カメラとレンズの記事 FUJIFILM (フジフィルム)

【FUJIFILM X-S10】ハイスペックさはそのままに小型化したSシリーズが新登場!

2021年1月7日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

2020年11月、富士フイルムのカメラに新しいシリーズ「S」が加わりました。

梅野
「S」はスモールのSですかね?

 

今回登場したFUJIFILM X-S10は、フラッグシップモデルとほぼ同等の性能を持ちながら、小型&軽量化されたカメラ。

また操作部分も、これまでのFUJIFILMのミラーレスとはかなり違いがあります。

 

それではFUJIFILM X-S10の特長を見ていきましょう!

 

 

フラッグシップと同じセンサーとエンジンを搭載


※画像引用元:フジフイルム

 

FUJIFILM X-S10は小型化されましたし、価格も安めの設定となっています。

しかしコストダウンされているわけではありません

 

チェック

フラッグシップモデルでも使用されている「裏面照射型2610万画素 X-Trans CMOS 4センサー」を搭載!

画像処理エンジンも同じ第4世代の「X-Processor 4」が採用されています。

 

上位機種と同じく高画質な写真が撮れますね!
FUJIFILM X-S10の小型さを活かして、最高の旅行用カメラとなるのではないでしょうか。

 

 

高性能オートフォーカス

FUJIFILM X-S10の瞳AF
※画像引用元:フジフイルム

 

高性能オートフォーカス

フラッグシップと同等の、最速0.02秒でのピント合わせが可能なオートフォーカスが搭載されています!

スナップ撮影やスポーツシーン、お子さんやペットの撮影でも瞬時にピントを合わせて、一瞬を切り取ることが出来ますね。

 

顔認識・瞳AFにも対応していますので、カメラ初心者の方でも簡単にポートレート写真にチャレンジすることも。

 

FUJIFILM X-S10の暗所AF
※画像引用元:フジフイルム

 

また暗い場所ではオートフォーカスが効きにくくなりますが、FUJIFILM X-S10は最大で「-7.0EV」まで対応。

ミラーレスでは「-3.0EV」までが多いですので、-7.0EVと言うのは圧倒的なスペックですね!

ほぼ真っ暗な環境でもオートフォーカスが作動します。

 

 

最大6.0段分のボディ内手ブレ補正

FUJIFILM X-S10の6.0段分のボディ内手ブレ補正
※画像引用元:フジフイルム

 

FUJIFILMさんはボディ内手ブレ補正が嫌いで、これまでのミラーレスにはほぼ手ブレ補正が搭載されていませんでした。

初の手ブレ補正が搭載されたのは「X-H1」

そして最新のフラッグシップモデル「X-T4」にも搭載され話題になりましたね。

 

チェック

FUJIFILM X-S10は6.0段分のボディ内手ブレ補正を搭載!

これまでボディ内手ブレ補正を、搭載してこなかったメーカーとは思えないほど高性能な物です。

 

手ブレ補正は静止画はもちろん、動画でも効きますので、写真も動画も安心して撮影出来ます。
梅野
YouTube撮影やいま流行りのVLOG撮影で、自撮りする時も手ブレが抑えられて活躍してくれそう!

 

 

ハイスペックなのに465gと言う軽さ

FUJIFILM X-S10のマグネシウムボディ
※画像引用元:フジフイルム

 

軽量化されたボディ

フラッグシップモデルとほぼ同等のスペックを誇るFUJIFILM X-S10ですが、一番の特長はコンパクトさと軽量さ!

現在のフラッグシップモデル「X-T4」は重量607g

FUJIFILM X-S10は465gですので、142gも軽量化されているわけです。スマホ1台分くらい軽くなっていますね!

 

またカメラのトップとフロント部分は、軽くて堅牢なマグネシウムで作られていますので、軽量化しつつも望遠レンズなど大型で重いレンズを装着しても、ボディが歪む・マウントが歪むと言ったことが起きない剛性を持っています!

