カメラとレンズの記事 カメラ Canon (キャノン)

キャノンの撮れる望遠鏡「Canon PowerShot ZOOM」が人気沸騰中!

2021年3月2日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

いまキャノンの新しいカメラが人気となっています!

望遠鏡とカメラを組み合わせた「PowerShot ZOOM」

 

写真が撮れる望遠鏡はこれまでもありましたが、野鳥ガチ勢の方が使うような本格的なモデルが多かったです。

PowerShot ZOOMは、一般の人でも気軽に使えるサイズで低価格なのが特徴。

スポーツ観戦やアウトドアシーンで使うと面白そうですね!

 

このカメラが発表された時、正直な話「面白いけどそんなに売れないだろうな」と思っていました。

ところが今、結構人気が出ているようです!

 

 

PowerShot ZOOMってどんなカメラ?

PowerShot ZOOMの画像
※画像引用元:キヤノン

 

キャッチコピーは「撮れる望遠鏡」

今までの双眼鏡や望遠鏡は「見る」ための道具でしたが、PowerShot ZOOMはさらに見ながら写真撮影まで出来るんです!

 

イベントやスポーツ観戦、コンサートなどで双眼鏡・望遠鏡を使うことがあったかと思いますが、それにプラスして撮影も出来るのなら、思い出も残すことが出来ますね。

 

またお子さんなどから離れた位置で撮ることで、より自然な表情を捉えることが出来ます。

 

 

PowerShot ZOOMは写真と動画の両方が撮影出来る

 

PowerShot ZOOMは写真と動画、どちらも撮影出来ます!

 

ココがポイント

焦点距離は35mm換算値で100-400mmもありますので、結構離れた距離でもしっかりと撮影できるし、ちょっと足りないなぁと思ったらデジタルズーム2倍も備わっています。

 

レンズF値はワイド端F/5.6・テレ端F/6.3、イメージセンサーは1/3型センサーなので、かなり被写界深度が深く画面全体にピントが合ったパンフォーカスとなります。

ボケ感を作るのは苦手ですが、ピント合わせは簡単ですので、動く被写体でもしっかりと撮影できますね!

 

 

正直なところ画質は悪い!

 

「写真も動画も撮れる望遠鏡」が売りのPowerShot ZOOMですが、さすがに画質はあまり良くはありません。

 

さらに詳しく

使われているイメージセンサーは1/3型センサーとなっており、スマートフォンのカメラよりも小型のタイプ。

シャキッとした解像感はありませんし、暗い場所にも弱いです。

 

公式の作例や実際に購入された方が撮影された、動画や写真を拝見させてもらいましたが、動画はそんなに不満を感じない画質だと思います。

 

しかし写真(静止画)はちょっと厳しい…。

初期のスマホカメラかな?と思うほどの低画質で、焦点距離100mmはまだ大丈夫。

しかし400mmになると、もうモヤっとした写真になってしまいます。

デジタルズーム2倍の800mmは、もはやおまけ程度ですね。

 

 

でも望遠ではスマホカメラよりかなりキレイ!

スマートフォンの写真

 

スマートフォンのカメラは進化が止まらず、めちゃくちゃキレイな写真や動画が撮れるようになりました。

カメラメーカーが潰れてしまいそうになるほどの、進化っぷりです。

 

しかしそんなスマートフォンのカメラが、今でも苦手なのが「望遠」です。

最近は超広角・広角・望遠の3つのレンズを搭載したスマートフォンも増えましたが、スマホの望遠は70mm前後。

カメラで言えば中望遠くらいですね。

 

ポートレートでは役立ちますが、運動会やスポーツシーンでは全く足りません。

なのでスマホでより遠くのものを撮影しようと思うと、デジタルズームを使うことになります。

デジタルズームはトリミングをして大きく見せているだけなので、ズームするほど画質が荒くなってしまいます。

 

ザラザラな写真になってしまい、あまり見返したいと思いませんよね…。

 

PowerShot ZOOMは100-400mmの光学ズームレンズとなっていますので、スマホの様にデジタルズームすることなく超望遠の範囲まで写すことが出来ます。

無理やりズームしている訳ではないので、写真がザラザラになってしまう事はありません。

 

梅野
望遠撮影に関しては、スマートフォンで撮影するよりも遥かにキレイな写真と動画を撮影することが出来ますよ!

 

 

カジュアルユーザーには人気上昇中!

こどもの写真

 

趣味で望遠鏡やカメラを使っている方からすると、望遠鏡としてもカメラとしても中途半端なPowerShot ZOOM。

ですが30,000円と言う価格で出したのは非常にグッド

 

これまで望遠鏡に馴染みの無かった方からすれば、望遠鏡で見ながら写真とか動画も撮れるの!?スゲぇ!ってなりますよね。

私も初めてPowerShot ZOOMを知ったときは、この価格でそんなこと出来るんだ!と驚きました。

 

望遠鏡って持っていなくても「欲しい」と思ってしまう魅力があるんですよね。

男性からすれば何かカッコいいですよね望遠鏡って。

ライフル銃のスコープみたいですし、なんか肉眼で見れないところも見れるって言うのがワクワクする。

女性だとコンサートとか発表会で持っている人も多いですよね。

 

持っていないし中々買うには至らないけど、なんか欲しい。

それが望遠鏡だと思うんですけど、それに加えて写真や動画も撮れる望遠鏡が出ちゃったら、これまで欲しいけど買うまでは…って層の方が購入しているんじゃないでしょうか。

 

梅野
私も「野鳥探すときに便利やん!」と若干欲しくなっています。

 

 

Canon PowerShot ZOOMのスペック

発売日 2020年12月10日
タイプ コンデジ
センサーサイズ 1/3型センサー
画素数 1210万画素
高感度 ISO100~3200
連写速度 10コマ/秒
シャッタースピード 1/30~1/8000秒
レンズ焦点距離 13.8~55.5mm
(35mm判換算値:100~400mm)
レンズF値 F/5.6-F/6.3
光学ズーム 4倍
デジタルズーム 2倍
撮影可能枚数 写真:150枚
動画:60分
記録メディア microSDカード
microSDHCカード
microSDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth ×
NFC ×
本体サイズ 33.4(幅)x50.8(高さ)x103.2(奥行) mm
重量 145g
実売価格 31,000円前後

 

 

まとめ

 

面白いカメラ(望遠鏡)だな~、でも売れないだろうなぁ。

と思っていましたが、結構人気なことに驚きました!

 

やはり低価格で写真も動画も撮れるってところが、ポイントになったんですかね。

 

お子さんの運動会であったり、スポーツの習い事をしているママさんには、本当にオススメできると思います!

スマートフォンで撮影するより全然キレイな写真と映像が撮れますよ!

サッとカバンに入れて置けるコンパクトさも魅力的です。

 

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6・D750。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事, カメラ, Canon (キャノン)

© 2021 ケロカメラ