横浪スカイラインから望める日本では数少ないリアス式海岸。

 

道路も整備されていて週末になればツーリングをされている方が結構居ます。

スカイラインの所々に駐車場がありますので、撮影しやすいですし高知市内からもアクセスしやすい!
桂浜に行ったついでに来れちゃいます!

 

 

桂浜

 

高知の代表する観光地の1つ。

 

訪れたことが無い方でも、テレビで目にされたことがある人は多いのでは無いでしょうか。

高知に台風が来た時は、中継で必ずテレビに映る場所でもあります。

 

特に何があるわけでもなくただの砂浜なのですが、ウミガメの産卵場所であったり日本一海に近いんじゃないかと思う水族館があります。

 

あと高知で忘れてはいけないのがアイスクリン!

 

甘さ控えめのシャーベット状のアイスで、暑い夏には持ってこい!

 

桂浜に限らず、高知県内の観光地や国道沿いで販売されていますので、高知に来られたらぜひ一度食べてみて下さい。

 

 

まとめ

 

やはり山と海ばかりになってしまいました(笑)

 

高知県は山ばかりですが、幸いなことにがほぼいないので安心して山の中に入っていけるのが良い所ですね。

 

渓流や渓谷は高知の数少ない観光スポットなので、田舎寿司や鮎などの地元の食材を売っている売店が併設されています。

昔懐かしい味なので、いらっしゃった時はぜひ寄って見て下さい!
※素朴な味なので都会の方の口に合うかは分かりませんがw

 

 

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

feedly

follow us in feedly
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年の夏に一眼レフを始めたばかりの初心者です。 D750を片手にコンテストに入賞するのを夢見て楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事

1

  こんにちは、梅野です! 先日、荷物の軽量化の記事を書いたあとに、ネットでカメラバックを色々と見ていたらオシャレなカメラバッグが沢山ありました。   私の住んでる田舎のカメラ屋さ ...

2

※2018年9月28日に記事を更新しました。     スマートフォンよりワンランク上の写真が撮りたくなってくると一眼レフやミラーレスが気になりますよね?   ただ、メーカ ...

3

2018年10月9日に再編集しました。       今はスマホの普及でキレイな写真を手軽に撮るようになって、多くの方が色々な写真を撮影していますよね。 フィルムカメラ時代 ...

4

※2018年10月9日に更新しました。     キレイな写真を撮りたくて一眼レフを購入する方は多いと思いますが、動画を撮りたくて一眼レフを買う人は少ないですよね。 普通は動画を撮り ...

5

※2018年10月9日に更新しました。       一眼レフは数多くの機種が発売されていて、どのカメラにしようか悩ましいもの…   そこでカメラの性能に応じて、 ...

-撮影テクニックと雑記

Copyright© ケロカメラ , 2018 All Rights Reserved.