カメラとレンズの記事

【SDカード復元】初心者でも簡単に自力できるSDカード復元方法 4DDiGのレビュー!

2022年6月8日

 

こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です!

 

カメラをやっている方が、恐れることは何でしょうか?

その1つが「SDカードの破損」です。

 

SDカードは耐久性が高く、今まで1度もトラブルが起きたことが無い方もいらっしゃるかも知れません。

しかしカメラの場合は大量のデータを保存し、それをフォーマット(全消し)を繰り返しますので、SDカードが破損する可能性が高まります。

 

私はこれまでに、2枚のSDカードが壊れてしまった経験があります。

いつも通りの撮影なら「まぁ、運が悪かった。仕方ない。」で済みますが、例えば友人やご家族の結婚式の写真。

お子さんの運動会やお遊戯会を撮影した時に、SDカードが壊れてしまってデータが飛んでしまったら恐ろしいですよね。

 

そんな時の為の救世主ソフト

そんな時に役立つのがSDカード破損復元ソフトです!

数多くあるSDカード復元ソフトの中でも、使い方がシンプルなのがTenorshare社の4DDiG

 

梅野
今回は大事なデータを失ったときに、自力でSDカードのデータを復元できる4DDiGの特長や使い方をご紹介します!

 

 

SDカード復元ソフト「4DDiG」の特徴!

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

 

Tenorshare社とは

Tenorshare社は2007年に設立された会社で、SDカード復元ソフトの他に、スマートフォンの復元やシステムの修復ソフトなどをリリースしています。

世界で235万件を超えるレビューを獲得しており、ユーザー数は1000万人以上と圧倒的な実績を持っている会社ですね!

 

 

1:「4DDiG」は復元できるデータの種類が豊富

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

 

SDカード復元ソフト 4DDiGがおすすめの理由の1つに、ほぼ全てのデータが復元できるという事が挙げられます。

 

復元できるのはSDカードだけではなく、デスクトップパソコンやノートパソコンのHDD・SSD。

USBメモリーや外付けのHDD・SSDのデータも復元することが出来ます!

 

復元できるファイルの種類

復元できるファイルの種類もかなり豊富で、一般的なデータは4DDiGだけで救出することが出来ます。

4DDiGで復元できるファイルの種類は次の通り。

 

画像ファイル

JPG/JPEG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, WEBP, CRW, RGB, CR2, NEF, ORF, SR2, MRW, DCR, WMF, RAW, SWF, SVG, RAF, DNG, ERF, ICO, DSCなど

 

動画ファイル

AVI, MOV, MP4, M4V, 3GP, 3G2, WMV, MKV, ASF, FLV, FLA, AMV, F4V, SWF, MPG, RM/RMVB, MPEG, TS, VOB, MTS, DVなど

 

音声ファイル

MP3, AIF/AIFF, M4A, WMA, WAW, APE, MID/MIDI, VQF, OGG, AAC, WAV, FLAC, DTS及び他の音声形式

 

オフィス文章

DOC/DOCX, XLS/XLSX, PPT/PPTX, CWK, HTML/HTM, INDD, EPS, RTF, EPUB, PDF, CHM, CSV, TXT, DOTM, THMXなど

 

電子メールとアーカイブ

MSG, PST, OST, EML, EMLX, MBOX, etc.
7Z, WAR, ZIP, EXE, 7zip, BZ2, ISO, IMG, TAR, GZ, TAZなど

 

その他ファイル

ASPX, CGI, ELM, IGY, IQY, JSP, LDB, MHT, MHTML, PHPなど

 

梅野
1000種類以上のファイル形式をサポートしていますので、色んなソフトを使う必要が無く4DDiG1つだけで解決します!

 

 

2:データの復元率が高い

 

 

幅広いファイルに対応していても、データを復元する性能が低ければ意味がありません。

後ほど実際にSDデータを復元している様子をご紹介しますが、4DDiGはデータの復元率が高く消えてしまった大事なデータを取り戻せる確率はとても高い!

 

梅野
頻繁にフォーマットをしているカメラ用のSDカードでかなりの復元率でしたので、パソコンのHDDやSSDの場合はかなり多くのデータを復元することが出来ます。

 

 

3:価格が他社と比べリーズナブル

 

 

SDカード復元ソフトはたくさんのソフトがあります。

性能はそこそこだけど安いソフト、高性能だけど価格は高いソフトと幅広いです。

 

4DDiGは高性能なソフトになりますが、他社の高性能なソフトと比較するとお値段が安いです!

料金プランも「月間更新プラン」「年間更新プラン」「永久ライセンス」と3つ用意されていますね。

 

今なら新バージョンリリースを記念した期間限定セール中で、30%オフになるクーポンも出ています!