 

 

4K動画撮影にも対応

 

4K動画も出来る!

FUJIFILM X-S10では17:9のDCI4K(4096×2160)・4K(3840×2160)・Full HD(2048×1080)・Full HD(1920×1080)に対応しています。

-

フレームレートは4Kが29.97p/25p/24p/23.98p

Full HDは59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 

Full HDのスローモーションは240Pに対応しており、10倍スローモーション撮影が可能になっています。

 

動画でも「フィルムシミュレーション」が使えますので、カラーグレーディングの技術が無くても、クオリティの高い映像作品を撮ることが出来そうですね!

 

4K動画は6K相当のデータ量から4K映像を生成するオーバーサンプリングとなっていますので、APS-Cサイズのセンサーフジノンレンズと組み合わせれば、とても高画質な動画を撮ることが出来ます。

 

 

操作部は大幅に変化

FUJIFILM X-S10の軍艦部分
※画像引用元:フジフイルム

 

FUJIFILMのミラーレスはとてもクラシカルなデザインで、カメラ上部の軍幹部のダイアル類もクラシカルなデザインでした。

ですがFUJIFILM X-S10ではとても現代的なデザインに変更

FUJIFILMファンの方からすると残念だと思いますが、こちらのデザインの方が使いやすそうですね!

 

写真だけでなく動画撮影も考えると、新しいデザインの方が操作性も良く新たなユーザーを取り込めそうです。

 

操作性はアップ

カメラのグリップ部分も大型化。

これまではレンジファインダー風味で、グリップがとても浅かったのですが、今回は一眼レフの様に深いグリップとなりましたので、手の大きい男性でもカメラをしっかりと握ることが出来ます。

望遠レンズなど重量級のレンズを装着しても手ブレしにくくなるので、メリットしかありません!

 

 

FUJIFILM X-S10の作例

FUJIFILM X-S10で撮影したケーキの写真

FUJIFILM X-S10で撮影した夕暮れの写真

FUJIFILM X-S10で撮影した田舎風景の写真
※画像引用元:フジフイルム

 

 

FUJIFILM X-S10のスペック

発売日 2020年11月19日
タイプ ミラーレス
センサーサイズ APS-C
画素数 2610万画素
高感度 標準:ISO160~12800
拡張:ISO80~51200
連写速度 約30コマ/秒(電子シャッター使用時)
約8コマ/秒(メカニカルシャッター使用時)
シャッタースピード 電子:1/32000秒~15分
メカニカル:1/4000秒~15分
AF測距点 425点
液晶モニター 3インチ・104万ドット
ファインダー倍率 0.62倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 ファインダー使用時:300枚
液晶モニタ使用時:325枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 126(幅)x85.1(高さ)x65.4(奥行) mm
重量 465g
実売価格 120,000円前後(ボディのみ)

 

 

まとめ

 

梅野
これまでのFUJIFILMのミラーレスとは、また毛並みの違うカメラですね!
性能はフラッグシップモデルとほぼ同じで文句なし、それでいてかなり小型化&軽量化されています。

 

気軽にカメラを使いたい方のオススメのカメラですね。
旅行用やブログ写真、スナップ撮影に向いているカメラだと思います。

 

またこれまでのFUJIFILMのミラーレスは、操作に慣れるまで少し時間が掛かりましたが、今回は現代的なシンプルな操作性に変わっていますので、他のメーカーのカメラを使っている方でも扱いやすいかと思います!

 

グリップ部分が大型化したのもグッド!

私はFUJIFILMのカメラが欲しかった時期がありましたが、実際に手に持ってみて持ちにくかったのが原因で購入するのを辞めました…。

 

ですがFUJIFILM X-S10はしっかりとしたグリップとなっており、これまでFUJIFILMを敬遠していた方も気になる1台になっているのでは無いでしょうか?

 

性能から言えば価格も安いので人気が出そう!

VLOG用カメラとしてもかなり高性能です。

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, FUJIFILM (フジフィルム)

© 2021 ケロカメラ