カメラとレンズの記事 Canon (キャノン) レンズ

Canonの一眼レフを使っている方にオススメしたい4つの広角単焦点!

投稿日:2017年3月12日 更新日:

※2019年10月4日更新しました。

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

前回はニコンの広角単焦点をご紹介させてもらいました。

関連記事を見る
撮って楽しい見て楽しい!初心者にオススメしたい広角単焦点レンズ「Nikon編」

※2019年9月17日更新しました※   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!   私の周りだけなのかも知れませんが「新しいレンズを買ったよ!」と言う話題では、 ...

続きを見る

 

なので、今回は一眼レフのシェアナンバーワン、
キャノンのオススメ広角単焦点レンズをまとめてみたいと思います!

 

 

Canonでオススメの広角レンズ

 

NikonにはF/1.4とF/1.8のシリーズがありました。

Canonはシリーズではないですか、
F/1.4・F/1.8・F/2・F/2.8と4種類の単焦点ラインナップされています。

 

EF35mm F2 IS USM

 

EF35mm F2 IS USM「焦点距離35mmのレンズ」

 

焦点距離35mmで使い勝手の良いレンズで、クセがないのが長所ですがその代わり、
ただ撮るだけでは何の変哲もない写真になってしまいます。

 

まさに使う人によって、撮れる写真が大きく変わるレンズが35mm。

 

このレンズは単焦点には珍しく、最大で4段分の手ブレ補正機構が搭載されています。

F/2と明るいレンズで手ブレ補正もあれば、夜の街でスナップ写真も気軽に撮れますね!

 

 

EF28mm F1.8 USM

 

EF28mm F1.8 USM

 

35mmよりも画角が広くなり、ワイドな写真を撮影出来ます。
28mmからは広角レンズらしさが出てきますね。

 

この2つのレンズ、価格もほぼ同じなので普通であればF/1.8の方が欲しくなりますよね?

でもなぜF/2.8のレンズも販売されているかと言うと、
2.8のレンズには手ブレ補正が搭載されているんです!

反対にF/1.8のレンズには手ブレ補正は非搭載です。
これで価格がほとんど同じなんだから悩みますよねぇ。

 

どちらを選べば良いのかと言うと、

私のオススメはF/1.8のレンズ。

理由としては、これほど明るいレンズであれば手ブレの心配はほぼない事と、手ブレ補正はシャッタースピードが下がれば下がるほど、その効果は低くなってしまいます。

 

なので夜間の撮影ではF/2.8の手ブレ補正アリと、F/1.8で手ブレ補正無しではさほど変わらない。
それならばよりボケを表現出来るF/1.8の方が良いんじゃないかなと思います。

 

 

EF24mm F2.8 IS USM

 

EF24mm F2.8 IS USM

 

より広角になり、被写体に寄らなければ余計な物が写ってしまいますので、
撮影時には少し気を使う画角になってきます。

 

こんな場面で活躍します

  • 山の上からの風景
  • 花で埋め尽くされた花畑
  • ポートレート等々 幅広く活躍してくれて、パースの効いた写真も撮れます!

 

メーカーは違いますが、私のメインレンズは24mmの単焦点を使っていますので、24mmはゴリ押しでオススメ(笑)

 

ここがポイント

このレンズは28mmF/2.8なのでボケ感は控えめになりますが、
その代わりに手ブレ補正が付いていますので、

F/10~18と絞って風景写真を撮るときに便利!

 

CanonにはEF24mm F1.4L II USMと、とても明るいレンズもありますが、お値段が定価で220,000円ほどします…。

お金持ちの方は迷わずこちらのレンズを選んでおけば間違いないですが、手にしやすいのはEF24mm F2.8 IS USMですよね。

 

 

EF20mm F2.8 USM

 

EF20mm F2.8 USM

 

この辺りから超広角レンズの領域になってきます。

 

迫力を出したり、壮大な風景を撮影するには超広角レンズが欠かせませんが、
ひとつ間違えれば何が撮りたいのか分からない写真にもなりやすく、使い方が難しいです。

 

発売日がとても古く、確か2002年発売のレンズです。
それもあって、20mmという超広角レンズにも関わらず
新品で50,000円後半ほどで手に入れる事が出来るので、気になっている方には買いやすいですね!

 

F/1.8やF/2.8のままで手ブレ補正を搭載した新レンズが登場して欲しい所ですが、
リニューアルの噂は2017年現在でも一切ありません。

 

Canonにはさらに14mmの超広角レンズがありますが、こちらはフィルターは付けれませんし、なりよりお値段が定価で300,000円を超えてしまいます…。

 

ここがポイント

超広角レンズが欲しくなったら、このEF20mm F2.8 USMを買っておいて間違いないです。

 

 

まとめ

 

Nikonのレンズとの違いは、単焦点にも手ブレ補正があると言う事。

 

絞って撮影を良くする方には、とてもありがたい機能で私はとても羨ましいです。
F/1.4のレンズはさすがに高価ですが、F/1.8やF/2.8の手ブレ補正付きのレンズは案外リーズナブルなのでレンズを揃えやすいですね!

 

バリエーションの多さも魅力的ですが、どのタイプのレンズを買おうかすごい悩む(笑)

他のメーカーから見れば、贅沢な悩みなんですけどねw

 

★ブログランキングに参加中です。クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへにほんブログ村   一眼レフカメラ ブログランキングへ

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カメラとレンズの記事, Canon (キャノン), レンズ

Copyright© ケロカメラ , 2019 All Rights Reserved.