4DDiG新バージョン発表セールの割引コード: 4DNEWJP

 

Windows版 月間更新プラン 年間更新プラン 永久ライセンス
価格 9,860円(5,478円セール価格) 11,840円(6,578円セール価格) 16,817円(10,274円セール価格)
内容 1ライセンス 1コンピューター対応
自動更新、いつでも解約できる
無料の技術支援
月間の無料アップグレード
Windows 11/10/8.1/8/7をサポート
クラッシュした/起動していないOSからデータを復元
破損した写真や動画を復元&修復
1ライセンス 1コンピューター対応
自動更新、いつでも解約できる
無料の技術支援
1年間の無料アップグレード
Windows 11/10/8.1/8/7をサポート
クラッシュした/起動していないOSからデータを復元
破損した写真や動画を復元&修復
1ライセンス 1コンピューター対応
無料の技術支援
生涯無料アップグレード
Windows 11/10/8.1/8/7をサポート
クラッシュした/起動していないOSからデータを復元
破損した写真や動画を復元&修復

 

Mac版 月間更新プラン 年間更新プラン 永久ライセンス
価格 13,156円(6,578円セール価格) 19,580円(9,790円セール価格) 24,420円(12,210円セール価格)
内容 1ライセンス 1コンピューター対応
自動更新、いつでも解約できる
無料の技術支援
月間の無料アップグレード
クラッシュした/起動していないOSからデータを復元
1ライセンス 1コンピューター対応
自動更新、いつでも解約できる
無料の技術支援
1年間の無料アップグレード
クラッシュした/起動していないOSからデータを復元
1ライセンス 1コンピューター対応
無料の技術支援
生涯無料アップグレード
クラッシュした/起動していないOSからデータを復元

 

4DDiG無料版も用意されています。

無料版では有料版と同じ性能で、壊れたデータを見つけることが出来ますが、復元することは出来ません。

どの位の性能を4DDiGが持っているのか確認してから、有料版を購入するのも良いですね。

 

購入ページはこちら

  • Windows版の購入ページはこちらから
  • Mac版の購入ページはこちらから
  • 無料版のダウンロードはこちらから

 

4:安全性が高い(ネットが必要ない)

 

 

安全性が高い

4DDiGはパソコンにインストールするソフトウェアなので、ブラウザ式の復元ソフトと違って安全性が高い。

 

ブラウザのソフトが悪いわけではありませんが、中には悪意のあるソフトがあるのも事実。

無料で手軽に使える復旧ソフトを利用して、データが抜き取られていたなんて事もあるでしょう。

 

4DDiGはインターネットに繋げていなくても動作しますので、復旧させようとしているデータが流出してしまうリスクもありません!
梅野

 

 

「4DDiG」でSDカードの写真を復元する手順

 

 

それでは実際に4DDiGを使ってSDカードの写真を復元する方法と、どれほどデータを復元してくれるのかを見ていきましょう!

 

今回使用するのは、約2年ほどカメラで使用したSDカード。

これまでに何千枚もの写真を撮影し、100回を超える数のフォーマットを行ってきたSDカードです。

 

今回はWindows版の4DDiGを使用していきますが

MacでSD カードから消えた写真を復元する方法を知りたい方は、こちらのURLからご覧ください。

 

SDカードが壊れた原因は、物理的障害と論理的な障害の2つに分けられ、物理的障害の場合は折れ曲がりや接続部の破損、論理的な障害の場合はウイルスの感染や読み込んでいるときのエラーが多いです。もしSDカードが壊れていたとしても、復元業者や専門的なデータ復元ソフトを活用することによって、復元可能。

 

 

データが消えたsdカードからデータを復元する手順

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

ソフト立ち上げると、この画面が表示されます。

 

4DDiGを立ち上げると、こちらの画面が表示されます。

この手のソフトでありがちな、ゴチャゴチャしてて分かりにくい画面ではなく、パソコンが苦手な方でも分かりやすいシンプルな画面ですね!

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

パソコンに現在接続されているストレージが表示されています。

 

今回、SDカードのデータ復元を試してみるのが「NIKON Z6」

これまでに何度もフォーマット(データを完全に削除)しており、データを復旧させる難易度はかなり高いのでは無いでしょうか?

 

梅野
それでは早速SDカードの復旧させてみましょう。

 

 

step
1
復旧させたい項目にカーソルを持っていくと、UFOのマークが表示されますのでクリック

クリックすると復元が始まります。

この間、ユーザーがする事は何もなく、ソフトが全部行ってくれます。

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

カーソルを合わせてクリックするだけ!

 

現在ファーストスキャンが終了したところで、直近に消去したファイルをすでに発見していますね。

RAWファイル数90となっており、消した写真の枚数と一致します。

 

ここからディープスキャンが行われ、更に前のデータを復元してくれます。

終了までの時間は37分と表示されていますが、そのおよそ半分、15分ほどでディープスキャンは終了しました!

 

 

step
2
写真だけでなく動画データもしっかりと見つけてくれていました!

見つかったファイル数は8921個、写真データであるRAWファイルは6958枚も発見しています。

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

写真の他に動画データまで見つけてくれています

 

さて気になるのは、どれくらい前の写真データまで復元してくれたかという事。

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

RAWだけでなくjpgデータもしっかりとあります。

 

写真をクリックすると、画面の右上に写真が表示されます。

さらにその下にある「プレビュー」をクリックすると、大きな画面で写真を表示してくれます!

 

これは半年前に撮った写真のデータ

 

プレビューをクリックすると、この様に大きなサイズで表示されます。

データ復旧出来た最古の写真が、こちらの野鳥を撮った写真。

 

撮影した日付を確認すると「2022年1月7日」

現在が「2022年6月6日」なので、半年前のデータまで復元してくれました!

1月から6月までの間に、30~40回はフォーマットをしているであろうに、驚きの結果でしたね。

 

さて、現在はまだSDカードの中からデータを見つけてくれた段階なので、完全に復元する必要があります。

 

 

step
3
復元したいデータにチェックを入れて、画面右下の「復元」をクリック。

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

データの復元をしていきます

 

 

step
4
「復元」をクリックすると、データをどこに保存するか選ぶ画面になります。

自分の分かりやすい場所を指定して下さい。

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

 

私はとりあえず1枚の写真を復元するので、分かりやすくデスクトップを選択しました。

 

 

step
5
はい、これで消えてしまったSDカードのデータを復元することが出来ました。

あっという間ですね!

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

復元が完了しました!

 

 

「4DDiG」を実際に使って見ての評価

 

データ復元ソフト4DDiGの使用画像

 

こちらが復元した写真。

今から半年前になる、1月7日に撮影した野鳥の写真です。

 

正直なところ、ここまで遡って復元できるとは思っていませんでした。

色んな復元ソフトを使ったことがありますが、多くは遡れても1か月か2か月ほど。

カメラで使うSDカードは、頻繁にフォーマットをするため、SDカード復元ソフトでも困難なんだと思います。

 

今回使用したSDカード復元ソフト「4DDiG」は、その倍以上のデータを復元しており、絶対に救出したいデータがある方の強い味方となってくれるはず!

フォーマットを頻繁にしたSDカードでこれだけの復元率なのですから、パソコンのHDDやSSDの場合はかなりのデータが復元できそうです。

 

 

まとめ

 

皆様のお役に立てれば幸いです!

 

今回は自力でデータを復元できる、SDカード復元ソフト「4DDiG」をご紹介しました!

 

データが消えてしまったら、真っ先に思い浮かぶのが業者ですよね。

確かにデータ復旧専門の業者に依頼するのは確実ですが、価格が高額になってしまうのがネック。

業者に依頼した場合最安クラスでも20,000円から。通常は40,000~50,000円ほどの費用が掛かります。SDカードくらいの64GBや128GBの復旧も20,000円前後。

 

しかも、業者だから完全に復旧できるわけでは無く、復旧率は90~95%となっています。

 

データが消えてしまってしばらく日が経っている。

データが完全にバグってしまっている。

 

余程の重症でない場合は、自力でデータを復元できる「SDカード復元ソフト4DDiGを使う方がリーズナブルですし、何より自宅で出来るのがメリットですね。

復元率も高いですし、使い方がシンプルでパソコンが苦手な方でも出来てしまいます!

 

梅野
sdカード復元を自力でやりたいなと思っている方は、「SDカード復元ソフト4DDiG」がオススメです!

 

MacでSD カードから消えた写真を復元する方法を知りたい方は、こちらのURLからご覧ください。

 

SDカードが壊れた原因は、物理的障害と論理的な障害の2つに分けられ、物理的障害の場合は折れ曲がりや接続部の破損、論理的な障害の場合はウイルスの感染や読み込んでいるときのエラーが多いです。もしSDカードが壊れていたとしても、復元業者や専門的なデータ復元ソフトを活用することによって、復元可能。

 

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

梅野

2015年からカメラを始めました。使用しているカメラはNikon Z6。 ブログでは一眼レフ・ミラーレス関連の記事を更新中。 コンテスト入賞を目指してカメラライフを楽しんでいます。 詳しいプロフィールはこちら

-カメラとレンズの記事